Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

経済学で読み解く「働き方」と「イノベーション」2.0

905 views

Published on

6月2日(日)にNHK文化センター神戸教室にて開講される<夏の特別講座>で使用するスライド資料です。
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1170626.html

Published in: Economy & Finance

経済学で読み解く「働き方」と「イノベーション」2.0

  1. 1. 経済学で読み解く 「働き方」と「イノベーション」 2.0 安田洋祐 大阪大学 大学院経済学研究科 准教授 Eメール: yasuda@econ.osaka-u.ac.jp ウェブ: https://sites.google.com/site/yosukeyasuda/jp 2019年6月 1
  2. 2. 簡単な自己紹介 • 1980年 東京都生まれ • 2002年 東京大学経済学部卒業 (大内兵衛賞、経済学部卒業生総代) • 2007年 プリンストン大学Ph.D. • 2007年 政策研究大学院大学助教授 • 2014年 大阪大学経済学部准教授 • 研究領域 – 経済理論、ゲーム理論、インセンティブ設計 • 学術研究の傍らマスメディアを通した一 般向けの情報発信や、政府等での委員 活動にも積極的に取り組んでいる。 2019年6月 2安田洋祐|大阪大学
  3. 3. メディア出演 • レギュラー・準レギュラー – 関西テレビ 「報道ランナー」 – 読売テレビ 「情報ライブ ミヤネ屋」 – テレビ東京 「ワールドビジネスサテライト」 • 特別番組 – NHK BS1 「欲望の資本主義」シリーズ – NHK 総合 「NHKスペシャル マネーワールド」 シリーズ • ネット配信 – 日経ビジネス「入山章栄・安田洋祐の業界未来図鑑」 • 動画・テキスト・コメント欄と三拍子そろった注目の新企画です! – News Picks: WEEKLY OHIAI 「資本主義をアップデートせよ」 2019年6月 3安田洋祐|大阪大学
  4. 4. 著作など 2019年6月 4安田洋祐|大阪大学 6月28日発売!
  5. 5. 講演会・イベント登壇(2019年) • APIR・ERIA共催シンポジウム • NTT DATA Innovation Conference • PMI(Public Meets Innovation)政策会議 • 静岡情報産業協会 • 紀州有田商工会議所 • PPI主催第4回公開シンポジウム • 問題解決のためのOR講座 • ナレッジイノベーションアワード最終選考会 • ナレッジキャピタル大学校 • ジュンク堂書店池袋本店 • 日経BP総研人材開発セミナー • 日本の人事部 HRコンファレンス2019 • 三井住友銀行SMBC経営者研究会 • ONE JAPAN代表者会議 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 5
  6. 6. 本日の報告の流れ 1. 働き方改革を妨げるブラック均衡 2. グローバル化と世界経済の行方 3. デジタル化と日本経済のチャンス 4. 金融化と資本主義の再起動 ←オマケ 2019年6月 6安田洋祐|大阪大学
  7. 7. 働き方改革を妨げるブラック均衡 制度を導入しても“改革”できない理由とは? 2019年6月 7安田洋祐|大阪大学
  8. 8. 日本の低い労働生産性 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 8 2015年の日本の労働生産性(就業1時間当たり)は、42.1 ドル。OECD加盟35か国の 中では、第20位。1970年以来、主要先進7か国の中では最下位の状況が続いている。 米国の約6割 米国 日本
  9. 9. 失われた20年の「負のスパイラル」 低賃金 (安い労働力) 設備投資減少 (機械より人) 労働の限界生産 性も減少 更なる賃下げ (徐々に人不足) 【需要面】 投資需要低迷 => 金利低下 【供給面】 技術革新低迷 => TFP低下 (日本版の) ルイスの転換点? 長時間労働 労働分配率低下 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 9 消費需要 低迷? (TFP: Total Factor Productivity)
  10. 10. 「正のスパイラル」へと逆転!? 高賃金 (高い労働力) 設備投資増加 (人より機械) 労働の限界生 産性も増加 更なる賃上げ (徐々に人余り) 【需要面】 投資需要増大 => 金利上昇 【供給面】 技術革新促進 => TFP増加 働き方改革 深刻な人手不足 定型化された仕事がAI・ロボット に徐々に置き換わっていく AI活用の鍵は「人への投資」! 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 10
  11. 11. 働き方改革が進まないのはなぜ? [主人公が社長に直談判して…] • 結衣 「制度だけを整えてもダメだ んじゃないでしょうか?」 • 灰原 「なぜ、ダメなんだろう」 • 結衣 「……孤独だから、じゃない でしょうか」 • 灰原 「仕事だけしていたら孤独 になるのは当然だ。家と会社の 往復。狭い人間関係。変化にも 弱くなるさ。自信もなくなる。そん なんでいい仕事ができるか?」 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 11
