Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2
ゲーミング勉強会のご紹介
ゲーミング勉強会のご紹介
“Game×Learning”に関心のある研究者の勉強
会
(2010年8月から活動開始)
○ゲームと学習に関する文献の講読
○メンバーの研究のサポート
○ゲーム形式が戦略に与える影響の実験
(5月にシミュレーション&...
とは
勉強会の成果発表+”ゲーム×学習”の普及の場
ー学習ゲームの体験と、学習理論の紹介
ーゲーム企画・制作のワークショップ
(2,3カ月に1度開催予定)
第1回 “Game × Learning × eco”
プレゼン:15分で分かるゲームと...
本日のテーマは“Job”!
“パラダイス”
というゲームを体験して貰います
……とその前に、“ビジネスゲームと学習観”について
簡単なプレゼンをお菓子と一緒にどうぞ!
5
6
プレゼン
ビジネスゲームの歴史と学習観
お菓子を
食べながら
聞いてね
“Development in Business Gaming
A Review of the Past 40 Year” から
ビジネスゲームとは?
• 会社経営の模擬演習を行う教育ツール
日常業務から困難な状況までを想定
⇒経営体験による学習(小嶌,2009)
⇒コンセプチュアルスキル
コミュニケーションスキル
テクニカルスキル
の訓練などに使用される
ビジネスゲームの歴史
• 1932年にMary Birshteinがロシアで
War Gameのコンセプトをビジネスに適応
⇒マネージャー向けの生産や分業に関するゲーム
• アメリカでは1955年にRAND社が空軍の物
資供給の訓練目的で開発
...
ビジネスゲームの分類
• ビジネスゲームの分類(Wolfe.1993)
1.トップマネジメントゲーム
→会社のトップとして、組織の全てを操作する
2.機能的ゲーム
→ある領域(マーケティング)などに特化した
ゲーム
3.概念ゲーム
→より狭い領...
ビジネスゲームの発展
年代 発展
1955~1963
手計算ゲームの誕生と普及
1962~1968
メインフレームを利用したゲームの誕生
市販ゲームの誕生
1966~1985
メインフレームゲームの普及
ビジネスゲームの複雑化
1984~200...
ビジネスゲームはなぜ行われるか
• 304のビジネスゲーム研究をレビュー
⇒5つの目的が浮かび上がった
1.ビジネスゲームを通しての経験
2.戦略形成
3.意志決定スキル
4.ゲームからの学習結果や目標
5.チームワークの形成
ゲーム目的の変遷(順位)
1970s 1980s 1990s 2000s
学習成果や目標 1 2 5 3
意志決定 2 4 2 4
チームワーク 3 5 4 5
経験の獲得 4 3 3 1
戦略形成 5 1 1 2
まとめ
• ビジネスゲームは1950年頃から流行始め、
テクノロジの進歩と共に発展してきた
• かつては学習成果自体が目標にされてい
たが、近年はゲームを通して「経験」を
得ることが主流
• テクノロジがより発達すれば、現実の環
境により近いゲ...
学習ってなに?
• ところで、「Learning」、つまり「学習」
とはなんでしょうか?
• 学習とは…
一般に,経験によって生じる比較的永続的な
行動の変化と定義される.「教育工学事典より」
ビジネスゲームの変遷と学習観(1)
• 70年代~80年代の学習観
○教える(教師)-学ぶ(生徒)」という
二者関係
○学習とは、「知識の注入-習得」のプロ
セス
⇒目標や学習成果が明確な、
「答えがある」ゲーム
中原師匠のblogより
Nak...
ビジネスゲームの変遷と学習観(2)
• 近年の学習観(社会構成主義)
○現実は「社会的に構成される」
○学習は人々や環境との相互作用によって
成り立つもの
⇒経験により自分の中に知識を再構成する
⇒「良い」経験を与えるためのゲーム
教育ってなに?
• 教育とはなんでしょうか?
