© 2014 IBM Corporation
「物足りない」を解決する、IBMの新世代クラウドサービス
「Softlayer」「Bluemix」を徹底解説
IBM 次世代クラウド・プラットフォーム
“IBM Bluemix” (オープン・ベータ...
2
© 2014 IBM Corporation
Bluemix 登場の背景
IBM Bluemixとは
何故 Bluemix のような環境が重要になるのか?
IBM Bluemix の今後
最後に
3
© 2014 IBM Corporation
Bluemix 登場の背景
4
© 2014 IBM Corporation
ビジネスの世界で起きている変化
① ソーシャル・メディアの発展
⇒ 企業よりも力を持つユーザーが増加
② 過当な低価格競争からの脱却
 ⇒ 「個」を理解し、付加価値を提供
PCユーザー Smar...
5
© 2014 IBM Corporation
ITシステムに対する考え方の変化: SoEとSoR
System of Engagement (SoE) System of Record (SoR)
「個」を理解し、エンゲージを向上する
ため...
6
© 2014 IBM Corporation
SoEなITシステムの開発で求められること
企業から顧客へのアプローチが刻々と変化
顧客の声を
もっと細かく拾いたい
異業界のトレンドに合わせて
XXをキャンペーンで売り出したい
SoE実現のた...
7
© 2014 IBM Corporation
OS
アプリケーション開発に注力するために
仮想化基盤
アプリケーション
ミドルウェア
(APサーバー/DB/監視
etc…)
ハードウェア
(Server,Storage, Network)
...
8
© 2014 IBM Corporation
IBM Bluemixとは
9
© 2014 IBM Corporation
IBM 次世代クラウド・プラットフォーム:”IBM Bluemix”
 様々なプログラミング言語に
対応したアプリケーションの
実行環境を提供
 オープン・スタンダードを
活用した環境
 ...
10
© 2014 IBM Corporation
INDIA
CHINA
Tokyo
Hong Kong
Singapore
Melbourne
Seattle
San Jose
Los Angeles
Mexico City
Denver
...
11
© 2014 IBM Corporation
SoftLayer
IBM Bluemixの全体構成
OpenStack
Bluemix (Cloud Foundry)
External
ServicesVM
Application Man...
12
© 2014 IBM Corporation
IBM Bluemixのインターフェイス
12
 Bluemixで提供されているグラフィカルな管理インターフェイス
– ダッシュボード (DASHBOARD): 自身のアプリケーションの状態...
13
© 2014 IBM Corporation
14
© 2014 IBM Corporation
15
© 2014 IBM Corporation
16
© 2014 IBM Corporation
17
© 2014 IBM Corporation
18
© 2014 IBM Corporation
19
© 2014 IBM Corporation
20
© 2014 IBM Corporation
21
© 2014 IBM Corporation
22
© 2014 IBM Corporation
23
© 2014 IBM Corporation
24
© 2014 IBM Corporation
25
© 2014 IBM Corporation
26
© 2014 IBM Corporation
27
© 2014 IBM Corporation
28
© 2014 IBM Corporation
29
© 2014 IBM Corporation
何故 Bluemix のような環境が
重要になるのか?
30
© 2014 IBM Corporation
課題①: 開発者がコーディングではなく
ミドルウェアを導入/構成するために
時間を費やしている
31
© 2014 IBM Corporation
IBM Bluemixでの解決策①:
簡単にバインド可能な数多くのサービス
※2014年6月13日時点
32
© 2014 IBM Corporation
参考)Buildpackによって言語環境 (Runtime) は拡張可能
33
© 2014 IBM Corporation
課題②: 新しい技術を使いたくても
数多くのドキュメントを読む必要があるため
意欲が低下する
34
© 2014 IBM Corporation
IBM Bluemixでの解決策②:
やりたいことに応じて表示される各種ヘルプ/ガイド
35
© 2014 IBM Corporation
課題③: クラウド上のアプリケーションと
既存のオンプレミスのシステムとの
データ連携はどうすれば?
36
© 2014 IBM Corporation
IBM Bluemixでの解決策③:
Integrationサービスなどによる容易な連携
37
© 2014 IBM Corporation
課題④: アプリケーション開発者のために
生産性の高い開発環境が提供できるか?
