Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

RHEL, CentOS 7 に移行しよう! LT

14,500 views

Published on

道玄坂LT祭り(ミドル・インフラ)で話したLTのスライドです。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

RHEL, CentOS 7 に移行しよう! LT

  1. 1. RHEL/CentOS 7 に! 移行しよう! Haruka Iwao (@Yuryu) 2015/01/14 道玄坂LT祭り
  2. 2. わたしはだれ? •  岩尾 はるか (@Yuryu) •  レッドハットで働いています – ストレージ(Ceph, GlusterFS)が専門 – 今回の発表は会社の見解ではありません •  Final Fantasy XIV プレイヤー – Carbuncle サーバー、学メイン – バハ真成編4層をクリアしました •  Ingress 緑エージェント(A11)
  3. 3. Linuxカーネル本(宣伝) •  “Linux Kernel Updates” •  最新刊 – OOM Killer特集 – ジュンク堂池袋店で買え ます! •  既刊 – Docker, TCP/IP特集など – Kindle版売ってます
  4. 4. OSの メジャー バージョンアップ
  5. 5. それは いずれやってくる
  6. 6. 諸行無常 OS EOL(予定) 私の満年齢 Ubuntu 10.04 LTS 2015年4月 31 Windows Server 2003 2015年7月 31 RHEL 5 (通常) / CentOS 5 2017年3月 32 Ubuntu 12.04 LTS 2017年4月 33 Ubuntu 14.04 LTS 2019年4月 35 Windows Server 2008 2020年1月 35 RHEL 5 (延長サポート) 2020年3月 35 RHEL 6 (通常) / CentOS 6 2020年11月 36 Windows Server 2012 2023年1月 38 RHEL 6 (延長サポート) 2023年11月 39 RHEL 7 (通常) / CentOS 7 2024年6月 40 RHEL 7 (延長サポート) 2027年6月 43
  7. 7. 表を作って 複雑な気持ち
  8. 8. みなさまも 自分の年齢で 作ってみましょう
  9. 9. それはさておき
  10. 10. 諸行無常 OS EOL(予定) 私の満年齢 Ubuntu 10.04 LTS 2015年4月 31 Windows Server 2003 2015年7月 31 RHEL 5 (通常) / CentOS 5 2017年3月 32 Ubuntu 12.04 LTS 2017年4月 33 Ubuntu 14.04 LTS 2019年4月 35 Windows Server 2008 2020年1月 35 RHEL 5 (延長サポート) 2020年3月 35 RHEL 6 (通常) / CentOS 6 2020年11月 36 Windows Server 2012 2023年1月 38 RHEL 6 (延長サポート) 2023年11月 39 RHEL 7 (通常) / CentOS 7 2024年6月 40 RHEL 7 (延長サポート) 2027年6月 43
  11. 11. EOLに 追いかけられるの やめましょう!
  12. 12. OSのバージョンアッ プは本来わくわくす るもの
  13. 13. http://watch.impress.co.jp/10th/fromeditors/061101/index.htm
  14. 14. いつしか 「祭り」の意味が 変わっていく
  15. 15. 時計の針は元には 戻らない。だが、 自らの手で進める ことは出来る。
  16. 16. 大ジャンプは やめよう
  17. 17. 見方を変えよう
  18. 18. RHEL/CentOS 7の新機能 •  XFS •  systemd, journald •  GRUB2 •  新しいインストーラー •  NetworkManager, firewalld •  OpenLMI •  大量の更新されたパッケージ群
  19. 19. 全部使う必要は無い 互換性もわりとある
  20. 20.
  21. 21. systemdを覚えない とRHEL/CentOS 7は 使えない
  22. 22. `service`コマンドは これまで通り使える 例) service sshd restart
  23. 23. 今までのコマンドは 健在
  24. 24. 必要なときに徐々に 移行していけば良い
  25. 25. RHEL 7の新機能 → 回避策 •  XFS → ext4 も使えるよ •  systemd, journald → 既存コマンドOK •  GRUB2 → どうせ調べながら使う •  新しいインストーラー → 一回きり •  NetworkManager, firewalld → Disable •  OpenLMI → 使わなくて支障なし •  大量の更新されたパッケージ群
  26. 26. RHEL 7の新機能 → 回避策? •  XFS → ext4 も使えるよ •  systemd, journald → 既存コマンドOK •  GRUB2 → どうせ調べながら使う •  新しいインストーラー → 一回きり •  NetworkManager, firewalld → disable可 •  OpenLMI → 使わなくて支障なし •  大量の更新されたパッケージ群
  27. 27. “大量の更新された パッケージ群” これがくせ者
  28. 28. コンテナに入れよう
  29. 29. コンテナBコンテナA Host OS (Atomic Host, etc) RHEL 6 Libs PHP App RHEL 7 Libs Nginx
  30. 30. バージョンアップ しやすいものから 順番に
  31. 31. コンテナで 違うOSバージョンの 混在も容易に
  32. 32. 新OSでうれしいこと
  33. 33. RHEL/CentOS 7 でうれしいこと •  全体的な性能向上 •  電力利用効率の向上 •  TCP Fast Open含むTCPの最適化 •  teamドライバによるbondingの強化 •  NUMA対応の強化 •  40GbE対応 •  Docker 対応 •  新しいコンパイラによるより良いコード
  34. 34. 新機能に注目が行き がちだが、既存機能 も改善している
  35. 35. 新機能は 使わなくても良い
  36. 36. Linuxなんだから 使いたい機能を 使いたいように使う
  37. 37. わからないことは 有償サービスへ
  38. 38. Thank you!

×