SlideShare a Scribd company logo

Japanese - Joseph and Asenath by E.W. Brooks.pdf

“And Pharaoh called Joseph's name Zaphnathpaaneah; and he gave him to wife Asenath the daughter of Potipherah priest of On. And Joseph went out over all the land of Egypt.” GENESIS 41:45

1 of 11
Download to read offline
ジョセフとアセナト
アセナトは王の息子や他の多くの人たちから結婚を求められて
います。
1. 豊作の最初の年、第 2 の月の 5 日に、ファラオはヨセフを遣わ
してエジプト全土を巡らせました。 そして第一年の第四の月、
その月の十八日に、ヨセフはヘリオポリスの国境に来て、その
国のトウモロコシを海の砂として集めていました。 そして、そ
の都市にはペンテフレスという名前の男がいました。彼はヘリ
オポリスの司祭であり、ファラオの太守であり、ファラオのす
べての太守と王子たちの長でした。 そしてこの男は非常に裕福
で、非常に賢明で穏やかで、ファラオのどの王子よりも賢明で
あったため、ファラオの顧問でもありました。 そして彼には、
アセナトという名前の 18 歳の処女の娘がいました。彼女は背が
高く、美しく、地上のどの処女よりもはるかに美しかったです
。 さて、アセナト自身は、エジプト人の娘たちである乙女たち
にはまったく似ていませんでしたが、サラのように背が高く、
レベッカのように美しく、ラケルのように美しかったので、す
べての点でヘブライ人の娘たちに似ていました。 そして彼女の
美しさの名声は全土に、そして世界の果てにまで広まったので、
これを理由に王子や太守の息子たち全員が彼女を口説きたいと
思った、いや、王の息子たちもまた、 彼女のせいで彼らの間に
は大きな争いがあり、彼らは互いに戦おうと持ちかけた。 ファ
ラオの長子も彼女のことを聞き、彼女を妻に与えるよう父親に
懇願し続け、こう言いました。 すると父ファラオは彼に言った
、「それでは、あなたがこの地の王であるのに、なぜあなたは
自分より下の妻を求めるのですか?」 いや、でも、まあ! モア
ブの王ヨアキムの娘があなたの婚約者であり、彼女自身も女王
であり、非常に美しいです。 じゃあこれを自分の妻に持って行
きなさい。」
アセナトが住んでいる塔について説明されています。
2. しかし、アセナトは、高慢で高慢で、すべての人を無に置き
、軽蔑し、ペンテフレスの家に非常に大きくて高い塔が隣接し
ており、塔の上には 10 人を収容する屋根裏部屋があったので、
一度も彼女を見たことはありませんでした。 部屋。 そして最初
の部屋は大きくてとても美しく、紫色の石で舗装されており、
その壁はさまざまな色の貴重な石で面しており、その部屋の屋
根も金でした。 そしてその部屋の中には、数え切れないほどの
金や銀のエジプト人の神々が固定されており、アセナトはそれ
らすべてを崇拝し、彼らを恐れ、毎日彼らに犠牲を捧げました。
そして、第二の部屋には、アセナトの装飾品や胸もすべて入っ
ており、その中には金があり、無制限に多くの銀と金で織られ
た衣服、厳選された高価な石、亜麻布の上質な衣服、そして彼
女の処女を飾るすべての装飾品がありました。 があった。 そし
て第三の部屋はアセナトの倉庫であり、地上のすべての良いも
のが収められていました。 そして、残りの 7 つの部屋はアセナ
トに仕えた 7 人の処女が占め、それぞれに 1 つの部屋がありまし
た。なぜなら、彼らは同じ年齢で、アセナトと同じ夜に生まれ、
彼女は彼らをとても愛していたからです。 そして彼らはまた、
天の星のように非常に美しく、人間や男の子供が彼らと会話す
ることはありませんでした。 さて、アセナトの処女性が育まれ
た大部屋には窓が 3 つありました。 そして最初の窓は非常に大
きく、東の法廷を見渡せた。 そして 2 番目は南を眺め、3 番目は
通りを見下ろしました。 そして部屋には金の寝台が東を向いて
立っていた。 そしてベッドには金を織り交ぜた紫色のものが敷
かれ、そのベッドは緋色と深紅色のものと上質の亜麻布で織ら
れていました。 このベッドにはアセナトだけが眠り、男性や他
の女性が座ることはありませんでした。 そして、家の周りには
大きな中庭が隣接しており、中庭の周りには大きな長方形の石
で作られた非常に高い壁がありました。 また、庭には鉄で覆わ
れた四つの門があり、それぞれが武装した十八人の屈強な若者
によって守られていた。 そして、城壁に沿ってあらゆる種類の
美しい木が植えられており、収穫の季節だったため、それらは
すべて実を結び、その果実は熟していました。 そして同じ中庭
の右側からも豊かな水が湧き出ていました。 そして泉の下には
その泉の水を受け取る大きな貯水池があり、そこからいわば川
が庭の真ん中を通って流れ、庭のすべての木々に水を与えてい
ました。
ヨセフはペンテフレズに来ることを発表します。
3. そして、豊作の 7 年間の最初の年、第 4 の月、その月の 28 日
に、ジョセフはその地区のトウモロコシを集めにヘリオポリス
の境界にやって来ました。 そして、ヨセフはその都市に近づい
たとき、ヘリオポリスの司祭ペンテフレズに自分より先に十二
人を遣わし、こう言わせた、「今日はあなたのところへ行きま
す。正午と昼の食事の時間ですし、食事もあるからです」 太陽
がとても暑いので、あなたの家の屋根の下で涼しくなりますよ
うに。」 ペンテフレスはこれらのことを聞いて、非常に大きな
喜びを感じて言った、「ヨセフの神、主がほめられますように。
なぜなら私の主ジョセフは私に価値があると考えてくださった
からです。」 そこでペンテフレスは家の監督を呼んで言った、
「急いで私の家の準備をし、素晴らしい夕食の準備をしてくだ
さい。なぜなら神の力強いヨセフが今日私たちのところに来ら
れるからです。」 そして、アセナトは、父と母が相続財産から
来たと聞いて、大いに喜び、こう言いました。「父と母に会い
に行きます。なぜなら、彼らは私たちの相続財産から来たのだ
から」 収穫の季節でした)。 そしてアセナトはローブが置かれ
ている自分の部屋に急いで入り、金を織り交ぜた深紅の生地で
できた上質な亜麻布のローブを着て、金のガードルを締め、手
にはブレスレットを巻いた。 彼女は足の周りに金のバスキンを
置き、首の周りに高価な宝石と宝石を鋳造しました。それらは
四方に装飾されており、両方の腕輪にもエジプト人の神々の名
前がいたるところに刻まれていました。 そして石たち。 そして
彼女は頭にティアラをかぶせ、こめかみの周りに王冠を巻き、
マントで頭を覆いました。
ペンテフレスはアセナトをヨセフに結婚させようと提案する。
4. そこで彼女は急いでロフトから階段を下り、父親と母親のと
ころに来てキスをしました。 そしてペンテフレスとその妻は、
娘アセナトが神の花嫁として飾られ、飾り立てられているのを
見て、非常に大きな喜びで喜びました。 そして彼らは相続財産
の所有物から持ち出したすべての良いものを取り出して娘に与
えました。 そしてアセナトは、夏の終わりの果物、ブドウ、ナ
ツメヤシ、鳩、桑の実、イチジクなど、すべてのおいしいもの
を喜びました。 そしてペンテフレスは娘アセナトに「子供よ」
と言った。 そして彼女は言いました、「主よ、ここにいます。
」 そして彼は彼女に言った、「私たちの間に座ってください、
そうすれば私はあなたに私の言葉を話します。」 「見よ!神の
力あるヨセフが今日私たちのところに来られる。この男はエジ
プト全土の統治者である。そしてファラオ王は彼を私たちの全
土の統治者および王に任命し、彼自身がこの国全土にトウモロ
コシを与えている」 そして、このヨセフは神を崇拝する人であ
り、今日のあなたと同じように思慮深く処女であり、知恵と知
識において強力な人であり、神の霊と恵みが彼の上にあります。
「主は彼の中におられます。来てください、最愛の子よ、私は
あなたを彼の妻に渡します、そしてあなたは彼の花嫁として彼
自身になるでしょう、そして彼自身が永遠にあなたの花婿とな
るでしょう。」 そして、アセナトが父親からこれらの言葉を聞
いたとき、彼女の顔には大量の汗が流れ出し、彼女は大きな怒
りで憤り、目で父親を見つめてこう言いました。 、あなたはこ
れらの言葉を話しますか? あなたは私を外国人の捕虜として、逃
亡者として、そして売られた者として引き渡してほしいと願っ
ていますか? これはカナンの地の羊飼いの息子ではないでしょう
か? そして彼自身は人に置き去りにされました 「この人は、愛
人と寝ていた人で、主君が彼を暗闇の牢獄に投げ込み、エジプ
ト人の年上の女性たちも解釈したように、ファラオが彼の夢を
解釈した限りにおいて、彼を牢獄から連れ出したのではないか。
いいえ、 しかし、私は王の長子と結婚するつもりです、彼自身
が全土の王だからです。」 これらのことを聞いたとき、ペンテ
フレは恥ずかしくて娘アセナトにヨセフについてそれ以上話す
ことができませんでした。そのため、彼女は自慢と怒りで彼に
答えました。
ヨセフはペンテフレスの家に到着します。
5. そしてなんと! ペンテフレスの召使いの若者が飛び込み、彼
に言った、「見よ!ヨセフが私たちの法廷の扉の前に立ってい
る。」 そして、アセナトはこれらの言葉を聞くと、父と母の顔
から逃げて屋根裏に上がり、自分の部屋に入り、東を向いた大
きな窓に立って、ヨセフが父の家に入ってくるのを見ました。
そしてペンテフレスと彼の妻とその親族全員と召使いたちがヨ
セフに会うために出てきた。 そして、東に面した庭の門が開く
と、ヨセフはファラオの二番目の戦車に座って入ってきた。 そ
して、雪のように白く、金の飾りが付いた四頭の馬がくびきを
つながれており、戦車はすべて純金で作られていました。 ヨセ
フは珍しい白のチュニックを着ており、彼の周りに着せられた
ローブは紫色で、金が織り込まれた上質な亜麻布でできており、
頭には金の花輪があり、その花輪の周りには 12 個の選ばれた石
があり、その上には 石には 12 の黄金の光線があり、右手には王
の杖があり、オリーブの枝が伸びており、その上にはたくさん
の果物がありました。 そのとき、ヨセフが法廷に入ってきて、
その扉が閉ざされ、見知らぬ男女がみな法廷の外に残っていた
とき、門の番兵が近づいてきて扉を閉めたので、ペンテフレス
と彼の妻と全員がやって来た。 娘アセナトを除く彼らの親族は
、地上で顔面においてヨセフに敬意を表した。 ヨセフは戦車か
ら降りて手で彼らに挨拶した。
アセナトは窓からジョセフの姿を見た。
6. そして、アセナトがヨセフを見たとき、彼女は魂を刺され、
心が打ちのめされ、膝が緩み、全身が震え、非常に恐れ、そし
てうめき声を上げて心の中で言いました。 惨めだ! 哀れな私はこ
れからどこへ行くのだろうか? それとも彼の顔からどこに隠れる
べきだろうか? あるいは神の子ヨセフは私をどう見るだろうか?
私が彼のことを悪く言ったのに? ああ、私は。 惨めだ! 私はどこ
へ行って隠されようか、なぜなら彼自身があらゆる隠れ場所を
見て、すべてを知っており、彼の内にある偉大な光のせいで、
隠されたものは彼から逃れられないからである? そして今、ヨセ
フの神が慈悲深いであろうように。 「私が無知で彼に対して邪
悪な言葉を言ったからです。哀れな私はこれからどうすればよ
いでしょうか。私は言ったではありませんか。「ヨセフが来ま
す、カナンの地から羊飼いの息子です。今、彼は私たちのとこ
ろに来ました」 天からの太陽のように戦車に乗って、今日私た
ちの家に入ってきて、地上の光のように家の中を照らしていま
す。 しかし、私は愚かで大胆です。なぜなら、私はヨセフを軽
蔑し、彼について悪口を言い、ヨセフが神の子であることを知
らなかったからです。 というのは、男性の誰がそのような美し
さを生むのでしょうか、あるいはどの女性の子宮がそのような
光を生むのでしょうか? 私は惨めで愚かです、なぜなら私は父
に悪口を言ったからです。 ですから、今、父が私を侍女と奴隷
女としてヨセフに与えてください。そうすれば、私は永遠に彼
に奴隷になるでしょう。」
ジョセフは窓際にアセナを見る。
7. ヨセフはペンテフレの家に入り、椅子に座った。 そして彼ら
は彼の足を洗い、彼の前に別に食卓を置いた。それはヨセフに
とってそれが忌まわしいことであったため、エジプト人たちと
一緒に食事をしなかったからである。 ヨセフが見上げると、ア
セナトが顔をのぞかせているのが見えたので、ペンテフレズに
言った、「屋根裏の窓際に立っているあの女は誰ですか。この
家から出て行きましょう。」 というのは、ヨセフは「彼女自身
も私を困らせることのないように」と言って恐れたからである
。 というのは、エジプト全土の君主や太守のすべての妻や娘た
ちが、彼と一緒に寝ようとして彼を困らせていたからである。
しかし、エジプト人の多くの妻や娘たちも、ヨセフを見た多く
の人々と同じように、彼の美しさのせいで心を痛めていました
。 女たちが金銀や貴重な贈り物を持ってヨセフに送った使者た
ちに対して、ヨセフは「私は主なる神の前と父イスラエルの面
前で罪を犯しません」と言って脅しと侮辱を加えて送り返した
。 というのは、ジョセフには常に神が目の前にあり、父親の命
令を常に覚えていたからです。 というのは、ヤコブは息子ヨセ
フとその息子たち全員に、「子供たちよ、見知らぬ女と交わら
ないように、しっかりとその女から身を守ってください。彼女
との交わりは滅びであり滅びだからです。」とよく話し、戒め
ていたからである。 そこでヨセフは、「あの女をこの家から出
て行きなさい」と言った。 そこでペンテフレスは彼に言った、
「主よ、あなたが屋根裏に立っているのを見たあの女性は見知
らぬ人ではなく、私たちの娘であり、すべての男を憎む娘であ
り、あなた以外に彼女を見た男は今日だけです。 、もしあなた
が望むなら、主よ、彼女は来てあなたと話します、なぜなら私
たちの娘はあなたの妹だからです。」 そしてヨセフは、ペンテ
フレスが「彼女はあらゆる男を憎む処女だ」と言ったので、非
常に大きな喜びで喜びました。 そしてヨセフはペンテフレスと
その妻に言った、「もし彼女があなたの娘で処女なら、来させ
てください。彼女は私の妹ですから、私は今日から妹として彼
女を愛しています。」
ジョセフはアセナを祝福します。
8. それから母親が屋根裏に上がってアセナトをヨセフのところ
に連れてきたので、ペンテフレスは彼女に言った、「あなたの
兄弟にキスしてください。彼も今日あなたと同じように処女で
あり、あなたがすべての見知らぬ男性を憎むのと同じように、
すべての見知らぬ女性を憎んでいます。」 。」 そしてアセナト