(チーム開発を含めて)
38
© 2014 IBM Corporation
IBM Bluemixでの解決策④:
Webベースの統合DevOpsツール (IDS/JazzHub) の提供
“DEPLOY” アクションで、
直接Bluemix上にデプロイ
が可能
39
© 2014 IBM Corporation
課題⑤: 実行環境上の様々な動作の
モニタリングをするために
追加でツールを構成・設定するのは大変
40
© 2014 IBM Corporation
IBM Bluemixでの解決策⑤:
ビルトインされた各種モニタリング機能の提供
41
© 2014 IBM Corporation
IBM Bluemix の今後
42
© 2014 IBM Corporation
IBMの最先端ソリューションもサービスとして提供
 注目のIBMの質問応答システム”Watson”も
Bluemixのサービスとして連携できるようになる予定
Watson の
API を利用...
43
© 2014 IBM Corporation
Application
Services
Integration
Big Data
Internet
of Things
Security
DevOps
Data
Management
Com...
44
© 2014 IBM Corporation
IBMはソフトウェア・クラウドの開発に10億ドル以上を投資
45
© 2014 IBM Corporation
更にサービスの「マーケットプレイス」も – IBM Cloud Marketplace
 新たな価値とビジネスを生み出すエコシステムの実現を計画
 パートナー様のソリューションを「サービス...
46
© 2014 IBM Corporation
最後に
47
© 2014 IBM Corporation
Security
Services
Web and
application
services
Cloud
Integration
Services
Mobile
Services
Databa...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Osc sapporo introduction of bluemix

1,131 views

Published on

Published in: Software
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,131
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
63
Actions
Shares
0
Downloads
25
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Osc sapporo introduction of bluemix

  1. 1. © 2014 IBM Corporation 「物足りない」を解決する、IBMの新世代クラウドサービス 「Softlayer」「Bluemix」を徹底解説 IBM 次世代クラウド・プラットフォーム “IBM Bluemix” (オープン・ベータ)解説 日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業本部  牧 裕一朗
  2. 2. 2 © 2014 IBM Corporation Bluemix 登場の背景 IBM Bluemixとは 何故 Bluemix のような環境が重要になるのか? IBM Bluemix の今後 最後に
  3. 3. 3 © 2014 IBM Corporation Bluemix 登場の背景
  4. 4. 4 © 2014 IBM Corporation ビジネスの世界で起きている変化 ① ソーシャル・メディアの発展 ⇒ 企業よりも力を持つユーザーが増加 ② 過当な低価格競争からの脱却  ⇒ 「個」を理解し、付加価値を提供 PCユーザー Smart Device ユーザー Twitter, Line Facebook, etc… A社のXXは使い 勝手が良い 共有・共感 B社とC社だと C社のほうが 「顧客へのエンゲージメントの向上」が今後のビジネスと鍵となる エンゲージ向上をITシステムで支える必要性が高まっている BigDataを活用し、 購買傾向を分析 適切な方法で 的確に広告を 来店者には ポイントを提供
  5. 5. 5 © 2014 IBM Corporation ITシステムに対する考え方の変化: SoEとSoR System of Engagement (SoE) System of Record (SoR) 「個」を理解し、エンゲージを向上する ために付加価値を生み出すシステム 「業務の継続・効率性」のための 堅牢な基幹システム CAMSの相互活用により付加価値を創出 Cloudでニーズに合わせ て必要な基盤を用意 Analysisで動向を分析 新たな価値を見つける Mobileなど人と接する インターフェースを活用 Socialに蓄積された情報を 活用し、反応を見る CRMCRM HRHR SCMSCM ERPERP 業務におけるデータの処理と保 管を 確実にこなすシステム スピード、スケーラビリティ 確実性、堅牢性 信頼性、機密性 より顧客に近い、SoEのITシステムを、如何に開発していくかが焦点に 顧客
  6. 6. 6 © 2014 IBM Corporation SoEなITシステムの開発で求められること 企業から顧客へのアプローチが刻々と変化 顧客の声を もっと細かく拾いたい 異業界のトレンドに合わせて XXをキャンペーンで売り出したい SoE実現のための技術要素が刻々と変化 リアルタイム性を求めて複雑に絡み合う 如何に迅速かつ的確に、アプリケーションの実行基盤を用意できるかが重要 アプリ開発者 *PoC: Proof of Concept まずはお試しでMWを さくっと使いたいが導入 が複雑・・・ PoC*(概念実証)を 速やかに実施したい やっぱり YYはやめよう 要件が変わりやすいので、MWに 依存する機能追加・削除は容易に 行える基盤を用意したい
