Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20190528_JOSS2019「JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開」

64 views

Published on

JOSS2019「研究データマネジメント人材の育成を展望する」セッション(2019/05/28)での発表スライド
http://joss.rcos.nii.ac.jp/

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20190528_JOSS2019「JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開」

  1. 1. JPCOARによるRDM人材育成の 取り組みと今後の展開 JPCOAR研究データ作業部会/鹿児島大学学術情報部 西薗由依 12019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開
  2. 2. オープンアクセスリポジトリ 推進協会(JPCOAR)概要 22019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開
  3. 3. オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR) 32019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開 出典: https://jpcoar.repo.nii.ac.jp/?page_id=39
  4. 4. JPCOAR作業部会・タスクフォース(TF) 42019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開 2017年度 2018年度 2019年度 JAIRO Cloud運用 作業部会 JAIRO Cloud運用 作業部会 研究データ作業部会 研修作業部会 研修作業部会 コンテンツ流通促進 作業部会 広報普及作業部会 広報普及作業部会 コミュニティ強化・支援 作業部会 研究データTF 研究データTF 人材育成作業部会 研究者情報連携TF 研究者情報連携TF OA方針成果普及TF メタデータ普及TF メタデータ普及TF 中長期計画検討TF SCPJ検討TF ※「JPCOARオープンアクセスリ ポジトリ戦略2019~2021年 度」( http://id.nii.ac.jp/145 8/00000125/ )に基づき作業 部会を再編 ※2019年度当初からのタスク フォース設置は予定しない。
  5. 5. RDM教材の開発・普及活動 52019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開
  6. 6. 研究データ管理に関する教材開発活動 2015 2016 2017 2018 2019 62019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開 機関リポジトリ推進委員会 オープンアクセスリポジトリ推進協会 日本向け教材「RDMトレーニングツー ル」の開発 2017.6 「RDMトレーニングツール」公開 5,288 DL 2017.11-2018.1 JMOOC/gaccoにてオンライン講座「オー プンサイエンス時代の研究データ管理」開講 受講者数2,305名(修了率25%) 2018.8 新教材「研究データ管理サービ スの設計と実践」の開発・公開 1,798 DL 2018.8-10 オン ライン講座試用プ ロジェクト 参加機関数18 2019 学認LMSに てオンライン講座 試験運用実施 2016.4 NISOによる入門書「研究データ管理」の日本語訳公開 ( http://id.nii.ac.jp/1280/00000195/ ) 1,145 DL DL=ダウンロード数(~2019年4月)
  7. 7. メンバー (1)  2016年度 機関リポジトリ推進委員会 研究データTF 尾城 孝一(東京大学附属図書館/主査)、山地 一禎(国立情報学研究所/副査) 天野 絵里子(京都大学学術研究支援室)、大園 隼彦(岡山大学附属図書館)、西薗 由依(鹿児島大 学学術情報部)、前田 翔太(北海道大学附属図書館)、三角 太郎(千葉大学附属図書館)、南山 泰 之(国立極地研究所情報図書室)  2017年度 JPCOAR研究データTF 山地 一禎(国立情報学研究所/主査) 青木 学聡(京都大学情報環境機構)、天野 絵里子(京都大学学術研究支援室)、尾城 孝一(国立情 報学研究所)、常川 真央(千葉大学附属図書館アカデミック・リンク・センター)、西薗 由依(鹿 児島大学学術情報部)、松本 侑子(東京大学附属図書館)、南山 泰之(国立極地研究所情報図書 室) 72019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開
  8. 8. メンバー (2)  2018年度 JPCOAR研究データTF 林 正治(国立情報学研究所オープンサイエンス基盤研究センター/主査) 芝 翔太郎(北海道大学附属図書館)、松野 渉(筑波大学学術情報部)、常川 真央(千葉大学アカデミッ ク・リンク・センター)、青木 学聡(京都大学情報環境機構)、天野 絵里子(京都大学学術研究支援室)、 西岡 千文(京都大学附属図書館研究開発室)、安原 通代(京都大学工学研究科総務課図書掛)、西薗 由依 (鹿児島大学学術情報部)、南山 泰之(国立極地研究所情報図書室)、山地 一禎(国立情報学研究所オープ ンサイエンス基盤研究センター)、尾城 孝一(国立情報学研究所オープンサイエンス基盤研究センター)、 船守 美穂(国立情報学研究所情報社会相関研究系)  2019年度 JPCOAR研究データ作業部会 結城 憲司(北海道大学附属図書館/主査) 芝 翔太郎(北海道大学附属図書館)、松野 渉(筑波大学学術情報部)、小林 