SlideShare a Scribd company logo

今後のPRMU研究会を考える

10月12日、電子情報通信学会のパターン認識・メディア理解(PRMU)研究会で使用。 新任専門委員としてお引き受けした役目で、問題提起だけをやりました。現状のPRMU分野自体と、その中での研究会の立ち位置をどうするべきか。

1 of 12
Download to read offline
今後のPRMU研究会を考える
牛久祥孝
東京大学 大学院情報理工学系研究科
自己紹介と所属研究室の変遷
2011~2014: 博士(情報理工学)、東京大学
2014~2016: NTT コミュニケーション科学基礎研究所
2016~: 東京大学 大学院情報理工学系研究科
知能機械情報学専攻 講師 (原田・牛久研究室)
大津・國吉・原田研究室
↓
國吉・原田研究室(牛久が学部4年~博士2年で所属)
↓
原田・牛久研究室
PRMUとは何か
• パターン [大津ら,1996]
– 物理的外界における個々の対象
– たとえば文字、図形、音、声、さらにはシステムの状態など
• (マルチ)メディア [佐藤、2011]
– 数値情報やテキスト情報に加え、音響・音声処理、画像情報、映
像(動画)情報など
– 複数種類の情報を複合して扱う場合を特にマルチメディアという
• PRMU(研究会) [佐藤,2011]
– 画像や音声などの各種メディアを認識・理解するための基礎理論
– その手法、各種応用技術
研究会とは何か
単に「研究発表」するだけではない?
• 学生への教育、企業社員が勉強する場、など
• 「誰」と「価値」がそれぞれ複数存在する
• 誰
– 企業:開発がメイン
– 大学:研究がメイン(公的研究所、研究のウェイトが大きい企業を含む)
• 価値
– 情報収集: サーベイ、ノウハウ
– 研究: 研究テーマ自体への評価
– 対外発表: 発表方法自体への教育的効果、優れた研究の表彰
誰にどのような価値を提供するべきか?
情報収集 研究開発 対外発表
企
業
サーベイ
・関連学会の動向調査
・国内でのマッチング推進
ノウハウ
・実装技術の習熟
知財の観点から隠匿される?
(今は大学でも同じ?)
優れた研究への表彰
・研究会内の優れた研究を表彰
・国際会議、論文誌の研究を紹介
→国際会議、論文誌への参戦を喚起
大
学
サーベイ
・関連学会の動向調査
・国内でのマッチング推進
ノウハウ
・実装技術の習熟
テーマ自体への評価
・ストーリーによる将来性の評価
・予備実験による検討
優れた研究への表彰
・研究会内の優れた研究を表彰
・国際会議、論文誌の研究を紹介
→国際会議、論文誌への参戦を喚起
発表方法自体への教育的効果
・研究自体の完成度
・プレゼンテーション技術
PRMUではどうか?
情報収集 研究開発 対外発表
企
業
サーベイ
・関連学会の動向調査→勉強会と
の連携
・国内でのマッチング推進
ノウハウ
・実装技術の習熟
・発表スキル?
知財の観点から隠匿される?
(今は大学でも同じ?)
優れた研究への表彰
・研究会内の優れた研究を表彰→奨
励賞
・国際会議、論文誌の研究を紹介
→国際会議、論文誌への参戦を喚起
大
学
サーベイ
・関連学会の動向調査→勉強会と
の連携
・国内でのマッチング推進
ノウハウ
・実装技術の習熟→アルコン
・発表スキル?
テーマ自体への評価→ショート
ペーパー
・ストーリーによる将来性の評価
・予備実験による検討
優れた研究への表彰
・研究会内の優れた研究を表彰→奨
励賞
・国際会議、論文誌の研究を紹介
→国際会議、論文誌への参戦を喚起
発表方法自体への教育的効果
・研究自体の完成度→質疑?
・プレゼンテーション技術→プレゼ
ンテーション賞

Recommended

We Are Humor Beings: Understanding and Predicting Visual Humor (関東CV勉強会 CVPR ...
We Are Humor Beings: Understanding and Predicting Visual Humor (関東CV勉強会 CVPR ...We Are Humor Beings: Understanding and Predicting Visual Humor (関東CV勉強会 CVPR ...
We Are Humor Beings: Understanding and Predicting Visual Humor (関東CV勉強会 CVPR ...Yoshitaka Ushiku
 
Generating Notifications for Missing Actions: Don’t forget to turn the lights...
Generating Notifications for Missing Actions:Don’t forget to turn the lights...Generating Notifications for Missing Actions:Don’t forget to turn the lights...
Generating Notifications for Missing Actions: Don’t forget to turn the lights...Yoshitaka Ushiku
 
