Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
ZAC Inc.,
「人材育成」から「人財育成」へ
【ケース】
「うちでは人事評価制度を作って、運用もしてるけど、理想とは程遠い状態だよ」
人員不足から派生して、人事評価の運用状況をお伺いすると、事務長様よりよく伺うお声です。
事務長:「新藤さ...
ZAC Inc.,
【人事評価制度の本来の目的とは】
人事評価制度を構成する 3 要素として、
① 評価制度
② 賃金制度
③ 昇進・昇格制度
があります。この中の主に評価制度を活用して人材を育成し、病院・施設の経営目標の達成を目指します。
こ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

「人材育成」から「人財育成」へ

90 views

Published on

どうすれば、素晴らしいスタッフだけで構成された組織が出来上がるのでしょうか?組織の理想をともに実現するため働いてくれる、スタッフの育成方法とは?

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

「人材育成」から「人財育成」へ

  1. 1. ZAC Inc., 「人材育成」から「人財育成」へ 【ケース】 「うちでは人事評価制度を作って、運用もしてるけど、理想とは程遠い状態だよ」 人員不足から派生して、人事評価の運用状況をお伺いすると、事務長様よりよく伺うお声です。 事務長:「新藤さん、うちの施設の場合だったら、どこがいけないんだと思う?」 新藤:「○○事務長は、どうお考えなのですか?」 事務長:「悪い意味で賃金のためのみになっているのが気がかりなんだよ。運用はしているものの、職員が意識 しだすのは賞与のための評価前とか、どうしても一時的なように感じられるんだよね」 新藤:「確かに結構シビアですよね。職員にとって賃金が正当に評価されることは重要なのですが、○○事務長 はもっと重要なことを見落としているのでは?と違和感をお持ちだということでしょうか?」 事務長:「そうそう!そうなんだよ! このまま走らせて、いいんだろうか…」 【解説】 賃金面の絡みもあるため、繊細でかつ難しい問題だと感じました。 コンサル時にこの話題が挙がった際にお伝えさせていただいたのですが、今回のケースの場合、人事評価制度の ゴール設定がずれてしまっている。ということがあります。 ずれてしまっている設定例としては ▶「評価結果を昇給、給与に反映させること」 ▶「賃金で頑張った人のモチベーションを上げること」 というような設定の仕方になります。 もちろん、評価結果を賃金に反映することは当たり前に行われてきましたから、仕方がない部分もあります。 ですが、そのままでは人事評価制度の改革プロジェクトが失敗に終わってしまう可能性があるのです。なぜなら、 人事評価制度は、人材を会社の資産として活用するための仕組みであるからです。 もしも、人事評価制度の目的が「賃金を決めること」であれば、賃金が増えた人は喜び、減った人は不満を持 つだけで終わってしまいます。しかも、賃金が増えた人のモチベーションは長く続きません。それぞれの仕事に 志を抱き従事している方々であるはずですので、「お金」だけではつながりも脆弱になってしまいます。 株式会社 ZAC News Letter Vol.30
  2. 2. ZAC Inc., 【人事評価制度の本来の目的とは】 人事評価制度を構成する 3 要素として、 ① 評価制度 ② 賃金制度 ③ 昇進・昇格制度 があります。この中の主に評価制度を活用して人材を育成し、病院・施設の経営目標の達成を目指します。 これが人事評価制度の本来の目的になります。 つまり、賃金はあくまでもスタッフが成長した結果として支払われる、アウトプットのひとつに過ぎないとい うことです。 病院・施設というものも「目的・目標を目指す共同体」です。スタッフ全員が目的にむかって協力しながら仕 事をしていく組織です。もちろん、目標は成長するためのものですので、必然的にチャレンジングなものとなる でしょう。未経験のことに試行錯誤しながら取り組む必要性も生じるかもしれません。 ところが世の中にはこのような試行錯誤やチャレンジにどうしても前向きに取り組めない人がいます。 「そんなことはやってもムダだ」という発言をする人たちです。このような人たちが 1 人いるだけでも、大きな 足かせとなります。人事評価制度を運用すると、こうした後ろ向きなスタッフは自ずと去っていくようになりま す。チャレンジしたがらない、後ろ向きの発言をする人はマイナス評価になるということです。 評価制度を徹底的に繰り返すことで、スタッフが変容していくか、去らざるをえないとなるのです。 結果として、病院・施設の理念に沿った人材が育成できる、また採用時にも理念に共感した人材を採用できる ようになり、評価制度の本来の目的を果たすことができるのです。 9 月 13 日(火)に「人事評価者 Q&A」という公開セミナーを行います。 年間 60 件もの人事評価制度の構築を担当させていただいております、わたくし新藤が、多職種に対応できる仕 組み、基準の設定方法など事例をもとにアドバイスさせて頂きます。 <株式会社 ZAC について> 2002 年設立。医療・介護業界の研修・コンサルティング事業において年間 250 回以上の研修と 91.7%以上の 高いリピート率という業界屈指の実績を誇る。人事評価制度コンサルティングからエグゼクティブ向けコンサル ティング、階層別研修からテーマ別研修(接遇マナー研修、レジリエンス研修、コミュニケーション研修 etc) まで幅広く手掛ける。心と身体の健康をサポートするメンタルヘルス EAP 機関でもあり、個人向けのスクール事 業では、毎年数多くのカウンセラーやセラピスト、マナー講師を輩出している。 (HP:http://f-zac.com/index.html) <各種研修・コンサルティング,ストレスチェック制度等に関する,お問い合わせはこちらから> 株式会社 ZAC コンサルティング事業部 TEL 03-6821-5202 / FAX 03-6821-5203

×