Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

「理念の共有こそが、会社全体をあたかも一つの生命体のように機能させる」

52 views

Published on

稲森和夫氏の言葉を借りまして、Jリーグチェアマンの村井満氏の事例から理念の共有・浸透ということについて弊社代表・金森秀晃がお話しております。

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

「理念の共有こそが、会社全体をあたかも一つの生命体のように機能させる」

  1. 1. ZAC Inc., 「理念の共有こそが、会社全体をあたかも一つの生命体のように機能させる。」 こちらは、京セラの創業者、稲盛和夫氏の言葉です。 理念の浸透。これは、誰もが重要だと頭ではわかっていながら、実現させることはなかなか難しいというテー マなのではないでしょうか。私どもも、日々お客様のお話を伺う中で、よくこういったご相談を頂きます。 研修やコンサルティングの事例において、このテーマについては話題に事欠きませんが、今回はあえて別の業 界の視点から、1つわかりやすいケーススタディをご紹介させていただきたいと思います。先日、当社代表の金 森が、東京都中央区主催のセミナーでお話させていただいた、当社の特別顧問である村井満氏(現・J リーグチ ェアマン、元・リクルートエージェント社長)の事例をご紹介させて頂きます。 先日の東京都中央区主催セミナーの様子。 一番の関心は、12 月に義務化されるストレスチェック制度。 平日の朝にも関わらず、120 名もの人事担当者様、 対応の遅れ、導入後の人的コスト、効果について懸念 メンタルヘルス関連の担当者様にお越しいただきました。 されている方が非常に多く見受けられました。 ~2015 年 9 月 15 日 中央区主催セミナーでの講演内容より~ 現在、村井さんがマネジメントする組織は、専門家集団であるが故に機能が縦割りになってしまう傾向がある そうなんですね。優秀な方々が集まっていると、余計にそうなってしまう傾向にあるのでしょう。そこで、そう した垣根を取り払いフラットな関係性を強化するために、 ・休日に BBQ を開催してみたり… ・チェアマン室の壁を取り払ってみたり… ・コミュニケーションの取り方を変えてみたり… 実に、様々な取り組みをなさったそうです。しかし、どれもいまいち功を奏さない。責任者として、次から次へ と処理しなくてはならない業務も絶えない中(もちろんマスコミなどの対外的なプレッシャーもある中ですよ)、 今一度、そこにいる人間一人ひとりを尊重し、「観察」してみることにしたそうです。 株式会社 ZAC News Letter Vol.20
  2. 2. ZAC Inc., 「彼らは、そもそもなぜここにいるんだ?」と。 そこで、村井さんはあることに気が付いたんですね。 人間性や能力は多種多様であったとしても、 「無類のサッカー好き」 「日本のサッカーを良くしていきたい!」 という点に偽りはない。我々は、そこで繋がっているはずだ、と。 そうした普遍的な「理念」に繋がる、一人ひとりの「思い」に改めて気が付いた村井さんは、オフィスの床の 色を競技場の芝と同じグラデーションの入った緑に変えたそうです。これが、効果てき面!職場の雰囲気は一気 に明るくなって、情報共有の量も格段にアップしたそうです。 もちろん、「普遍的な理念」の明確化の成果は、オフィスの床に止まらず、様々な施策に拡散していることと 思います。組織の運営に対する責任感と、そこに存在するチームスタッフへの尊重(愛情)が為せる、実に村井 さんらしいお話だと感じましたね。 ~この事例から言えること~ 医療・介護の業界でも、当初村井氏が抱いていた問題意識は、共通のものと言えるのではないでしょうか。専 門家集団であるが故の共有不足、コミュニケーション不足、一体感の薄さは ZAC でもよく伺う課題の一つです。 また、「困っている方を救いたい、助けたい」そういう純粋な想いを持っている方が多いというのも、この業界 が他の業種と異なるところです。そういった意味では、最も「理念」経営が功を奏す業態と言えるのではないか と考えております。「共有不足」を何とかしたい、そう思ったときにはまず、一人ひとりの「なぜ」を考える。 その上で、その「なぜ」に則した仕組み(オフィスの床のように)を構築する。これが、人材開発、組織開発の 原点とも言えるのかもしれません。 <株式会社 ZAC について> 2002 年設立。医療・介護業界の研修・コンサルティング事業において年間 250 回以上の研修と 91.7%以上の高 いリピート率という業界屈指の実績を誇る。人事評価制度コンサルティングからエグゼクティブ向けコンサルテ ィング、階層別研修からテーマ別研修(接遇マナー研修、レジリエンス研修、コミュニケーション研修 etc)ま で幅広く手掛ける。心と身体の健康をサポートするメンタルヘルス EAP 機関でもあり、個人向けのスクール事 業では、毎年数多くのカウンセラーやセラピスト、マナー講師を輩出している。 (HP:http://f-zac.com/index.html) <各種研修・コンサルティング,ストレスチェック制度等に関する,お問い合わせはこちらから> 株式会社 ZAC コンサルティング事業部 TEL 03-6821-5202 / FAX 03-6821-5203 特別顧問村井氏と ZAC 代表金森

×