はヨセフに言った、「主よ、万歳、いと高き神の祝福よ。」 そ
してヨセフは彼女に言った:「万物を生やしてくださる神があ
なたを祝福してくださるでしょう、お嬢ちゃん。」それからペ
ンテフレは娘アセナトに言った:「来て、あなたの兄弟にキス
してください。」それからアセナトがヨセフにキスしようと近
づいてくると、ジョセフは右を伸ばしました。 それを手に持っ
て、それを彼女の二つの乳房の間の胸の上に置きました(とい
うのも、彼女の乳房はすでに美しいリンゴのように突き出てい
たからです)、そしてジョセフは言いました、「神を礼拝し、
口で生ける神を祝福する人にはふさわしくありません。 そして
祝福された命のパンを食べ、祝福された不死の杯を飲み、祝福
された不滅の働きで油そそがれ、見知らぬ女性にキスをする。
彼女は口で死んだ偶像と耳の聞こえない偶像を祝福し、彼らの
食卓から絞殺のパンを食べる。 そして彼らの飲み物から欺瞞の
杯を飲み、破壊の作用で油を注がれます。 しかし、神を崇拝す
る人は、自分の母親と、母親から生まれた妹、自分の部族から
生まれた妹、そして自分のソファを共有する妻にキスをし、彼
らは口で生ける神を祝福します。 同様に、神を崇拝する女性が
見知らぬ男にキスするのもふさわしくない。これは主なる神の
目に忌まわしいことだからだ。」 そして、アセナトはヨセフか
らこの言葉を聞いたとき、ひどく苦しみ、うめきました 「そし
て、彼女が目を開いたまましっかりとヨセフを見つめていたの
で、涙が溢れてきました。そして、ヨセフは彼女が泣いている
のを見て、彼女を非常に憐れみました。なぜなら、彼は温和で
慈悲深く、主を畏れる人だったからです。」 右手を彼女の頭上
に上げて言われた、「私の父イスラエルの神、主よ、いと高き
力ある神、すべてのものを生き返らせ、暗闇から光へ、誤りか
ら真理へ、そして死から命を呼び起こしてくださいます。 あな
たはこの処女も祝福し、彼女を元気づけ、あなたの聖霊で彼女
を新たにし、彼女にあなたの命のパンを食べさせ、あなたの祝
福の杯を飲ませてください。そして、万物が造られる前にあな
たが選んだあなたの民とともに彼女を数えてください。 そして
彼女をあなたの選ばれた者のためにあなたが用意したあなたの
安息の中に入れさせてください、そして彼女をあなたの永遠の
命の中で永遠に生きさせてください。」
アセナトは引退し、ジョセフは出発の準備をします。
9. そしてアセナトは、ヨセフの祝福を非常に大きな喜びで喜び
ました。 それから彼女は急いで自分でロフトに上がり、衰弱し
てベッドに倒れ込みました。なぜなら、彼女の中に喜びと悲し
みと大きな恐怖があったからです。 そして、ヨセフからこれら
の言葉を聞いたとき、そしていと高き神の御名においてヨセフ
が彼女に語ったとき、彼女は汗を流し続けました。 それから彼
女は激しく激しく泣き、いつも崇拝していた神々や、忌み嫌っ
ていた偶像たちから悔い改めて、夕方が来るのを待ちました。
しかし、ヨセフは食べたり飲んだりしました。 そして彼は家臣
たちに、馬にくびきを戦車につないで、全土を巡るように言い
ました。 そしてペンテフレスはヨセフに言った、「主よ、今日
はここに泊まらせてください。そうすれば朝にはお帰りになる
でしょう。」 するとヨセフは言った、「いいえ、でも今日は行
きます。今日は神がすべての被造物を造り始めた日だからです
。そして八日目には私もあなたのところに戻ってここに泊まり
ます。」
アセナトはエジプトの神々を拒否し、自分を卑下します。
10.そして、ヨセフが家を出たとき、ペンテフレスとその親族全
員も相続地へ出発しました。そして、アセナトは 7 人の処女とと
もに一人残され、気だるくて日が沈むまで泣き続けました。 彼
女はパンも食べず、水も飲みませんでしたが、皆が寝ている中、
彼女だけが起きて泣き、頻繁に手で胸を叩いていました。 これ
らの事の後、アセナトはベッドから起き上がり、ロフトから静
かに階段を下り、玄関に来ると、女主人が子供たちと一緒に寝
ているのを見つけました。 そして彼女は急いでカーテンの革製
のカバーをドアから外し、燃え殻を詰めて屋根裏部屋まで運び
、床に置きました。 そこで彼女はドアをしっかりと閉め、横か
ら鉄のボルトで締め、とてもとても大きな泣き声とともに、大
きなうめき声を上げました。 しかし、アセナトが処女たちの中
で何よりも愛した処女は、彼女のうめき声を聞いて急いでドア
のところに来て、他の処女たちも起こした後、ドアが閉まって
いることに気づきました。 そして、アセナトのうめき声と泣き
声を聞き終えたとき、彼女は外に立って彼女にこう言いました。
私たちはあなたを見ています。」 そしてアセナトは家の中に閉
じ込められながら彼女に言った、「ひどくひどい痛みが私の頭
を襲い、私はベッドで休んでいますが、四肢全体が弱っている
ので起き上がってあなたに心を開くことができません。」 した
がって、あなた方はそれぞれ彼女の部屋に行って寝てください、
そして私を静かにさせてください。」 そして、乙女たちがそれ
ぞれ自分の部屋へ出て行ったとき、アセナトは立ち上がって寝
室のドアを静かに開け、装飾品の箱が置かれている第二の部屋
へ去り、金庫を開けて黒と白の箱を取り出しました。 長子の弟
が亡くなったとき、彼女はそれを着て哀悼の意を表した陰気な
チュニック。 それで、彼女はこのチュニックを手に取り、自分
の部屋に運び、再びドアをしっかりと閉め、横からボルトを締
めました。 そこで、アセナトは王室のローブを脱ぎ、喪服を着
て、金のガードルを緩めてロープで身を包み、頭からティアラ、
つまり冠を脱ぎ、同様に王冠も外しました。 彼女の手と足から
の鎖もすべて床に置かれていました。 それから彼女は自分で選
んだローブと金のガードルと留め飾りと王冠を取り、それを北
に向いた窓から貧しい人々に投げかけました。 そこで彼女は、
部屋にあったすべての神々、数え切れないほどの金と銀の神々
を取り出し、それらを粉々にし、窓から貧しい人々や物乞いに
投げ捨てました。 そして再び、アセナトは王室の晩餐、肥育動
物、魚、未経産牛の肉、神々のすべての犠牲、そして酒のワイ
ンの器を取り出し、それらをすべて北に見える窓から犬たちの
餌として投げ捨てました。 。 2 これらのことをした後、彼女は
燃え殻の入った革製の覆いを取り、それを床に注ぎました。 そ
こで彼女は荒布を取り、腰を締めた。 そして彼女は頭髪のネッ
トも外し、灰を頭から振りかけました。 そして、彼女は燃え殻
を床にもまき散らし、その燃え殻の上に倒れ込み、絶えず手で
胸を叩き、朝までうめき声を上げて一晩中泣き続けました。 そ
して、朝、アセナトが起きて見ると、なんと! 燃え殻は彼女の
涙から出た粘土のように彼女の下にあり、彼女は再び日が沈む
まで燃え殻の上に顔を伏せた。 こうして、アセナトは 7 日間何
も味わなかった。
アセナトはヘブライ人の神に祈ることを決意する。
11. そして 8 日目、夜が明け、すでに鳥がさえずり、犬が通行人
に向かって吠え始めたとき、アセナトは座っていた床と燃え殻
から少し頭を上げました。あまりにも疲れていたからです。 そ
して大きな屈辱により彼女は手足の力を失っていた。 というの
は、アセナトは疲れ果てて気を失い、体力も衰え、そこで壁の
方を向き、東に見える窓の下に座ったからである。 彼女は頭を
胸の上に置き、手の指を右膝の上に絡めました。 そして彼女の
口は閉じられ、辱めを受けている七日間も七夜も開かなかった
。 そして彼女は口を開かずに心の中で言った、「身分の低い私
はどうしよう、それともどこへ行こうか。そしてこれからはま
た誰に避難しようか。それとも誰に話そうか、処女だ」 孤児で
、寂しく、誰からも見捨てられ、憎まれているの? 今では皆が私
を憎むようになり、その中には私の父と母も含まれています。
なぜなら、父と母は、「アセナトは私たちの娘ではない」と言
ったからです。しかし、私の親族全員も私を憎むようになり、
すべての人間も私を憎むようになりました。私が彼らの神を滅
ぼしたからです。そして私は憎んできたのです。 すべての人、
そして私に求婚したすべての人、そして今、この地雷の屈辱の
中で、私はすべての人に憎まれており、彼らは私の苦難を喜ん
でいます。しかし、主であり、力強いヨセフの神は、偶像を崇
拝するすべての人を憎んでいます。彼は嫉妬深い神だからです
。 そして、私が聞いたように、奇妙な神々を崇拝するすべての
人に対して恐ろしいことであり、私が死んだ、耳の聞こえない
偶像を崇拝し、それらを祝福したので、彼も私を憎んだのです
。 しかし今、私は彼らの犠牲を避けており、私の口は彼らの食
卓から遠ざかっており、天の神、最も高く力ある偉大なヨセフ
に呼びかける勇気もありません。私の口は汚れているからです
。 偶像の犠牲。 しかし、ヘブライ人の神は真の神であり、生け
る神であり、慈悲深い神であり、哀れで忍耐強く、憐れみに満
ちていて優しい神であり、罪を犯した人の罪を軽視しない神で
ある、という多くの人々の言葉を私は聞いてきました。 謙虚で
あり、特に無知で罪を犯し、苦しんでいる人の苦しみの時に不
法行為を有罪としない人です。 したがって、謙虚な私も大胆に
なって神に立ち返り、神のもとに避難し、自分のすべての罪を
神に告白し、神の前に私の嘆願を注ぎ出すつもりです。そうす
れば神は私の悲惨さを憐れんでくださるでしょう。 というのは、
彼がこの私の屈辱と私の魂の荒廃を見て私を憐れみ、私の惨め
さと処女性の孤児状態も見て私を守ってくれるかどうか、誰が
知るだろうか? なぜなら、私が聞いたところによると、彼自身
も孤児の父親であり、苦しんでいる人々の慰めであり、迫害さ
れている人々の助け手でもあるからです。 しかし、いずれにせ
よ、謙虚な私も大胆になって彼に叫びます。 それからアセナト
は座っていた壁から立ち上がり、東に向かって膝をつき、目を
天に向け、口を開いて神に言いました。
アセナトの祈り
12. アセナトの祈りと告白:「義なる者の神、主よ、時代を創造
し、万物に命を与え、あなたの被造物すべてに命の息を与え、
目に見えないものを光の中に浮かび上がらせ、創造された方。
すべてのものと現れなかったものを明らかにし、天を持ち上げ
て水の上に地を築き、水の深淵に大きな石を固定し、水に沈む
ことなく最後まであなたの意志を実行します。 主よ、御言葉が
言われ、万物が生まれ、あなたの御言葉、主よ、あなたのすべ
ての生き物のいのちであるから、私はあなたに避難します、主
よ、私の神よ、これから先、私はあなたに向かって叫びます、
主よ 「そして、私はあなたに私の罪を告白します、あなたに私
の嘆願を注ぎます、マスター、そしてあなたに私は私の不法を
明らかにします。私を赦してください、主よ、私はあなたに対
して多くの罪を犯したので、私は不法を行い、そして不法を行
いました」 不敬虔なこと、私は口にしてはいけないこと、あな
たの目には邪悪なことを話しました、主よ、私の口はエジプト
人の偶像の犠牲と彼らの神々の食卓から汚れました:私は罪を
犯しました、主よ、私は罪を犯しました あなたの目には、知っ
ていても無知でも、私は死んだ、耳の聞こえない偶像を崇拝す
るという不敬虔なことをしました、そして私はあなたに口を開
く資格がありません、主よ、私は聖母であり王妃である司祭ペ
ンテフレスの悲惨な娘アセナトです。 かつては誇り高く傲慢で
、父の富で誰よりも栄えていた人だったが、今は孤児で荒廃し
、すべての人に見捨てられた。 主よ、私はあなたに逃げます、
そしてあなたに私は嘆願を捧げます、そしてあなたに向かって
叫びます。 私を追いかける彼らから私を救い出してください。
マスター、私が彼らに連れて行かれる前に。 というのは、誰か
を恐れる幼児のように、人は父と母のもとに駆け寄ると、父は
両手を伸ばして彼を胸に抱き寄せる、あなたもそうするのであ
る。 主よ、子供を愛する父親のように、あなたの汚れのない恐
ろしい手を私の上に伸ばして、超官能的な敵の手から私を捕ま
えてください。 そうだね! 古代の野蛮で残忍なライオンが私を
追いかけます、なぜなら彼はエジプト人の神々の父であり、偶
像マニアの神々は彼の子供たちだからです、そして私は彼らを
憎むようになり、彼らを追い払いました。 彼らはライオンの子
供たちであり、私はエジプト人の神々をすべて私から追い出し
、彼らを追い払いました。そして、ライオン、または彼らの父
である悪魔が私に対して激怒して、私を飲み込もうとしていま
す。 しかし、主よ、あなたは私を彼の手から救い出してくださ
い。 そうすれば、彼が私を引き裂いて火の炎に投げ込み、その
火が私を嵐に投げ込み、嵐が暗闇の中で私を支配することのな
いように、私は彼の口から救われます。 そして私を海の深みに
投げ込み、永遠から来た大きな獣が私を飲み込み、私は永遠に
滅びます。 主よ、これらすべてのことが私に降りかかる前に、
私を救い出してください。 マスターよ、孤独で無防備な私を救
い出してください。父と母が私を否定し、「アセナトは私たち
の娘ではない」と言ったのは、私が彼らの神々を完全に憎んだ
かのように粉々に砕き、彼らを追い払ったからです。 そして今
、私は孤児で孤立しており、あなた以外に希望はありません。
主よ、人類の友よ、あなたの慈悲以外に他の避難所はありませ
ん。なぜならあなたは孤児たちの父親であり、迫害されている
者の擁護者であり、苦しむ人々の助け手であるだけだからです
。 主よ、私を憐れんでください。そして、見捨てられ孤児であ
る私を清らかで処女にしてください。なぜなら、あなただけが
主であり、甘くて善良で優しい父親だからです。 主よ、あなた
ほど優しくて良い父親がいるでしょうか? そうだね! 父が私に
相続として与えたペンテフレスのすべての家は、一時的に消滅
します。 しかし主よ、あなたの相続財産の家は朽ちることなく
永遠です。」
アセナトの祈り(続き)
13. 「主よ、私の屈辱を訪ねてください。私の孤児である私を憐
れみ、苦しんでいる私を憐れんでください。見よ!マスターで
ある私はすべてから逃げ、唯一の人間の友人であるあなたに避
難所を求めました。見よ!私はすべての良いものを残しました
「主よ、荒布と灰をまとって、裸で孤独です。見よ!今、私は
上質の亜麻布と金を織り交ぜた深紅の生地でできた王室のロー
ブを脱ぎ捨て、黒い喪服を着ています。」 見よ、私は金の帯を
外し、それを私から投げ捨て、ロープと荒布で身を締めた。見
よ、私の王冠と留め金具を頭から投げ捨て、燃え殻を自分自身
にふりかけた。見よ、私の部屋の床は、 さまざまな色と紫の石
で舗装されており、以前は軟膏で湿らせ、明るい亜麻布で乾か
していましたが、今は私の涙で湿っており、灰が散らばってい
るという不名誉です。見よ、私の主よ、燃え殻の中から そして
私の涙は、広い道路のように私の部屋に多くの粘土を形成しま
した。主よ、私の王室の夕食と私が犬に与えた肉です。 ほら!
