SlideShare a Scribd company logo

Wg for ai_dev_ops_20180713

AIBPC WG

1 of 10
Download to read offline
AI DevOps環境検討 WG
取り組み紹介
AI DevOps 環境検討 ワーキンググループ長
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
藤澤 好民
Copyright © 2018 AI Business Promotion Consortium All Rights Reserved.
AI DevOps環境検討WG 趣旨
• 設置目的
AIフレームワーク利用時におけるインフラ環境に関す
る検討。
• 活動概要
新技術・アーキテクチャの意見交換、実証実験を通じ
ての構成検討など。
2
Copyright © 2018 AI Business Promotion Consortium All Rights Reserved.
日本市場のAI取り組み状況
Past/Present
• AIテーマ選定
• PoC
• AIの開発
• 個人ベース開発
• PC/Workstation
Near Future
• AIの本格活用
• 大規模開発
• AIの運用
• チーム開発・運用
• 統合システム環境
Copyright © 2018 AI Business Promotion Consortium All Rights Reserved.
AIの開発・運用
• データ駆動のデータの発生からAIのモニタリン
グまで一連の工程
データ
前処理
学習 推論
エンジン
アプリ
開発
モニタ
リング
推論
実行
データ
収集
データ
蓄積
データ
ソース
AI Life Cycle
Copyright © 2018 AI Business Promotion Consortium All Rights Reserved.
AI 開発・運用環境
5
• AI DevOps環境とは?
• 一連のAIライフサイクルを実行する環境
• 企業がAIを効率よく開発、運用できるためのプラッ
トフォーム
• AI開発・運用CI/CD/CL環境
データ
ソース
データ
収集
データ
蓄積
データ
前処理
学習
推論
エンジン
開発
モニタ
リング
推論
実行
「システム側からAIライフサイクルを補完する
開発・運用環境」が必要
AI LifeCycle Management & DevOps
Copyright © 2018 AI Business Promotion Consortium All Rights Reserved.
AI DevOps環境検討WG 取り組み目標
6
• WG目的:
AIライフサイクルを実行、継続できるAI DevOps環境
の定義を明確にすることによって、企業におけるAI開
発環境、および、AIビジネス活用を推進する
• 期間:
2018/6 - 2018/12
• 目標:
AIライフサイクルとEnterprise向け AI DevOps環境
を構成するためのコンポーネントの調査結果&ナレッ
ジ発表

Recommended

第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlow
第一回☆GREE AI Programming ContestでTensorFlowgree_tech
 
6製品1サービスの開発にPortfolio for JIRAを使ってみた
6製品1サービスの開発にPortfolio for JIRAを使ってみた6製品1サービスの開発にPortfolio for JIRAを使ってみた
6製品1サービスの開発にPortfolio for JIRAを使ってみたHiroshi Ohnuki
 
Expectations and reality of hybrid cloud
Expectations and reality of hybrid cloudExpectations and reality of hybrid cloud
Expectations and reality of hybrid cloudNaoki Yonezu
 
[DevSumi2019]Cloud Native アプリケーションに最適!Oracle Cloud Infrastructureの魅力!
[DevSumi2019]Cloud Native アプリケーションに最適!Oracle Cloud Infrastructureの魅力![DevSumi2019]Cloud Native アプリケーションに最適!Oracle Cloud Infrastructureの魅力!
[DevSumi2019]Cloud Native アプリケーションに最適!Oracle Cloud Infrastructureの魅力!オラクルエンジニア通信
 
2020年10月29日 プロフェッショナルAI×Roboticsエンジニアへのロードマップ
2020年10月29日 プロフェッショナルAI×Roboticsエンジニアへのロードマップ2020年10月29日 プロフェッショナルAI×Roboticsエンジニアへのロードマップ
2020年10月29日 プロフェッショナルAI×RoboticsエンジニアへのロードマップNVIDIA Japan
 
リクルートライフスタイル全サービス横断のリアルタイムログ収集・可視化・分析基盤
リクルートライフスタイル全サービス横断のリアルタイムログ収集・可視化・分析基盤リクルートライフスタイル全サービス横断のリアルタイムログ収集・可視化・分析基盤
リクルートライフスタイル全サービス横断のリアルタイムログ収集・可視化・分析基盤Recruit Lifestyle Co., Ltd.
 