“他者に対して,意図的な働きかけを行い,
「望ましい」方向へ変化させること”
⇒「教育目的」のゲームには、教授者・設
計者の世界が大きく反映されている
⇒「経験」によって相手にどのような「永
続的」...
最後に…
• 半年経っても、ゲームの参加者は、
“葛藤”を感じた部分を覚えています
• どちらの学習観に立つにせよ、
参加者にもたらす変化や経験について
自覚的になり、精緻にデザインをしてい
く必要性
18
19
ラップアップ
総括!
• みなさま、私の想定よりも遥かに激しい
交渉をしていただきました!
• 思うところは色々あると思いますが、
良い経験になったのではないでしょうか?
⇒高橋さんからのコメントを元にして、
福山なりに今日のまとめをします
20
ゲーム利用のメリット
1 モチベーションの喚起・維持
2 全体像の把握や活動プロセスの理解
3 安全な環境での体験学習
4 重要な学習項目を強調した学習体験
5 行為・失敗を通した学習(藤本, 2007)
21
6 他者の戦略からの学び (福山...
ゲーム後に見られる振り返り
• 勝敗を異なる原因に帰属させる傾向があ
る負けると「運」、勝ったら「実力」と
いうことも……
⇒原因帰属理論とマインドセットで解釈し
てみます
原因帰属
• セルフ・サービング・バイアス
人は成功は内的要因に、失敗は外的要因に
帰属させやすい
・原因帰属理論(Weiner,1981)
成功は“能力”に、失敗は“努力”に
原因帰属させると、動機付けが高まる
マインドセット
・こちこちマインドセット(fixed mindset)
自分の能力は決して変わらないと思う
・しなやかマインドセット(growth mindset)
人間の基本的資質は努力で伸ばせると思う
固いマインドセットは人を学びや努力から...
ゲームと葛藤
• 今日の最初のプレゼン(覚えてます
か?)の時、半年後に裏切られた話を覚
えていた男性の話をしました
⇒今ならなんとなく理解できるのではない
でしょうか??
(「あのとき裏切られた!」というコエも
振り返りで聞こえてきました)
...
ビジネスゲームの可能性
• ゲームでは難しいことが沢山発生し、上
手くいかないことも沢山おきる.普段の
生活の文脈から切り離されての違和感も
生じる
⇒そこには葛藤・緊張・矛盾が生じる.
⇒“個人”・“組織”を問わず、前提を問
い直す学習(変容...
変容学習
• アタリマエだと思っていた認識を、新し
い認識に変化させること
①ジレンマ
②負の感情を伴った自己分析
③想定の批判的評価
④新しい行動・役割の試行・策定
(Mezirow 1978..etc)
ダブルループ学習
Schon&Argyris(1978)
結果に対する
フィードバック
前提そのものへの見直し
ダブルループ学習
フィードバック
見直し
・シングルループ学習
これまで学習してきたやり方を続けるような閉じた学習
・ダブルループ学習
学習しながら学習の仕方そのものを問う
既に学んだことを“Unlearn”し、新しい枠組を構築する
⇒ゲームは...