  12. 12. 働き方改革の壁 - QWERTYの罠 QWERTY型のキー配列はタイプに不向き ↓ なぜ使われ続けているのだろうか? (経路依存性/コーディネーションの失敗) ゲーム理論で考えよう! 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 12
  13. 13. 孤独な社員が陥る「ブラック均衡」! • 自分だけ定時に帰ることができるか? – どちらの社員にとっても、みんな定時退社するのがベスト – 自分だけ「定時退社」すると人事などで不利益を被る – みんながサービス「残業」すると働き方改革は進まない… 社員2 社員1 定時退社 残業 定時退社 3 3 1 -10 残業 -10 1 0 0 ホワイト 均衡 ブラック 均衡 どちらも 安定的な状況 (ナッシュ均衡) まわりがちゃんと定 時退社するという 「期待」が重要! 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 13
  14. 14. 有給・育児休暇問題も「ブラック均衡」 • 自分だけ休暇を取得できるか? – どちらの社員にとっても、みんな休暇取得するのがベスト – 自分だけ「休暇取得」すると人事などで不利益を被る – みんなが取得を「見送る」と働き方改革は進まない… 社員2 社員1 休暇取得 見送る 休暇取得 3 3 1 -10 見送る -10 1 0 0 ホワイト 均衡 ブラック 均衡 どちらも 安定的な状況 (ナッシュ均衡) まわりがちゃんと休 暇取得するという 「期待」が重要! 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 14
  15. 15. ブラック均衡を打破するには? • 空気を読まない人材の採用 – 定時退社・休暇取得に対して抵抗が無い – 空気を読んでいた社員の期待も変化 – 本人だけでなくまわりも行動が変わり得る → プレイヤーが変わるとゲームチェンジが起こる! • 経営陣/上司のコミットメント – 社員の期待を大きく変えるようなきっかけに – 例1) 日本郵船:男性の育休取得に奨励金 – 例2) ナリス化粧品:肌休暇 → 会社が本気で休暇取得を推奨するシグナルに!2019年6月 安田洋祐|大阪大学 15
  16. 16. 参考文献(ゲーム理論) 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 16 第2章「なぜ人は行列に並ぶの か?[ゲーム理論]」(安田洋祐)
  17. 17. グローバル化と世界経済の行方 グローバリゼーションには3段階ある! 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 17
  18. 18. 引用・参照した文献 2019年6月 18安田洋祐|大阪大学
  19. 19. 分断と二極化 2019年6月 19安田洋祐|大阪大学
  20. 20. “象”の曲線 2019年6月 20安田洋祐|大阪大学 グローバル中間層 (中国・インドなど) 最貧困層 先進国 の中間層 所得が突き抜ける グローバル・リッチ
  21. 21. グローバリゼーション 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 21
  22. 22. 大分岐から大収斂へ 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 22 グローバリゼーション前 大 分 岐 大 収 斂
  23. 23. 3つのグローバリゼーション • 移動費用の低下 ⇒ グローバリゼーション (モノ・アイデア・ヒト) • モノ:古いグローバリゼーション – 生産拠点は先進国に集中 (大分岐) • アイデア:新しいグローバリゼーション – 新興国の一部でオフショア (大収斂) • ヒト:未来のグローバリゼーション? – デジタル革命 ⇒ 遠隔勤務・コミュニケーション2019年6月 安田洋祐|大阪大学 23
  24. 24. 古いグローバリゼーション(物流革命) 1. 北は工業化、南は空洞化 2. 世界中で貿易が急増 3. 北が急成長、世界全体も成長 4. 大分岐(Great Divergence) 5. 南の多くが保護貿易 6. 北で都市化が加速 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 24
  25. 25. 新しいグローバリゼーション(ICT革命) 1. 北が空洞化、南の一部が工業化 2. 北-南の往復貿易が急増 3. 工業化した南の一部が急成長 4. 大収斂(Great Convergence) 5. 南の多くが貿易自由化 6. 恩恵を受けた南は地理的に限定 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 25
  26. 26. デジタル化と日本経済のチャンス マイナスをプラスに! テイクからギブへ!! 2019年6月 26安田洋祐|大阪大学
  27. 27. AI・IoTの進展:国内での影響 AIの進展により、ロボットが人間の代わりをするようになる時代がくる! 人口減少、少子高齢化を他国に先駆けて迎える日本にとってチャンス!  労働代替型のニーズが高い(日本は人手不足) 例: 農業従事者、建設・物流、介護、廃炉、熟練工の後継者、etc  ロボット工学が強い (研究者が多い)  ロボットに対する潜在意識が米国とは異なり、世代を超えた理解がある。  日本: 人とテクノロジーが共存する。(アトム、ドラエモンなど)  米国: 人とロボットが闘う (ターミネーターなど) 。 人工知能による「もの×コト」づくりへ! 言語データから 行動データ 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 27 利便性から 安全性 ヴァーチャル からリアル