行ってみよう、やってみよう!
行ってみよう、やってみよう!行ってみよう、やってみよう!
行ってみよう、やってみよう!gree_tech
 
DataEngConf NYC’18 セッションサマリー #1
DataEngConf NYC’18 セッションサマリー #1DataEngConf NYC’18 セッションサマリー #1
DataEngConf NYC’18 セッションサマリー #1gree_tech
 

More Related Content

What's hot

「俺の背中について来い」アジャイルチームを一気に立ち上げる方法
「俺の背中について来い」アジャイルチームを一気に立ち上げる方法「俺の背中について来い」アジャイルチームを一気に立ち上げる方法
「俺の背中について来い」アジャイルチームを一気に立ち上げる方法Hiromasa Oka
 
Portfolio for JIRA で"全体計画にコミット"し続けるべし
Portfolio for JIRA で"全体計画にコミット"し続けるべしPortfolio for JIRA で"全体計画にコミット"し続けるべし
Portfolio for JIRA で"全体計画にコミット"し続けるべしHiromasa Oka
 
Atlassian Summit Europe 2017の参加報告(Aug Tokyo #22)
Atlassian Summit Europe 2017の参加報告(Aug Tokyo #22)Atlassian Summit Europe 2017の参加報告(Aug Tokyo #22)
Atlassian Summit Europe 2017の参加報告(Aug Tokyo #22)Hiroshi Ohnuki
 
祝★AWSスタンダードコンサルティングパートナーに認定されました
祝★AWSスタンダードコンサルティングパートナーに認定されました祝★AWSスタンダードコンサルティングパートナーに認定されました
祝★AWSスタンダードコンサルティングパートナーに認定されましたCore Concept Technologies
 
Future Tech Night Agile勉強会 20210709
 Future Tech Night Agile勉強会 20210709 Future Tech Night Agile勉強会 20210709
Future Tech Night Agile勉強会 20210709shotamiyazaki6
 
社内サービスのUI改善
社内サービスのUI改善社内サービスのUI改善
社内サービスのUI改善gree_tech
 
今更ながらの「マイクロサービス」
今更ながらの「マイクロサービス」今更ながらの「マイクロサービス」
今更ながらの「マイクロサービス」Hideaki Tokida
 
Future tech night #12~goで始めるサーバレスファーストという選択肢~
Future tech night #12~goで始めるサーバレスファーストという選択肢~Future tech night #12~goで始めるサーバレスファーストという選択肢~
Future tech night #12~goで始めるサーバレスファーストという選択肢~masahiko ito
 
BigQuery で 150万円 使ったときの話
BigQuery で 150万円 使ったときの話BigQuery で 150万円 使ったときの話
BigQuery で 150万円 使ったときの話itkr
 
ここが良かったDatadog
ここが良かったDatadogここが良かったDatadog
ここが良かったDatadogtyamane
 
【17-D-1】今どきのアーキテクチャを現場の立場で斬る
【17-D-1】今どきのアーキテクチャを現場の立場で斬る【17-D-1】今どきのアーキテクチャを現場の立場で斬る
【17-D-1】今どきのアーキテクチャを現場の立場で斬るDevelopers Summit
 
グリーにおけるAWS移行の必然性
グリーにおけるAWS移行の必然性グリーにおけるAWS移行の必然性
グリーにおけるAWS移行の必然性gree_tech
 
ヤフーのプライベートクラウドとクラウドエンジニアの業務について
ヤフーのプライベートクラウドとクラウドエンジニアの業務についてヤフーのプライベートクラウドとクラウドエンジニアの業務について
ヤフーのプライベートクラウドとクラウドエンジニアの業務についてYahoo!デベロッパーネットワーク
 
続・インターネットの維持
続・インターネットの維持続・インターネットの維持
続・インターネットの維持gree_tech
 
スマートファクトリーを支えるIoTインフラをつくった話
スマートファクトリーを支えるIoTインフラをつくった話スマートファクトリーを支えるIoTインフラをつくった話
スマートファクトリーを支えるIoTインフラをつくった話Keigo Suda
 
インターネットの維持 近況
インターネットの維持 近況インターネットの維持 近況
インターネットの維持 近況gree_tech
 
Elastic で出来る事 - 30分で一通りお見せします!
Elastic で出来る事 - 30分で一通りお見せします!Elastic で出来る事 - 30分で一通りお見せします!
Elastic で出来る事 - 30分で一通りお見せします!aslead
 
