Physical to Iaas(Instance), case of VIP.

772 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
772
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
20
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Physical to Iaas(Instance), case of VIP.

  1. 1. @sawanoboly 2012.09 HiganWorks LLC
  2. 2. 1. VIP を使っている物理環境を2. 使い勝手をあまり変えずに3. クラウドな IaaS に持っていきたいそのままはやめたほうが良いので置き換えるクラウド向けデザインパターンの一つ
  3. 3.  ハートビート ◦ 堅い疎通経路が必要 仮想 Mac(VRRP では省略 ) の付け替え ◦ 同じ L2 セグメントで VIP 交換が吉 ◦ GARP の届く範囲が吉IaaS のインスタンスで使っても仕方ない。。
  4. 4. 仮想 IP に アクセス 仮想 IP を付け替える サーバ B サーバ A (バックアッ(プライマリ) プ)
  5. 5.  そもそもサーバの IP を固定と考えられない サーバの稼働率も信用してはいけない ◦ 落ちて当然 プライマリ・バックアップネットワークが近いと 限らない ◦ 遠くてもよい設計 ◦ むしろディザスタ耐性と考えても OKこれらをふまえると次のようなデザインも
  6. 6. サービス IP に アクセス ロードバランサ的インスタンス ( AWS なら ELB 、ほかなら HAProxy の導入など) 通常バックエンドに指定 バックアップ サーバ B サーバ A (バックアッ(プライマリ) プ)
  7. 7.  EC2 などにみられる Elastic という表現 ⇒ 丈夫とは取らず、良くも悪くも弾力性、信用す るな。 ◦ 使う側の設計が特に大事 ◦ Loose なロードシェアで十分なことは多い IP を丸々付け替えが必要か考慮する ◦ IP(NS もあり )+ ポートを1単位ととらえれば、 VIP はや りすぎ感 ◦ もちろん EC2 の EIP 付け替えが有効なケースもある
  8. 8. サービスホスト名に アクセス LB インスタンス A LB インスタンス B (A レコードの一つ ) (A レコードの一つ ) クラスタ形成 通常バックエンドに指定 バックアップ サーバ B サーバ A (バックアッ(プライマリ) プ)
  9. 9.  物理で得られていた安定を、 IaaS のインスタン スでも適用できると思わない。

×