Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Smart Lighting Market Research Report

2,502 views

Published on

Smart Lighting市場に調べてまとめてみました。
内容は、今後の市場規模・成長率、メインプレーヤー、市場のキーファクター、キーファクター、通信規格、今後の市場の勝ちパターンとdumbマニュファクチャー回避について
などです。

Published in: Technology

Smart Lighting Market Research Report

  1. 1. 田中優祐 02/05/2016 @Yu_sher (twitter) Smart Lighting Market
  2. 2. 1. Smart Lighting Marketの市場概要 A. グローバルにおける市場規模と今後の成長率 B. エリア別分析 C. 市場全体のプレーヤーマップと概観 2. 構成するキーファクター A. 顧客別分析 B. ライトの種類別分析 C. Connectivity (コネクティビティ) 3. 現在のコネクティビティの概要 A. 技術比較 B. プレーヤー比較 C. コネクティビティ周辺の各社の競争 D. 世の中の新しい動き 4. 結論 調査項目
  3. 3. Smart Lighting とは Smart Lightingとはネットに繋がるこ とでインテリジェンスが追加されたラ イトのこと。つまりセンサーを通して 行動パターンを認識したり、クラウド で機械学習することで最適なライティ ングを実現し、消費電力を減らすこと ができる次世代の電球である。 またユーザーはアプリなどを通してライ トのオン・オフや光量などを調節した り、自動でシーン設定をすることもでき る。
  4. 4. Smart Lightingのリサーチの背景 全世界の消費電力のうち、1/5は照明によって 消費されていると言われている。LED照明はそ の省電力性と低い製造コストにより、消費電力 削減のキーとなりつつある。日本でも急速に普 及し普及率も30%を超えている。 更にSmart Lightingと呼ばれるセンサーとネッ トと連携したライトの出現によりさらなる消費 電力削減が可能となり、Smart Lighting は大 きな成長市場として見込まれている。 本レポートにおいて、Smart Lightingを構成す る要素と、今後の発展に向け重要な項目につい て調査を実施した。
  5. 5. Smart Lighting の市場概要 A. グローバルにおける市場規模と今後の成長率 B. エリア別分析 C. 市場全体のプレーヤーマップと概観
  6. 6. 1-A.グローバルにおける市場規模と今後 の成長率  • グローバルで2014年よりCAGR22%で成長し2020年 にはSmart Lighting全体の市場規模は$8.14 Billionに到達する見込み。 Source: Market Research Reports. Smart Lighting Market is Expected to Reach USD8.14 Billion in 2020.
  7. 7. 1-B. エリア別分析 2015年の市場規模順位 2020年の市場規模順位 1位ヨーロッパ 2位北アメリカ 3位アジア 1位ヨーロッパ 2位アジア 3位北アメリカ 2020年までにヨーロッパは、市場規模で1位をキープ($3.5B) するが現在第3位のアジアは中国・インドのインフラ開発 などにより、最も高い成長率が予測される。
  8. 8. Sources:Smart lighting: The gateway to the connected home and IoT markets - MaRS 1-C. Smart Lighting Marketの プレーヤーマップ • ライト製造メーカー(GE, Philips) などSmart Lighting を自社で製造する一方で、スタートアッ プを買収することで、サービス、プラットフォー ム分野へも参入を画策している。 • 事業会社もこの分野への参入を狙っており、 インフラ向け製品を提供するナスダック上場企 業のCommScopeはSmart Lighting Control を提供していたRedwood Systemsの買収を通 じて市場参入を果たした。 • Startupに関してはSmart Lighting controlの 分野で数多くの会社が創業、上流のプラット フォームプレイヤーとして新規参入を目指して いる
  9. 9. 2.構成するキーファクター A. 顧客セグメント B. ライトの種類別分類 C. Connectivity Technology
