Successfully reported this slideshow.

Bluemix体験レポート@第3回札幌SoftLayer勉強会 20140901

2

Share

1 of 53
1 of 53

More Related Content

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

Bluemix体験レポート@第3回札幌SoftLayer勉強会 20140901

  1. 1. 「Bluemixを使ってみた!」 ユーザー体験レポート 2014年09月01日第3回札幌SoftLayer 勉強会 日本アイビーエム・ソリューション・サービス株式会社 木谷仁
  2. 2. はじめに 当該資料については、発表者が一人のユーザーとして、 Bluemixについて公開されている関連資料や記事などを基に、 学習した知識と体験内容ならびに見解をまとめたものです。 したがいまして当該資料に記載の内容は、日本IBMを含むIBM 社の方針・見解とは無関係であることをご承知おきください。
  3. 3. 目次 1. IBM Bluemixについて 2. Bluemixの仕組み 3. Boilerplate / Sampleアプリ 4. 適用想定例と開発パターン 5. アプリ開発時の注意事項など
  4. 4. IBM Bluemixについて
  5. 5. IBM Bluemix について 様々なアプリケーションの構築 運用、実行を可能にするクラウド ベースのPaaS環境 オープン・スタンダードのCloud Foundryに準拠した実装 あらかじめテンプレート、ランタ イム、サービス、アドオンなどが 用意しており豊富な組み合わせ で簡単に実行環境を構築可能 SoftLayer上で稼動 2014年6月30日 一般公開開始 (参考)http://www-01.ibm.com/software/jp/info/bluemix/index.html
  6. 6. 料金体系 フリートライアルPAYG モデル (従量課金: PAY AS YOU GO) サブスクリプション・モデル •30日間トライアル •クレジット・カードは不要 •全てのサービス、およびサ ポートに制限なくアクセスが可 能(2014年7月現在) •必要に応じて、プラットフォームや サービスを購入&利用 •クレジット・カードによる決済 (2014年8月29日、日本時間22時 から利用可) •柔軟性、いつでもキャンセル可能 •無料枠を提供 •全てのサービスを含むプラット フォームが利用可能なエンタイ トルメントの購入 •PA 契約、PA Express 契約に加 えて、IBMクラウド・サービス契 約"CSA" が利用可能 •PAYG モデルと比較して、 割引有り •柔軟な利用期間と請求方式 •無料枠を提供 •競争力のある料金体系 (出典) http://www-01.ibm.com/software/jp/info/bluemix/index.html#chargesystem
  7. 7. PAYG モデル(従量課金)について • 実行環境(Runtimes) の課金形態  アプリケーション実行環境は、1時間あたりの利用メモリによる課金  現時点では、いずれも、メモリ1GB の実行環境が時間あたり$0.07 (30日間連続で使う前提で約$50/月)  ひと月375時間/GBまで無料枠あり • サービス(Services)/アドオン(Add-ons) の課金形態  幾つかのサービスでは、レベル分け(Starter/Standard/Premium等)されたレベル 毎の課金体系  幾つかのサービスでは、従量制の課金体系  多くのサービスは、上限ありの無料枠あり ※個別の料金については「https://ace.ng.bluemix.net/#/pricing/cloudOEPaneId=pricing」を参照 • 料金試算の例) 1GBのメモリを使用するruntimeを30日間(30日x 24時間)を利用したとすると 1GB x 30days x 24hours = 720GB-hours そのうち375GB-Hoursが無料だとすると 720 – 375 = 325GB-hours が課金対象。単位あたりの課金が$0.07だとすると $0.07/GB-hours x 325GB-hours = $22.75 (1ドル= 105円とすると2388.75円) (出典) http://www-01.ibm.com/software/jp/info/bluemix/index.html#chargesystem
  8. 8. IBM Bluemix で提供されるサービスの一覧 ・テンプレート(BoilerPlate) : 8種類 ・ランタイム(Runtime) : 5種類 ・サービス(Service) : 44種類 ・アドオン(Add-on) : 5種類 (参考) http://www-01.ibm.com/software/jp/info/bluemix/index.html#servicelist
  9. 9. IBM Bluemixの仕組み
  10. 10. IBM Bluemix on SoftLayer (出典) http://www.slideshare.net/ormium/ibm-codename-bluemix-cloudfoundry-paas-development-and-deployment-training-ibm-innovation- center-zurich
  11. 11. IBM Bluemix on Cloud Foundry ・Bluemix は、オープンソースPaaS (Platform as a Service) のCloud Foundry をベースとす る、IBM のオープン・クラウド・アーキテクチャーの実装 ・Cloud Foundry は、ユーザーがクラウド上でアプリケーションを迅速に作成してデプロイ できる、オープンソースのPaaS (Platform as a Service) (出典) http://www.cmswire.com/cms/information-management/ibm-pivotal-partner-place-websphere- on-open-source-cloud-foundry-021837.php
