Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

SocialWeb勉強会 Vol.1

2,692 views

Published on

SocialWeb勉強会 vol.1のプレゼンで使用した資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

SocialWeb勉強会 Vol.1

  1. 1. Soc i a l W 勉強会 vol . 1 eb へようこそ 1
  2. 2. Soc i a l W J a pa n が目指すもの eb • ソーシャルサービスにまつわる・・・ – 空気作り – 技術者同士の出会いの場 – 技術知識の共有 2
  3. 3. アジェンダ 自己紹介 1. ソーシャルウェブとは何か? 2. 具体的サービス事例 3. 海外メインプレイヤーの動き 4. キーテクノロジ 5. 今後の課題 6. 3
  4. 4. 自己紹介 • 北村英志 ( えーじ /i d: a gekt m ) r • 元ミュージシャン • 所属 : goo ( NTT レゾナント ) – ウェブ検索、カテゴリ検索、 goo ホーム ( SNS) • Googl e OpenSoc i a l API Exper t • ブログ : Tender Sur r ender – ht t p: //devl og. a gekt m . c om r / 4
  5. 5. ソーシャルウェブとは何か 5
  6. 6. Beyond SNS • もはや楽しむだけの SNS の時代は終わった • プラットフォームとしてのソーシャルネットワ ーク 6
  7. 7. 単一サービス上でのソーシャル ( SNS) 同一ドメイン上でのソーシャル 不特定多数サービスを跨いだソーシャル 7
  8. 8. ソーシャルウェブのプレイヤー プロバイダー コンシューマー ユーザー アイデンティティ ソーシャルグラフ サービス プライバシー アクティビティ 8
  9. 9. ソーシャルウェブの 4 要素 • アイデンティティ –OpenI D • ソーシャルグラフ – Por t a bl eCont a c t s / OpenSoc i a l • プライバシー –O h Aut • アクティビティ – At om / RSS / OpenSoc i a l 9
  10. 10. アイデンティティ • ドメインを跨いだウェブワイドなアイデンティ ティは必須条件 –OpenI D 10
  11. 11. ソーシャルグラフ • ソーシャルウェブで核となる繋がり情報 – Por t a bl eCont a c t s –O penSoc i a l 11
  12. 12. プライバシー • ソーシャルグラフあってこそ制御が可能なプラ イバシー –O h Aut 12
  13. 13. アクティビティ • 人を介して集約される最新情報 – At om – RSS –O penSoc i a l 13
  14. 14. 具体的サービス事例 Ci t ySea r c h 14
  15. 15. Ci t ys ea r c h 15
  16. 16. Fa c ebook アカウントでログイン 16
  17. 17. アカウントを統合 17
  18. 18. ログイン完了 18
  19. 19. プロフィールとフレンドリストがイ ンポートされている 19
  20. 20. アクティビティは Fa c ebook にフィー ドバックされる 20
  21. 21. 海外メインプレイヤーの動き 21
  22. 22. 2008 年の主な動き 1 月  Da t a Por t a bi l i t y 発表 • 3 月  M • ySpa c e Devel oper Pl a t f or m公開 5 月  Fa c ebook Connec t 発表 • 5 月  MySpa c e Da t a Ava i l a bi l i t y 発表 • 5 月  Googl e Fr i endConnec t を発表 • 6 月  MySpa c e Da t a Ava i l a bi l i t y API 公開 • 6 月  Fa c ebook 、月間ユニークビジター数でマイスペースを抜いて首位に • 7 月  Fa c ebook Connec t 公開 • 10 月  Ya hoo Pr of i l e 公開 • 10 月  Ya hoo O pen St r a t egy 公開 • 12 月  Da t a Ava i l a bi l i t y を M • ySpa c eI Dに改名 12 月  M c r os of t W ndows Li ve Hom 公開 • i i e 12 月  Googl e Fr i endConnec t 実サービス開始 • 12 月  Fa c ebook Connec t 実サービス開始 • 12 月  Fa c ebook 利用者が 1 億 4000 万人に • 22
  23. 23. Fa c ebook • ソーシャルアプリケーションプラットフォーム の元祖 • 外部サービスの取り込み • Fa c ebook Connec t による外部アプリケーション 開発は最先端のソーシャルウェブエコシステム 23
  24. 24. アクティビティストリームが メインコンテンツ 24
  25. 25. 埋め込み型アプリケーション 25
  26. 26. Fa c ebook Connec t による外部サービ スへの進出 26
  27. 27. Googl e • O kut , Gm i l , Googl e Ta l k, Andr oi d に同期する r a リアルと密接なソーシャルグラフを構築中 • 密かに発展しつつあるユーザープロフィールペ ージ • i Googl e を中心とした O penSoc i a l 対応が展開さ れる予定 27
  28. 28. i Googl e の OpenSoc i a l 対応 28
  29. 29. キャンバスビューでより便利に 29
  30. 30. 密かに進む ? プロフィールサービス 30
  31. 31. Fr i endConnec t による外部サービス のソーシャル化 31
  32. 32. Ya hoo! • Ya hoo! 360 や M eb など、数々の個別ソーシャル yW 施策が失敗 => Ya hoo! J a pa n/goo ホームに類似 するポータルワイドなソーシャルグラフ施策に 転換 • Ya hoo! O pen St r a t egy • Fa c ebook に類似した独自 API と共 に、 O penI D / O h などのオープ penSoc i a l / O Aut ン仕様に準拠 • 外部サービスの取り込みとデータ提供 • アクティビティストリーム 32
  33. 33. 新しいプロフィールページ 33
  34. 34. アクティビティストリーム 34
  35. 35. M hoo に O yYa penSoc i a l 35
  36. 36. MySpa c e • 世界最大のユーザー数を武器に展開中 penSoc i a l にも対応した M •O ySpa c e Devel oper Pl a t f or m M を提供 ( DP) •M ySpa c eI Dで外部アプリケーションとの連携も可 能に 36
  37. 37. MySpa c e Devel oper Pl a t f or m 37
  38. 38. i Googl e から利用可能に 38
  39. 39. Twi t t er に MySpa c e のプロフィール ( 未実現 ) 39
  40. 40. M c r os of t i • M s enger と Li ve Spa c e を中心にひっそりと SNS es を展開 • 地味だが着実に基盤を作り上げている • 近々 W ndows Li ve Hom が総合 SNS ポータルに変 i e 貌する予定 • 外部サービスも含め、友達の最新動向を把握す ることができるアクティビティストリーム • デスクトップアプリケーションとの連携が主眼 40
  41. 41. W ndows Li ve Hom i e 41
  42. 42. 外部サービスの取り込み 42
  43. 43. アクティビティストリーム 43
  44. 44. キーテクノロジー 44
  45. 45. Open St a c k • OpenI D • Oh Aut • XRDS- Si m epl • Por t a bl e Cont a c t s • OpenSoc i a l 45
  46. 46. 課題 46
  47. 47. 今後の課題 • マネタイズ – 広告モデルの多様化 – マイクロペイメントによる課金 • 法的問題 – 個人情報保護法 • UI /UX – サービスの複雑化 – ユーザーインターフェースの統一 • ディベロッパーの拡大 – どのようにモチベートするか 47
  48. 48. ご清聴ありがとうございました 48

×