  10. 10. 2-A.顧客セグメント Smart Lighting “Gov&Public” ストリートライト など “Residential” アパートメント 家など “Commercial” オフィスや 小売店など “Industrial” 工場など
  11. 11. 顧客別分析 Residential分野が今後最も高い成長率 となると予測される。主な要因はアジア を中心とする一般層への普及。全世界の 住宅エネルギーコストのうち電気が40% を占めている。 ヨーロッパを中心にスマートシティー実 現に向け、市や政府主導で街や高速道路 の街灯などに導入される予定。 CO2の排出規制や環境保持が大きな課題 となっている工場の環境整備に向け、消 費電力削減の効果の高いLED照明の導入 が進んでいる Commercial 層が最も大きな顧客層で あり、マーケットを牽引するキードライ バーである。欧州だけを見ても2020年 に$3.5Bの市場が見込まれる。電気代削 減に向けて強いニーズ
  12. 12. B.ライトの種類別の分析 Smart Lighting by Lighting Type LEDランプ 蛍光灯 HIDランプ その他
  13. 13. LED Lighting市場の成長 • 蛍光灯型(Compact Fluorescent Lighting)のLEDライト が2014年時点で一番のシェアを持ち、約$9.5Bの市場規模 • LED Lightingは2020年までに最も高い成長率(CAGR17.2%) で成長し、市場規模$22Bにまでなると予測される。
  14. 14. LED Lighting の主要プレーヤー
  15. 15. LEDライトの成長要因 技術要因: • 中村修二氏による青色LED における発明 • 製造コストの低下 • 省エネ性能の向上 市場要因: • 電力消費やCO2の削減等の 省エネ、環境保全へのニー ズの高まり
  16. 16. LED Lighting のSmart化 • 2020年までに、成長著しいLED Lightingの多くがコネ クティビティを持った Smart なライトなると予測され る。 • それに伴い、LED向けの通信モジュールなどの周辺市場 が2019年までに$1Bを超えると予測される。(New NanoMakers Report) • ライトメーカー大手PhilipsによるとLED Lighting を Smart 化することで、現状の蛍光灯や白熱球よりも、 最大80%の節電が可能と推定。
  17. 17. Connectivity Technology 別の分析 Smart Lighting by Connectivity Technology WirelessWired
  18. 18. 2.C.1 HEMS/ DLNA等ホームネットワー キングへの標準化 • HEMS(Home Energy Management System)やDLNA(Digital Living Network Alliance) 等のホームネット ワーキングへの標準化が進み、Smart Homeへの技術的な素地ができてきた。 Smart Lightingもその流れの一つと なる。
  19. 19. • 2014年時点ではWired Lightingの方が通信の安定性・信頼 性に優れ、ユーザーの利便性が高い。 • 近年のセットアップの容易さ、導入コストの低さ、通信の安 定性の向上により、2020年までにWireless Lightingは毎年 31%の高い成長率で伸び市場の大部分を取ると予測される。 例:3部屋にSmart Lighting Systemを導入する際、wiredの場合初期コス トが$15,000-$25,000かかるのに対して、Wirelessの場合は、$3,000- $4,000で導入可能。 (Weighing Wired Against Wireless Lighting) Wireless Lightingの成長
  20. 20. 3.現在のコネクティビティの概要 A. 主要な通信規格 B. コネクティビティの技術・スペック比較 C. コネクティビティ周辺の各社の競争 D. 世の中の新しい流れ
  21. 21. 3-A. Wireless Connectivityにおける主 要な通信規格 smart lightingを含め、家電向けに利用される無線通信 規格だけでも多くの規格が林立しており、現時点でデ ファクトとなった規格はまだ存在していない。
  22. 22. 3-B.Wireless通信規格の比較 動作範囲 最大デバイ ス接続数 ネットワー クスピード 周波数 ゲートウェ アデバイス 必要 省エネ スマホとの 直接接続 チップ価格 Z-wave 100 feet 232 9.6-100kpbs 908/916Mh z 必要 ⃝ × $10-$20 Zigbee 35 feet 65000 40-250kpbs 915MHz/ 2.4GHz 必要 ⃝ × $5-$15 Wifi 150 feet 300 11-250Mpbs 2.4GHz 無し △ ⃝ $10-$20 Bluetooth 100 feet 7 2.1-25Mpbs 2.4GHz 無し ⃝ ⃝ $2.5-$5
