201105クラウドexpo資料

789 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
789
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

201105クラウドexpo資料

  1. 1. ソーシャルアプリのAWS利用<br />学びing株式会社<br /> 河野 裕司<br />kouno@manabing.jp <br />TEL: 048-859-7770<br />
  2. 2. について<br />クラウド事業<br />ソーシャル事業<br />設計、開発、構築、移行、運用<br />Cloudpackとパートナーシップ<br />ソーシャルアプリの開発、運用<br />Mixi、モバゲー、GREE、Facebookなど<br />ラーニング事業<br />「Qろいど」によるコンテンツ自動作成技術<br />埼玉大学と共同実証実験中<br />ソーシャルクイズサイト「けんてーごっこ」は、<br />上記が融合したサービスです。<br />
  3. 3. ソーシャルアプリのAWS利用<br />負荷がかかると真っ先にボトルネックになるのがDB。<br />だけどDBはスケールアウトが、予め設計しておかないと大変なので、手軽にスケールアップしたい。<br />こんな時は、RDBが最適!<br />RDBのいいところ⇒スケールアップが簡単!<br />リードレプリカが使える!<br />スナップショットを使ってすぐにテスト、<br />調査環境を作れる!<br />
  4. 4. ソーシャルアプリのAWS利用<br />静的ファイルの取り扱い⇒CloudFrontやS3が便利<br />プラットフォーム規定に対する対応 <br />⇒レスポンスタイムルール、メンテナンス画面表示<br />ELBのメリットと、ELBが使えない場合の対応を考える<br />⇒nginxなど、自前でLBを構築することもできるが<br /> ちょっとテクニックが必要になることも。<br />
  5. 5. ソーシャルアプリのAWS利用<br />監視、保守<br />⇒cloudpackの監視職人がオススメ!<br />運用・運営のキモ <br />⇒ ログの解析。ユーザはどこに食いついているか?<br />  ログ解析システムを本番と独立して作る。<br />  S3転送と、組み合わせて解析するのが吉。<br />最近は、mongoDBとMapReduceの組み合わせも。<br />
  6. 6. ソーシャルアプリのAWS利用<br />同じサーバで、複数プラットフォームに提供することも、多分可能<br />⇒だけど、プラットフォーム、プロジェクト単位にAWSアカウントは分けましょう。<br />目論見が外れた場合<br />⇒撤退のしやすいのもAWSのいいところ。<br /> <br />
  7. 7. ソーシャルアプリのAWS利用<br />レイテンシーについて<br />東京リージョン開設前<br />⇒cloudFront,国内レンタルサーバ、<br />  CDNなど組み合わせる<br />東京リージョン開設後<br />⇒全部AWSでOK!多分。<br />  少なくともネットワーク周りの問題はほぼOK。<br />
  8. 8. ソーシャルアプリのAWS利用<br />DB、キャッシュ等のチューニングが必要な場合も。<br />⇒AWSだからというわけではない。<br /> AWSでも、自社データセンターでも<br /> でも他社クラウドでも同じ。<br />DiskI/O周りの性能は、AWSは他社クラウドと<br />比較しても優秀らしい。<br /> <br />
  9. 9. ソーシャルアプリのAWS利用<br />DNSはRoute53を使いましょう。<br />通常、プラットフォームの審査がサンドボックスで<br />あります。<br />サンドボックスから本番に切り替えるときに、時間的余裕がないことも。<br />⇒Route53の浸透力は世のDNSサービスの中でも<br /> 速い(はず)。<br />
  10. 10. 今後の展開<br />スマートフォンがベーシックプラットフォームに。<br />ゲーム以外の分野へ。<br />ソーシャル性をどう実現していくのか。<br />大規模データの利用の巧拙がカギに?<br />インフラとしては、クラウドが第一選択肢。<br />そして、便利な機能、柔軟性でAWSが一番!のはず。<br />⇒クラウドはあくまでツール。<br />  よいツールを手にして、イイモノを作りましょう!<br />
  11. 11. 学びingとcloudpackは、<br />共同でソーシャルアプリを上から下まで、<br />全力でフォローいたします!<br />是非、ご相談ください!<br />

×