今日のまとめ
• ビジネスゲームの“目的”も学習観を反映して
移り変わっていく
• ゲームには学習観・目的に応じて多様な使用方
法がある(ゲーム観)
• ゲームを体験する中には葛藤があり、それ故に
深い学びを起こす可能性がある
30
Game learning job_for_share
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Game learning job_for_share

1,953 views

Published on

  • ..............ACCESS that WEBSITE Over for All Ebooks ................ ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Game learning job_for_share

  1. 1. 2 ゲーミング勉強会のご紹介
  2. 2. ゲーミング勉強会のご紹介 “Game×Learning”に関心のある研究者の勉強 会 (2010年8月から活動開始) ○ゲームと学習に関する文献の講読 ○メンバーの研究のサポート ○ゲーム形式が戦略に与える影響の実験 (5月にシミュレーション&ゲーム学会で発表) 3
  3. 3. とは 勉強会の成果発表+”ゲーム×学習”の普及の場 ー学習ゲームの体験と、学習理論の紹介 ーゲーム企画・制作のワークショップ (2,3カ月に1度開催予定) 第1回 “Game × Learning × eco” プレゼン:15分で分かるゲームと学習 体験:環境問題を体験して学習するカードゲームの体験 4
  4. 4. 本日のテーマは“Job”! “パラダイス” というゲームを体験して貰います ……とその前に、“ビジネスゲームと学習観”について 簡単なプレゼンをお菓子と一緒にどうぞ! 5
  5. 5. 6 プレゼン ビジネスゲームの歴史と学習観 お菓子を 食べながら 聞いてね “Development in Business Gaming A Review of the Past 40 Year” から
  6. 6. ビジネスゲームとは? • 会社経営の模擬演習を行う教育ツール 日常業務から困難な状況までを想定 ⇒経営体験による学習(小嶌,2009) ⇒コンセプチュアルスキル コミュニケーションスキル テクニカルスキル の訓練などに使用される
  7. 7. ビジネスゲームの歴史 • 1932年にMary Birshteinがロシアで War Gameのコンセプトをビジネスに適応 ⇒マネージャー向けの生産や分業に関するゲーム • アメリカでは1955年にRAND社が空軍の物 資供給の訓練目的で開発 ⇒56年~有名ゲームが誕生(ex.BUSINESS MANAGEMENT GAME) ⇒大学に導入されるようになる ⇒2004年には30%のMBA教員が採用
  8. 8. ビジネスゲームの分類 • ビジネスゲームの分類(Wolfe.1993) 1.トップマネジメントゲーム →会社のトップとして、組織の全てを操作する 2.機能的ゲーム →ある領域(マーケティング)などに特化した ゲーム 3.概念ゲーム →より狭い領域(セールスマネジメント)等に 集中したゲーム
  9. 9. ビジネスゲームの発展 年代 発展 1955~1963 手計算ゲームの誕生と普及 1962~1968 メインフレームを利用したゲームの誕生 市販ゲームの誕生 1966~1985 メインフレームゲームの普及 ビジネスゲームの複雑化 1984~2000 PC-baseのゲームの誕生 意思決定ゲーム(Decision making game)の普及 1998~ インターネットを利用したビジネスゲームの普及 (ex.CAPSIM,MARKET PLACE)
  10. 10. ビジネスゲームはなぜ行われるか • 304のビジネスゲーム研究をレビュー ⇒5つの目的が浮かび上がった 1.ビジネスゲームを通しての経験 2.戦略形成 3.意志決定スキル 4.ゲームからの学習結果や目標 5.チームワークの形成
  11. 11. ゲーム目的の変遷(順位) 1970s 1980s 1990s 2000s 学習成果や目標 1 2 5 3 意志決定 2 4 2 4 チームワーク 3 5 4 5 経験の獲得 4 3 3 1 戦略形成 5 1 1 2
  12. 12. まとめ • ビジネスゲームは1950年頃から流行始め、 テクノロジの進歩と共に発展してきた • かつては学習成果自体が目標にされてい たが、近年はゲームを通して「経験」を 得ることが主流 • テクノロジがより発達すれば、現実の環 境により近いゲームが作られるだろう
  13. 13. 学習ってなに? • ところで、「Learning」、つまり「学習」 とはなんでしょうか? • 学習とは… 一般に,経験によって生じる比較的永続的な 行動の変化と定義される.「教育工学事典より」
  14. 14. ビジネスゲームの変遷と学習観(1) • 70年代~80年代の学習観 ○教える(教師)-学ぶ(生徒)」という 二者関係 ○学習とは、「知識の注入-習得」のプロ セス ⇒目標や学習成果が明確な、 「答えがある」ゲーム 中原師匠のblogより Nakahara-lab.net
  15. 15. ビジネスゲームの変遷と学習観(2) • 近年の学習観(社会構成主義) ○現実は「社会的に構成される」 ○学習は人々や環境との相互作用によって 成り立つもの ⇒経験により自分の中に知識を再構成する ⇒「良い」経験を与えるためのゲーム
  16. 16. 教育ってなに? • 教育とはなんでしょうか? “他者に対して,意図的な働きかけを行い, 「望ましい」方向へ変化させること” ⇒「教育目的」のゲームには、教授者・設 計者の世界が大きく反映されている ⇒「経験」によって相手にどのような「永 続的」な変化を起こすのか?