また、先生、私は七日七晩断食しており、パンも水も飲まず、
口は車輪のように乾いており、舌は角のように、唇は陶器の破
片のように乾燥しており、顔は縮み、目は萎んでいます。 涙を
流すことに失敗しました。 しかし、私の神、主よ、あなたは私
を多くの無知から救い出し、処女で何も知らずに道を誤った私
を赦してください。 ほら! 私が以前無知で崇拝していたすべて
の神々が、耳が聞こえず死んだ偶像だったことを今では知りま
した、そして私はそれらを粉々に砕いてすべての人に踏みつけ
られるように与えました、そして盗賊は金と銀であったそれら
を台無しにしました そして私はあなたとともに避難を求めまし
た、唯一の同情者であり人々の友人である主なる神よ。 主よ、
私を赦してください。私は無知であなたに対して多くの罪を犯
し、私の主ジョセフに対して冒涜的な言葉を言いました。そし
て、哀れな者よ、彼があなたの息子であることを知りませんで
した。 主よ、ねたみに駆り立てられた悪人たちが私にこう言っ
たのです。『ヨセフはカナンの地の羊飼いの子だ』と。そして
哀れな私は彼らを信じて道を踏み外し、彼を無価値にし、邪悪
なことを言いました。 彼があなたの息子であることを知らずに
、彼のことについて。 というのは、人間の中で誰がそのような
美しさを生んだのか、あるいはこれから生むであろうか? それ
とも、この美しいヨセフのように賢くて力強い彼のような人が
他にいるでしょうか? しかし、主よ、私は彼をあなたに捧げま
す、なぜなら私は自分の魂よりも彼を愛しているからです。 あ
なたの恵みの知恵で彼を守ってください、そして私を召使いと
奴隷女として彼に託してください。そうすれば私は彼の足を洗
い、ベッドを整え、彼に奉仕し、彼に仕えることができます。
そして私は彼のために奴隷女になります。 私の人生の時代。」
大天使ミカエルがアセナトを訪問します。
14. そして、アセナトが主に告白するのをやめたとき、見よ! 明
けの明星も東の天から生じました。 アセナトはそれを見て喜び
、こう言った、「それでは主なる神は私の祈りを聞いてくださ
ったでしょうか?この星は大いなる日の最高潮の使者であり、
先触れなのです。」 そしてなんと! 明けの明星のせいで天は裂
け、言葉では言い表せないほどの偉大な光が現れた。 そしてそ
れを見たとき、アセナトは燃え殻の上にうつぶせに倒れ、すぐ
に天から男が彼女のところに来て、光線を放ち、彼女の頭上に
立った。 そして、彼女がうつ伏せに寝ていると、神の天使は彼
女に言った、「アセナト、立ちなさい」。 そして彼女は言いま
した、「私の部屋のドアが閉まっていて、塔が高いのに私を呼
んだのは誰ですか。それではどうやって私の部屋に入ってきた
のですか?」 そして彼はもう一度彼女に電話して、「アセナト
、アセナト」と言った。 そして彼女は言いました、「主よ、こ
こにいます。あなたが誰なのか教えてください。」 そして彼は
言った、「私は主なる神の主なる船長であり、いと高き者のす
べての軍勢の司令官です。立ち上がって、あなたの足で立ちな
さい。私があなたに私の言葉を話すことができるように。」 そ
して顔を上げて見ると、なんと! ローブと花輪と王の杖を身に
着け、すべてにおいてヨセフと同じような男であったが、彼の
顔は稲妻のようであり、目は太陽の光のようであり、頭の毛は
燃え盛る松明の火の炎のようであったことを除けば、 そして彼
の手と足は火から輝く鉄のように、いわば手と足の両方から火
花が出たからです。 これらのことを見て、アセナトは恐れてひ
れ伏し、足で立つことさえできなくなりました。彼女は非常に
恐れて、手足全体が震えたからです。 すると男は彼女に言った
、「元気を出してください、アセナト、恐れることはありませ
ん。しかし、立ち上がってあなたの足で立ちなさい。私があな
たに私の言葉を話すことができるからです。」 それからアセナ
トが立ち上がって立ち上がると、天使は彼女に言った、「妨げ
られることなくあなたの第二の部屋に入り、あなたが着ている
黒いチュニックを脇に置き、腰の荒布を脱ぎ捨て、燃え殻を払
い落としなさい」 あなたの頭からあなたの顔とあなたの手をき
れいな水で洗い、汚れのない白いローブを着て、あなたの腰に
純潔の明るい帯、二重の帯を締めてください、そして再び私の
ところに来てください、そして私はあなたに言葉を話します そ
れは主からあなたに送られたものです。」 それからアセナトは
急いで第二の部屋に入り、そこには彼女の装飾品の胸があり、
金庫を開けて白くて手付かずのローブを取り出して着、まず黒
いローブを脱いで、ロープも外し、 彼女は腰から荒布を脱いで、
純潔を表す明るい二重の帯を締め、片方の帯を腰の周りに、も
う一つの帯を胸の周りに巻きました。 そして彼女は頭から燃え
殻を振り落とし、きれいな水で手と顔を洗い、とても美しくて
立派なマントを着て頭をベールで覆いました。
マイケルはアセナトに、自分がジョセフの妻になることを告げ
る。
15.そこで彼女は神聖な船長のところに来て彼の前に立つと、主
の天使が彼女に言った、「さあ、あなたの頭からマントを脱ぎ
なさい。なぜなら、あなたは今日純粋な処女であり、あなたの
頭はまるでのようだからです」 若者。" そしてアセナトはそれを
頭から取り上げた。 そして再び、神の天使は彼女にこう言いま
した。「元気を出してください、処女で純粋なアセナト、見よ!
主なる神はあなたの告白と祈りのすべての言葉を聞き、そして
彼女の屈辱と苦しみもご覧になりました。 あなたの七日間の禁
欲、あなたの涙から多くの粘土があなたの顔の前でこれらの燃
え殻の上に形成されたからです。 しかし、この日からあなたは
新しくされ、作り直され、元気を取り戻し、祝福された命のパ
ンを食べ、不死性で満たされた杯を飲み、祝福された不朽の働
きで油そそがれるでしょう。 元気を出してください、アセナト
、処女で純粋です、見よ! 主なる神は今日あなたを花嫁としてヨ
セフに与えられました、そして彼自身が永遠にあなたの花婿と
なるでしょう。そして今後あなたはアセナトと呼ばれることは
ありません、あなたの名前は 避難の都市となりなさい。なぜな
ら、多くの国々があなたの中に避難を求め、あなたの翼の下に
滞在し、多くの国々があなたの手段によって避難所を見つけ、
あなたの城壁の上で、悔い改めを通していと高き神に固く結ば
れる人々が安全に保たれるからです。 なぜなら、悔い改めは至
高者の娘であり、彼女自身が至高の神に毎時間あなたのために
、そして悔い改めるすべての者のために懇願しているからです
。なぜなら、彼は悔い改めの父であり、彼女自身がすべての処
女の完成であり監督であり、あなたを非常に愛しています。 い
と高き方に毎時間あなたのために懇願し、悔い改めるすべての
人のために天に安らぎの場所を与え、悔い改めたすべての人を
新たにしてくださるでしょう。 そして悔い改めは非常に美しく
、純粋で優しく穏やかな処女です。 したがって、いと高き神は
彼女を愛しており、すべての天使は彼女を尊敬しており、私は
彼女を非常に愛しています。彼女自身も私の妹であり、彼女が
処女であるあなたたちを愛しているように、私もあなたたちを
愛しています。 そしてなんと! 私のほうとして、私はヨセフの
ところに行って、あなたに関するこれらすべての言葉を彼に話
します。そうすれば、彼は今日あなたのところに来て、あなた
を見て、あなたを喜び、あなたを愛し、あなたの花婿となるで
しょう。そうすれば、あなたは永遠に彼の最愛の花嫁となるで
しょう。 したがって、私の言うことを聞いてください、アセナ
ト、そして婚礼のローブを着てください、それは昔からあなた
の部屋にまだ置かれている古代の最初のローブです、そしてあ
なたの選択をすべてあなたの周りにも飾り、良い花嫁として身
を飾り、あなた自身を作りなさい 彼に会う準備ができています。
そうだね! 「今日、主ご自身があなたのところに来て、あなた
を見て喜ぶでしょう。」そして、人の姿をした主の天使がこれ
らの言葉をアセナトに話し終えると、彼女は彼が話したすべて
のことを大いに喜びました。 そして、彼女の顔を地にひれ伏し
、彼の足の前で敬い、彼に言った、「私を暗闇から救い出し、
深淵の基礎から私を導き出すためにあなたを遣わされたあなた
の神、主が祝福されますように」 光よ、あなたの御名は永遠に
祝福されますように。 もし、主よ、あなたの御前で私が恵みを
見つけ、あなたが私に言ったすべての言葉を実行して、それが
成就されると知ったら、あなたの侍女にあなたに話しかけてく
ださい。」そして天使は彼女に言った。 「お願いです、主よ、
このベッドに少しお座りください。このベッドは清らかで汚れ
がありません。他の男や他の女がそこに座ったことがないから
です。それで私があなたの前に置きます」 テーブルとパンがあ
って、あなたは食べなさい。そして、私は古くて美味しいワイ
ンも持ってきます、その香りは天に届くでしょう、そしてあな
たはそれを飲み、その後、旅立ちましょう。」そして彼は彼女
に言った: 急いで早く持ってきてください。」
アセナスは倉庫で蜂の巣を見つけます。
16.そしてアセナトは急いで彼の前に空のテーブルを置いた。 そ
して彼女がパンを取り始めたとき、神の天使は彼女にこう言い
ました。「蜂の巣も持ってきてください。」 そして彼女は立ち
止まり、倉庫に蜂の巣がないことに当惑し、悲しんでいました。
そして神の天使は彼女に言いました、「なぜあなたはまだ立っ
ているのですか?」 「殿下、私は男の子を郊外に送ります。私
たちの相続財産の所有権が近づいているので、彼はすぐに来て
そこから一人を連れてきます、そしてあなたの前にそれを置き
ます。」と彼女は言いました。 神聖な天使は彼女にこう言いま
した。「あなたの倉庫に入ると、テーブルの上にミツバチの巣
が置かれているでしょう。それを取り上げて、ここに持ってき
てください。」 そして彼女は言いました、「主よ、私の倉庫に
は蜂の巣はありません。」 そして彼は言いました、「行ってく
ださい、そうすれば見つけられるでしょう。」 そしてアセナト
が倉庫に入ると、テーブルの上に蜂の巣が置かれているのを見
つけました。 そして櫛は大きくて雪のように白く、蜂蜜がたっ
ぷりと詰まっていました。その蜂蜜は天の露のようで、その匂
いは生命の匂いのようでした。 そこでアセナトは不思議に思い
、心の中でこう言いました。「この櫛はこの人自身の口から出
たものなのでしょうか?」 そしてアセナトがその櫛を取り、持
ってきてテーブルの上に置いたとき、天使は彼女に言った、「
なぜあなたは『私の家には蜂の巣はない』と言ったのに、なん
と、あなたがそれを私に持ってきたのですか?」 」 「主よ、私
は家に蜂の巣を置いたことはありませんが、あなたのおっしゃ
るとおり、蜂の巣は作られました。これはあなたの口から出た
のですか。その匂いは軟膏の匂いと同じだからです。」 そして
男は女の理解を見て微笑んだ。 それから彼は彼女を自分自身に
呼び、彼女がやって来たとき、彼は右手を伸ばして彼女の頭を
掴み、右手で彼女の頭を振ったとき、アセナトは天使の手を非
常に恐れました。 彼の手は真っ赤に焼けた鉄のようなもので、
そのため彼女はずっと恐怖で天使の手を見つめ、震えていまし
た。 そして彼は微笑んで言った、「あなたは幸いです、アセナ
ト、言葉では言い表せない神の奥義があなたに明らかにされた
からです。そして、悔い改めにおいて主なる神に固く結ばれる
すべての人は幸いです、なぜなら彼らはこの櫛を食べるからで
す、この櫛のために。 それは生命の霊であり、これは喜びの楽
園のミツバチが、神の楽園にある生命のバラとあらゆる花の露
から作り、その露を天使たちと神の選ばれし者たちとすべての
ものを食べる。 いと高き方の子らであり、それを食べる者は永
遠に死ぬことはない。」 それから神の天使は右手を伸ばして櫛
から小さな部分を取り出して食べ、残ったものを自分の手でア
セナトの口に入れて彼女に「食べなさい」と言いました、そし
て彼女は食べました。 そして天使は彼女に言いました:「見よ
!今、あなたは命のパンを食べ、不死の杯を飲み、不滅の働き
で油そそがれています。見よ!今あなたの肉は、至高者の泉か
ら命の花を生み出します。」 高く、そしてあなたの骨は神の喜
びの楽園の杉のように太り、不屈の力があなたを維持するであ
ろう、したがってあなたの若さは老いを見ることはなく、あな
たの美しさは永遠に衰えることはないが、あなたは壁に囲まれ
たものになるだろう すべての母なる都市。」 そして天使が櫛を
刺激すると、その櫛の細胞から多くの蜂が発生し、その細胞は
無数であり、何万、何万、何千もありました。 そしてミツバチ
も雪のように白く、その羽は紫と深紅、そして緋色でした。 鋭
い刺傷もあったが、誰も怪我をしなかった。 それから、それら
すべてのミツバチが足から頭までアセナトを取り囲み、女王の
ような他の大きなミツバチが独房から出てきて、彼女の顔と唇
の上を回り、彼女の口と唇に櫛のように櫛を作りました。 天使
の前に横たわりました。 そして、蜂たちはすべて、アセナトの
口にあった櫛を食べました。 そして天使はミツバチたちに「さ
あ、あなたのところへ行きなさい」と言いました。 それからミ
ツバチたちはみな起き上がり、飛んで天国へ去っていきました。
しかし、アセナトを傷つけようとした者は皆、地に落ちて死ん
だ。 すると、天使は死んだミツバチの上に杖を伸ばし、彼らに
言った、「起きて、あなたがたもそこから出て行ってください
。」 それから、死んだミツバチがすべて起き上がって、アセナ
トの家に隣接する中庭に出て、実のなる木の上に巣を作りまし
た。
マイケルは出発します。
17.そして天使はアセナトに言った、「あなたはこれを見たこと
がありますか?」 そして彼女は言いました、「そうです、主よ
、私はこれらすべてを見てきました。」 神聖な天使は彼女にこ
う言いました。「わたしのすべての言葉と、金を織り込んだ上
質亜麻布はそのようになり、彼らの頭には金の冠がかぶせられ
ました。今日わたしがあなたに話したとおりです。」 そのとき、
主の天使が三度目に右手を伸ばして櫛の側面に触れると、すぐ
に火がテーブルから出てきて櫛を焼き尽くしましたが、テーブ
ルは少しも傷つきませんでした。 そして、櫛の燃焼から多くの
香りが出てきて、部屋が満たされたとき、アセナトは神聖な天
使に言った、「主よ、私には若い頃から一緒に育てられ、ある
夜に私と一緒に生まれた 7 人の処女がいます」 「彼らは私を待
っていて、私は彼ら全員を私の姉妹として愛しています。私は
彼らを呼びます、そしてあなたが私を祝福してくださったのと
同じように、あなたも彼らを祝福してください。」 すると天使
は彼女に言った、「彼らを呼んでください」。 それからアセナ
トが七人の処女を呼んで天使の前に立たせると、天使は彼らに
言った、「いと高き神、主があなたを祝福してくださいます、
そしてあなたは七つの都市の避難の柱となり、その都市に住む
すべての選ばれた者となるでしょう」 一緒にあなた方の上で永
遠に休むでしょう。」 そしてこれらの事の後、神の天使はアセ
ナトにこう言いました。「このテーブルを取り去ってください
。」 そして、アセナトがテーブルを取り除こうと振り返ったと
き、すぐに彼は彼女の目から離れました。アセナトには、それ
が東に向かって天に向かう四頭の馬を乗せた戦車のように見え
ました。戦車は火の炎のようで、馬は稲妻のようでした。 そし
て天使はその戦車の上に立っていました。 それからアセナトは
言った、「私は愚かで愚かです。人間が天から私の部屋に入っ
てきたかのように話したのですから!神が部屋に入ってきたと
は知りませんでした。そしてなんと!今、彼は天国に戻って行
きます」 彼の場所。」 そして彼女は心の中で言いました。「主
よ、あなたの召使に慈悲を与えてください、そしてあなたの召
使を助けてください。私としては、あなたの前で無知に軽率な
ことを言ってしまったからです。」
アセナスの顔が変わった。
18. そして、アセナトがまだこれらの言葉を自分自身に話してい
る間に、見よ! ヨセフの僕の一人である若い男が、「神の力強

More Related Content

More from Filipino Tracts and Literature Society Inc.