裕太(千葉大学附属図書館)、 中竹 聖也(東京大学情報システム部)、岩井 雅史(信州大学附属図書館)、天野 絵里子(京都大学学術研 究支援室)、木下 直(鳥取大学研究推進部)、大園 隼彦(岡山大学附属図書館)、西薗 由依(鹿児島大学 学術情報部)、小野寺 千栄(物質・材料研究機構統合型材料開発・情報基盤部門)、田邉 浩介(物質・材料 研究機構統合型材料開発・情報基盤部門)、天野 晃(物質・材料研究機構統合型材料開発・情報基盤部門)、 榎本 翔(日本貿易振興機構アジア経済研究所学術情報センター)、船守 美穂(国立情報学研究所オープンサ イエンス基盤研究センター)、古川 雅子(国立情報学研究所オープンサイエンス基盤研究センター)、朝岡 誠(国立情報学研究所オープンサイエンス基盤研究センター)、常川 真央(国立情報学研究所オープンサイ エンス基盤研究センター)、尾城 孝一(国立情報学研究所オープンサイエンス基盤研究センター) 82019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開
  9. 9. 教材「RDMトレーニングツール」  目的  学習者が研究データ管理に関する基礎的な知識を習得する  研究データ管理サービス構築の足掛かりを得る  内容  全7章から構成されるeラーニング教材  各章は、スライドと解説で提供  受講対象者  図書館、IT部門、研究支援部門の職員(URA)等  オープンサイエンスや研究データ管理に関心のある教職員 http://id.nii.ac.jp/1458/00000023/ 92019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開
  10. 10. 構成 102019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開 章 内容 第1章 導入 研究データ管理の重要性が増している背景や、研究データ、研究デー タ管理の定義について学ぶ。 第2章 データ管理計画 (DMP) 効果的なデータ管理に欠かせないデータ管理計画に関し、作成義務化 の動向や、その構成要素について学ぶ。 第3章 保存と共有 研究データの研究期間中の保管や長期保存に関する留意点について学 ぶ。また、研究データの共有に関して、その意義や検討すべき点、共 有方法について学ぶ。 第4章 組織化、文書化、 メタデータ作成 研究データを長期的に管理・活用するために欠かせない、一定のルー ルに則ったデータの組織化や、データについて説明する文章やメタ データの作成について学ぶ。 第5章 法・倫理的問題 研究データをめぐる著作権や、再利用を促進するためのライセンスの 仕組みについて学ぶ。あわせて、センシティブデータを取り扱う上で の留意点や、研究倫理についても学ぶ。 第6章 ポリシー 国や助成団体、機関、学会等が、研究データの保存や共有を求めるポ リシーを策定する例が増えており、これらの動向及びポリシー策定の 要件について学ぶ。 第7章 研究データ管理 サービスの検討 学習者が自機関での研究データ管理サービスを構築していくためのス テップを学ぶ。
  11. 11. オンライン講座 「オープンサイエンス時代の研究データ管理」  前述の「RDMトレーニングツール」をベースにMOOC用 に再構成  制作:国立情報学研究所 協力:JPCOAR 研究データTF  構成  第1週:研究データ管理とは  第2週:保存・共有・文書化  第3週:メタデータ・法倫理的問題  第4週:運用に向けて https://www.nii.ac.jp/service/jmooc/rdm/ 112019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開
  12. 12. オンライン講座受講者からの改善に向けた提案 • 研究データの管理に関して、研究者自身がやるべきことと図書館員 などの支援者がやるべきことが区別できる内容だともっとよかった • 著作権などについてもっと突っ込んだことを学びたかった • ストーリー性があると、もう少しわかりやすかった。インストラク ショナルデザインの手法を生かせるのでないか(例えば、ドラマ仕 立てにするとか) • 上司が理解してくれないと受講もしにくいので、研究データ管理の 意義について、管理職や大学の経営層を説得するための教材も必要 だろう • 開講期間が短いのが残念(オンデマンド教材にして、いつでも学習 できるようにするとよいのではないか 122019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開
  13. 13. オンライン講座 「研究データ管理サービスの設計と実践」  研究支援者(図書館員、研究支援職員(URA)、技術ス タッフ等)のための教材 →ターゲットの明確化  研究プロセス(研究前、研究中、研究後)に沿って、サー ビスの設計と実践について学ぶ →より実践的・具体的に  NIIが開発中の新オンライン学習プラットフォーム(学認 LMS)から公開予定 →アクセス性の向上、機関管理機能等  モニター機関を募った試用プロジェクトの実施 →モニターからのフィードバックを踏まえた教材やシステ ムの改善を行い、本運用へ 素材スライド: http://id.nii.ac.jp/1458/00000107/ 132019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開
