Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

DockerをRed Hatはどのように見ているのか

8,534 views

Published on

仮想化、クラウドの次に来る「コンテナ化」
- DockerをRed Hatはどのように見ているのか -

  • Be the first to comment

DockerをRed Hatはどのように見ているのか

  1. 1. 仮想化、クラウドの次に来る「コンテナ化」 - DockerをRed Hatはどのように見ているのか- Haruka Iwao Cloud Evangelist, Red Hat K.K. 2014/12/11 © Red 1 Hat K.K. All Rights Reserved.
  2. 2. わたしはだれ? • 岩尾はるか(@Yuryu) • 勤務先: レッドハット株式会社 – クラウドエバンジェリスト – ストレージ(GlusterFS, Ceph)を売ってます • 冬コミでLinux Kernel本出します – 3日目西地区き-10b © Red 2 Hat K.K. All Rights Reserved.
  3. 3. 宣伝: Linux Kernel Updates • Dockerの基盤技術の cgroup, namespaceのソー スコード解説をしています • Available on Kindle bit.ly/lu201408 © Red 3 Hat K.K. All Rights Reserved.
  4. 4. だいじなおしらせ © Red 4 Hat K.K. All Rights Reserved.
  5. 5. © Red 5 Hat K.K. All Rights Reserved.
  6. 6. Dockerとは • コンテナ技術を利用したアプリケーションプ ラットフォーム • コンテナ+イメージ管理+α • Kubernetes などの周辺ツールも急速に進化 © Red 6 Hat K.K. All Rights Reserved.
  7. 7. Docker by Google Trends © Red 7 Hat K.K. All Rights Reserved.
  8. 8. コンテナとは Linux KVM コンテナ © Red 8 Hat K.K. All Rights Reserved.
  9. 9. Linux コンテナの特徴 • Linux標準のOSレベル仮想化機能 非仮想化環境コンテナ環境 © Red 9 Hat K.K. All Rights Reserved.
  10. 10. Linuxコンテナの特徴(2) • コンテナごとに独立したリソースを割り当てる ことで、アプリケーションの実行環境を分離 – 異なるプロセスID – 異なるファイルシステム – 異なるネットワーク設定(仮想NIC) – CPU、メモリ割当量を制限 • ソフトウェア仮想化と共存が可能 – クラウドの仮想マシン上でも動作 © Red 10 Hat K.K. All Rights Reserved.
  11. 11. DockerとLinuxコンテナ • Dockerは、コンテナを実現する上でLinuxカー ネルに既に存在する機能を活用 – Cgroup, namespace – 基盤技術として実績がある • Dockerの考え方は、”Immutable Infrastructure”と相性が良い – Dockerfile によるコンテナ生成(再現性) – OSファイルごとイメージ化(環境非依存性) © Red 11 Hat K.K. All Rights Reserved.
  12. 12. DockerとLinuxコンテナ(2) アプリケーション アプリケーション eth0 Devicemapper NAT eth0 ファイルシステム / ├── bin ├── etc ├── usr └── ... コンテナ イメージファイル © Red 12 Hat K.K. All Rights Reserved. Docker Linuxコンテナ(プロセスグループ) ホストOS 作成・管理 172.17.0.1 10.0.0.1
  13. 13. Dockerイメージ © Red 13 Hat K.K. All Rights Reserved.
  14. 14. 起動、終了が非常に高速 • 新しくコンテナを起動、実行、終了させるのに 約0.2秒(Core i7 4558U 2.8GHz) # time docker run -t registry.access.redhat.com/rhel /bin/true real 0m0.234s user 0m0.010s sys 0m0.020s © Red 14 Hat K.K. All Rights Reserved.
  15. 15. Dockerの開発状況 © Red 15 Hat K.K. All Rights Reserved.
  16. 16. DockerCon14 • 米サンフランシスコにて、Docker専門のカン ファレンスが開催 • Red Hat もプラチナスポンサーとして参加 © Red 16 Hat K.K. All Rights Reserved.
  17. 17. http://blog.docker.com/2014/06/keynote-videos-from-dockercon14/ © Red 17 Hat K.K. All Rights Reserved.