異常検知ナイトgLupe発表
異常検知ナイトgLupe発表異常検知ナイトgLupe発表
異常検知ナイトgLupe発表Hirono Jumpei
 

What's hot (20)

「俺の背中について来い」アジャイルチームを一気に立ち上げる方法
「俺の背中について来い」アジャイルチームを一気に立ち上げる方法「俺の背中について来い」アジャイルチームを一気に立ち上げる方法
「俺の背中について来い」アジャイルチームを一気に立ち上げる方法
 
Portfolio for JIRA で"全体計画にコミット"し続けるべし
Portfolio for JIRA で"全体計画にコミット"し続けるべしPortfolio for JIRA で"全体計画にコミット"し続けるべし
Portfolio for JIRA で"全体計画にコミット"し続けるべし
 
Atlassian Summit Europe 2017の参加報告(Aug Tokyo #22)
Atlassian Summit Europe 2017の参加報告(Aug Tokyo #22)Atlassian Summit Europe 2017の参加報告(Aug Tokyo #22)
Atlassian Summit Europe 2017の参加報告(Aug Tokyo #22)
 
祝★AWSスタンダードコンサルティングパートナーに認定されました
祝★AWSスタンダードコンサルティングパートナーに認定されました祝★AWSスタンダードコンサルティングパートナーに認定されました
祝★AWSスタンダードコンサルティングパートナーに認定されました
 
Future Tech Night Agile勉強会 20210709
 Future Tech Night Agile勉強会 20210709 Future Tech Night Agile勉強会 20210709
Future Tech Night Agile勉強会 20210709
 
社内サービスのUI改善
社内サービスのUI改善社内サービスのUI改善
社内サービスのUI改善
 
今更ながらの「マイクロサービス」
今更ながらの「マイクロサービス」今更ながらの「マイクロサービス」
今更ながらの「マイクロサービス」
 
Future tech night #12~goで始めるサーバレスファーストという選択肢~
Future tech night #12~goで始めるサーバレスファーストという選択肢~Future tech night #12~goで始めるサーバレスファーストという選択肢~
Future tech night #12~goで始めるサーバレスファーストという選択肢~
 
BigQuery で 150万円 使ったときの話
BigQuery で 150万円 使ったときの話BigQuery で 150万円 使ったときの話
BigQuery で 150万円 使ったときの話
 
ここが良かったDatadog
ここが良かったDatadogここが良かったDatadog
ここが良かったDatadog
 
【17-D-1】今どきのアーキテクチャを現場の立場で斬る
【17-D-1】今どきのアーキテクチャを現場の立場で斬る【17-D-1】今どきのアーキテクチャを現場の立場で斬る
【17-D-1】今どきのアーキテクチャを現場の立場で斬る
 
グリーにおけるAWS移行の必然性
グリーにおけるAWS移行の必然性グリーにおけるAWS移行の必然性
グリーにおけるAWS移行の必然性
 
ヤフーのプライベートクラウドとクラウドエンジニアの業務について
ヤフーのプライベートクラウドとクラウドエンジニアの業務についてヤフーのプライベートクラウドとクラウドエンジニアの業務について
ヤフーのプライベートクラウドとクラウドエンジニアの業務について
 
続・インターネットの維持
続・インターネットの維持続・インターネットの維持
続・インターネットの維持
 
スマートファクトリーを支えるIoTインフラをつくった話
スマートファクトリーを支えるIoTインフラをつくった話スマートファクトリーを支えるIoTインフラをつくった話
スマートファクトリーを支えるIoTインフラをつくった話
 
インターネットの維持 近況
インターネットの維持 近況インターネットの維持 近況
インターネットの維持 近況
 
Hccjp purpose andhistory
Hccjp purpose andhistoryHccjp purpose andhistory
Hccjp purpose andhistory
 
Xpjug lt-20210918
Xpjug lt-20210918Xpjug lt-20210918
Xpjug lt-20210918
 
Elastic で出来る事 - 30分で一通りお見せします!
Elastic で出来る事 - 30分で一通りお見せします!Elastic で出来る事 - 30分で一通りお見せします!
Elastic で出来る事 - 30分で一通りお見せします!
 