More from Filipino Tracts and Literature Society Inc. (20)

Marathi - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Marathi - The Book of Prophet Zephaniah.pdfMarathi - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Marathi - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Malayalam - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Malayalam - The Book of Prophet Zephaniah.pdfMalayalam - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Malayalam - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Maithili - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Maithili - The Book of Prophet Zephaniah.pdfMaithili - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Maithili - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Lao - The Book of the Prophet Zephaniah.pdf
Lao - The Book of the Prophet Zephaniah.pdfLao - The Book of the Prophet Zephaniah.pdf
Lao - The Book of the Prophet Zephaniah.pdf
 
Korean - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Korean - The Book of Prophet Zephaniah.pdfKorean - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Korean - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Konkani - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Konkani - The Book of Prophet Zephaniah.pdfKonkani - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Konkani - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Khmer - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Khmer - The Book of Prophet Zephaniah.pdfKhmer - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Khmer - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Kannada - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Kannada - The Book of Prophet Zephaniah.pdfKannada - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Kannada - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Japanese - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Japanese - The Book of Prophet Zephaniah.pdfJapanese - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Japanese - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Hindi - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Hindi - The Book of Prophet Zephaniah.pdfHindi - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Hindi - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Gujarati - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Gujarati - The Book of Prophet Zephaniah.pdfGujarati - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Gujarati - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Georgian - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Georgian - The Book of Prophet Zephaniah.pdfGeorgian - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Georgian - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Dogri - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Dogri - The Book of Prophet Zephaniah.pdfDogri - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Dogri - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Danish - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Danish - The Book of Prophet Zephaniah.pdfDanish - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Danish - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Czech - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Czech - The Book of Prophet Zephaniah.pdfCzech - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Czech - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Croatian - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Croatian - The Book of Prophet Zephaniah.pdfCroatian - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Croatian - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Corsican - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Corsican - The Book of Prophet Zephaniah.pdfCorsican - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Corsican - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Chinese (Traditional) - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Chinese (Traditional) - The Book of Prophet Zephaniah.pdfChinese (Traditional) - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Chinese (Traditional) - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Chinese (Simplified) - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Chinese (Simplified) - The Book of Prophet Zephaniah.pdfChinese (Simplified) - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Chinese (Simplified) - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 
Chinese (Literary) - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Chinese (Literary) - The Book of Prophet Zephaniah.pdfChinese (Literary) - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
Chinese (Literary) - The Book of Prophet Zephaniah.pdf
 

Japanese - Joseph and Asenath by E.W. Brooks.pdf

  • 1. ジョセフとアセナト アセナトは王の息子や他の多くの人たちから結婚を求められて います。 1. 豊作の最初の年、第 2 の月の 5 日に、ファラオはヨセフを遣わ してエジプト全土を巡らせました。 そして第一年の第四の月、 その月の十八日に、ヨセフはヘリオポリスの国境に来て、その 国のトウモロコシを海の砂として集めていました。 そして、そ の都市にはペンテフレスという名前の男がいました。彼はヘリ オポリスの司祭であり、ファラオの太守であり、ファラオのす べての太守と王子たちの長でした。 そしてこの男は非常に裕福 で、非常に賢明で穏やかで、ファラオのどの王子よりも賢明で あったため、ファラオの顧問でもありました。 そして彼には、 アセナトという名前の 18 歳の処女の娘がいました。彼女は背が 高く、美しく、地上のどの処女よりもはるかに美しかったです 。 さて、アセナト自身は、エジプト人の娘たちである乙女たち にはまったく似ていませんでしたが、サラのように背が高く、 レベッカのように美しく、ラケルのように美しかったので、す べての点でヘブライ人の娘たちに似ていました。 そして彼女の 美しさの名声は全土に、そして世界の果てにまで広まったので、 これを理由に王子や太守の息子たち全員が彼女を口説きたいと 思った、いや、王の息子たちもまた、 彼女のせいで彼らの間に は大きな争いがあり、彼らは互いに戦おうと持ちかけた。 ファ ラオの長子も彼女のことを聞き、彼女を妻に与えるよう父親に 懇願し続け、こう言いました。 すると父ファラオは彼に言った 、「それでは、あなたがこの地の王であるのに、なぜあなたは 自分より下の妻を求めるのですか?」 いや、でも、まあ! モア ブの王ヨアキムの娘があなたの婚約者であり、彼女自身も女王 であり、非常に美しいです。 じゃあこれを自分の妻に持って行 きなさい。」 アセナトが住んでいる塔について説明されています。 2. しかし、アセナトは、高慢で高慢で、すべての人を無に置き 、軽蔑し、ペンテフレスの家に非常に大きくて高い塔が隣接し ており、塔の上には 10 人を収容する屋根裏部屋があったので、 一度も彼女を見たことはありませんでした。 部屋。 そして最初 の部屋は大きくてとても美しく、紫色の石で舗装されており、 その壁はさまざまな色の貴重な石で面しており、その部屋の屋 根も金でした。 そしてその部屋の中には、数え切れないほどの 金や銀のエジプト人の神々が固定されており、アセナトはそれ らすべてを崇拝し、彼らを恐れ、毎日彼らに犠牲を捧げました。 そして、第二の部屋には、アセナトの装飾品や胸もすべて入っ ており、その中には金があり、無制限に多くの銀と金で織られ た衣服、厳選された高価な石、亜麻布の上質な衣服、そして彼 女の処女を飾るすべての装飾品がありました。 があった。 そし て第三の部屋はアセナトの倉庫であり、地上のすべての良いも のが収められていました。 そして、残りの 7 つの部屋はアセナ トに仕えた 7 人の処女が占め、それぞれに 1 つの部屋がありまし た。なぜなら、彼らは同じ年齢で、アセナトと同じ夜に生まれ、 彼女は彼らをとても愛していたからです。 そして彼らはまた、 天の星のように非常に美しく、人間や男の子供が彼らと会話す ることはありませんでした。 さて、アセナトの処女性が育まれ た大部屋には窓が 3 つありました。 そして最初の窓は非常に大 きく、東の法廷を見渡せた。 そして 2 番目は南を眺め、3 番目は 通りを見下ろしました。 そして部屋には金の寝台が東を向いて 立っていた。 そしてベッドには金を織り交ぜた紫色のものが敷 かれ、そのベッドは緋色と深紅色のものと上質の亜麻布で織ら れていました。 このベッドにはアセナトだけが眠り、男性や他 の女性が座ることはありませんでした。 そして、家の周りには 大きな中庭が隣接しており、中庭の周りには大きな長方形の石 で作られた非常に高い壁がありました。 また、庭には鉄で覆わ れた四つの門があり、それぞれが武装した十八人の屈強な若者 によって守られていた。 そして、城壁に沿ってあらゆる種類の 美しい木が植えられており、収穫の季節だったため、それらは すべて実を結び、その果実は熟していました。 そして同じ中庭 の右側からも豊かな水が湧き出ていました。 そして泉の下には その泉の水を受け取る大きな貯水池があり、そこからいわば川 が庭の真ん中を通って流れ、庭のすべての木々に水を与えてい ました。 ヨセフはペンテフレズに来ることを発表します。 3. そして、豊作の 7 年間の最初の年、第 4 の月、その月の 28 日 に、ジョセフはその地区のトウモロコシを集めにヘリオポリス の境界にやって来ました。 そして、ヨセフはその都市に近づい たとき、ヘリオポリスの司祭ペンテフレズに自分より先に十二 人を遣わし、こう言わせた、「今日はあなたのところへ行きま す。正午と昼の食事の時間ですし、食事もあるからです」 太陽 がとても暑いので、あなたの家の屋根の下で涼しくなりますよ うに。」 ペンテフレスはこれらのことを聞いて、非常に大きな 喜びを感じて言った、「ヨセフの神、主がほめられますように。 なぜなら私の主ジョセフは私に価値があると考えてくださった からです。」 そこでペンテフレスは家の監督を呼んで言った、 「急いで私の家の準備をし、素晴らしい夕食の準備をしてくだ さい。なぜなら神の力強いヨセフが今日私たちのところに来ら れるからです。」 そして、アセナトは、父と母が相続財産から 来たと聞いて、大いに喜び、こう言いました。「父と母に会い に行きます。なぜなら、彼らは私たちの相続財産から来たのだ から」 収穫の季節でした)。 そしてアセナトはローブが置かれ ている自分の部屋に急いで入り、金を織り交ぜた深紅の生地で できた上質な亜麻布のローブを着て、金のガードルを締め、手 にはブレスレットを巻いた。 彼女は足の周りに金のバスキンを 置き、首の周りに高価な宝石と宝石を鋳造しました。それらは 四方に装飾されており、両方の腕輪にもエジプト人の神々の名 前がいたるところに刻まれていました。 そして石たち。 そして 彼女は頭にティアラをかぶせ、こめかみの周りに王冠を巻き、 マントで頭を覆いました。 ペンテフレスはアセナトをヨセフに結婚させようと提案する。 4. そこで彼女は急いでロフトから階段を下り、父親と母親のと ころに来てキスをしました。 そしてペンテフレスとその妻は、 娘アセナトが神の花嫁として飾られ、飾り立てられているのを 見て、非常に大きな喜びで喜びました。 そして彼らは相続財産 の所有物から持ち出したすべての良いものを取り出して娘に与 えました。 そしてアセナトは、夏の終わりの果物、ブドウ、ナ ツメヤシ、鳩、桑の実、イチジクなど、すべてのおいしいもの を喜びました。 そしてペンテフレスは娘アセナトに「子供よ」 と言った。 そして彼女は言いました、「主よ、ここにいます。 」 そして彼は彼女に言った、「私たちの間に座ってください、 そうすれば私はあなたに私の言葉を話します。」 「見よ!神の 力あるヨセフが今日私たちのところに来られる。この男はエジ プト全土の統治者である。そしてファラオ王は彼を私たちの全 土の統治者および王に任命し、彼自身がこの国全土にトウモロ コシを与えている」 そして、このヨセフは神を崇拝する人であ り、今日のあなたと同じように思慮深く処女であり、知恵と知
