Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Salesforce World Tour Tokyo 2018 愛される AppExchangeアプリを創るべき「3つの理由」

22 views

Published on

2018年12月5日 Salesforce World Tour Tokyo 2018 の発表資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Salesforce World Tour Tokyo 2018 愛される AppExchangeアプリを創るべき「3つの理由」

  1. 1. 愛される AppExchangeアプリを創るべき「3つの理由」 〜 AIアプリ開発の秘訣 〜 Salesforce World Tour Tokyo 2018
  2. 2. 自己紹介 Akira Kuratani / 倉谷 彰 TeamSpirit Inc. Director @a_kuratani Podcast(migration.fm) ハッシュダグ:#migrationfm Winter’17/18
  3. 3. すべての人を、創造する人に。 社名 株式会社チームスピリット TeamSpirit Inc. 本社 〒104-0031 東京都中央区京橋二丁目5番18号 京橋創生館4階 設立 1996年11月13日 資本金 935,100千円(資本準備金含む) 代表取締役 荻島 浩司 株主 salesforce.com, Inc. Draper Nexus Venture Partners 日本ベンチャーキャピタル株式会社 ニッセイ・キャピタル株式会社 SMBCベンチャーキャピタル株式会社 経営陣 他 株式会社チームスピリット は、勤怠管理・経費精算・工数管理など従業員が日々利用するアプリケーションを ひとつのシステムにまとめ、出社から退社までの活動を一元的に記録することで働き方を見える化し、創造的 な時間を増やすことで生産性向上を実現するサービス「TeamSpirit」を提供しています。 株式会社チームスピリット ミッション 個を強く。チームを強く。 ビジョンMission Vision P.3
  4. 4. 日本で唯一 ! salesforce.comの新パートナー制度 AppExchange Premier Partner に認定(2018年3月) 導入実績 Award 970社 14万ID突破! 株式会社チームスピリット P.4
  5. 5. TeamSpiritが愛される理由 《ITのサービス化・民主化》 数社のお客様のフィードバックを 多くのお客様に還元できる仕組み
  6. 6. 以前の紙(excel)管理では、集計から給与計算データ連携まで 10営業日程度必要でしたが、現在では遅くても3営業日まで には連携可能になりました。 管理部の工数が削減されたことから、営業の仕事に一部シフ トすることが可能になりました。 社員の残業に対する意識が変わってきました。 労働時間の“見える化”で、現状把握とこれからの 対策検討のためにとても役に立っています。 部下の勤怠状況を確認しやすくなりました。 また、残業時間のメールアラート設定のおかげで長時間労働になっ ていないか日々確認することができています。 工数状況の見える化により、ジョブ全体に対して効率化を意識するように なってきました。複雑な工数管理と残業を正確に集計できるので助かってい ます。工数を意識した利益率改善に成果がでました。 勤務表をエクセル、勤怠申請を別システムで運用していたので、 帰社・提出・入力チェック・印刷・押印などの作業がなくなり、 月次処理がかなり効率化できました。 これまではベテラン社員の感覚に依存しがちだったプロジェ クト管理が、TeamSpirit(TeamSpiritLeaders)の導入でプロ ジェクトの動きを客観的なデータで分析できるようになり、 見通しが立てられるようになりました。 社員、承認者双方で残業時間の把握と、 36協定における制限時間の認識をするよう になりました。 予算申請などを電子稟議にしたとで、どこで承認が とまっているかがすぐにわかるようになりました。 一覧表示や検索もできるので、とても便利です。 出張前などに稟議申請や経費事前申請を徹底させることで、 出張や会議の経費が見える化でき、会社も社員も経費を 節約する意識が芽生えました。 情報通信サービス業 / 人事・総務 卸売業、小売業 / 経営者・取締役 情報通信サービス業 / 人事・総務 卸売業、小売業 / 財務・経理 サービス業 /システム・IT 情報通信サービス業 / システム・IT 情報通信サービス業 / 人事・総務 情報通信サービス業 / 人事・総務 建設業/財務・経理 お客様の声 P.8