異常検知ナイトgLupe発表
異常検知ナイトgLupe発表異常検知ナイトgLupe発表
異常検知ナイトgLupe発表
 

Similar to Wg for ai_dev_ops_20180713

技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割Toru Yamaguchi
 
心・技・態 -LINEにおける改善の真実-
心・技・態 -LINEにおける改善の真実-心・技・態 -LINEにおける改善の真実-
心・技・態 -LINEにおける改善の真実-LINE Corporation
 
リクルートテクノロジーズが語る 企業における、「AI/ディープラーニング」活用のリアル
リクルートテクノロジーズが語る 企業における、「AI/ディープラーニング」活用のリアルリクルートテクノロジーズが語る 企業における、「AI/ディープラーニング」活用のリアル
リクルートテクノロジーズが語る 企業における、「AI/ディープラーニング」活用のリアルRecruit Technologies
 
Database as code in Devops - DBを10分間で1000個構築するDB仮想化テクノロジーとは?(Ishikawa)
Database as code in Devops - DBを10分間で1000個構築するDB仮想化テクノロジーとは?(Ishikawa)Database as code in Devops - DBを10分間で1000個構築するDB仮想化テクノロジーとは?(Ishikawa)
Database as code in Devops - DBを10分間で1000個構築するDB仮想化テクノロジーとは?(Ishikawa)Insight Technology, Inc.
 
アイデアを形にする ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座
アイデアを形にする  ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座アイデアを形にする  ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座
アイデアを形にする ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座DIVE INTO CODE Corp.
 
【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?
【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?
【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?Developers Summit
 
日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介
日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介
日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介CASAREAL, Inc.
 
GHE導入から社内普及までの軌跡 - エバンジェリストとしての取り組みについて -
GHE導入から社内普及までの軌跡 - エバンジェリストとしての取り組みについて -GHE導入から社内普及までの軌跡 - エバンジェリストとしての取り組みについて -
GHE導入から社内普及までの軌跡 - エバンジェリストとしての取り組みについて -ShionITO1
 
Yahoo! JAPAN MeetUp #8 (インフラ技術カンファレンス)セッション①
Yahoo! JAPAN MeetUp #8 (インフラ技術カンファレンス)セッション①Yahoo! JAPAN MeetUp #8 (インフラ技術カンファレンス)セッション①
Yahoo! JAPAN MeetUp #8 (インフラ技術カンファレンス)セッション①Yahoo!デベロッパーネットワーク
 
データ分析基盤におけるOpsのためのDev with event driven + serverless
データ分析基盤におけるOpsのためのDev with event driven + serverlessデータ分析基盤におけるOpsのためのDev with event driven + serverless
データ分析基盤におけるOpsのためのDev with event driven + serverlessShoji Shirotori
 
大規模インフラで考える インフラチームの未来
大規模インフラで考える インフラチームの未来大規模インフラで考える インフラチームの未来
大規模インフラで考える インフラチームの未来Masayuki Ueda
 
DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携
DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携
DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携Chuki ちゅき
 
Angular でもっとAPIファースト・もっとモダンデザインなWebアプリケーションを作ろう!
Angular でもっとAPIファースト・もっとモダンデザインなWebアプリケーションを作ろう!Angular でもっとAPIファースト・もっとモダンデザインなWebアプリケーションを作ろう!
Angular でもっとAPIファースト・もっとモダンデザインなWebアプリケーションを作ろう!CData Software Japan
 
Io t,ai時代のソフトウェア
Io t,ai時代のソフトウェアIo t,ai時代のソフトウェア
Io t,ai時代のソフトウェアToshiaki Kurokawa
 
AI-first Code Editor 「Cursor」の機能紹介
AI-first Code Editor 「Cursor」の機能紹介AI-first Code Editor 「Cursor」の機能紹介
AI-first Code Editor 「Cursor」の機能紹介ssuser39314d
 
20180130 設計イベント
20180130 設計イベント20180130 設計イベント
20180130 設計イベントAtsushi Takayasu
 
PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」
PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」
PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」PC Cluster Consortium
 
OSC2018 hiroshima session slide by OSSC
OSC2018 hiroshima session slide by OSSCOSC2018 hiroshima session slide by OSSC
OSC2018 hiroshima session slide by OSSCDaisuke Nishino
 

Similar to Wg for ai_dev_ops_20180713 (20)