  • 2. 識において強力な人であり、神の霊と恵みが彼の上にあります。 「主は彼の中におられます。来てください、最愛の子よ、私は あなたを彼の妻に渡します、そしてあなたは彼の花嫁として彼 自身になるでしょう、そして彼自身が永遠にあなたの花婿とな るでしょう。」 そして、アセナトが父親からこれらの言葉を聞 いたとき、彼女の顔には大量の汗が流れ出し、彼女は大きな怒 りで憤り、目で父親を見つめてこう言いました。 、あなたはこ れらの言葉を話しますか? あなたは私を外国人の捕虜として、逃 亡者として、そして売られた者として引き渡してほしいと願っ ていますか? これはカナンの地の羊飼いの息子ではないでしょう か? そして彼自身は人に置き去りにされました 「この人は、愛 人と寝ていた人で、主君が彼を暗闇の牢獄に投げ込み、エジプ ト人の年上の女性たちも解釈したように、ファラオが彼の夢を 解釈した限りにおいて、彼を牢獄から連れ出したのではないか。 いいえ、 しかし、私は王の長子と結婚するつもりです、彼自身 が全土の王だからです。」 これらのことを聞いたとき、ペンテ フレは恥ずかしくて娘アセナトにヨセフについてそれ以上話す ことができませんでした。そのため、彼女は自慢と怒りで彼に 答えました。 ヨセフはペンテフレスの家に到着します。 5. そしてなんと! ペンテフレスの召使いの若者が飛び込み、彼 に言った、「見よ!ヨセフが私たちの法廷の扉の前に立ってい る。」 そして、アセナトはこれらの言葉を聞くと、父と母の顔 から逃げて屋根裏に上がり、自分の部屋に入り、東を向いた大 きな窓に立って、ヨセフが父の家に入ってくるのを見ました。 そしてペンテフレスと彼の妻とその親族全員と召使いたちがヨ セフに会うために出てきた。 そして、東に面した庭の門が開く と、ヨセフはファラオの二番目の戦車に座って入ってきた。 そ して、雪のように白く、金の飾りが付いた四頭の馬がくびきを つながれており、戦車はすべて純金で作られていました。 ヨセ フは珍しい白のチュニックを着ており、彼の周りに着せられた ローブは紫色で、金が織り込まれた上質な亜麻布でできており、 頭には金の花輪があり、その花輪の周りには 12 個の選ばれた石 があり、その上には 石には 12 の黄金の光線があり、右手には王 の杖があり、オリーブの枝が伸びており、その上にはたくさん の果物がありました。 そのとき、ヨセフが法廷に入ってきて、 その扉が閉ざされ、見知らぬ男女がみな法廷の外に残っていた とき、門の番兵が近づいてきて扉を閉めたので、ペンテフレス と彼の妻と全員がやって来た。 娘アセナトを除く彼らの親族は 、地上で顔面においてヨセフに敬意を表した。 ヨセフは戦車か ら降りて手で彼らに挨拶した。 アセナトは窓からジョセフの姿を見た。 6. そして、アセナトがヨセフを見たとき、彼女は魂を刺され、 心が打ちのめされ、膝が緩み、全身が震え、非常に恐れ、そし てうめき声を上げて心の中で言いました。 惨めだ! 哀れな私はこ れからどこへ行くのだろうか? それとも彼の顔からどこに隠れる べきだろうか? あるいは神の子ヨセフは私をどう見るだろうか? 私が彼のことを悪く言ったのに? ああ、私は。 惨めだ! 私はどこ へ行って隠されようか、なぜなら彼自身があらゆる隠れ場所を 見て、すべてを知っており、彼の内にある偉大な光のせいで、 隠されたものは彼から逃れられないからである? そして今、ヨセ フの神が慈悲深いであろうように。 「私が無知で彼に対して邪 悪な言葉を言ったからです。哀れな私はこれからどうすればよ いでしょうか。私は言ったではありませんか。「ヨセフが来ま す、カナンの地から羊飼いの息子です。今、彼は私たちのとこ ろに来ました」 天からの太陽のように戦車に乗って、今日私た ちの家に入ってきて、地上の光のように家の中を照らしていま す。 しかし、私は愚かで大胆です。なぜなら、私はヨセフを軽 蔑し、彼について悪口を言い、ヨセフが神の子であることを知 らなかったからです。 というのは、男性の誰がそのような美し さを生むのでしょうか、あるいはどの女性の子宮がそのような 光を生むのでしょうか? 私は惨めで愚かです、なぜなら私は父 に悪口を言ったからです。 ですから、今、父が私を侍女と奴隷 女としてヨセフに与えてください。そうすれば、私は永遠に彼 に奴隷になるでしょう。」 ジョセフは窓際にアセナを見る。 7. ヨセフはペンテフレの家に入り、椅子に座った。 そして彼ら は彼の足を洗い、彼の前に別に食卓を置いた。それはヨセフに とってそれが忌まわしいことであったため、エジプト人たちと 一緒に食事をしなかったからである。 ヨセフが見上げると、ア セナトが顔をのぞかせているのが見えたので、ペンテフレズに 言った、「屋根裏の窓際に立っているあの女は誰ですか。この 家から出て行きましょう。」 というのは、ヨセフは「彼女自身 も私を困らせることのないように」と言って恐れたからである 。 というのは、エジプト全土の君主や太守のすべての妻や娘た ちが、彼と一緒に寝ようとして彼を困らせていたからである。 しかし、エジプト人の多くの妻や娘たちも、ヨセフを見た多く の人々と同じように、彼の美しさのせいで心を痛めていました 。 女たちが金銀や貴重な贈り物を持ってヨセフに送った使者た ちに対して、ヨセフは「私は主なる神の前と父イスラエルの面 前で罪を犯しません」と言って脅しと侮辱を加えて送り返した 。 というのは、ジョセフには常に神が目の前にあり、父親の命 令を常に覚えていたからです。 というのは、ヤコブは息子ヨセ フとその息子たち全員に、「子供たちよ、見知らぬ女と交わら ないように、しっかりとその女から身を守ってください。彼女 との交わりは滅びであり滅びだからです。」とよく話し、戒め ていたからである。 そこでヨセフは、「あの女をこの家から出 て行きなさい」と言った。 そこでペンテフレスは彼に言った、 「主よ、あなたが屋根裏に立っているのを見たあの女性は見知 らぬ人ではなく、私たちの娘であり、すべての男を憎む娘であ り、あなた以外に彼女を見た男は今日だけです。 、もしあなた が望むなら、主よ、彼女は来てあなたと話します、なぜなら私 たちの娘はあなたの妹だからです。」 そしてヨセフは、ペンテ フレスが「彼女はあらゆる男を憎む処女だ」と言ったので、非 常に大きな喜びで喜びました。 そしてヨセフはペンテフレスと その妻に言った、「もし彼女があなたの娘で処女なら、来させ てください。彼女は私の妹ですから、私は今日から妹として彼 女を愛しています。」 ジョセフはアセナを祝福します。 8. それから母親が屋根裏に上がってアセナトをヨセフのところ に連れてきたので、ペンテフレスは彼女に言った、「あなたの 兄弟にキスしてください。彼も今日あなたと同じように処女で あり、あなたがすべての見知らぬ男性を憎むのと同じように、 すべての見知らぬ女性を憎んでいます。」 。」 そしてアセナト はヨセフに言った、「主よ、万歳、いと高き神の祝福よ。」 そ してヨセフは彼女に言った:「万物を生やしてくださる神があ なたを祝福してくださるでしょう、お嬢ちゃん。」それからペ ンテフレは娘アセナトに言った:「来て、あなたの兄弟にキス してください。」それからアセナトがヨセフにキスしようと近 づいてくると、ジョセフは右を伸ばしました。 それを手に持っ て、それを彼女の二つの乳房の間の胸の上に置きました(とい うのも、彼女の乳房はすでに美しいリンゴのように突き出てい
  • 3. たからです)、そしてジョセフは言いました、「神を礼拝し、 口で生ける神を祝福する人にはふさわしくありません。 そして 祝福された命のパンを食べ、祝福された不死の杯を飲み、祝福 された不滅の働きで油そそがれ、見知らぬ女性にキスをする。 彼女は口で死んだ偶像と耳の聞こえない偶像を祝福し、彼らの 食卓から絞殺のパンを食べる。 そして彼らの飲み物から欺瞞の 杯を飲み、破壊の作用で油を注がれます。 しかし、神を崇拝す る人は、自分の母親と、母親から生まれた妹、自分の部族から 生まれた妹、そして自分のソファを共有する妻にキスをし、彼 らは口で生ける神を祝福します。 同様に、神を崇拝する女性が 見知らぬ男にキスするのもふさわしくない。これは主なる神の 目に忌まわしいことだからだ。」 そして、アセナトはヨセフか らこの言葉を聞いたとき、ひどく苦しみ、うめきました 「そし て、彼女が目を開いたまましっかりとヨセフを見つめていたの で、涙が溢れてきました。そして、ヨセフは彼女が泣いている のを見て、彼女を非常に憐れみました。なぜなら、彼は温和で 慈悲深く、主を畏れる人だったからです。」 右手を彼女の頭上 に上げて言われた、「私の父イスラエルの神、主よ、いと高き 力ある神、すべてのものを生き返らせ、暗闇から光へ、誤りか ら真理へ、そして死から命を呼び起こしてくださいます。 あな たはこの処女も祝福し、彼女を元気づけ、あなたの聖霊で彼女 を新たにし、彼女にあなたの命のパンを食べさせ、あなたの祝 福の杯を飲ませてください。そして、万物が造られる前にあな たが選んだあなたの民とともに彼女を数えてください。 そして 彼女をあなたの選ばれた者のためにあなたが用意したあなたの 安息の中に入れさせてください、そして彼女をあなたの永遠の 命の中で永遠に生きさせてください。」 アセナトは引退し、ジョセフは出発の準備をします。 9. そしてアセナトは、ヨセフの祝福を非常に大きな喜びで喜び ました。 それから彼女は急いで自分でロフトに上がり、衰弱し てベッドに倒れ込みました。なぜなら、彼女の中に喜びと悲し みと大きな恐怖があったからです。 そして、ヨセフからこれら の言葉を聞いたとき、そしていと高き神の御名においてヨセフ が彼女に語ったとき、彼女は汗を流し続けました。 それから彼 女は激しく激しく泣き、いつも崇拝していた神々や、忌み嫌っ ていた偶像たちから悔い改めて、夕方が来るのを待ちました。 しかし、ヨセフは食べたり飲んだりしました。 そして彼は家臣 たちに、馬にくびきを戦車につないで、全土を巡るように言い ました。 そしてペンテフレスはヨセフに言った、「主よ、今日 はここに泊まらせてください。そうすれば朝にはお帰りになる でしょう。」 するとヨセフは言った、「いいえ、でも今日は行 きます。今日は神がすべての被造物を造り始めた日だからです 。そして八日目には私もあなたのところに戻ってここに泊まり ます。」 アセナトはエジプトの神々を拒否し、自分を卑下します。 10.そして、ヨセフが家を出たとき、ペンテフレスとその親族全 員も相続地へ出発しました。そして、アセナトは 7 人の処女とと もに一人残され、気だるくて日が沈むまで泣き続けました。 彼 女はパンも食べず、水も飲みませんでしたが、皆が寝ている中、 彼女だけが起きて泣き、頻繁に手で胸を叩いていました。 これ らの事の後、アセナトはベッドから起き上がり、ロフトから静 かに階段を下り、玄関に来ると、女主人が子供たちと一緒に寝 ているのを見つけました。 そして彼女は急いでカーテンの革製 のカバーをドアから外し、燃え殻を詰めて屋根裏部屋まで運び 、床に置きました。 そこで彼女はドアをしっかりと閉め、横か ら鉄のボルトで締め、とてもとても大きな泣き声とともに、大 きなうめき声を上げました。 しかし、アセナトが処女たちの中 で何よりも愛した処女は、彼女のうめき声を聞いて急いでドア のところに来て、他の処女たちも起こした後、ドアが閉まって いることに気づきました。 そして、アセナトのうめき声と泣き 声を聞き終えたとき、彼女は外に立って彼女にこう言いました。 私たちはあなたを見ています。」 そしてアセナトは家の中に閉 じ込められながら彼女に言った、「ひどくひどい痛みが私の頭 を襲い、私はベッドで休んでいますが、四肢全体が弱っている ので起き上がってあなたに心を開くことができません。」 した がって、あなた方はそれぞれ彼女の部屋に行って寝てください、 そして私を静かにさせてください。」 そして、乙女たちがそれ ぞれ自分の部屋へ出て行ったとき、アセナトは立ち上がって寝 室のドアを静かに開け、装飾品の箱が置かれている第二の部屋 へ去り、金庫を開けて黒と白の箱を取り出しました。 長子の弟 が亡くなったとき、彼女はそれを着て哀悼の意を表した陰気な チュニック。 それで、彼女はこのチュニックを手に取り、自分 の部屋に運び、再びドアをしっかりと閉め、横からボルトを締 めました。 そこで、アセナトは王室のローブを脱ぎ、喪服を着 て、金のガードルを緩めてロープで身を包み、頭からティアラ、 つまり冠を脱ぎ、同様に王冠も外しました。 彼女の手と足から の鎖もすべて床に置かれていました。 それから彼女は自分で選 んだローブと金のガードルと留め飾りと王冠を取り、それを北 に向いた窓から貧しい人々に投げかけました。 そこで彼女は、 部屋にあったすべての神々、数え切れないほどの金と銀の神々 を取り出し、それらを粉々にし、窓から貧しい人々や物乞いに 投げ捨てました。 そして再び、アセナトは王室の晩餐、肥育動 物、魚、未経産牛の肉、神々のすべての犠牲、そして酒のワイ ンの器を取り出し、それらをすべて北に見える窓から犬たちの 餌として投げ捨てました。 。 2 これらのことをした後、彼女は 燃え殻の入った革製の覆いを取り、それを床に注ぎました。 そ こで彼女は荒布を取り、腰を締めた。 そして彼女は頭髪のネッ トも外し、灰を頭から振りかけました。 そして、彼女は燃え殻 を床にもまき散らし、その燃え殻の上に倒れ込み、絶えず手で 胸を叩き、朝までうめき声を上げて一晩中泣き続けました。 そ して、朝、アセナトが起きて見ると、なんと! 燃え殻は彼女の 涙から出た粘土のように彼女の下にあり、彼女は再び日が沈む まで燃え殻の上に顔を伏せた。 こうして、アセナトは 7 日間何 も味わなかった。 アセナトはヘブライ人の神に祈ることを決意する。 11. そして 8 日目、夜が明け、すでに鳥がさえずり、犬が通行人 に向かって吠え始めたとき、アセナトは座っていた床と燃え殻 から少し頭を上げました。あまりにも疲れていたからです。 そ して大きな屈辱により彼女は手足の力を失っていた。 というの は、アセナトは疲れ果てて気を失い、体力も衰え、そこで壁の 方を向き、東に見える窓の下に座ったからである。 彼女は頭を 胸の上に置き、手の指を右膝の上に絡めました。 そして彼女の 口は閉じられ、辱めを受けている七日間も七夜も開かなかった 。 そして彼女は口を開かずに心の中で言った、「身分の低い私 はどうしよう、それともどこへ行こうか。そしてこれからはま た誰に避難しようか。それとも誰に話そうか、処女だ」 孤児で 、寂しく、誰からも見捨てられ、憎まれているの? 今では皆が私 を憎むようになり、その中には私の父と母も含まれています。 なぜなら、父と母は、「アセナトは私たちの娘ではない」と言 ったからです。しかし、私の親族全員も私を憎むようになり、 すべての人間も私を憎むようになりました。私が彼らの神を滅 ぼしたからです。そして私は憎んできたのです。 すべての人、 そして私に求婚したすべての人、そして今、この地雷の屈辱の