  7. 7. 以前の紙(excel)管理では、集計から給与計算データ連携まで 10営業日程度必要でしたが、現在では遅くても3営業日まで には連携可能になりました。 管理部の工数が削減されたことから、営業の仕事に一部シフ トすることが可能になりました。 社員の残業に対する意識が変わってきました。 労働時間の“見える化”で、現状把握とこれからの 対策検討のためにとても役に立っています。 部下の勤怠状況を確認しやすくなりました。 また、残業時間のメールアラート設定のおかげで長時間労働になっ ていないか日々確認することができています。 工数状況の見える化により、ジョブ全体に対して効率化を意識するように なってきました。複雑な工数管理と残業を正確に集計できるので助かってい ます。工数を意識した利益率改善に成果がでました。 勤務表をエクセル、勤怠申請を別システムで運用していたので、 帰社・提出・入力チェック・印刷・押印などの作業がなくなり、 月次処理がかなり効率化できました。 これまではベテラン社員の感覚に依存しがちだったプロジェ クト管理が、TeamSpirit(TeamSpiritLeaders)の導入でプロ ジェクトの動きを客観的なデータで分析できるようになり、 見通しが立てられるようになりました。 社員、承認者双方で残業時間の把握と、 36協定における制限時間の認識をするよう になりました。 予算申請などを電子稟議にしたとで、どこで承認が とまっているかがすぐにわかるようになりました。 一覧表示や検索もできるので、とても便利です。 出張前などに稟議申請や経費事前申請を徹底させることで、 出張や会議の経費が見える化でき、会社も社員も経費を 節約する意識が芽生えました。 情報通信サービス業 / 人事・総務 卸売業、小売業 / 経営者・取締役 情報通信サービス業 / 人事・総務 卸売業、小売業 / 財務・経理 サービス業 /システム・IT 情報通信サービス業 / システム・IT 情報通信サービス業 / 人事・総務 情報通信サービス業 / 人事・総務 建設業/財務・経理 お客様の声 蓄積されたデータを活用したい もっと
  8. 8. 経営層 管理者層 (マネジメント層) 担当者層 (オペレーション層) 現在のデータ活用における問題点 レポート ダッシュボード 現在
  9. 9. 経営層 管理者層 (マネジメント層) 担当者層 (オペレーション層) 現在のデータ活用における問題点 レポート ダッシュボード 高度なデータ 分析ができない 現在
  10. 10. 経営層 管理者層 (マネジメント層) 担当者層 (オペレーション層) 現在のデータ活用における問題点 レポート ダッシュボード 高度なデータ 分析ができない 現在解決策
  11. 11. BIツールの問題点 データ 分析 レポーティング ETL 出力 BIツール
  12. 12. BIツールの問題点 データ 分析 レポーティング ETL 出力 BIツール データ分析に高度な数学・業務知識が 必要でトライ&エラーに時間がかかる
  13. 13. BIツールの問題点 データ 分析 レポーティング ETL 出力 Einstein Analytics Einstein Discovery 解決
  14. 14. Einstein Discovery のストーリー Einstein Analytics & Einstein Discovery BIツール データ収集 データ収集 What 何が Why なぜ Improve 改善 分析 分析 ストーリー
  15. 15. TeamSpiritでの活用 例えば、残業時間を最小化したい 何が? What Happened なぜ? Why It Happened どうすれば改善できる? How Can I Improve It
  16. 16. 何が? What Happened なぜ? Why It Happened どうすれば改善できる? How Can I Improve It TeamSpiritでの活用 例えば、残業時間を最小化したい 有給休暇を取得していない →残業時間が特に多い ・退社時刻が遅い ・有給休暇取得が少ない 有給休暇を月に1日取得する
  17. 17. BI x AI によるデータ活用の実現 〜Einstein Analytics〜 2 Co-Creation〜お客さまと共に創る〜 次は「高度なデータ分析」 1 OEMとして再販可能3 愛される 理由 AIの活用 再販可能 仮設 まとめ

×