  18. 18. Dockerへの支持 • クラウド環境でのサポート – Red Hat OpenShift – Amazon Web Services – Google Cloud Platform • 周辺ソフトウェア – Kubernetes – Chef for Containers © Red 18 Hat K.K. All Rights Reserved.
  19. 19. コンテナ向けLinuxの登場 • コンテナに最適化されたdistroの登場 – CoreOS – Project Atomic – Red Hat Enterprise Linux Atomic Host – Ubuntu Core • 小さなフットプリント • 分散システム向けの機能を持つものも – 例: etcd © Red 19 Hat K.K. All Rights Reserved.
  20. 20. DevとOps Devは アプリとライブラリに 集中 © Red 20 Hat K.K. All Rights Reserved. Opsは OSとインフラに 集中
  21. 21. コンテナのポータビリティ © Red 21 Hat K.K. All Rights Reserved.
  22. 22. Continuous Delivery with Docker コードをpush 開発者 A 開発者B notify & build notify & test 開発・テスト 開発者C デプロイ © Red 22 Hat K.K. All Rights Reserved.
  23. 23. Red Hat の取り組み • RHELへの移植 • Device mapper thin-provisioning への対応 – ディスク性能の向上 • Systemd(RHEL7のプロ セス管理機能)との統合 • SELinuxへの対応 http://blog.docker.com/2014/06/keynote-videos-from-dockercon14/ © Red 23 Hat K.K. All Rights Reserved.
  24. 24. Docker in RHEL 7 • RHEL 7 の“Extras” チャンネルで利用可能 • ミッションクリティカル環境では非推奨(2014年 12月現在) © Red 24 Hat K.K. All Rights Reserved.
  25. 25. RHEL6からRHEL7上のコンテナへ 互換性を保ちつつ、OSレベルの新機能を活用 © Red 25 Hat K.K. All Rights Reserved.
  26. 26. RHEL Atomic Host • コンテナホストのための最低限のOS環境 – Dockerに対応 – Systemd, SELinux 対応 – 少ないディスク、メモリ消費 – rpm-ostreeの採用 • ベータ版が利用可能[1] [1] https://access.redhat.com/products/red-hat-enterprise-linux/atomic-host-beta © Red 26 Hat K.K. All Rights Reserved.
  27. 27. rpm-ostree • Atomic Host におけるyum の代替 • システム全体をスナップショットのように管理 • 依存関係を追跡しないので高速 • バージョンアップ、ダウンが容易 – rpm-ostree {upgrade|rollback|status|…} © Red 27 Hat K.K. All Rights Reserved.
  28. 28. コンテナ向け認証 • 多数の認定ハードウェア • 「レッドハットコンテナ認 定」プログラム – コンテナがRHELホスト上で 動作することを認定 © Red 28 Hat K.K. All Rights Reserved.
  29. 29. 共通のバイナリを異なる環境で © Red 29 Hat K.K. All Rights Reserved.
  30. 30. 簡単に言うと © Red 30 Hat K.K. All Rights Reserved.
  31. 31. RHELの信頼性はそのままに Docker向けに最適化 © Red 31 Hat K.K. All Rights Reserved.
  32. 32. Why Red Hat? • 広いハードウェア互換性 • Linuxカーネル、Docker、ライブラリを含めた一 貫したサポートの提供 – Red Hat はLinuxカーネル最大の貢献者 • 多くの認定ソフトウェア • RHEL 7とRHEL 7 Atomic Hostの2つの選択肢 © Red 32 Hat K.K. All Rights Reserved.
  33. 33. RED HAT ENTERPRISE LINUX ATOMIC HOST Coming Soon © Red 33 Hat K.K. All Rights Reserved. and CentOS Atomic
  34. 34. まとめ • Dockerはコンテナ技術をベースにした、アプリ ケーション実行プラットフォーム • レッドハットはDockerと、周辺ツールに貢献 • DevOpsの促進に役立つ • RHEL Atomic Host はコンテナ専用RHEL © Red 34 Hat K.K. All Rights Reserved.
  35. 35. © Red 35 Hat K.K. All Rights Reserved.

×