  • 4. 中で、私はすべての人に憎まれており、彼らは私の苦難を喜ん でいます。しかし、主であり、力強いヨセフの神は、偶像を崇 拝するすべての人を憎んでいます。彼は嫉妬深い神だからです 。 そして、私が聞いたように、奇妙な神々を崇拝するすべての 人に対して恐ろしいことであり、私が死んだ、耳の聞こえない 偶像を崇拝し、それらを祝福したので、彼も私を憎んだのです 。 しかし今、私は彼らの犠牲を避けており、私の口は彼らの食 卓から遠ざかっており、天の神、最も高く力ある偉大なヨセフ に呼びかける勇気もありません。私の口は汚れているからです 。 偶像の犠牲。 しかし、ヘブライ人の神は真の神であり、生け る神であり、慈悲深い神であり、哀れで忍耐強く、憐れみに満 ちていて優しい神であり、罪を犯した人の罪を軽視しない神で ある、という多くの人々の言葉を私は聞いてきました。 謙虚で あり、特に無知で罪を犯し、苦しんでいる人の苦しみの時に不 法行為を有罪としない人です。 したがって、謙虚な私も大胆に なって神に立ち返り、神のもとに避難し、自分のすべての罪を 神に告白し、神の前に私の嘆願を注ぎ出すつもりです。そうす れば神は私の悲惨さを憐れんでくださるでしょう。 というのは、 彼がこの私の屈辱と私の魂の荒廃を見て私を憐れみ、私の惨め さと処女性の孤児状態も見て私を守ってくれるかどうか、誰が 知るだろうか? なぜなら、私が聞いたところによると、彼自身 も孤児の父親であり、苦しんでいる人々の慰めであり、迫害さ れている人々の助け手でもあるからです。 しかし、いずれにせ よ、謙虚な私も大胆になって彼に叫びます。 それからアセナト は座っていた壁から立ち上がり、東に向かって膝をつき、目を 天に向け、口を開いて神に言いました。 アセナトの祈り 12. アセナトの祈りと告白:「義なる者の神、主よ、時代を創造 し、万物に命を与え、あなたの被造物すべてに命の息を与え、 目に見えないものを光の中に浮かび上がらせ、創造された方。 すべてのものと現れなかったものを明らかにし、天を持ち上げ て水の上に地を築き、水の深淵に大きな石を固定し、水に沈む ことなく最後まであなたの意志を実行します。 主よ、御言葉が 言われ、万物が生まれ、あなたの御言葉、主よ、あなたのすべ ての生き物のいのちであるから、私はあなたに避難します、主 よ、私の神よ、これから先、私はあなたに向かって叫びます、 主よ 「そして、私はあなたに私の罪を告白します、あなたに私 の嘆願を注ぎます、マスター、そしてあなたに私は私の不法を 明らかにします。私を赦してください、主よ、私はあなたに対 して多くの罪を犯したので、私は不法を行い、そして不法を行 いました」 不敬虔なこと、私は口にしてはいけないこと、あな たの目には邪悪なことを話しました、主よ、私の口はエジプト 人の偶像の犠牲と彼らの神々の食卓から汚れました:私は罪を 犯しました、主よ、私は罪を犯しました あなたの目には、知っ ていても無知でも、私は死んだ、耳の聞こえない偶像を崇拝す るという不敬虔なことをしました、そして私はあなたに口を開 く資格がありません、主よ、私は聖母であり王妃である司祭ペ ンテフレスの悲惨な娘アセナトです。 かつては誇り高く傲慢で 、父の富で誰よりも栄えていた人だったが、今は孤児で荒廃し 、すべての人に見捨てられた。 主よ、私はあなたに逃げます、 そしてあなたに私は嘆願を捧げます、そしてあなたに向かって 叫びます。 私を追いかける彼らから私を救い出してください。 マスター、私が彼らに連れて行かれる前に。 というのは、誰か を恐れる幼児のように、人は父と母のもとに駆け寄ると、父は 両手を伸ばして彼を胸に抱き寄せる、あなたもそうするのであ る。 主よ、子供を愛する父親のように、あなたの汚れのない恐 ろしい手を私の上に伸ばして、超官能的な敵の手から私を捕ま えてください。 そうだね! 古代の野蛮で残忍なライオンが私を 追いかけます、なぜなら彼はエジプト人の神々の父であり、偶 像マニアの神々は彼の子供たちだからです、そして私は彼らを 憎むようになり、彼らを追い払いました。 彼らはライオンの子 供たちであり、私はエジプト人の神々をすべて私から追い出し 、彼らを追い払いました。そして、ライオン、または彼らの父 である悪魔が私に対して激怒して、私を飲み込もうとしていま す。 しかし、主よ、あなたは私を彼の手から救い出してくださ い。 そうすれば、彼が私を引き裂いて火の炎に投げ込み、その 火が私を嵐に投げ込み、嵐が暗闇の中で私を支配することのな いように、私は彼の口から救われます。 そして私を海の深みに 投げ込み、永遠から来た大きな獣が私を飲み込み、私は永遠に 滅びます。 主よ、これらすべてのことが私に降りかかる前に、 私を救い出してください。 マスターよ、孤独で無防備な私を救 い出してください。父と母が私を否定し、「アセナトは私たち の娘ではない」と言ったのは、私が彼らの神々を完全に憎んだ かのように粉々に砕き、彼らを追い払ったからです。 そして今 、私は孤児で孤立しており、あなた以外に希望はありません。 主よ、人類の友よ、あなたの慈悲以外に他の避難所はありませ ん。なぜならあなたは孤児たちの父親であり、迫害されている 者の擁護者であり、苦しむ人々の助け手であるだけだからです 。 主よ、私を憐れんでください。そして、見捨てられ孤児であ る私を清らかで処女にしてください。なぜなら、あなただけが 主であり、甘くて善良で優しい父親だからです。 主よ、あなた ほど優しくて良い父親がいるでしょうか? そうだね! 父が私に 相続として与えたペンテフレスのすべての家は、一時的に消滅 します。 しかし主よ、あなたの相続財産の家は朽ちることなく 永遠です。」 アセナトの祈り(続き) 13. 「主よ、私の屈辱を訪ねてください。私の孤児である私を憐 れみ、苦しんでいる私を憐れんでください。見よ!マスターで ある私はすべてから逃げ、唯一の人間の友人であるあなたに避 難所を求めました。見よ!私はすべての良いものを残しました 「主よ、荒布と灰をまとって、裸で孤独です。見よ!今、私は 上質の亜麻布と金を織り交ぜた深紅の生地でできた王室のロー ブを脱ぎ捨て、黒い喪服を着ています。」 見よ、私は金の帯を 外し、それを私から投げ捨て、ロープと荒布で身を締めた。見 よ、私の王冠と留め金具を頭から投げ捨て、燃え殻を自分自身 にふりかけた。見よ、私の部屋の床は、 さまざまな色と紫の石 で舗装されており、以前は軟膏で湿らせ、明るい亜麻布で乾か していましたが、今は私の涙で湿っており、灰が散らばってい るという不名誉です。見よ、私の主よ、燃え殻の中から そして 私の涙は、広い道路のように私の部屋に多くの粘土を形成しま した。主よ、私の王室の夕食と私が犬に与えた肉です。 ほら! また、先生、私は七日七晩断食しており、パンも水も飲まず、 口は車輪のように乾いており、舌は角のように、唇は陶器の破 片のように乾燥しており、顔は縮み、目は萎んでいます。 涙を 流すことに失敗しました。 しかし、私の神、主よ、あなたは私 を多くの無知から救い出し、処女で何も知らずに道を誤った私 を赦してください。 ほら! 私が以前無知で崇拝していたすべて の神々が、耳が聞こえず死んだ偶像だったことを今では知りま した、そして私はそれらを粉々に砕いてすべての人に踏みつけ られるように与えました、そして盗賊は金と銀であったそれら を台無しにしました そして私はあなたとともに避難を求めまし た、唯一の同情者であり人々の友人である主なる神よ。 主よ、 私を赦してください。私は無知であなたに対して多くの罪を犯 し、私の主ジョセフに対して冒涜的な言葉を言いました。そし
  • 5. て、哀れな者よ、彼があなたの息子であることを知りませんで した。 主よ、ねたみに駆り立てられた悪人たちが私にこう言っ たのです。『ヨセフはカナンの地の羊飼いの子だ』と。そして 哀れな私は彼らを信じて道を踏み外し、彼を無価値にし、邪悪 なことを言いました。 彼があなたの息子であることを知らずに 、彼のことについて。 というのは、人間の中で誰がそのような 美しさを生んだのか、あるいはこれから生むであろうか? それ とも、この美しいヨセフのように賢くて力強い彼のような人が 他にいるでしょうか? しかし、主よ、私は彼をあなたに捧げま す、なぜなら私は自分の魂よりも彼を愛しているからです。 あ なたの恵みの知恵で彼を守ってください、そして私を召使いと 奴隷女として彼に託してください。そうすれば私は彼の足を洗 い、ベッドを整え、彼に奉仕し、彼に仕えることができます。 そして私は彼のために奴隷女になります。 私の人生の時代。」 大天使ミカエルがアセナトを訪問します。 14. そして、アセナトが主に告白するのをやめたとき、見よ! 明 けの明星も東の天から生じました。 アセナトはそれを見て喜び 、こう言った、「それでは主なる神は私の祈りを聞いてくださ ったでしょうか?この星は大いなる日の最高潮の使者であり、 先触れなのです。」 そしてなんと! 明けの明星のせいで天は裂 け、言葉では言い表せないほどの偉大な光が現れた。 そしてそ れを見たとき、アセナトは燃え殻の上にうつぶせに倒れ、すぐ に天から男が彼女のところに来て、光線を放ち、彼女の頭上に 立った。 そして、彼女がうつ伏せに寝ていると、神の天使は彼 女に言った、「アセナト、立ちなさい」。 そして彼女は言いま した、「私の部屋のドアが閉まっていて、塔が高いのに私を呼 んだのは誰ですか。それではどうやって私の部屋に入ってきた のですか?」 そして彼はもう一度彼女に電話して、「アセナト 、アセナト」と言った。 そして彼女は言いました、「主よ、こ こにいます。あなたが誰なのか教えてください。」 そして彼は 言った、「私は主なる神の主なる船長であり、いと高き者のす べての軍勢の司令官です。立ち上がって、あなたの足で立ちな さい。私があなたに私の言葉を話すことができるように。」 そ して顔を上げて見ると、なんと! ローブと花輪と王の杖を身に 着け、すべてにおいてヨセフと同じような男であったが、彼の 顔は稲妻のようであり、目は太陽の光のようであり、頭の毛は 燃え盛る松明の火の炎のようであったことを除けば、 そして彼 の手と足は火から輝く鉄のように、いわば手と足の両方から火 花が出たからです。 これらのことを見て、アセナトは恐れてひ れ伏し、足で立つことさえできなくなりました。彼女は非常に 恐れて、手足全体が震えたからです。 すると男は彼女に言った 、「元気を出してください、アセナト、恐れることはありませ ん。しかし、立ち上がってあなたの足で立ちなさい。私があな たに私の言葉を話すことができるからです。」 それからアセナ トが立ち上がって立ち上がると、天使は彼女に言った、「妨げ られることなくあなたの第二の部屋に入り、あなたが着ている 黒いチュニックを脇に置き、腰の荒布を脱ぎ捨て、燃え殻を払 い落としなさい」 あなたの頭からあなたの顔とあなたの手をき れいな水で洗い、汚れのない白いローブを着て、あなたの腰に 純潔の明るい帯、二重の帯を締めてください、そして再び私の ところに来てください、そして私はあなたに言葉を話します そ れは主からあなたに送られたものです。」 それからアセナトは 急いで第二の部屋に入り、そこには彼女の装飾品の胸があり、 金庫を開けて白くて手付かずのローブを取り出して着、まず黒 いローブを脱いで、ロープも外し、 彼女は腰から荒布を脱いで、 純潔を表す明るい二重の帯を締め、片方の帯を腰の周りに、も う一つの帯を胸の周りに巻きました。 そして彼女は頭から燃え 殻を振り落とし、きれいな水で手と顔を洗い、とても美しくて 立派なマントを着て頭をベールで覆いました。 マイケルはアセナトに、自分がジョセフの妻になることを告げ る。 15.そこで彼女は神聖な船長のところに来て彼の前に立つと、主 の天使が彼女に言った、「さあ、あなたの頭からマントを脱ぎ なさい。なぜなら、あなたは今日純粋な処女であり、あなたの 頭はまるでのようだからです」 若者。" そしてアセナトはそれを 頭から取り上げた。 そして再び、神の天使は彼女にこう言いま した。「元気を出してください、処女で純粋なアセナト、見よ! 主なる神はあなたの告白と祈りのすべての言葉を聞き、そして 彼女の屈辱と苦しみもご覧になりました。 あなたの七日間の禁 欲、あなたの涙から多くの粘土があなたの顔の前でこれらの燃 え殻の上に形成されたからです。 しかし、この日からあなたは 新しくされ、作り直され、元気を取り戻し、祝福された命のパ ンを食べ、不死性で満たされた杯を飲み、祝福された不朽の働 きで油そそがれるでしょう。 元気を出してください、アセナト 、処女で純粋です、見よ! 主なる神は今日あなたを花嫁としてヨ セフに与えられました、そして彼自身が永遠にあなたの花婿と なるでしょう。そして今後あなたはアセナトと呼ばれることは ありません、あなたの名前は 避難の都市となりなさい。なぜな ら、多くの国々があなたの中に避難を求め、あなたの翼の下に 滞在し、多くの国々があなたの手段によって避難所を見つけ、 あなたの城壁の上で、悔い改めを通していと高き神に固く結ば れる人々が安全に保たれるからです。 なぜなら、悔い改めは至 高者の娘であり、彼女自身が至高の神に毎時間あなたのために 、そして悔い改めるすべての者のために懇願しているからです 。なぜなら、彼は悔い改めの父であり、彼女自身がすべての処 女の完成であり監督であり、あなたを非常に愛しています。 い と高き方に毎時間あなたのために懇願し、悔い改めるすべての 人のために天に安らぎの場所を与え、悔い改めたすべての人を 新たにしてくださるでしょう。 そして悔い改めは非常に美しく 、純粋で優しく穏やかな処女です。 したがって、いと高き神は 彼女を愛しており、すべての天使は彼女を尊敬しており、私は 彼女を非常に愛しています。彼女自身も私の妹であり、彼女が 処女であるあなたたちを愛しているように、私もあなたたちを 愛しています。 そしてなんと! 私のほうとして、私はヨセフの ところに行って、あなたに関するこれらすべての言葉を彼に話 します。そうすれば、彼は今日あなたのところに来て、あなた を見て、あなたを喜び、あなたを愛し、あなたの花婿となるで しょう。そうすれば、あなたは永遠に彼の最愛の花嫁となるで しょう。 したがって、私の言うことを聞いてください、アセナ ト、そして婚礼のローブを着てください、それは昔からあなた の部屋にまだ置かれている古代の最初のローブです、そしてあ なたの選択をすべてあなたの周りにも飾り、良い花嫁として身 を飾り、あなた自身を作りなさい 彼に会う準備ができています。 そうだね! 「今日、主ご自身があなたのところに来て、あなた を見て喜ぶでしょう。」そして、人の姿をした主の天使がこれ らの言葉をアセナトに話し終えると、彼女は彼が話したすべて のことを大いに喜びました。 そして、彼女の顔を地にひれ伏し 、彼の足の前で敬い、彼に言った、「私を暗闇から救い出し、 深淵の基礎から私を導き出すためにあなたを遣わされたあなた の神、主が祝福されますように」 光よ、あなたの御名は永遠に 祝福されますように。 もし、主よ、あなたの御前で私が恵みを 見つけ、あなたが私に言ったすべての言葉を実行して、それが 成就されると知ったら、あなたの侍女にあなたに話しかけてく ださい。」そして天使は彼女に言った。 「お願いです、主よ、
  • 6. このベッドに少しお座りください。このベッドは清らかで汚れ がありません。他の男や他の女がそこに座ったことがないから です。それで私があなたの前に置きます」 テーブルとパンがあ って、あなたは食べなさい。そして、私は古くて美味しいワイ ンも持ってきます、その香りは天に届くでしょう、そしてあな たはそれを飲み、その後、旅立ちましょう。」そして彼は彼女 に言った: 急いで早く持ってきてください。」 アセナスは倉庫で蜂の巣を見つけます。 16.そしてアセナトは急いで彼の前に空のテーブルを置いた。 そ して彼女がパンを取り始めたとき、神の天使は彼女にこう言い ました。「蜂の巣も持ってきてください。」 そして彼女は立ち 止まり、倉庫に蜂の巣がないことに当惑し、悲しんでいました。 そして神の天使は彼女に言いました、「なぜあなたはまだ立っ ているのですか?」 「殿下、私は男の子を郊外に送ります。私 たちの相続財産の所有権が近づいているので、彼はすぐに来て そこから一人を連れてきます、そしてあなたの前にそれを置き ます。」と彼女は言いました。 神聖な天使は彼女にこう言いま した。「あなたの倉庫に入ると、テーブルの上にミツバチの巣 が置かれているでしょう。それを取り上げて、ここに持ってき てください。」 そして彼女は言いました、「主よ、私の倉庫に は蜂の巣はありません。」 そして彼は言いました、「行ってく ださい、そうすれば見つけられるでしょう。」 そしてアセナト が倉庫に入ると、テーブルの上に蜂の巣が置かれているのを見 つけました。 そして櫛は大きくて雪のように白く、蜂蜜がたっ ぷりと詰まっていました。その蜂蜜は天の露のようで、その匂 いは生命の匂いのようでした。 そこでアセナトは不思議に思い 、心の中でこう言いました。「この櫛はこの人自身の口から出 たものなのでしょうか?」 そしてアセナトがその櫛を取り、持 ってきてテーブルの上に置いたとき、天使は彼女に言った、「 なぜあなたは『私の家には蜂の巣はない』と言ったのに、なん と、あなたがそれを私に持ってきたのですか?」 」 「主よ、私 は家に蜂の巣を置いたことはありませんが、あなたのおっしゃ るとおり、蜂の巣は作られました。これはあなたの口から出た のですか。その匂いは軟膏の匂いと同じだからです。」 そして 男は女の理解を見て微笑んだ。 それから彼は彼女を自分自身に 呼び、彼女がやって来たとき、彼は右手を伸ばして彼女の頭を 掴み、右手で彼女の頭を振ったとき、アセナトは天使の手を非 常に恐れました。 彼の手は真っ赤に焼けた鉄のようなもので、 そのため彼女はずっと恐怖で天使の手を見つめ、震えていまし た。 そして彼は微笑んで言った、「あなたは幸いです、アセナ ト、言葉では言い表せない神の奥義があなたに明らかにされた からです。そして、悔い改めにおいて主なる神に固く結ばれる すべての人は幸いです、なぜなら彼らはこの櫛を食べるからで す、この櫛のために。 それは生命の霊であり、これは喜びの楽 園のミツバチが、神の楽園にある生命のバラとあらゆる花の露 から作り、その露を天使たちと神の選ばれし者たちとすべての ものを食べる。 いと高き方の子らであり、それを食べる者は永 遠に死ぬことはない。」 それから神の天使は右手を伸ばして櫛 から小さな部分を取り出して食べ、残ったものを自分の手でア セナトの口に入れて彼女に「食べなさい」と言いました、そし て彼女は食べました。 そして天使は彼女に言いました:「見よ !今、あなたは命のパンを食べ、不死の杯を飲み、不滅の働き で油そそがれています。見よ!今あなたの肉は、至高者の泉か ら命の花を生み出します。」 