ごあいさつ 或いはMATLAB教徒がPythonistaに改宗した話 (関東CV勉強会)
ごあいさつ 或いはMATLAB教徒がPythonistaに改宗した話 (関東CV勉強会)ごあいさつ 或いはMATLAB教徒がPythonistaに改宗した話 (関東CV勉強会)
ごあいさつ 或いはMATLAB教徒がPythonistaに改宗した話 (関東CV勉強会)Yoshitaka Ushiku
 
Unsupervised Object Discovery and Localization in the Wild: Part-Based Match...
Unsupervised Object Discovery and Localization in the Wild:Part-Based Match...Unsupervised Object Discovery and Localization in the Wild:Part-Based Match...
Unsupervised Object Discovery and Localization in the Wild: Part-Based Match...Yoshitaka Ushiku
 
Chainerのテスト環境とDockerでのCUDAの利用
Chainerのテスト環境とDockerでのCUDAの利用Chainerのテスト環境とDockerでのCUDAの利用
Chainerのテスト環境とDockerでのCUDAの利用Yuya Unno
 
Invate presentation
Invate presentationInvate presentation
Invate presentationssuser141c26
 
20070627フレッシュマンセミナー
20070627フレッシュマンセミナー20070627フレッシュマンセミナー
20070627フレッシュマンセミナーTakeo Kunishima
 
ピーFIの研究開発現場
ピーFIの研究開発現場ピーFIの研究開発現場
ピーFIの研究開発現場Yuya Unno
 

More Related Content

What's hot

20210828 ポリモーフィズムってなに?【lt用】
20210828 ポリモーフィズムってなに?【lt用】20210828 ポリモーフィズムってなに?【lt用】
20210828 ポリモーフィズムってなに?【lt用】RyuzoYamate
 
外の人が中から見たTohokuNLP
外の人が中から見たTohokuNLP外の人が中から見たTohokuNLP
外の人が中から見たTohokuNLPRyoko Tokuhisa
 
Twitter分析のためのリアルタイム分析基盤@第4回Twitter研究会
Twitter分析のためのリアルタイム分析基盤@第4回Twitter研究会Twitter分析のためのリアルタイム分析基盤@第4回Twitter研究会
Twitter分析のためのリアルタイム分析基盤@第4回Twitter研究会Yuya Unno
 
子供の言語獲得と機械の言語獲得
子供の言語獲得と機械の言語獲得子供の言語獲得と機械の言語獲得
子供の言語獲得と機械の言語獲得Yuya Unno
 
企業における自然言語処理技術の活用の現場(情報処理学会東海支部主催講演会@名古屋大学)
企業における自然言語処理技術の活用の現場(情報処理学会東海支部主催講演会@名古屋大学)企業における自然言語処理技術の活用の現場(情報処理学会東海支部主催講演会@名古屋大学)
企業における自然言語処理技術の活用の現場(情報処理学会東海支部主催講演会@名古屋大学)Yuya Unno
 
進学準備&大学生活について
進学準備&大学生活について進学準備&大学生活について
進学準備&大学生活についてShotaSatuma
 
Kof2005 Presentation - OSSの教育効果と人材育成への挑戦
Kof2005 Presentation - OSSの教育効果と人材育成への挑戦Kof2005 Presentation - OSSの教育効果と人材育成への挑戦
Kof2005 Presentation - OSSの教育効果と人材育成への挑戦Hiroshi Miura
 
NIP2015読み会「End-To-End Memory Networks」
NIP2015読み会「End-To-End Memory Networks」NIP2015読み会「End-To-End Memory Networks」
NIP2015読み会「End-To-End Memory Networks」Yuya Unno
 
VRとわたし
VRとわたしVRとわたし
VRとわたしJun Iio
 
あたし、まっちゃだいふく
あたし、まっちゃだいふくあたし、まっちゃだいふく
あたし、まっちゃだいふくrip jyr
 
研究室紹介・高久研究室
研究室紹介・高久研究室研究室紹介・高久研究室
研究室紹介・高久研究室Masao Takaku
 
文系私立大学生でも、プログラマーになりたい!
文系私立大学生でも、プログラマーになりたい!文系私立大学生でも、プログラマーになりたい!
文系私立大学生でも、プログラマーになりたい!Kyoka Fujiike
 
社会科学研究者からみた機械学習
社会科学研究者からみた機械学習社会科学研究者からみた機械学習
社会科学研究者からみた機械学習Jun Iio
 
Linked Dataの概要と課題
Linked Dataの概要と課題Linked Dataの概要と課題
Linked Dataの概要と課題Masao Takaku
 
Music Visualization as User Interfaces
Music Visualization as User InterfacesMusic Visualization as User Interfaces
Music Visualization as User InterfacesTakayuki Itoh
 
ハイフレックス授業のススメ
ハイフレックス授業のススメハイフレックス授業のススメ
ハイフレックス授業のススメkthrlab
 
あなたと情報系大学, 今すぐダウンロード
あなたと情報系大学, 今すぐダウンロードあなたと情報系大学, 今すぐダウンロード
あなたと情報系大学, 今すぐダウンロードcohalz
 