  28. 28. 強すぎる物差し→お金の奴隷? • 賃金によって労働はモノと同一化され、労働が有す る支払い不能な尊厳を、価値のうちに覆い隠してし まい、人間の労働とサービスは、モノと同じように商 業的価値をもつものとみなされてしまう。 • 人間はその能力を貨幣によって評価され、経済的シ ステムへと統合され、経済的発展のさまざまな段階 において値段をつけられる存在になってしまう。 – エマニュエル・レヴィナス『貨幣の哲学』 • 「悪魔のひき臼」(カール・ポラニー『大転換』) 2019年6月 28安田洋祐|大阪大学
  29. 29. 新美南吉 童話『手袋を買いに』 • 手袋のお使いのため、母狐は子狐の片手を 人間の手に変え、町に送り出す。 – 狐だとバレると手袋が買えない!(差別) • 子狐は店で間違って狐の手で白銅貨を差し 出すが、店の主人は手袋を売ってくれる。 • なぜ? 主人が親切だった?? – お金がホンモノだった!→ 貨幣の下の平等 – 市場/貨幣は偏見や慣習への対抗力 2019年6月 29安田洋祐|大阪大学
  30. 30. 物差しの多様化=トークン・エコノミー2.0 「テクノロジーの進歩+再分配(BI)」は価値評価の更なる固定を生む ⇒ 最低限のサービスの提供(BS) +評価の多様化を目指すべき!? 貨幣経済は効率的(+) ⇔ 価値評価が一元化(-) ⇒ 貨幣を無くすのではなく、種類を増やす!(多様化・多次元化)  複数の経済圏が共存すれば弱者の数が減らせる!  各経済圏のトークン交換を不自由/不可能にせよ!  受け取るもの(take)ではなく、与えるもの(give)の見える化? 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 30 多様な価値評価+「社会的共通資本2.0」 宇沢弘文
  31. 31. 令和の合言葉 「マイナスをプラスに!」 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 31 【ポジティブな撤退戦】 • 売り手市場 • AI、RPA、リモートワーク • 合併による過当競争解消 • 日本型 「働き方1.0 + 3.0」 →死蔵した富・人材を活用! 【ポジティブな賛同】 • ×延ばす|〇邪魔しない • ×経験と勘|〇データ • ×テイク|〇ギブ • ×織田信長|〇坂本竜馬 →挑戦しやすい空気を作る!
  32. 32. 金融化と資本主義の再起動 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 32
  33. 33. 世界経済のGDP 2019年6月 33安田洋祐|大阪大学
  34. 34. 経済“成長”は新しい現象 2019年6月 34安田洋祐|大阪大学 & 資 本 主 義
  35. 35. 金融(信用)革命:近代の「魔法の循環」 2019年6月 35 将来を信頼 する 信用が発生 する 建設業者に 支払う 新しいベーカ リーを開く パンを焼いて ローン返済 安田洋祐|大阪大学
  36. 36. 急成長のビフォー&アフター 近代以前の経済 将来を信 頼しない 信用がほ とんど発 生しない 経済成長 が遅い 近代の経済 将来を信 頼する 信用が 盛んに 発生する 経済成 長が速 い 2019年6月 36安田洋祐|大阪大学
  37. 37. 「主義」としての資本主義 Wealth (死蔵) Capital (再投資) 生産利益 2019年6月 37安田洋祐|大阪大学 生産利益 資本“主義”の定義(ハラリ『サピエンス全史』) → 利益は生産活動に(再)投資される“べき”
  38. 38. 「制度」としての資本主義 • 私的所有 – 公的機関、再分配、規制 • 利潤動機 – シェア最大化、CSR、三方よし • 市場経済 – 組織、家族、地域共同体 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 38
  39. 39. デジタル化による資本主義の多様化 • 私的所有 – 公的機関、再分配、規制 – ⇒ ベーシックインカム、シェアリング • 利潤動機 – シェア最大化、CSR、三方よし – ⇒ ESG投資、SDGs、クラウドファンディング • 市場経済 – 組織、家族、地域共同体 – ⇒ トークン、コミュニティ、シェアリング 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 39
  40. 40. 安田による関連記事 • 令和で進む「撤退戦」と「ギブ」文化 – https://note.mu/yagena/n/n443b08c9aaa6 • 「市場で再分配が可能」という前提を疑え – http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/032900296/ • 次なる資本主義を訪ねて:マクロ編 – https://note.mu/yagena/n/n8721fec86acf • 次なる資本主義を訪ねて:ミクロ編 – https://note.mu/yagena/n/nfdc376b85b4e • マッチング理論に何ができるか<やさしい経済学 前編> – https://note.mu/yagena/n/nf9c9b87ce4a2 • マッチング理論に何ができるか<やさしい経済学 後編> – https://note.mu/yagena/n/n26475f9a23ef • ノーベル経済学賞って何だろう? – https://note.mu/yagena/n/nb4119b82726d 2019年6月 安田洋祐|大阪大学 40

×