高く、そしてあなたの骨は神の喜 びの楽園の杉のように太り、不屈の力があなたを維持するであ ろう、したがってあなたの若さは老いを見ることはなく、あな たの美しさは永遠に衰えることはないが、あなたは壁に囲まれ たものになるだろう すべての母なる都市。」 そして天使が櫛を 刺激すると、その櫛の細胞から多くの蜂が発生し、その細胞は 無数であり、何万、何万、何千もありました。 そしてミツバチ も雪のように白く、その羽は紫と深紅、そして緋色でした。 鋭 い刺傷もあったが、誰も怪我をしなかった。 それから、それら すべてのミツバチが足から頭までアセナトを取り囲み、女王の ような他の大きなミツバチが独房から出てきて、彼女の顔と唇 の上を回り、彼女の口と唇に櫛のように櫛を作りました。 天使 の前に横たわりました。 そして、蜂たちはすべて、アセナトの 口にあった櫛を食べました。 そして天使はミツバチたちに「さ あ、あなたのところへ行きなさい」と言いました。 それからミ ツバチたちはみな起き上がり、飛んで天国へ去っていきました。 しかし、アセナトを傷つけようとした者は皆、地に落ちて死ん だ。 すると、天使は死んだミツバチの上に杖を伸ばし、彼らに 言った、「起きて、あなたがたもそこから出て行ってください 。」 それから、死んだミツバチがすべて起き上がって、アセナ トの家に隣接する中庭に出て、実のなる木の上に巣を作りまし た。 マイケルは出発します。 17.そして天使はアセナトに言った、「あなたはこれを見たこと がありますか?」 そして彼女は言いました、「そうです、主よ 、私はこれらすべてを見てきました。」 神聖な天使は彼女にこ う言いました。「わたしのすべての言葉と、金を織り込んだ上 質亜麻布はそのようになり、彼らの頭には金の冠がかぶせられ ました。今日わたしがあなたに話したとおりです。」 そのとき、 主の天使が三度目に右手を伸ばして櫛の側面に触れると、すぐ に火がテーブルから出てきて櫛を焼き尽くしましたが、テーブ ルは少しも傷つきませんでした。 そして、櫛の燃焼から多くの 香りが出てきて、部屋が満たされたとき、アセナトは神聖な天 使に言った、「主よ、私には若い頃から一緒に育てられ、ある 夜に私と一緒に生まれた 7 人の処女がいます」 「彼らは私を待 っていて、私は彼ら全員を私の姉妹として愛しています。私は 彼らを呼びます、そしてあなたが私を祝福してくださったのと 同じように、あなたも彼らを祝福してください。」 すると天使 は彼女に言った、「彼らを呼んでください」。 それからアセナ トが七人の処女を呼んで天使の前に立たせると、天使は彼らに 言った、「いと高き神、主があなたを祝福してくださいます、 そしてあなたは七つの都市の避難の柱となり、その都市に住む すべての選ばれた者となるでしょう」 一緒にあなた方の上で永 遠に休むでしょう。」 そしてこれらの事の後、神の天使はアセ ナトにこう言いました。「このテーブルを取り去ってください 。」 そして、アセナトがテーブルを取り除こうと振り返ったと き、すぐに彼は彼女の目から離れました。アセナトには、それ が東に向かって天に向かう四頭の馬を乗せた戦車のように見え ました。戦車は火の炎のようで、馬は稲妻のようでした。 そし て天使はその戦車の上に立っていました。 それからアセナトは 言った、「私は愚かで愚かです。人間が天から私の部屋に入っ てきたかのように話したのですから!神が部屋に入ってきたと は知りませんでした。そしてなんと!今、彼は天国に戻って行 きます」 彼の場所。」 そして彼女は心の中で言いました。「主 よ、あなたの召使に慈悲を与えてください、そしてあなたの召 使を助けてください。私としては、あなたの前で無知に軽率な ことを言ってしまったからです。」 アセナスの顔が変わった。 18. そして、アセナトがまだこれらの言葉を自分自身に話してい る間に、見よ! ヨセフの僕の一人である若い男が、「神の力強
  • 7. いヨセフが今日あなたのところに来ます」と言いました。 そし てすぐにアセナトは家の監督に電話して、こう言いました。「 急いで私の家の準備をし、おいしい夕食の準備をしてください 。神の力強いヨセフが今日私たちのところに来るからです。」 そして、家の監督は彼女を見たとき(彼女の顔は七日間の苦し みと泣き声と禁欲で縮んでいたので)悲しみ、泣きました。 そ して彼は彼女の右手を掴んで優しく口づけし、「お嬢さん、顔 がこんなに縮んでしまってどうしたのですか?」と言いました。 そして彼女は言いました、「頭がとても痛くて、目が覚めて眠 れなくなりました。」 それから家の監督が出て行って、家の準 備と夕食の準備をしました。 そして、アセナトは天使の言葉と その命令を思い出し、急いで彼女の第二の部屋に入り、そこに は彼女の装飾品の箱があり、彼女の大きな金庫を開け、稲妻の ように最初のローブを取り出してそれを見て着ました。 彼女は また、金と貴石でできた明るく高貴なガードルを身に着け、手 には金の腕輪を、足には金のバスキンを置き、首には貴重な装 飾品を置き、金の花輪を身に着けていました。 彼女の頭; そして 、その前面と同様に花輪の上には大きなサファイアの石があり 、その大きな石の周りには高価な 6 つの石があり、彼女は非常に 素晴らしいマントで頭を覆いました。 そして、アセナトは、家 の監督が彼女に「顔が小さくなった」と言ったことを思い出し、 非常に悲しみ、うめき声を上げて言った、「身分の低い私は不 幸だ、顔が小さくなったのだから。」 ヨセフは私をそのように 見ます、そして私は彼によって無にされるでしょう。」 そして 彼女は侍女に、「泉からきれいな水を持ってきてください」と 言いました。 そして、それを持ってきた後、彼女はそれをたら いに注ぎ、顔を洗うためにかがみ込んだとき、彼女は自分の顔 が太陽のように輝き、その目は昇る明けの明星のように、そし て彼女の頬を見ました。 天の星のようで、唇は赤いバラのよう で、頭髪は神の楽園の果実の中に咲く蔓のようで、首は色とり どりの糸杉のようだった。 そして、アセナトはこれらのものを 見たとき、その光景に自分自身を驚かせ、非常に大きな喜びで 喜び、「この偉大で美しい美しさを洗い流さないように」と言 って顔を洗いませんでした。 それから彼女の家の監督が戻って きて、「すべてはあなたが命じたとおりに行われました」と彼 女に言いました。 そして、彼女を見たとき、彼は非常に恐れ、 長い間震えに捕らえられ、彼女の足元にひれ伏して言い始めま した:「これは何ですか、お嬢様。あなたを取り囲むこの偉大 で美しい美しさは何ですか?」 すばらしいですか? 天の神、主 はあなたを息子ヨセフの花嫁として選ばれたのですか?」 ジョセフが戻り、アセナトに迎えられます。 19.そして、彼らがまだこれらのことを話している間に、少年が アセナトに来て、「ああ、ヨセフが私たちの法廷のドアの前に 立っている。」と言いました。 それからアセナトは急いで七人 の処女とともにロフトから階段を下りてジョセフに会い、家の 玄関に立った。 そして、ヨセフが法廷に入ってきたとき、門は 閉ざされ、見知らぬ人はすべて外に残されました。 そして、ア セナトがヨセフに会うためにポーチから出てきて、彼女を見た とき、彼は彼女の美しさに驚嘆し、彼女に言った、「お嬢さん、 あなたは誰ですか? 早く教えてください。」 そして彼女は彼に 言った:「主よ、私はあなたのはしためアセナトです。私が私 から捨てたすべての偶像は消えました。そして今日、ある人が 天から私のところに来て、私に命のパンを与え、私はそれを食 べました、そして、 私が祝福された杯を飲むと、彼は私に言っ た、「私はあなたをヨセフの花嫁として与えました、そして彼 自身が永遠にあなたの花婿になります。そしてあなたの名前は アセナトと呼ばれることはありませんが、それは「都市」と呼 ばれることになります 「そうすれば、主なる神は多くの国々を 統治し、彼らはあなたを通していと高き神のもとに避難を求め るでしょう。」 すると男は、「私もヨセフのところへ行って、 あなたに関するこの言葉を彼の耳に話します。」と言いました。 そして今、主よ、あなたはその男があなたのところに来たかど うか、そして私についてあなたに話したかどうかを知っていま す。」 それからヨセフはアセナトにこう言いました。「女性よ、 あなたはいと高き神の祝福を受けています。あなたの御名は永 遠に祝福されます。主なる神があなたの城壁の基礎を築き、生 ける神の子らがそこに住むからです」 そうすれば、主なる神が 永遠に彼らを統治されるであろう。 その人は今日天から私のと ころに来て、あなたについてこの言葉を私に言いました。 それ で、今ここに来てください、あなたは処女で純粋ですが、なぜ 遠くに立っているのですか? 「それから、ヨセフは手を伸ばし てアセナトとアセナト・ヨセフを抱きしめた。そして、彼らは 長い間互いに口づけし、二人とも再び霊の中に生きた。そして ヨセフはアセナトに口づけし、彼女に命の霊を与えた。そして 二度目に彼はアセナトに口づけした。」 彼女に知恵の霊を与え 、三度目に優しくキスをして真理の霊を与えました。 ペンテフレスは戻ってきて、アセナトとヨセフの婚約を希望し ますが、ヨセフはファラオに手を求める決意をします。 20.そして、彼らが長い間抱き合い、手の鎖を絡めたとき、アセ ナトはヨセフに言った、「主よ、こちらへ来て、私たちの家に お入りください。私の方で家を準備し、 素晴らしいディナー。」 そして彼女は彼の右手を掴んで家に導き、父親のペンテフレス の椅子に座らせた。 そして彼女は彼の足を洗うために水を持っ てきました。 そこでヨセフは、「処女の一人が来て、私の足を 洗ってください。」と言いました。 そしてアセナトは彼に言っ た、「いいえ、主よ、今後あなたは私の主であり、私はあなた の侍女です。」 それなのに、なぜあなたは他の処女に足を洗っ てもらうことを求めるのですか? 「なぜなら、あなたの足は私 の足であり、あなたの手は私の手であり、あなたの魂は私の魂 であり、他の人はあなたの足を洗わないからです。」そして彼 女は彼を拘束し、足を洗いました。 「アセナトは彼の頭に優し くキスをしました。そしてすぐに、彼は彼女を右手に座らせま した。その時、彼女の父と母、そして彼女の親族全員が相続財 産の所有地からやって来ました。そして、彼らは、彼女が結婚 式の衣装を着てヨセフと一緒に座っているのを見ました。そし て彼らは、彼女がヨセフと一緒に座っているのを見ました。」 「彼女の美しさに驚嘆し、喜び、死者を蘇らせてくださる神を 讃えました。そして、これらのことをした後、彼らは食べたり 飲んだりしました。そして、皆が歓声を上げたので、ペンテフ レスはヨセフに言いました:「明日、私はすべての国の王子と 太守をすべて呼びます」 「エジプトに行って、あなたのために 結婚式を挙げてください。そうしたら、私の娘アセナトを妻に 迎えてください。」しかし、ヨセフは言いました:「私は明日、 王ファラオのところに行きます。彼自身が私の父であり、私を この全土の統治者に任命したからです。 「私はアセナトについ て彼に話します。そうすれば彼は彼女を私の妻に与えるでしょ う。」そしてペンテフレスは彼に言った、「安心して行きなさ い。」 ヨセフはアセナトと結婚します。 21.そして、ヨセフはその日ペンテフレズと一緒にいて、アセナ トには行かなかった。「神を崇拝する男が結婚前に妻と寝るの はふさわしくない」と常々言っていたからである。 そこでヨセ フは朝早く起きてファラオのもとへ行き、「ヘリオポリスの祭
  • 8. 司ペンテフレスの娘アセナトを妻にしてください」と言いまし た。 ファラオは大いに喜び、ヨセフに言った、「ああ、この人 は永遠の昔からあなたの妻としてあなたの婚約者ではなかった のですか。したがって、彼女をこれからも永遠にあなたの妻に してください。」 そこでファラオは人を遣わしてペンテフレズ を呼び、ペンテフレスはアセナトを連れてきてファラオの前に 立たせた。 ファラオは彼女を見てその美しさに驚嘆し、こう言 った、「子よ、ヨセフの神、主はあなたを祝福してくださるで しょう。あなたの美しさは永遠に残るでしょう。なぜなら、ヨ セフの神、主があなたを彼の花嫁として選んだからです。 「ヨ セフは至高者の息子のようなものであり、あなたはこれからも 永遠に彼の花嫁と呼ばれるでしょう。」そしてこれらの事の後 、ファラオはヨセフとアセナトを連れて行き、昔から家にあっ た金の花輪を彼らの頭に置きました。 「古代、ファラオはアセ ナトをヨセフの右に置きました。そしてファラオは彼らの頭に 手を置いて言いました、「いと高き神、主はあなたを祝福し、 永遠に至るまであなたを増やし、あなたを高め、栄光を与えて くださいます。」それからファラオは彼らを向き直しました。 そこでファラオはヨセフのために結婚式をとり、七日間盛大な 晩餐と酒を酌み交わし、エジプトのすべての統治者とすべての 国の王たちを呼び集めた。 「ヨセフとアセナトの結婚式の七日 間に仕事をする者は皆、必ず死ぬであろう。」そして、結婚式 が進行している間、そして夕食が終わったとき、諸国の人々は エジプトの地で次のように宣言した。 終わり、ヨセフはアセナ トに入り、アセナトはヨセフによって妊娠し、ヨセフの家でマ ナセスと彼の兄弟エフライムを裸にしました。 アセナトはヤコブに紹介されます。 22.そして、7 年間の豊作が過ぎたとき、7 年間の飢餓が始まりま した。 そして、ヤコブは息子ヨセフのことを聞くと、飢饉の二 年目の第二の月の二十一日に、親族全員とともにエジプトに入 り、ゴシェンに定住した。 そしてアセナトはヨセフに言った、 「私はあなたの父に会いに行きます。あなたの父イスラエルは 私の父であり神であるからです。」 ヨセフは彼女に言った、 「あなたは私と一緒に行って、私の父に会いに行きましょう。」 そして、ヨセフとアセナトはゴシェンの地にあるヤコブのとこ ろに来ました、そして、ヨセフの兄弟たちは彼らに会い、地上 で彼らに敬意を表しました。 二人ともヤコブのところへ行きま した、そしてヤコブはベッドに座っていました、そして彼自身 も好色な年をとった老人でした、そしてアセナトが彼を見たと き、彼女は彼の美しさに驚嘆しました。 美しい男の若者のよう に年を重ね、頭全体が雪のように白く、頭の毛はすべて密集し て非常に厚く、あごひげは胸まで白く、目は朗らかで光り、筋 は輝いていた。 彼の肩と腕は天使のようで、太ももとふくらは ぎと足は巨人のようでした。すると、アセナトはそのように彼 を見て、驚き、ひれ伏し、地に顔をつけて礼拝しました。そし てヤコブは言いました。 ジョセフ:「これは私の嫁、あなたの 妻ですか?」 「彼女はいと高き神から祝福されますように。」 それからヤコブはアセナトを自分自身に呼び、彼女を祝福し、 優しく口づけしました;するとアセナトは両手を伸ばしてヤコブ の首を掴み、彼の首にしがみついて優しく口づけしました。 そ こでヨセフとアセナトは二人とも家に行き、レアの息子シメオ ンとレビだけが彼らを先導したが、レアとラケルの侍女である ビルハとジルパの息子たちは参加しなかった。 「彼らを率いて いくとき、彼らは彼らをねたみ、嫌悪していました。そして、 レビはアセナトの右にいて、シメオンは左にいました。そして アセナトはレビの手を握りました。なぜなら、彼女はヨセフの 兄弟たちよりも、また預言者として、崇拝者として彼を非常に 愛していたからです」 というのは、彼は理解のある人であり、 至高者の預言者であったからであり、彼自身も天に書かれた手 紙を見てそれを読み、それを密かにアセナトに明らかにしたの である;そのレビ自身もまたアセナトを非常に愛していたから である。 そして一番高い所に彼女の休息場所が見えた。 ファラオの息子はシメオンとレビをそそのかしてヨセフを殺さ せようとします。 23.そして、ヨセフとアセナトがヤコブのところへ行く途中、通 りかかったとき、ファラオの長子が城壁から彼らを見て、アセ ナトを見ると、その美しさのゆえに彼女に激怒した。 そこでフ ァラオの子は使者を送り、シメオンとレビをファラオのもとに 呼びました。 そして、彼らがやって来て彼の前に立つと、ファ ラオの長子は彼らに言った、「私としては、あなた方が今日、 地上のすべての人間の上に強力な者であること、そしてあなた のこの右手でシケム人の都市が転覆されたことを知っています」 そして、あなたの二本の剣で、30,000 人の戦士が斬り倒されま した。そして私は今日、あなたを仲間として連れて行き、多く の金と銀を与え、男たちと侍女と家と莫大な遺産を与え、あな たが私の味方で争って、私に親切にしてください 「あなたの兄 弟ヨセフからは、彼自身がアセナトを妻に迎え、この女性は昔 から私と婚約していたからであるにもかかわらず、私はあなた の弟ヨセフから大きな恩恵を受けました。そして今、私と一緒 に来てください、そして私は剣で彼を殺すためにヨセフと戦い ます。 「そして、私はアセナトを妻に迎えます。そうすれば、 あなた方は私にとって兄弟であり、忠実な友人になります。し かし、もしあなたたちが私の言葉に従わないなら、私の剣であ なたを殺します。」 そして、これらのことを言い終えると、彼 は剣を抜いて彼らに見せた。 シメオンは大胆で大胆な男だった ので、右手を剣の柄に置き、鞘から引き抜いて、ファラオの息 子を打ち負かそうと考えました。ファラオの息子が彼らに厳し い言葉を言ったからです。 そこでレビは預言者である彼の心の 思いを見て、シメオンの右足を踏みつけて押し、怒りをやめる ように合図しました。 レビはシメオンに静かにこう言った、 「なぜあなたはこの人に対して怒っているのですか。私たちは 神を崇拝する人間であり、悪に悪を返すのはふさわしくないの です。」 そこでレビはファラオの息子に、温和な心で公然とこ う言った、「なぜ、私たちの主はこのような言葉を語られるの ですか。私たちは神を崇拝する人間であり、私たちの父はいと 高き神の友であり、私たちの兄弟は神の子です。そして、どう してですか?」 私たちは、私たちの神と父イスラエルと私たち の兄弟ヨセフの目の前で罪を犯すというこの邪悪な行いをすべ きでしょうか?そして今、私の言葉を聞いてください。神を崇拝 する人が人を傷つけるのはふさわしくないです そして、神を崇 拝する人を傷つけようとする人がいるなら、神を崇拝する人は その手に剣を持っていないので、自分自身に復讐することはあ りません。そして、あなたは私たちの兄弟についてこれ以上こ れらの言葉を話すことに注意してください ジョセフ。しかし、 もしあなたが邪悪な助言を続けるなら、見よ、我々の剣があな たに対して抜かれるであろう。」 それからシメオンとレビは鞘 から剣を抜いて言った、「今、この剣が見えますか。主はこの 二本の剣でシケム人を懲らしめたのと同じように、彼らは私た ちの妹ディナを通してイスラエルの子らを罰しました。シケム はその者でした」 ハモルの子は汚れた。」 ファラオの子は、剣 が抜かれるのを見たとき、非常に恐れ、全身が震えた。剣が炎 のように輝き、目がかすみ、足下の地にひれ伏した。 それから レビは右手を伸ばして彼をつかみ、「立ち上がって恐れないで ください。ただ、私たちの兄弟ヨセフに関してこれ以上悪口を