  7. 7. 7 © 2014 IBM Corporation OS アプリケーション開発に注力するために 仮想化基盤 アプリケーション ミドルウェア (APサーバー/DB/監視 etc…) ハードウェア (Server,Storage, Network) IaaS ビジネス・プロセス 構成の自由度が高い ⇒ 検討する要素が多い 手動構成・基盤依存に よる設定のぶれ ミドルウェア調達 のリード・タイム PaaSをベースとして、速やかに基盤を用意し開発をスタート 新規技術を扱う基盤の用意 がやや難 OS 仮想化基盤 アプリケーション ミドルウェア (APサーバー/DB/監視 etc…) ハードウェア (Server,Storage, Network) PaaS ビジネス・プロセス 必要に応じてSaaSアプリ とAPIで連携 必要な技術要素を組み 合わせて必要な基盤を 用意 構成の自動化にかける時 間・労力が未知数
  8. 8. 8 © 2014 IBM Corporation IBM Bluemixとは
  9. 9. 9 © 2014 IBM Corporation IBM 次世代クラウド・プラットフォーム:”IBM Bluemix”  様々なプログラミング言語に 対応したアプリケーションの 実行環境を提供  オープン・スタンダードを 活用した環境  従来型の業務システム (Systems of Record) への統合サービスを提供  モバイル向けアプリケーションの 開発・実行を意識  統合された開発体験をもたら すDevOps環境 お申し込みはこちら www.bluemix.net
  10. 10. 10 © 2014 IBM Corporation INDIA CHINA Tokyo Hong Kong Singapore Melbourne Seattle San Jose Los Angeles Mexico City Denver Chicago Dallas Houston Toronto Montreal BRAZIL New York City Washington D.C. Miami London Frankfurt Amsterdam Paris Sydney Atlanta DATA CENTER & NETWORK POINT OF PRESENCE NETWORK POINT OF PRESENCE IBM Bluemixのサービス提供形態 “オープンPaaS”をベースとしたサービス –オープンソースである”Cloud Foundry”を活用 –そのため特定の環境へのロックインを回避可能 –他社のCloud FoundryベースのPaaS環境はもちろん、 ローカルに構築された環境に対してもポータビリティを実現 –アプリケーションの開発言語はJava, Ruby, Node.jsなど、 その実行環境にMySQLやMongoDBなどをBaaS (Backend as a Service) として自由に組み合わせ可能 インフラ基盤はIBMクラウド –SoftLayerをインフラ基盤としたもの –SoftLayerのデータセンターは、グローバルに展開しており、 2014年中に、15ヶ国/40拠点になる予定
  11. 11. 11 © 2014 IBM Corporation SoftLayer IBM Bluemixの全体構成 OpenStack Bluemix (Cloud Foundry) External ServicesVM Application Manager Containe r Containe r VM Application Manager Appl. AdministrationandTooling Bluemix hosted service External Services ・・・ モバイル PC等 Router REST HTTP REST HTTP アプリ開発者 GUIツール cf ツール Bind 仮想マシン上に複数のコンテナーをホスト コンテナー単位で開発者にアプリケーション 実行環境を提供 基盤はOpenStack on SoftLayer RDBなどはサービスとして提供 バインドして利用 CloudFoundryベースで、 GUIや、認証基盤などに IBM独自実装が施されている URLベースの ロードバランサー CloudFoundryの cf ツール (コマンドライン) による操作も可能
  12. 12. 12 © 2014 IBM Corporation IBM Bluemixのインターフェイス 12  Bluemixで提供されているグラフィカルな管理インターフェイス – ダッシュボード (DASHBOARD): 自身のアプリケーションの状態やログを確認可能 – カタログ (CATALOG): 使用できるランタイムやサービスを確認可能 – ドキュメント (DOCS): Bluemixの使用方法を確認可能 – コミュニティー (COMMUNITY): 使用方法など困ったことを相談するコミュニティー・サイト
  13. 13. 13 © 2014 IBM Corporation
  14. 14. 14 © 2014 IBM Corporation
  15. 15. 15 © 2014 IBM Corporation
  16. 16. 16 © 2014 IBM Corporation
  17. 17. 17 © 2014 IBM Corporation
  18. 18. 18 © 2014 IBM Corporation
  19. 19. 19 © 2014 IBM Corporation
  20. 20. 20 © 2014 IBM Corporation
  21. 21. 21 © 2014 IBM Corporation
  22. 22. 22 © 2014 IBM Corporation
  23. 23. 23 © 2014 IBM Corporation
  24. 24. 24 © 2014 IBM Corporation
  25. 25. 25 © 2014 IBM Corporation
  26. 26. 26 © 2014 IBM Corporation
  27. 27. 27 © 2014 IBM Corporation
  28. 28. 28 © 2014 IBM Corporation
  29. 29. 29 © 2014 IBM Corporation 何故 Bluemix のような環境が 重要になるのか?