  12. 12. The Cloud Foundry Foundation (出典) http://cloudfoundry.org/about/index.html
  13. 13. Cloud Foundry を構成するコンポーネント ここがコンテナー Cloud Foundry BOSH (Cloud Foundry Interface) (出典) http://docs.cloudfoundry.org/concepts/architecture/
  14. 14. Bluemixの仕組み アプリケーションはコンテ ナ単位で稼動する (出典) https://www.ng.bluemix.net/docs/#overview/overview.html#ov_arch
  15. 15. コンテナは互いに独立 (出典) https://www.ng.bluemix.net/docs/#overview/overview.html#ov_arch Bluemixの仕組み
  16. 16. コンテナは実行環境を 丸ごともつ (出典) https://www.ng.bluemix.net/docs/#overview/overview.html#ov_arch Bluemixの仕組み
  17. 17. IBM Bluemixを使ってみました
  18. 18. 全体の カタログ画面へ サービス カタログ画面へ アドオン カタログ画面へアプリ(runtime) カタログ画面へ Dashboard
  19. 19. Boilerplate / Runtime
  20. 20. Node.js Web Starter
  21. 21. デプロイ完了 エラーが出てリソー ス監視が上手くいか なくなりました (原因不明)
  22. 22. 本当は・・・
  23. 23. サンプルアプリにアクセス
  24. 24. Key&Valueを登録
  25. 25. KeyでValueを取得
  26. 26. SDK for Node.js インスタンスの状態 サービス登録定義
  27. 27. Files and Logs
  28. 28. Files and Logs アプリケーション (コード)の内容
  29. 29. Data Cache サービスの利用状況
  30. 30. Data Cache
  31. 31. 再びDashboard
  32. 32. DevOps add-onによるDevOps Servicesの利用
  33. 33. IBMのDevOps Service - JazzHub ・Git ホスティングでソースコード管理が可能 ・サイト上でコーディングが可能 ・IBM Bluemixと連動し、Build & Deployがシームレスに可能 ・ユーザー間で共有し、共同でコード開発が可能 https://hub.jazz.net/ JazzHub テーマではないので詳細は割愛 いたしますが、登録時にIBM BluemixのIBM IDとJazzHubのIDを 紐付けが行われ、サイトが連動す るようになります
  34. 34. Portal画面 JazzHub
  35. 35. add-onを追加
  36. 36. DevOps add-on
  37. 37. Delivery Pipeline
  38. 38. Delivery Pipeline
  39. 39. ADD GITで連携
  40. 40. ADD GITで連携
  41. 41. ADD GITで連携
  42. 42. GIT URLが表示
  43. 43. JazzHub プロジェクト画面へ
  44. 44. EDIT CODE JazzHub
  45. 45. BUILD&DEPLOY JazzHub
  46. 46. BUILD&DEPLOY JazzHub
  47. 47. BUILD&DEPLOY JazzHub
  48. 48. Dashboard 直りました
  49. 49. Runtime Overview
  50. 50. 触ってみた感想など • 長所 – GUIで簡単に操作可能なため、環境構築の労力が少なくてすむ – JazzHubとの連動は簡単で強力、少人数の開発では非常に効果的 – 足りないものはBuidPackで自分で導入可能なため柔軟性はある – 停止、再起動は早い • 短所 – メニューが独特なので最初に慣れる必要がある(ただし憶えると簡単) – runtime関連のエラー原因調査&対応は直接的ではないため苦労しそう – キーボードショートカットがない
  51. 51. 気になったこと • Bluemixのアプリはインターネット上で公開状態になるので、 何らかの方法で認証機能が必要らしい – runtimeで実装可能な認証(BASICとか証明書) – App User Registryアドオン利用 – SSO(Single Sign On)アドオン利用
  52. 52. ご清聴ありがとうございました
  53. 53. 参考資料 • IBM Bluemix とは? http://www.ibm.com/developerworks/jp/cloud/library/cl-bluemixfoundry/ • IBM's open cloud architecture https://www.ibm.com/developerworks/cloud/library/cl-open-architecture/ • Bluemix Overview - Bluemix Docs https://www.ng.bluemix.net/docs/#overview/overview.html#overview

×