  23. 23. 主要メーカーの商品比較 社名 通信規格 商品 ターゲット 遠隔操作 GE Z-wave Indoor lighting solution オフィス向け ソフトウェア Philips ZigBee Hue オフィス 一般家庭 小売店向け ソフトウェア・ア プリ Osram ZigBee LIGHTFYI オフィス 家庭向け ソフトウェア・ア プリ Lutron ZigBee Residential commercial Solutions オフィス 家庭向け ソフトウェア
  24. 24. ホームゲートウェイの覇権争い • ネット企業大手アップルやAmazonも Apple TV (Homekit)や Amazon echoなどを持って市場へ参入しホー ムゲートウェイ獲得を狙っている。 • 家での行動データをベースにアマゾン での商品の購入を促すなど、既存の ネットサービスへの導線としての位置 付けとなる。 • ライト製造会社の大手は現在はコネク ティビティはZigBeeやZwaveを使用 • スマホと家電を通信するにあたり、ゲー トウェイを必要とするZigBeeなどを 使用することで、ホームゲートウェイ となることを狙っている。 • 自社製品により家庭内に埋め尽くす囲 い込み戦略。 製造会社 ネット企業
  25. 25. 世の中の新しい動き Bluetooth Smart Meshなどによる新しい 通信技術により、IoT機器同士又はスマホ をダイレクトに接続、中心を個人とそのス マホに取り戻す動き。(Decentralization の動き) ネット企業 製造会社 ホームゲートウェイを中心とした アプローチ(Centralization) スマホを中心としたアプローチ (Decentralization)
  26. 26. Decentralize化のカギを握る古くて新 しい無線通信技術 • ゲートウェイを必要とせずSmart Homeの中心を 個人に取り戻すことを可能にするコネクティビティ として注目が集まるBluetooth Mesh • 現在のBluetoothの欠点の改善→Mesh networkに よりライト間の通信も安全で安定。通信範囲も 100ftから300ft(100m)まで拡大し、同時接続 可能なデバイス数も大幅に増加。 • 同じくスマホへの直接接続が可能なWifiよりも遥か に高い省電力性。 • カリフォルニア大学の実験ではBluetoothは Wifiの消費電力のわずか3%しか消費しかし ないことが明らかにされた。(Bluetooth VS Wifi Power Consumption)
  27. 27. 結論 1. Smart Lighting Marketの勝ちパターン 2. Dumb Manufacturer化の回避に向けて
  28. 28. 1. 日々使うユーザーと接点を持つ企業:Google/Appleなどデバイス・アプリ・クラ ウドサービスを垂直統合しHardware as a Service(HaaS)として提供できるネット 企業や、SORAAのような新興で全て自前で提供しようとしているスタートアップ 例:SORAA→ノーベル賞を受賞した中村修二氏によるLED Lightingのスタートアップ。 2. Enabler提供型企業:HaaS実現に向けたenabling technology/プラットフォーム の提供会社。 例:Silvair →ライト製造メーカー向けにBluetooth モジュール チップとアプリ/SDKを提供し、HaaS提供の上で必要なplatform を提供。 1.Smart Lightingにおける勝ちパターン HaaS時代において製造メーカーは、スマートフォン時代の携帯電話会社が陥った Dumb Pipe化(Dumb Manufacturer化)と同じ道を る可能性が高い
  29. 29. 2.Dumb Manufacturer化の回避 ネットに繋がったデバイスを通してデータをいかに集積していくか、がIoTにおい て核になる。データを集積させることで次なるビジネスが生まれたり、既存ビジ ネスを強化していくことになるからである。HaaSとしてサービス・プラットフォー ムがその主戦場となる。ライトのみの販売では、単なる下請け会社になってしま い、肝心のデータを集積させていくことができない。 1. 垂直統合モデルへの転換:機器製造販売、アプリ提供、クラウド提供と一気通 貫で提供する。大手製造メーカーであれば、ソフトウェア会社を買収すること で、総合的なサービス提供が可能となる(GEなど)。 2. 協業モデル:特定領域で強みを持つ同士が複数社協業することでよりユーザー のとって利便性の高い総合的なサービスを提供するモデル。 例:LEDマニュファクチャーのSORAA, Enabler 提供企業Silvair, 家電販売 に強いソフトウェア企業など

×