  • 9. 言わないように気をつけてください。」と言いました。 そこで 、シメオンもレビも、彼の顔の前から出て行ったのです。 ファラオの息子はダンとガドと共謀してヨセフを殺し、アセナ トを捕まえます。 24.ファラオの息子は、その後もヨセフの兄弟たちを恐れていた ために恐怖と悲しみでいっぱいになり、再びアセナトの美しさ のせいで極度に腹を立て、ひどく悲しんだ。 その時、彼の家来 たちが彼の耳元でこう言います、「ああ、ビルハの息子たちと ジルパの息子たち、ヤコブの妻レアとラケルの侍女たちは、ヨ セフとアセナトに対して非常に敵対しており、彼らを憎んでい る。彼らはあなたに仕えるであろう。」 すべては御心のまま に。」 それで、ファラオの子はすぐに使者を遣わして彼らを呼 びました。そして、彼らは夜の最初の時間に彼のところに来て、 彼らが彼の前に立ったので、彼は彼らに言った、「私は多くの 人から、あなたたちが力強い人であることを学びました。」 そ こで、年長の兄弟であるダンとガドは彼に言った、「主よ、今、 仕えている者たちに御望みのことを話してください。そうすれ ば、仕えている者たちが聞き、私たちがあなたのご意志どおり に行うことができます。」すると、ファラオの息子は非常に大 喜びしました。 「ちょっとの間、私から離れてください。私は この人たちと秘密の話をするつもりです。」そして全員が撤退 したので、ファラオの息子は嘘をつき、彼らに言った、「見 よ!」 今、祝福と死があなたの目の前にあります。 したがって 、あなたがたは死ではなく祝福を受けますか。あなたがたは力 強い男であり、女性のように死ぬことはありません。 しかし、 勇気を出して敵に復讐してください。 というのは、あなたの兄 弟ヨセフが父ファラオにこう言ったのを聞いたのです。「ダン とガドとナフタリとアシェルは私の兄弟ではなく、父の侍女の 子供たちです。ですから私は父の死を待って、彼らを地上から 消し去り、 「彼らの問題はすべて、彼らが私たちと一緒に相続 しないようにするためです。なぜなら、彼らは侍女の子供だか らです。彼らも私をイシュマエル人に売ったので、私は彼らが 私に対して邪悪に犯したにもかかわらず、彼らに応じて再び彼 らにお返しします。死ぬのは私の父だけです」 。」 すると父フ ァラオはこれらのことを褒めて彼に言った、「よく言ったね、 子よ。したがって、私から力ある者たちを引き取って、彼らが あなたに対してやったことに従って彼らに向かって進んでくだ さい。そうすれば私はあなたを助けるでしょう。」 」 ダンとガ ドはファラオの息子からこれらのことを聞いたとき、非常に悩 み、非常に悲しみ、彼に言った、「主よ、私たちを助けてくだ さいますようお願いします。これからは私たちはあなたの奴隷 であり奴隷であり、あなたとともに死ぬのです」 。」 ファラオ の息子は言った、「あなたがたも私の言葉に耳を傾けるなら、 私はあなたを助けます。」 そこで彼らは彼に言った、「あなた のお望みを私たちに命じてください。私たちはあなたのご意志 に従っていたします。」 ファラオの息子は彼らに言った、「今 夜、わたしは父ファラオを殺します。ファラオはヨセフの父親 であり、あなたたちを助けるだろうと彼に言いました。そして あなたがたはヨセフを殺します、そうすれば私はアセナトを自 分の妻に迎えます」 「そうすれば、あなた方は私の兄弟であり 、私のすべての財産の相続人となるでしょう。このことだけを してください。」 ダンとガドは彼に言った、「私たちは今日あ なたに仕える者であり、あなたが私たちに命じられたすべての ことを行います。そして、私たちはヨセフがアセナトにこう言 っているのを聞きました。『明日、私たちの相続財産の所有地 に行きなさい。それは相続財産だからです』 「そして、彼は彼 女と 50 人の先駆者たちとの戦争に 600 人の勇敢な兵士を送り込 んだ。だから今、我々の話を聞いてください。我々は主君に語 りかけます。」 そして彼らは彼に秘密の言葉をすべて話しまし た。 そこでファラオの子は四人の兄弟にそれぞれ五百人を与え 、彼らの首長と指導者に任命した。 ダンとガドは彼に言った、 「私たちは今日あなたに仕える者です。あなたが私たちに命じ られたことはすべて行います。そして夜のうちに出発して渓谷 で待ち伏せし、葦の茂みの中に身を隠します」 そして、あなた は五十人の弓兵を馬に乗せて、私たちの前を遠くまで行きませ んか。そうすれば、アセナトが来て私たちの手に落ち、私たち は彼女と一緒にいる男たちを切り倒します、そして彼女自身も 戦車で前から逃げるでしょう 「そして、あなたの手に落ち、あ なたはあなたの魂が望むとおりに彼女を殺してください。そし てこれらのことをした後、私たちはヨセフもアセナトのことで 悲しんでいる間に殺します。同様に彼の子供たちも彼の目の前 で殺します。」 ファラオの長子はこれらのことを聞いて非常に 喜び、彼らと二千人の戦闘兵を彼らと一緒に送り出した。 そし て、渓谷に来ると、彼らは葦の茂みの中に身を隠し、4 つの中隊 に分かれ、道の手前側に 500人がいるのと同じように、渓谷の向 こう側に陣を取った。 そしてその上と渓谷の手前にも同様に残 りの者が残り、彼ら自身も葦の茂みの中に陣取り、道のこちら 側とこちら側に五百人が陣取った。 そしてそれらの間には広い 広い道がありました。 ファラオの息子は父親を殺しに行きますが、認められません。 ナフタリとアッシャーはダンとガドに陰謀に抗議する。 25.その夜、ファラオの息子が起き上がり、剣で父を殺そうと父 の寝室にやって来た。 そこで父親の護衛が彼が父親のところに 来るのを妨げ、「主よ、あなたは何を命じられますか?」と言 いました。 ファラオの息子は彼らに言った、「父に会いたいで す。そのために、新しく植えたブドウ畑の収穫物を集めるつも りです。」 すると看守たちは彼に言った、「あなたのお父さん は痛みに苦しんで、一晩中起きていて、今は休んでいます。そ して、たとえそれが私の長子であっても、誰も彼のところに入 ってはいけないと言ったそうです。」 そして、これらのことを 聞くと、彼は激怒して立ち去り、ダンとガドが彼に言ったよう に、すぐに 50 人の騎馬弓兵を連れて彼らの前から立ち去りまし た。 そして、弟のナフタリとアシェルは兄のダンとガドにこう 言った、「それなのに、あなたがたはどうしてまた父イスラエ ルと弟ヨセフに対して悪を働くのですか。そして神は彼を目の 上のリンゴのように守ってくださいます。見よ」 「あなたがた は一度もヨセフを売ったことがありませんか。そして彼は今日 、エジプト全土の王であり、食糧を与えてくれるのです。です から、あなたがたが再び彼に対して悪事を働きたいと思うなら 、彼は至高者に叫び、彼はから火を送ります。」 そうすれば天 はあなたを食い尽くし、神の天使たちはあなたと戦うでしょ う。」 そこで年長の兄弟たちは彼らに対して怒りを感じて、 「それで、私たちは女性として死ぬのか。そんなことはあり得 ない。」と言いました。 そして彼らはヨセフとアセナに会いに 出かけました。 共謀者たちはアセナスの護衛を殺害し、彼女は逃亡する。 26.そして、アセナトは朝起きて、ヨセフに言った、「私はあな たの言ったとおり、私たちの相続財産を手に入れようとしてい ます。しかし、私の魂はあなたが私から離れることを非常に恐 れています。」 そしてヨセフは彼女に言った、「元気を出して 、恐れないで、むしろ喜んで立ち去ってください。誰にも恐れ ることはありません。主があなたとともにおられ、ご自身があ なたをすべての人々から目の上のリンゴのように守ってくださ
  • 10. るからです」 「そして、私は食べ物を与えるために出発し、町 のすべての人に与えます。そうすれば、エジプトの地では誰も 飢えで死ぬことはありません。」 それからアセナトは途中で出 発し、ヨセフは食べ物を与えるために出発しました。 そして、 アセナトが六百人とともに渓谷の場所に到着したとき、突然、 ファラオの息子と一緒にいた者たちが待ち伏せから出てきて、 アセナトと一緒にいた者たちと戦い、彼ら全員を剣で切り倒し、 彼女のすべてを切り倒しました。 彼らは先駆者を殺したが、ア セナトは戦車で逃げた。 それから、レアの子レビは預言者とし てこれらすべてのことを知っていて、アセナトの危険を兄弟た ちに告げ、彼らはすぐにそれぞれ太腿に剣を、腕に盾を、右手 に槍を持って後を追った。 すごいスピードのアセナス。 そして、 アセナトが以前逃げていたように、見よ! ファラオの息子が彼 女と五十人の騎兵たちに出会った。アセナトは彼を見たとき、 非常に大きな恐怖に襲われ、震え、彼女の神、主の御名を呼ん だ。 ファラオの息子を連れた者たちと、ダンとガドを連れた者たち は殺された。 そして四人の兄弟は渓谷に逃げますが、彼らの手 から剣が振り落とされます。 27. そしてベンジャミンは彼女と一緒に戦車の右側に座っていま した。 ベンジャミンは 19 歳ほどの強い少年で、言葉では言い表 せない美しさとライオンの子のような力強さがあり、神を非常 に恐れる者でもありました。 それからベニヤミンは戦車から飛 び降り、渓谷から丸い石を取り、手にその手をいっぱいにして ファラオの息子に投げつけ、その左こめかみを打ち、重傷を負 わせ、彼は馬から半分地面に落ちた。 死んだ。 そこでベニヤミ ンは岩に駆け上がり、アセナトの御者に言いました、「渓谷か ら石をください。」すると彼は石五十個を与え、ベニヤミンは その石を投げつけてファラオの側にいた五十人を殺した。 する と、レアの子ら、ルベンとシメオン、レビとユダ、イッサカル とゼブロンが、アセナトを待ち構えていた者たちを追って、気 づかぬうちに彼らに襲いかかり、全員を切り倒した。 そして、 六人は二千七十六人を殺し、ビルハとジルパの息子たちは彼ら の前から逃げて言った、「我々は兄弟たちの手で滅び、ファラ オの息子もベニヤミンの手で死んだ」 少年と彼と一緒にいた人 たちは皆、少年ベニヤミンの手によって殺されました。 「それ では、さあ、アセナトとベニヤミンを殺して、この葦の茂みへ 逃げましょう。」そして彼らは、血まみれになった抜刀剣を持 ってアセナトに向かって来た。そしてアセナトは彼らを見て非 常に恐れて言った、「主なる神よ、この方は。 「わたしを生か し、偶像と死の腐敗からわたしを救ってくださいました。わた しの魂は永遠に生きるとあなたがわたしに言ったように、今す ぐわたしをこれらの邪悪な者たちから救い出してください。」 そして主なる神はアセナトの声を聞き、すぐに剣を振り下ろさ れました。 敵の多くは彼らの手から地に落ち、灰と化した。 ダンとガドはアセナトの懇願により助かる。 28. ビルハとジルパの子らは、その奇妙な奇跡が起こったのを見 て恐れて言った、「主はアセナトに代わって我々と戦われるの だ。」 それから彼らは地にひれ伏し、アセナトに敬意を表して 言った、「あなたの奴隷である私たちを憐れんでください。あ なたは私たちの愛人であり王妃なのですから。私たちはあなた と私たちの兄弟ヨセフに対して邪悪な行いをしましたが、主に 対してです。」 したがって、私たちあなたの奴隷はあなたに祈 ります、私たち卑劣で惨めな私たちを憐れんで、私たちの同胞 の手から私たちを救い出してください、彼らはあなたにされた にもかかわらず彼ら自身を復讐者とし、彼らの剣は燃え上がる からです したがって、あなたの奴隷である愛人に対して、彼ら の前で慈悲深くあってください。」 アセナトは彼らに言った、 「元気を出して、兄弟たちを恐れないでください。彼ら自身も 神を崇拝し、主を畏れる人たちだからです。しかし、私があな たたちに代わって彼らをなだめるまで、これらの葦の茂みに入 りなさい」 「あなたがたが彼らに対してあえて犯した大罪のゆ えに、彼らの怒りを静めてください。しかし、主は私とあなた との間を見て裁いてくださいます。」 それからダンとガドは葦 の茂みの中に逃げました。 そして彼らの兄弟たち、レアの息子 たちは鹿のように大急ぎで彼らに向かって走ってきた。 そして、 アセナトは彼女の隠れていた戦車から降りて、涙を流しながら 右手を彼らに差し出し、彼ら自身も倒れて地上で彼女に敬意を 表し、大声で泣きました。 そして彼らは、同胞である侍女の息 子たちに自分たちを死刑にするよう求め続けた。 アセナトは彼 らに言った、「お願いです。兄弟たちを赦してください。悪に 悪を与えないでください。主は私を彼らから救い出し、短剣や 剣を彼らの手から打ち砕かれました。そして見よ!彼らは溶け て消えてしまいました。」 」 シメオンは彼女に言った、「それ では、私たちの愛人は敵に代わって良い言葉を語るのですか? そうではありません、むしろ私たちは彼らを剣で四肢から切り 倒します。彼らは私たちの兄弟ヨセフと私たちの父イスラエル とに対して悪事を企てたからです」 今日は私たちの愛人である あなた。」 それからアセナトは右手を伸ばしてシメオンのひげ に触れ、優しく口づけして言った、「決して賢明ではありませ ん、兄弟よ、あなたの隣人に悪を悪に与えてください。それで も主が復讐してくださるからです。彼ら自身が、あなたが知っ ているとおり、あなたのものです」 兄弟たち、そしてあなたの 父イスラエルの子孫たち、そして彼らはあなたの顔から遠くか ら逃げました。したがって、彼らを赦してください。」 それか らレヴィは彼女に近づき、彼女の右手に優しくキスをした。な ぜなら、彼らを殺すべきではないという同胞たちの怒りから彼 女が彼らを救うのが上手であることを彼は知っていたからであ る。 そして、彼ら自身も葦原の茂みの近くにいた。そして、こ れを知っていた彼の兄弟レビは、兄弟たちにそれを宣言しなか った。なぜなら、彼らが怒って兄弟たちを切り倒すのではない かと心配したからである。 ファラオの息子が亡くなる。 ファラオも亡くなり、ヨセフが後 を継ぎます。 29.ファラオの息子は地から起き上がって起き上がり、口から血 を吐き出した。 というのは、こめかみから口の中に血が流れ落 ちていたからだ。 そこでベニヤミンは彼に駆け寄って剣を取り、 ファラオの息子の鞘から抜き取り(ベニヤミンは太腿に剣を着 けていなかったので)、ファラオの息子の胸を打とうと思った。 それからレヴィは彼に駆け寄り、彼の手を取って言った、「賢 明ではありません、兄弟、そんなことをしてはいけません、な ぜなら私たちは神を崇拝する人間であり、神を崇拝する人間が そのために悪をなすのはふさわしくないからです」 「悪を犯し てはならない。倒れた者を踏みつけてはならない。敵を死に至 るまで完全に打ち砕いてはいけない。そして今、剣を彼の場所 に戻し、来て私を助け、この傷を治してあげよう。そして、も し彼が 生きていれば彼は我々の友人となり、彼の父ファラオは 我々の父親となるだろう。」 それからレビはファラオの息子を 地から引き上げ、顔の血を洗い流し、傷口に包帯を巻き、馬に 乗せて父ファラオのところに連れて行き、これまでに起こった こと、降りかかったすべてのことを話しました。 ファラオは王 座から立ち上がり、地上でレビに敬意を表し、彼を祝福した。 そして三日目が過ぎたとき、ファラオの息子はベニヤミンによ
  • 11. って傷つけられた石で亡くなりました。 そして、ファラオは長 男のことをひどく嘆き、その悲しみからファラオは病気になり 、109歳で亡くなり、王冠を美しきヨセフに託しました。 そして ヨセフは 48 年間エジプトを一人で統治しました。 これらのこと の後、ヨセフはその王冠をファラオの幼い子供に返しました。 老人ファラオが亡くなったとき、その子供は胸にありました。 そしてヨセフはそれ以来、エジプトでファラオの幼い子の父親 として、死ぬまで神を讃美し続けました。