Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

論文 読み方・書き方(第9回講義資料、2010年11月22日、後期c2、高橋雄介)

1,521 views

Published on

Title:
Lecture Material for "How to Read and Write Papers (Autumn 2010)," #9 (of 15)

Lecturer:
Yusuke Takahashi, Ph.D.

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

論文 読み方・書き方(第9回講義資料、2010年11月22日、後期c2、高橋雄介)

  1. 1. 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 論文の読み方・書き方 高崎経済大学 経済学部 非常勤講師 高橋 雄介 aerodynamic@me.com 第9回 2010年11月22日 プレゼンテーションで伝えるスキル
  2. 2. 高橋雄介"論文の読み方・書き方" 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 本日の流れ 第8回レポート課題についての発表、ディスカショ ンとフィードバック プレゼンテーションで伝えるスキル/グループワーク 第9回レポート課題 2
  3. 3. 第8回レポート課題についての発表、 ディスカションとフィードバック 3
  4. 4. 高橋雄介"論文の読み方・書き方" 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 4 インタビュー 宇野陽介 BMXライダー www.aresbykes.com/contents/york-uno
  5. 5. 高橋雄介"論文の読み方・書き方" 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 5 インタビュー 内野洋平 BMXライダー www.yoheiuchino.com
  6. 6. 高橋雄介"論文の読み方・書き方" 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 第8回 レポート課題 1. BMXを普及させるための方法を具体的に1つ考えて ください。 普及させるための具体的な方法や目的は何か。 普及を阻む要因やリスクがあるとすればそれは何か。 誰の要求にどのように応える(誰の課題をどのように解決す る)ことによって普及するのか。 レポートは、プレゼンテーション用のスライド資料として作 成し、各自のBlog上に埋め込んだ上で、ブログの当該記事の URLを授業の課題のページ(もしくはTwitter)上で提出し てください。 採点はアイディアの独創性を重視します。 社会を動かす独創的なアイディアをできる限り効果的に想 定する聴衆に伝えられるように工夫してください。 次回の授業の際に発表していただきます。 6
  7. 7. 高橋雄介"論文の読み方・書き方" 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 第8回 レポート課題 2. あなたが感じたことを自由に述べて下さい。 7
  8. 8. 高橋雄介"論文の読み方・書き方" 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 フィードバック 普及の定義は? 自分でできる解決策を 学園祭? 結婚? 知ってもらうためにどうすべきか? 8
  9. 9. プレゼンテーションで 伝えるスキル/グループワーク 9
  10. 10. 高橋雄介"論文の読み方・書き方" 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 グループワーク 今回から4回に渡って、グループワークをします。 1グループ最大5人。4∼6グループ。 グループ毎にテーマを決めて研究、発表、レポート 執筆。 10
  11. 11. 高橋雄介"論文の読み方・書き方" 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 グループ構成 11 学生番号 氏名 109-022 阿部良平 109-154 菊池和成 109-072 内田勝也 109-106 小川吉貴 109-156 岸翔平 109-228 佐藤由基 109-157 岸浪正卓 109-271 高橋健太朗 109-336 仲田直樹 108-020 飯田慎哉 109-251 新保春菜 109-400 福田彩 109-207 齋藤広子 109-003 会田香菜 109-190 小林理沙 109-188 小林正和 109-104 小形瞭太 108-286 高橋香織 108-232 佐野智也 108-187 小林寛 107-428 眞井香奈 グループを決めましょう グループの決め方(案) やりたいテーマがある人と組む グループを先に決める 阿弥陀籤(あみだくじ)
  12. 12. 高橋雄介"論文の読み方・書き方" 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 テーマ メッセージを伝えるという観点から、任意の職業や 専門家を設定し、紹介してください。 職業や専門家の分野は問いません。 文献調査、質問紙調査、インタビューをすること で、対象を調査し、研究してください。 12
  13. 13. 高橋雄介"論文の読み方・書き方" 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 スケジュール 11/22:グループ構成、役割分担、テーマ設定 11/29:調査方法の設定 12/6:経過報告とレビュー 12/13:発表 12/20:発表 1/17:論文としてまとめる 1/24:論文としてまとめる 13
  14. 14. 高橋雄介"論文の読み方・書き方" 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 レポート課題 毎回、各自の役割と貢献をBlog上で報告し、課題の ページに提出 代表者のみ、進 報告発表資料をSlideshareで共有 し、Blog上に埋め込み、課題のページに提出 提出期限: 発表後、授業当日中 14
  15. 15. 第9回レポート課題 15
  16. 16. 高橋雄介"論文の読み方・書き方" 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 第9回 レポート課題 1. グループワークについて、各グループで、以下に取 り組んでください。 グループ構成と役割分担を決める テーマを設定する 調査の指針(仮説)を設定する 調査方法を設計する 2. チーム毎に発表してください。 チームとしての発表資料の、事前の提出は不要です。 当日発表用資料を持参し、グループで発表してください。 授業での発表後に、代表者がスライドを公開してください。 16
  17. 17. 高橋雄介"論文の読み方・書き方" 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 第9回 レポート課題 3. グループ内における自分の役割について説明してく ださい。 グループのテーマ グループの構成と各メンバーの役割 グループ内における自分の役割と発表までのスケジュール 自分の今週の貢献(グループ内で何を担当し、それについて 今週はどんな貢献があったか) 17
  18. 18. 高橋雄介"論文の読み方・書き方" 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 レポート課題提出先 18 2について、グループ代表者がSlideshare上に公開 し、発表資料をBlog上に埋め込んで、授業サイトの 以下の第9回課題のページにコメントとして連絡し て下さい。 Twitterでの提出も可。 提出期限:11月29日23:59 第9回課題提出先: http://wp.me/pSRO0-9T
  19. 19. 高橋雄介"論文の読み方・書き方" 後期通年セメスター科目A,C2/月2(10:30-12:00)/2年次/教室135 レポート課題提出先 19 3について、各自のBlog上に説明し、授業サイトの 以下の第9回課題のページにコメントとして連絡し て下さい。 Twitterでの提出も可。 提出期限:11月29日23:59 第9回課題提出先: http://wp.me/pSRO0-9T

×