Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Future_Lt20160810

2,071 views

Published on

Future_Lt20160810

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Future_Lt20160810

  1. 1. 「禅とオートバイ修理技術」に学ぶ エンジニア魂
  2. 2. 田中洋介 40歳 独身。 現在オートバイ4台持ち。最大同時7台所持。通算50台弱。 88JOG・88NSR50・90FZR250・89FZR1000・95Steed600・88BROS650・90R1-Z・88RG50γ・99GSF1200・ 90NSR250R・91NSR250SP・90NSR250R・93CBR600F・95Majesty250・99XJR1200・02DR-Z400S・99ZX- 9R・90Degree・06DR-Z400SM・96RM125・Zephyer750・Zephyer750・99D-TRACKER・99FTR223・ 06CRF250・08KX250F・10RM-Z250・12CRF250R・00D-TRACKER・95SR400・14CRF250R・15CRF250R・ 02Address125・15KX85・07RM125 バイク整備のために家買った。後悔はしていない。 登壇者紹介
  3. 3. 本の概要 ・1974年に刊行されたエンジニアのバイブル。 分類は哲学書。 あらすじ ①西洋文化をバックボーンに持つ筆者(大学教授)が、東洋哲学的な思想に たどり着き、周囲との軋轢により分裂病を発症する。 ②治療という名の電気ショックにより記憶を失い、一見マトモに戻る。 ③ツーリング(バイク旅)、シャトーカ(哲学的対話)をしながら、失われた記憶を探る。 ④分裂していた時にたどり着いた考えが、実は世界の本質であったことに気付く。 ⑤フィクションではなく自伝だった。 「禅とオートバイ修理技術」
  4. 4. 禅に興味が出たので学んでみた
  5. 5. 禅宗とは 仏教の一宗派 仏教 人が本質的に持っている「苦」克服の「考え方」を説く、お釈迦様の教え。 禅のポイント 「悟り」にフォーカスし、体験(修行)によって「苦」の克服を図る。
  6. 6. なんのこっちゃ分からんので実践
  7. 7. 京都に行く ・宿坊(禅寺に泊まる)を5日 × 2回くらい実施 ・住職は社会人経験があって、話のわかる人物。日本大好き。自衛隊大好 き。 ITリテラシ高く、iPhoneとブログを使いこなす。英語しゃべれる。
  8. 8. 修行 すごくシステマティックなもの。勤行、写経、座禅、食事。 日々の生活の繰り返しだが、作法はとても厳しい。食事とか特に。 茶碗や、箸の置き方、下げ方に全てルールがあり、間違うと怒られる。 スケジュールも厳密。
  9. 9. 座禅 自分との対話の時間。昔のケガで膝が固いので死ねた。10分は立てない。 実は足の痛みにすら意味がある。 住職との対話 「禅問答」に対するコメントが印象に残った。言葉は本質を制限しているので、 体験を持ってしか本質を理解できないことを知らしめる儀式。 例えば ・「禅とオートバイ修理技術」の原題は「Zen and the art of Motorcycle Mentenance」 だが、この場合artは「技術」だけではなく、芸術や哲学的要素を多分に含む。
  10. 10. 田中的な「禅」の理解 「瞑想や日々の所作の中で、心や身体の動きを体験、徹底的に観察し、 自分の中に世界(宇宙)の法則を構築する」 内的なものに世界を見出すのは、The・東洋哲学という感じ。
  11. 11. オートバイ修理技術☆
  12. 12. オートバイとは 数千にも及ぶ部品は、「サーキットを速く走りたい」「土の上を速く走りた い」 「風を切って走りたい」等、目的を達成するためにある。 新車のオートバイはメーカーの「想い」の表現そのもの。
  13. 13. オートバイ修理の要諦 部品一つ一つを分解、観察し、全体をイメージして組み上げることにより、 オートバイは、全く性質の異なる乗り物に変貌する。 【例えば】 ・機械で組み上げられた新車を、熟練の職人の手で組み直すとどうなるか? 【定量的な答】 ・1周100秒のサーキットで2秒、タイムが短縮した。 ・エンジンのメンテナンスサイクルが150%向上した。 ※感覚的にも全く違う乗り物です!
  14. 14. 部品を観察する ・ピストン形状、リング本数から2ストローク。レース用エンジ ン。 ・ポート穴がないことから高回転型ではなく、中回転トルク重視。 ・ピストンの表面加工から、1990年後半~現代のモデル。 ・モデル年代からすると多気筒は存在しないため、単気筒モデル。 ・おそらく小排気量モトクロッサー(レーサー)。 ・トップのカーボン湿り具合、ピストンピンの焼け具合から 初心者~中級者が利用。 ・傷の状態、リングの吹き抜け具合から15~20時間程度走行。 ・メンテサイクルを考えると、マメにメンテナンスするタイプの オーナーと 思われ。 ※この車両が中古で出てたら「買い」。 ※手に持って見たり、マイクロメーター使えたら、 もっと色々なこと分かります。 インターネットで部品の画像拾ってみ た。
  15. 15. オートバイ修理 = 自己の表現
  16. 16. まとめ
  17. 17. 禅は心と身体を丁寧に観察する体験により、自分の中に世界(宇宙)を創る。 オートバイ修理は、分解した部品を丁寧に観察し、手を加える体験から、 自分のイメージ(宇宙)を表現したオートバイを創る。 前提は「我を忘れ没頭すること」。エンスージアズム。無我。 システム屋は・・・?
  18. 18. プロセスは「忘我」「体験」「観察」「構築」。そして「表現」。 オートバイ修理、禅のプロセスで得た「西洋哲学 or 東洋哲学」「主観 or 客 観」 「精神 or 物質」の境界を超えた価値のことを、パイドロス(筆 者)は言葉に表しが たいと前置きした上で「クオリティ」と呼んだ。
  19. 19. =エンジニア魂
  20. 20. =悟り? おまけ コレ言うとこじらせレベルが格段に上がった気がす る・・・

×