  30. 30. 30 © 2014 IBM Corporation 課題①: 開発者がコーディングではなく ミドルウェアを導入/構成するために 時間を費やしている
  31. 31. 31 © 2014 IBM Corporation IBM Bluemixでの解決策①: 簡単にバインド可能な数多くのサービス ※2014年6月13日時点
  32. 32. 32 © 2014 IBM Corporation 参考)Buildpackによって言語環境 (Runtime) は拡張可能
  33. 33. 33 © 2014 IBM Corporation 課題②: 新しい技術を使いたくても 数多くのドキュメントを読む必要があるため 意欲が低下する
  34. 34. 34 © 2014 IBM Corporation IBM Bluemixでの解決策②: やりたいことに応じて表示される各種ヘルプ/ガイド
  35. 35. 35 © 2014 IBM Corporation 課題③: クラウド上のアプリケーションと 既存のオンプレミスのシステムとの データ連携はどうすれば?
  36. 36. 36 © 2014 IBM Corporation IBM Bluemixでの解決策③: Integrationサービスなどによる容易な連携
  37. 37. 37 © 2014 IBM Corporation 課題④: アプリケーション開発者のために 生産性の高い開発環境が提供できるか? (チーム開発を含めて)
  38. 38. 38 © 2014 IBM Corporation IBM Bluemixでの解決策④: Webベースの統合DevOpsツール (IDS/JazzHub) の提供 “DEPLOY” アクションで、 直接Bluemix上にデプロイ が可能
  39. 39. 39 © 2014 IBM Corporation 課題⑤: 実行環境上の様々な動作の モニタリングをするために 追加でツールを構成・設定するのは大変
  40. 40. 40 © 2014 IBM Corporation IBM Bluemixでの解決策⑤: ビルトインされた各種モニタリング機能の提供
  41. 41. 41 © 2014 IBM Corporation IBM Bluemix の今後
  42. 42. 42 © 2014 IBM Corporation IBMの最先端ソリューションもサービスとして提供  注目のIBMの質問応答システム”Watson”も Bluemixのサービスとして連携できるようになる予定 Watson の API を利用 アプリ開発者 Watson に質問 BlueMix 上で アプリが稼働 IBMの最先端ソリューションを活用した アプリケーション開発を支援
  43. 43. 43 © 2014 IBM Corporation Application Services Integration Big Data Internet of Things Security DevOps Data Management Commerce MarketingWatson Analytics Mobile Watson以外にも、今後様々なサービスを追加実装予定
  44. 44. 44 © 2014 IBM Corporation IBMはソフトウェア・クラウドの開発に10億ドル以上を投資
  45. 45. 45 © 2014 IBM Corporation 更にサービスの「マーケットプレイス」も – IBM Cloud Marketplace  新たな価値とビジネスを生み出すエコシステムの実現を計画  パートナー様のソリューションを「サービス」として登録  アプリケーション開発者は、業務要件に合った機能を提供するサービスを選択し、 自らが開発するアプリケーションと連携した新たなソリューションの構築が可能
  46. 46. 46 © 2014 IBM Corporation 最後に
  47. 47. 47 © 2014 IBM Corporation Security Services Web and application services Cloud Integration Services Mobile Services Database services Big Data services Internet of Things Services Watson Services DevOps Services 募集中です! IBM BlueMix を使用して開発されたアプリケーションやサービスを対象とした 開発コンテストを開催します。 次世代クラウド・プラットフォーム BlueMixを活用した独創的なアプリケーションや サービスの開発にチャレンジするとともに、その新たな開発スタイルを体験してください。 コンテストへの多数の応募をお待ちしております。 ■ コンテスト概要 コンテスト参加登録の後、開発アプリをご応募いただきます。 参加登録は、お早めにお済ませください。 【応募期間】 2014年5月21日(水)~8月12日(火) 【各賞発表・表彰式】 2014年9月12日(金) 受賞者は、表彰式にご参加いただくとともに、参加者およびアプリケーショ ンをインターネットその他で広く紹介いたします。 ■ 各賞 最優秀賞 1名 (副賞: MacBook Pro 1台) 優秀賞 2名 (副賞: ルンバ 1台) ibm.biz/BMcontestコンテスト詳細はこちらから  主催:日本アイ・ビー・エム株式会社 ibm.biz/bluemix-jpBlueMixの技術情報はこちらから  ■ 外部審査員の皆様 (敬称略・企業名五十音順) ibm.biz/BMhandsonBlueMix ハンズオン・セミナー開催中

×