  14. 14. 構成 章 内容 第1章:序論 研究データ管理に関する基礎的な知識を学ぶ • 研究データ管理とは何か • 研究データ管理の重要性が増している背景 • 研究データ管理サービスとは何か 第2章:サービス設計 自機関の実情に合ったサービスを設計するために必要なことを学ぶ • 組織づくりや機関としての戦略やポリシーの立案 • Data Asset Framework(データ資産フレームワーク)の活用法 第3章:研究前の支援 研究者が研究を開始する前段階で、どのような支援が求められているかについて学ぶ • 研究者が遵守すべきポリシーとは何か • 研究資⾦配分機関等が求めるDMP(データ管理計画)の作成支援 第4章:研究中の支援 研究者が研究を実施している最中に求められる支援について学ぶ • 研究データの種類とセキュリティポリシーの関係 • データの保存と機関の役割 • 利用可能なデータの発⾒方法 • データの分析や可視化の支援方法 • 論文発表の際に必要とされるデータの取扱い • データ管理計画の⾒直し 第5章:研究後の支援 研究終了後に、得られたデータを公開することについて学ぶ • データの公開前に確認すべきこと • データの公開場所としてのデータリポジトリの選定 • 公開するデータに付与すべきメタデータ、識別子、ライセンスなど 第6章:日常的な支援 日常的な研究データ管理サービスについて学ぶ • 研修の実施方法 • ポータルサイトの構築と提供すべき情報 • 窓⼝業務の実施体制 • 広報のための資料作成やアドボカシー活動の展開方法 142019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開
  15. 15. 教材の受容例  土木学会認定e-ラーニング http://committees.jsce.or.jp/op cet/01e-learning/JMOOC  土木学会の継続教育(CPD)制度における認定e-ラーニング講 座の一つとして選定  「統合イノベーション戦略」(2018年6月15日閣議決定) https://www8.cao.go.jp/cstp/tougosenryaku/  基礎的な能力開発プログラムとして位置づけ  「研究データリポジトリ整備・運用ガイドライン」(国 際的動向を踏まえたオープンサイエンスの推進に関する 検討会, 2019年3月29日) https://www8.cao.go.jp/cstp/ty ousakai/kokusaiopen/guideline.pdf  基本知識を学べるオンライン教材の国内事例として紹介 152019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開
  16. 16. 今後の展開 162019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開
  17. 17. 「JPCOARオープンアクセスリポジトリ戦略 2019~2021年度」 戦略 実施担当 1.オープンサイエンスの推進に寄与するため、研究 データの公開、流通に関する先導的な取組みを行う。 研究データ作業部会 2.オープンアクセスを推進する学術情報流通の基盤を 整備し、コンテンツの流通、活用を促進する。 コンテンツ流通促進 作業部会 3.オープンアクセスリポジトリを支えるコミュニティ としての機能を強化する。 コミュニティ強化・ 支援作業部会 4.オープンアクセス、オープンサイエンスの推進に対 応できる人材育成を行う。 人材育成作業部会 5.協会の活動基盤を強化し、JPCOARのブランド力を 高める。 運営委員会 172019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開 http://id.nii.ac.jp/1458/00000125/
  18. 18. 戦略1に基づく活動計画(担当:研究データ作業部会) 182019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開 「2019年度オープンアクセスリポジトリ推進協会活動計画」 http://id.nii.ac.jp/1458/00000131/ 2019~2021年度活動計画 2019年度活動計画 1.1 研究データ対応を⾒据えた国内機関リ ポジトリの役割、機能要件を明らかに し、研究データを公開する基盤に関す る整備を行う。 (1) 研究データを公開する基盤の整備に向 けて、機関リポジトリの役割、機能要件 について取りまとめる。 1.2 国内外の関連機関と連携し、研究デー タの情報流通促進及び評価に関する活 動を行う。 (2) 研究データの公開、流通促進を図るた め、データベースレスキュープロジェク トを継続する。 (3) 研究データの評価指標に関する実務指 針“Code of Practice for Research Data Usage Metrics Release 1”を翻訳し、公 開する。 1.3 研究データの管理・共有・公開を促進 するため、研究支援に携わる職員の意 識、スキルの向上を図り、会員機関に おける活動を支援する。 (4) RDMトレーニングツールの理解の助け になる用語集等を作成し、公開する。ま た、RDMトレーニングツールの機関運 用の試行に取り組む。
  19. 19. 戦略4に基づく活動計画(担当:人材育成作業部会) 192019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開 「2019年度オープンアクセスリポジトリ推進協会活動計画」 http://id.nii.ac.jp/1458/00000131/ 2019~2021年度活動計画 2019年度活動計画 4.1 オープンアクセス、オープンサイエン スの推進に対応できる人材に必要とな る標準的な技能や知識を明確にする。 (1) オープンアクセス、オープンサイエン スを推進する人材に求められるスキル抽 出を行う。 4.2 オンラインによる学習を含め、リポジ トリ担当者、研究支援に携わる職員な ど様々な対象・レベルの研修の機会の 充実を図る。 (2) 対象者、目的に合わせ、研修体系の再 構成を行う。 4.3 作業部会、タスクフォース、海外派遣 などの活動を通じて、オープンアクセ ス、オープンサイエンスを牽引する中 核的人材の育成を支援する。
  20. 20. RDM人材育成の重層化へ? 202019/5/28 JOSS2019_JPCOARによるRDM人材育成の取り組みと今後の展開 研究者 機関における研究データ管理サービス 研究者以外のステークホルダー 人材育成 図は「研究データ管理サー ビスの設計と実践」より

×