  17. 17. 最後に… • 半年経っても、ゲームの参加者は、 “葛藤”を感じた部分を覚えています • どちらの学習観に立つにせよ、 参加者にもたらす変化や経験について 自覚的になり、精緻にデザインをしてい く必要性 18
  18. 18. 19 ラップアップ
  19. 19. 総括! • みなさま、私の想定よりも遥かに激しい 交渉をしていただきました! • 思うところは色々あると思いますが、 良い経験になったのではないでしょうか? ⇒高橋さんからのコメントを元にして、 福山なりに今日のまとめをします 20
  20. 20. ゲーム利用のメリット 1 モチベーションの喚起・維持 2 全体像の把握や活動プロセスの理解 3 安全な環境での体験学習 4 重要な学習項目を強調した学習体験 5 行為・失敗を通した学習(藤本, 2007) 21 6 他者の戦略からの学び (福山 2011)
  21. 21. ゲーム後に見られる振り返り • 勝敗を異なる原因に帰属させる傾向があ る負けると「運」、勝ったら「実力」と いうことも…… ⇒原因帰属理論とマインドセットで解釈し てみます
  22. 22. 原因帰属 • セルフ・サービング・バイアス 人は成功は内的要因に、失敗は外的要因に 帰属させやすい ・原因帰属理論(Weiner,1981) 成功は“能力”に、失敗は“努力”に 原因帰属させると、動機付けが高まる
  23. 23. マインドセット ・こちこちマインドセット(fixed mindset) 自分の能力は決して変わらないと思う ・しなやかマインドセット(growth mindset) 人間の基本的資質は努力で伸ばせると思う 固いマインドセットは人を学びや努力から 遠ざけてしまう(Dweck,2006)
  24. 24. ゲームと葛藤 • 今日の最初のプレゼン(覚えてます か?)の時、半年後に裏切られた話を覚 えていた男性の話をしました ⇒今ならなんとなく理解できるのではない でしょうか?? (「あのとき裏切られた!」というコエも 振り返りで聞こえてきました) 25
  25. 25. ビジネスゲームの可能性 • ゲームでは難しいことが沢山発生し、上 手くいかないことも沢山おきる.普段の 生活の文脈から切り離されての違和感も 生じる ⇒そこには葛藤・緊張・矛盾が生じる. ⇒“個人”・“組織”を問わず、前提を問 い直す学習(変容学習・ダブルループ学 習)の可能性
  26. 26. 変容学習 • アタリマエだと思っていた認識を、新し い認識に変化させること ①ジレンマ ②負の感情を伴った自己分析 ③想定の批判的評価 ④新しい行動・役割の試行・策定 (Mezirow 1978..etc)
  27. 27. ダブルループ学習 Schon&Argyris(1978) 結果に対する フィードバック 前提そのものへの見直し
  28. 28. ダブルループ学習 フィードバック 見直し ・シングルループ学習 これまで学習してきたやり方を続けるような閉じた学習 ・ダブルループ学習 学習しながら学習の仕方そのものを問う 既に学んだことを“Unlearn”し、新しい枠組を構築する ⇒ゲームはこれまでに作り上げた“固定観念”をアンラーンし、 新しい枠組を導入するのに向いている!
  29. 29. 今日のまとめ • ビジネスゲームの“目的”も学習観を反映して 移り変わっていく • ゲームには学習観・目的に応じて多様な使用方 法がある(ゲーム観) • ゲームを体験する中には葛藤があり、それ故に 深い学びを起こす可能性がある 30

×