技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割技術選択とアーキテクトの役割
技術選択とアーキテクトの役割
 
心・技・態 -LINEにおける改善の真実-
心・技・態 -LINEにおける改善の真実-心・技・態 -LINEにおける改善の真実-
心・技・態 -LINEにおける改善の真実-
 
リクルートテクノロジーズが語る 企業における、「AI/ディープラーニング」活用のリアル
リクルートテクノロジーズが語る 企業における、「AI/ディープラーニング」活用のリアルリクルートテクノロジーズが語る 企業における、「AI/ディープラーニング」活用のリアル
リクルートテクノロジーズが語る 企業における、「AI/ディープラーニング」活用のリアル
 
Database as code in Devops - DBを10分間で1000個構築するDB仮想化テクノロジーとは?(Ishikawa)
Database as code in Devops - DBを10分間で1000個構築するDB仮想化テクノロジーとは?(Ishikawa)Database as code in Devops - DBを10分間で1000個構築するDB仮想化テクノロジーとは?(Ishikawa)
Database as code in Devops - DBを10分間で1000個構築するDB仮想化テクノロジーとは?(Ishikawa)
 
アイデアを形にする ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座
アイデアを形にする  ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座アイデアを形にする  ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座
アイデアを形にする ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座
 
【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?
【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?
【17-E-4】GitHub Enterpriseユーザ企業登壇!企業文化にイノベーションを起こすモダンなソフトウェア開発環境とは?
 
OSS光と闇
OSS光と闇OSS光と闇
OSS光と闇
 
YJTC18 A-1 大規模サーバの戦略
YJTC18 A-1 大規模サーバの戦略YJTC18 A-1 大規模サーバの戦略
YJTC18 A-1 大規模サーバの戦略
 
日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介
日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介
日立ソリューションズの取り組みとプラットフォーム関連セション内容のご紹介
 
GHE導入から社内普及までの軌跡 - エバンジェリストとしての取り組みについて -
GHE導入から社内普及までの軌跡 - エバンジェリストとしての取り組みについて -GHE導入から社内普及までの軌跡 - エバンジェリストとしての取り組みについて -
GHE導入から社内普及までの軌跡 - エバンジェリストとしての取り組みについて -
 
Yahoo! JAPAN MeetUp #8 (インフラ技術カンファレンス)セッション①
Yahoo! JAPAN MeetUp #8 (インフラ技術カンファレンス)セッション①Yahoo! JAPAN MeetUp #8 (インフラ技術カンファレンス)セッション①
Yahoo! JAPAN MeetUp #8 (インフラ技術カンファレンス)セッション①
 
データ分析基盤におけるOpsのためのDev with event driven + serverless
データ分析基盤におけるOpsのためのDev with event driven + serverlessデータ分析基盤におけるOpsのためのDev with event driven + serverless
データ分析基盤におけるOpsのためのDev with event driven + serverless
 
大規模インフラで考える インフラチームの未来
大規模インフラで考える インフラチームの未来大規模インフラで考える インフラチームの未来
大規模インフラで考える インフラチームの未来
 
DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携
DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携
DX Suite & UiPath さっくり読み取りさっくり連携
 
Angular でもっとAPIファースト・もっとモダンデザインなWebアプリケーションを作ろう!
Angular でもっとAPIファースト・もっとモダンデザインなWebアプリケーションを作ろう!Angular でもっとAPIファースト・もっとモダンデザインなWebアプリケーションを作ろう!
Angular でもっとAPIファースト・もっとモダンデザインなWebアプリケーションを作ろう!
 
Io t,ai時代のソフトウェア
Io t,ai時代のソフトウェアIo t,ai時代のソフトウェア
Io t,ai時代のソフトウェア
 
AI-first Code Editor 「Cursor」の機能紹介
AI-first Code Editor 「Cursor」の機能紹介AI-first Code Editor 「Cursor」の機能紹介
AI-first Code Editor 「Cursor」の機能紹介
 
20180130 設計イベント
20180130 設計イベント20180130 設計イベント
20180130 設計イベント
 
PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」
PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」
PCCC21:株式会社日立製作所 「研究開発力向上のための研究DXソリューション」
 
OSC2018 hiroshima session slide by OSSC
OSC2018 hiroshima session slide by OSSCOSC2018 hiroshima session slide by OSSC
OSC2018 hiroshima session slide by OSSC
 

