Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

「センターピン」を見極めて、無料の研修を効果的に使う

60 views

Published on

「無料のものでやってるよ」よく伺うお話です。確かに、メーカー様や公的機関で無償で行われる研修というのは多々あります。
しかし、2点だけお勧めできない点があります。

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

「センターピン」を見極めて、無料の研修を効果的に使う

  1. 1. ZAC Inc., 「センターピン」を見極めて、無料の研修を効果的に使う 医療介護の業界で 10 年以上の実績がある ZAC ですが、担当者の方が初めて有料の研修に取り組もうとされる 際、その上長の方から決まって聞かれることがあります。 それは・・・ 「それ、無料のものじゃダメなの?」 というご質問です。 たしかに、医療機関と言うのは、製薬会社やメーカーなど、業者が無料で研修会をやってくれることが非常に 多い業界です。無料の研修のすべてを否定するわけではないのですが、無料のものがお勧めできないケースが2 点だけございます。 1. 明確な目的意識もないまま、なんとなく「無料でやってくれるからやろう」という研修 ⇒ものによっては「逆効果」になる可能性があるためです。 スタッフの方々の「時間」と「労力」を使って集まっていただくため、無料であっても研修はある意味で大き なコストを支払っていることになります。その空間は、大きなプラスの影響を生むこともあれば、マイナスな影 響を及ぼしてしまうこともありますので注意が必要です。「義務感」や「やらされている感」の出てしまう研修 は、学ぶ意欲を萎えさせ、効果も薄く、逆に「研修=つまらなくて面倒なもの」という印象すらも与えてしまう 可能性があります。逆に、主体性をもって取り組みやすいように設計された研修は、帰属意識や仲間意識を高め 学習効果も飛躍的に向上します。 2. 選んだ基準が明確でない研修 私どもは研修を選ぶ過程、打ち合わせの段階から研修は始まっていると考えています。有料の研修の場合、「対 価を支払うからには、一番よい講師を選びたい、スタッフに真剣に受講してほしい。120%吸収してほしい、今 の課題をしっかり調べて改善したい、もっと研修の効果が持続するように工夫したい」。このように効果を最大 限にするための努力をして頂けると思います。そして講師側もそれに精一杯応えようと準備をします。「選んだ 基準」が明確でない研修というのは、担当者の方も受講者もそれだけのエネルギーを傾けづらいこともあり、効 果を生まない、あるいは、学習意欲を減退させる可能性をもつ研修になってしまうことがあります。 「そうはいっても、有料のものだけでやっていたら到底もたない。どうしたら、無料の研修や院内研修を 効果的に活用していけるのか?」そうお思いになる方も多いのではないでしょうか? その答えは、単純です。「センターピン(問題の核心)」を見極めるということに尽きるかと思います。 裏面に事例を一つ記載致しましたのでご査収くださいませ。 株式会社 ZAC News Letter Vol.17
  2. 2. ZAC Inc., 〔Case〕 「離職率が高い、それをなんとかしたい。ただ、接遇も気になるし、マイナンバー制度も始まるので個人情報 保護などのコンプライアンスも気になる。課題は色々だがどこから手をつけていかわからない。」 どれも緊急性の高い問題であることは間違いないものの、予算の関係上、今期中は、どうしてもすべてを外部 に委託するわけにはいかないということで、今年度に限っては外部でお金をかけるところを1つに絞ろうという ことになりました。 そこで、色々と問題点をヒアリングさせて頂き、やはり一番の問題は管理者の方が「管理」をしていない、で きていないことだということがわかってきました。そのため、サービス向上委員会で決めた基準も、管理者の方 が基準に合わせて適切な指導しないことで骨抜きになってしまう。個人情報保護の研修で以前行った内容も、 「気をつけましょう」という一言でその後ルールや仕組みが作られず流れてしまう。決めたことを守らない職員 に注意しないので、新人もだんだんとその色に染まり、仕事に対しての誇りや希望が奪われていく。そこまで待 遇が良いわけでもないのでやりがいが見いだせないとなるとすぐに転職してしまう。こういった悪循環が生まれ ていました。 〔Solution〕 ご予算としては 1 日研修も厳しいご予算でしたので、まずは 3 時間の管理者研修を実施することになりました。 また、接遇マナーとコンプライアンス研修については無料のものでご検討いただき、研修の前後のどのような仕 掛けを作るかの設計について情報提供致しました。特に、コンプライアンス研修などは、ケーススタディはもち ろん、事故が起こらないようにするための環境づくり・仕組み作りが非常に重要です。接遇に関しても、ただの 内容の伝達であれば本を読めば書いてありますので、その技術をどのようにどういう心持ちで使うかの意識づけ が必要になります。そういった部分は無料のものではなかなか作りにくいのが実情ですが、その 3 時間の管理者 研修の中で、「意識づけの仕方」「見守り方」の部分の一部をご紹介しました。 「管理者研修で管理者の意識が変わったことはもちろん、無料で行った研修の効果まで変わったことは大 きな成果です」と事務部長様から嬉しいお声を頂きました。接遇もコンプライアンスも重要な課題であることは 間違いありませんが、無料の研修を活かすための有料の研修という位置づけも考えられるということをこの事例 が示してくれたと思っております。当社ではよく「センターピンを倒す」という表現を使いますが、センターピ ンを見極めていくだけでも状況が大きく変化することがございます。それが必ずしも当社でなくとも構いません が、お話を伺いセンターピンを探すお手伝いなどもさせて頂いておりますので、お困りの事がございましたら、 お気軽にお申し付けください。 <株式会社 ZAC について> 2002 年設立。医療介護業界の研修・コンサルティング事業において年間 250 回以上の研修と 91.7%以上の高い リピート率という業界屈指の実績を誇る。人事評価制度コンサルティングからエグゼクティブ向けコンサルティ ング、階層別研修からテーマ別研修(接遇マナー研修、レジリエンス研修、コミュニケーション研修 etc)まで 幅広く手掛ける。個人向けのスクール事業では、毎年数多くのカウンセラーやセラピスト、マナー講師を輩出し ている。(HP:http://f-zac.com/index.html) <各種研修・コンサルティング,ストレスチェック制度等に関する,お問い合わせはこちらから> 株式会社 ZAC コンサルティング事業部 TEL 03-6821-5202 / FAX 03-6821-5203

×