Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

CentOSでつくる神Plesk

4,435 views

Published on

Parallels Pleskの元々の利便性に加えて、最新OSSアプリケーションが動作するプラットフォームを簡単に保守できるように作ってみる

  • Be the first to comment

CentOSでつくる神Plesk

  1. 1. CentOSでつくる 神PleskCentOS6 x Plesk11 2013/02
  2. 2. テーマ Parallels Pleskの元々の利便性に加えて、 最新OSSアプリケーションが動作するプ ラットフォームを簡単に保守できるよう に作ってみる
  3. 3. おことわり ハードウェア等については適当に信頼出 来る所をたよりましょう。 ただのアクセルべた踏みなので実際の運 用ではPleskの軽微な知識が必要です。 共用で使うなら若干の調整、Linuxの軽微 な知識が必要です。 Pleskの使用はParallelsよりライセンスの 取得が必要です。
  4. 4. Plesk DNS, Web, Mailのホスティング管理ス イート  詳しくは公式で。
  5. 5. 標準のCentOS+Pleskだと RH6ベースでリポジトリが大概古い mysql, phpのマイナーバージョンがめった に上がらない phpのモジュールも少ない Pleskとの兼ね合いで野良リポジトリの追 加がしづらい Ruby古い 細かい不満が沢山!
  6. 6. 対策してみる PHP,MySQLほか  海外のPlesk利用レンサバ業者のリポジトリを 頼る ruby  ruby-buildで新しいバージョンをSystem-wide に  bundlerを入れておけばRubyプロジェクトに は対応できる gitも入れとく
  7. 7. Pleskインストール 省略 追加でこのへんを入れます  git gcc gcc-c++ kernel-devel make yum-cron 更新やパッチは付属ツールの /usr/local/psa/admin/bin/autoinstaller で。
  8. 8. Plesk対応パッケージ導入 Atomicorp  Pleskを使用した海外のレンサバ。  神Pleskのキモ Plesk対応リポジトリ  http://www.atomicorp.com/downloads.html (Free RPMS Repository)  PHP 5.3.3(CentOS) -> 5.3.21(Atomicorp)  MySQL 5.1.67(CentOS) -> 5.5.30(Atomicorp)  追加される魅惑のphpモジュール  php-pecl-apc, php-bcmath, php-eaccelerator, php- ioncube-loader, php-mcrypt, php-mhash, php-zend- guard-loader ほか、varnish, lsyncd, zabbix-agent等も
  9. 9. php, mysqlが最新Stableへ (随時更新)
  10. 10. ruby-buildで最新Ruby、仕込み Ruby-build (https://github.com/sstephenson/ruby-build) を使って最新Stableをインストール。 yumパッケージ追加 (参考)  gcc-c++ patch readline readline-devel zlib zlib- devel libyaml-devel libffi-devel openssl-devel make bzip2 autoconf automake libtool bison iconv-devel  rmagickのためにImageMagick-devel も入れてお くとよさそう。 利用可能Ruby一覧の表示  ruby-build –definitions
  11. 11. ruby-buildで最新Ruby、導入 /usr/local/ruby以下にrubyを置く  ruby-build 1.9.3-p385 /usr/local/ruby Bundlerも入れる  /usr/local/ruby/bin/gem install bundler --no-ri --no- rdoc rbenvをかましたり、/usr/local/rubyをリンク にするのもよい /usr/local直下にするとPleskのpermissionsが ボロボロになるので注意。。。
  12. 12. CGIからRubyを叩いてみる ruby1.9.3-p385が使える。
  13. 13. みんなのBundler gem list  *** LOCAL GEMS ***  bundler (1.2.4)
  14. 14. 共用でsshを渡す場合のTIPS このへんを却下しておきます  AllowTcpForwarding no  X11Forwarding no chrootは手を入れないとあまり使えない  chrootなしだと他の収容ドメイン名が分かる のでユースケース次第。
  15. 15. 最終仕様 神Plesk WEBホスティング(HTTP/HTTPS): apache httpd(APP), nginx(RP) メール: SMTP, POP, IMAP WEBメーラ, アンチスパム(*), アンチウイルス(*), ML DNSホスティング php 5.3.x 最新Stable  OSS稼働の主要モジュール追加 mysql 5.5 最新Stable  phpMyAdmin -> plesk付属、基本Stable postgresql(オプション) ruby 最新Stable、with bundler 又貸しプラグイン -> paypal 支払い update: yum-cronで毎日自動、autoinstallerでPleskパッチ自 動 (*) 要ライセンス
  16. 16. 快適に動かせそうなOSSなど PHP系 ()内は追加したモジュールの恩恵  wordpress, concrete5, baserCMS, magent(mcrypt), Xoops cube, mantis, a-blog cms(ioncube), EC-cube(mcrypt), OpenPNE(mcrypt) Ruby  Redmine (bundler)  rmagickもOK

×