More from Yutaka Terasawa

20190306オープニング
20190306オープニング20190306オープニング
20190306オープニングYutaka Terasawa
 
時系列データの扱い方
時系列データの扱い方時系列データの扱い方
時系列データの扱い方Yutaka Terasawa
 
転移学習やってみた!
転移学習やってみた!転移学習やってみた!
転移学習やってみた!Yutaka Terasawa
 
Google Colaboratoryを使って、MNISTでディープラニング!
Google Colaboratoryを使って、MNISTでディープラニング!Google Colaboratoryを使って、MNISTでディープラニング!
Google Colaboratoryを使って、MNISTでディープラニング!Yutaka Terasawa
 
統計の基礎を楽しく学ぼうー箱ひげ図編ー
統計の基礎を楽しく学ぼうー箱ひげ図編ー統計の基礎を楽しく学ぼうー箱ひげ図編ー
統計の基礎を楽しく学ぼうー箱ひげ図編ーYutaka Terasawa
 
20181114 TDAを使ったタイタニック生存者分析
20181114 TDAを使ったタイタニック生存者分析20181114 TDAを使ったタイタニック生存者分析
20181114 TDAを使ったタイタニック生存者分析Yutaka Terasawa
 
20181114_AI×Analytics×女子部 オープニング
20181114_AI×Analytics×女子部 オープニング20181114_AI×Analytics×女子部 オープニング
20181114_AI×Analytics×女子部 オープニングYutaka Terasawa
 
20180717 unsupervised learning
20180717 unsupervised learning20180717 unsupervised learning
20180717 unsupervised learningYutaka Terasawa
 

More from Yutaka Terasawa (14)

20190306オープニング
20190306オープニング20190306オープニング
20190306オープニング
 
時系列データの扱い方
時系列データの扱い方時系列データの扱い方
時系列データの扱い方
 
転移学習やってみた!
転移学習やってみた!転移学習やってみた!
転移学習やってみた!
 
Google Colaboratoryを使って、MNISTでディープラニング!
Google Colaboratoryを使って、MNISTでディープラニング!Google Colaboratoryを使って、MNISTでディープラニング!
Google Colaboratoryを使って、MNISTでディープラニング!
 
20181114 r
20181114 r20181114 r
20181114 r
 
統計の基礎を楽しく学ぼうー箱ひげ図編ー
統計の基礎を楽しく学ぼうー箱ひげ図編ー統計の基礎を楽しく学ぼうー箱ひげ図編ー
統計の基礎を楽しく学ぼうー箱ひげ図編ー
 
20181114 TDAを使ったタイタニック生存者分析
20181114 TDAを使ったタイタニック生存者分析20181114 TDAを使ったタイタニック生存者分析
20181114 TDAを使ったタイタニック生存者分析
 
20181114_AI×Analytics×女子部 オープニング
20181114_AI×Analytics×女子部 オープニング20181114_AI×Analytics×女子部 オープニング
20181114_AI×Analytics×女子部 オープニング
 
20180717 grid
20180717 grid20180717 grid
20180717 grid
 
20180717 unsupervised learning
20180717 unsupervised learning20180717 unsupervised learning
20180717 unsupervised learning
 
20180717 zeal
20180717 zeal20180717 zeal
20180717 zeal
 
20180717 the average
20180717 the average20180717 the average
20180717 the average
 
