Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
CakePHP 開発事例紹介 第 17 回 高蔵寺 SE 勉強会 2008.11.16  あつ
自己紹介 ■  名前  あつ ■  所属   有限会社かしもソフトウェア ■  ブログ  WEB で地域活性化 CakePHP クッキング ■  地域ホームページ  清洲城
アジェンダ ■   CakePHP で開発したサイト紹介 ■  開発サイトの機能紹介 ■  CakePHP で苦労した点 ■  CakePHP の便利な点 ■  まとめ
CakePHP で開発したサイト紹介
自社で開発したサイト紹介 詳しくは CakePHP クッキング で
開発サイトの機能紹介
スノーボード一六社 ■   CakePHP1.2 で構築 ■  楽天 API や YouTubeAPI   を利用 ■  主な機能   -> API データの XML 解析   -> XML データの Cache 機能
新刊案内ネット一六社 ■   CakePHP1.1 で構築 ■  AmazonAPI を利用 ■  主な機能   ->データ取得のバッチ機能   ->管理画面への OpenID 機能
CakePHP で苦労した点
バッチ処理が大変( CakePHP1.1 ) ■   バッチ処理が想定されていない ■  CakePHP の DB まわりの便利な処理を   利用しようとすると、無理やり   設定ファイルを呼び出したり大変
バージョンの違い ■   1.1 (安定版)と 1.2 の機能の違い ■  1.2 で追加された機能、推奨されなく   なった記述形式など、両バージョンの   コンテンツを運用していくのは、疲れる
CakePHP の便利な点
ルールに従えば、すごく簡単 $this->Sample->find(‘all’); ■   データ全件取得 $this->Sample->save($this->data); ■   データ追加
ページ送りが簡単 [Controller] $data = $this->paginate(‘Sample'); [View] <?php e($paginator->numbers()); ?> ■   かなり省略しているけど、こういう感じ
XML 解析が簡単 uses('Xml'); $url = ‘http://se16.blog16.jp/index.xml’; $xml = new Xml($url); $data = Set::reverse($xml); ■   これで...
バッチ処理が簡単( CakePHP1.2 ) class SampleShell extends Shell { function test() {  処理内容  } } 0 */1 * * * /usr/local/bin/php /path...
欲しい機能が充実 ■   多くの人が色々な機能を公開している     -> Qdmail Component     日本語のメール送信が簡単     -> OpenID Component      OpenID のやり取りが簡単
まとめ
色々とあるんだけど・・・ ■   ルールが決まっている   ->チームで同じようなコードが書ける   ->読みやすい、品質レベルを保てる ■   共通のロジックが作りやすい   ->開発の効率化
おしまい
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Cake Php開発事例

7,235 views

Published on

第17回高蔵寺SE勉強会発表資料です

  • Be the first to comment

Cake Php開発事例

  1. 1. CakePHP 開発事例紹介 第 17 回 高蔵寺 SE 勉強会 2008.11.16  あつ
  2. 2. 自己紹介 ■ 名前  あつ ■ 所属   有限会社かしもソフトウェア ■ ブログ  WEB で地域活性化 CakePHP クッキング ■ 地域ホームページ  清洲城
  3. 3. アジェンダ ■ CakePHP で開発したサイト紹介 ■ 開発サイトの機能紹介 ■ CakePHP で苦労した点 ■ CakePHP の便利な点 ■ まとめ
  4. 4. CakePHP で開発したサイト紹介
  5. 5. 自社で開発したサイト紹介 詳しくは CakePHP クッキング で
  6. 6. 開発サイトの機能紹介
  7. 7. スノーボード一六社 ■ CakePHP1.2 で構築 ■ 楽天 API や YouTubeAPI   を利用 ■ 主な機能   -> API データの XML 解析   -> XML データの Cache 機能
  8. 8. 新刊案内ネット一六社 ■ CakePHP1.1 で構築 ■ AmazonAPI を利用 ■ 主な機能   ->データ取得のバッチ機能   ->管理画面への OpenID 機能
  9. 9. CakePHP で苦労した点
  10. 10. バッチ処理が大変( CakePHP1.1 ) ■ バッチ処理が想定されていない ■ CakePHP の DB まわりの便利な処理を   利用しようとすると、無理やり   設定ファイルを呼び出したり大変
  11. 11. バージョンの違い ■ 1.1 (安定版)と 1.2 の機能の違い ■ 1.2 で追加された機能、推奨されなく   なった記述形式など、両バージョンの   コンテンツを運用していくのは、疲れる
  12. 12. CakePHP の便利な点
  13. 13. ルールに従えば、すごく簡単 $this->Sample->find(‘all’); ■ データ全件取得 $this->Sample->save($this->data); ■ データ追加
  14. 14. ページ送りが簡単 [Controller] $data = $this->paginate(‘Sample'); [View] <?php e($paginator->numbers()); ?> ■ かなり省略しているけど、こういう感じ
  15. 15. XML 解析が簡単 uses('Xml'); $url = ‘http://se16.blog16.jp/index.xml’; $xml = new Xml($url); $data = Set::reverse($xml); ■ これで XML のデータが配列で扱える
  16. 16. バッチ処理が簡単( CakePHP1.2 ) class SampleShell extends Shell { function test() { 処理内容 } } 0 */1 * * * /usr/local/bin/php /path/to/cake/console/cake.php sample test -app /path/to/app ■ 特定の場所に設置し、 cron を設定
  17. 17. 欲しい機能が充実 ■ 多くの人が色々な機能を公開している    -> Qdmail Component     日本語のメール送信が簡単    -> OpenID Component      OpenID のやり取りが簡単
  18. 18. まとめ
  19. 19. 色々とあるんだけど・・・ ■ ルールが決まっている   ->チームで同じようなコードが書ける   ->読みやすい、品質レベルを保てる ■ 共通のロジックが作りやすい   ->開発の効率化
  20. 20. おしまい

×