20180717 opening
20180717 opening20180717 opening
20180717 opening
 
Wg for edu_20180713
Wg for edu_20180713Wg for edu_20180713
Wg for edu_20180713
 

Wg for ai_dev_ops_20180713

  • 1. AI DevOps環境検討 WG 取り組み紹介 AI DevOps 環境検討 ワーキンググループ長 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 藤澤 好民
  • 2. Copyright © 2018 AI Business Promotion Consortium All Rights Reserved. AI DevOps環境検討WG 趣旨 • 設置目的 AIフレームワーク利用時におけるインフラ環境に関す る検討。 • 活動概要 新技術・アーキテクチャの意見交換、実証実験を通じ ての構成検討など。 2
  • 3. Copyright © 2018 AI Business Promotion Consortium All Rights Reserved. 日本市場のAI取り組み状況 Past/Present • AIテーマ選定 • PoC • AIの開発 • 個人ベース開発 • PC/Workstation Near Future • AIの本格活用 • 大規模開発 • AIの運用 • チーム開発・運用 • 統合システム環境
  • 4. Copyright © 2018 AI Business Promotion Consortium All Rights Reserved. AIの開発・運用 • データ駆動のデータの発生からAIのモニタリン グまで一連の工程 データ 前処理 学習 推論 エンジン アプリ 開発 モニタ リング 推論 実行 データ 収集 データ 蓄積 データ ソース AI Life Cycle
  • 5. Copyright © 2018 AI Business Promotion Consortium All Rights Reserved. AI 開発・運用環境 5 • AI DevOps環境とは? • 一連のAIライフサイクルを実行する環境 • 企業がAIを効率よく開発、運用できるためのプラッ トフォーム • AI開発・運用CI/CD/CL環境 データ ソース データ 収集 データ 蓄積 データ 前処理 学習 推論 エンジン 開発 モニタ リング 推論 実行 「システム側からAIライフサイクルを補完する 開発・運用環境」が必要 AI LifeCycle Management & DevOps
  • 6. Copyright © 2018 AI Business Promotion Consortium All Rights Reserved. AI DevOps環境検討WG 取り組み目標 6 • WG目的: AIライフサイクルを実行、継続できるAI DevOps環境 の定義を明確にすることによって、企業におけるAI開 発環境、および、AIビジネス活用を推進する • 期間: 2018/6 - 2018/12 • 目標: AIライフサイクルとEnterprise向け AI DevOps環境 を構成するためのコンポーネントの調査結果&ナレッ ジ発表
  • 7. Copyright © 2018 AI Business Promotion Consortium All Rights Reserved. AI DevOps環境検討WG 参加企業 • WG参加企業様 9社スタート • アドソル日進株式会社 • OSIsoft Japan株式会社 • 株式会社グリッド • TIS株式会社 • 株式会社フェーズワン • 丸紅株式会社 • 丸紅情報システムズ株式会社 • 三井情報株式会社 • 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 7
  • 8. Copyright © 2018 AI Business Promotion Consortium All Rights Reserved. AI DevOps環境検討 仮説 8 Infra Management (Ops Engineer) Test Pod(AI Developer) AI Development (AI Developer) App Development (App Developer) Data Management (Data Engineer) IoT Device ERP/CRM SQL Vectorization MQ、Rest、JSON Batch Train Tag/Label AI Service AI Deploy App Deploy Production Pod(Ops Engineer) training Compute Dashboard Orchestrator Scheduling Validate Model Management Custom App Inference Model REST API Monitoring& Versioning Pre Processing User & Role Management Pre Processing DataLake Data Capture Storage dashboard Data Source Data Sore Edge Security Custom App Annotation Dev Tool Custom App Inference Model REST APIRealtime Stream A/B test AI Developer Interface Portal Job Management ML/DL Interface API Manamement App Developer Interface Portal ① ソース データ ③ データ前処理 ④ AI学習・推論エンジン 管理 ⑥ AI アプリ開発 ⑧サービス 管理 ⑤ AI学習ジョブ管理・学習自動化 ② データ収集・蓄積 ⑨AI アプリ開発管理 ⑨モニタ リング・ 運用管理
  • 9. Copyright © 2018 AI Business Promotion Consortium All Rights Reserved. AI DevOps環境検討WG 取り組み計画 9 • タスク:日本のマーケットに適した環境の提示 • AI DevOpsの調査、動向調査。海外先進事例の調査 • AIライフサイクルの調査・整理(AIの開発・運用の流れ) • 新規AI作成 • アンサンブル学習、継続/再学習 • AIライフサイクルを完結させるための技術調査 • WG参加企業の課題の体系化・現状整理 • 実現可能なAI DevOps環境の調査結果&ナレッジ発表 • 企業のAI活用フェーズに適した環境の討議・調査(AIライフサ イクルを段階的に導入する仕組み) • オンプレミス、クラウドのベストな環境討議・調査 • AI DevOps環境の実証実験
  • 10. Copyright © 2018 AI Business Promotion Consortium All Rights Reserved. AI DevOps環境検討 WG AIビジネス推進コンソーシアム事務局 〒107-0061 東京都港区北青山3丁目11番7号 Aoビル6階(株式会社グリッド内) お問合せ先 info@aibpc.org