【Agile】【Scrum】もやもや女子大生が プロダクトオーナーになったら!
【Agile】【Scrum】もやもや女子大生が プロダクトオーナーになったら!【Agile】【Scrum】もやもや女子大生が プロダクトオーナーになったら!
【Agile】【Scrum】もやもや女子大生が プロダクトオーナーになったら!ricca1985
 

What's hot (19)

20210828 ポリモーフィズムってなに?【lt用】
20210828 ポリモーフィズムってなに?【lt用】20210828 ポリモーフィズムってなに?【lt用】
20210828 ポリモーフィズムってなに?【lt用】
 
外の人が中から見たTohokuNLP
外の人が中から見たTohokuNLP外の人が中から見たTohokuNLP
外の人が中から見たTohokuNLP
 
Twitter分析のためのリアルタイム分析基盤@第4回Twitter研究会
Twitter分析のためのリアルタイム分析基盤@第4回Twitter研究会Twitter分析のためのリアルタイム分析基盤@第4回Twitter研究会
Twitter分析のためのリアルタイム分析基盤@第4回Twitter研究会
 
子供の言語獲得と機械の言語獲得
子供の言語獲得と機械の言語獲得子供の言語獲得と機械の言語獲得
子供の言語獲得と機械の言語獲得
 
企業における自然言語処理技術の活用の現場(情報処理学会東海支部主催講演会@名古屋大学)
企業における自然言語処理技術の活用の現場(情報処理学会東海支部主催講演会@名古屋大学)企業における自然言語処理技術の活用の現場(情報処理学会東海支部主催講演会@名古屋大学)
企業における自然言語処理技術の活用の現場(情報処理学会東海支部主催講演会@名古屋大学)
 
進学準備&大学生活について
進学準備&大学生活について進学準備&大学生活について
進学準備&大学生活について
 
Kof2005 Presentation - OSSの教育効果と人材育成への挑戦
Kof2005 Presentation - OSSの教育効果と人材育成への挑戦Kof2005 Presentation - OSSの教育効果と人材育成への挑戦
Kof2005 Presentation - OSSの教育効果と人材育成への挑戦
 
NIP2015読み会「End-To-End Memory Networks」
NIP2015読み会「End-To-End Memory Networks」NIP2015読み会「End-To-End Memory Networks」
NIP2015読み会「End-To-End Memory Networks」
 
joint_seminar
joint_seminarjoint_seminar
joint_seminar
 
VRとわたし
VRとわたしVRとわたし
VRとわたし
 
あたし、まっちゃだいふく
あたし、まっちゃだいふくあたし、まっちゃだいふく
あたし、まっちゃだいふく
 
研究室紹介・高久研究室
研究室紹介・高久研究室研究室紹介・高久研究室
研究室紹介・高久研究室
 
文系私立大学生でも、プログラマーになりたい!
文系私立大学生でも、プログラマーになりたい!文系私立大学生でも、プログラマーになりたい!
文系私立大学生でも、プログラマーになりたい!
 
社会科学研究者からみた機械学習
社会科学研究者からみた機械学習社会科学研究者からみた機械学習
社会科学研究者からみた機械学習
 
Linked Dataの概要と課題
Linked Dataの概要と課題Linked Dataの概要と課題
Linked Dataの概要と課題
 
Music Visualization as User Interfaces
Music Visualization as User InterfacesMusic Visualization as User Interfaces
Music Visualization as User Interfaces
 
ハイフレックス授業のススメ
ハイフレックス授業のススメハイフレックス授業のススメ
ハイフレックス授業のススメ
 
あなたと情報系大学, 今すぐダウンロード
あなたと情報系大学, 今すぐダウンロードあなたと情報系大学, 今すぐダウンロード
あなたと情報系大学, 今すぐダウンロード
 
【Agile】【Scrum】もやもや女子大生が プロダクトオーナーになったら!
【Agile】【Scrum】もやもや女子大生が プロダクトオーナーになったら!【Agile】【Scrum】もやもや女子大生が プロダクトオーナーになったら!
【Agile】【Scrum】もやもや女子大生が プロダクトオーナーになったら!
 

Similar to 今後のPRMU研究会を考える

Service Design Roundtable on 2/15/2014, Y. Sawatani
Service Design Roundtable on 2/15/2014, Y. SawataniService Design Roundtable on 2/15/2014, Y. Sawatani
Service Design Roundtable on 2/15/2014, Y. SawataniYuriko Sawatani
 
音声合成研究を加速させるためのコーパスデザイン
音声合成研究を加速させるためのコーパスデザイン音声合成研究を加速させるためのコーパスデザイン
音声合成研究を加速させるためのコーパスデザインShinnosuke Takamichi
 
2015-11-07 電子工作でクリスマス飾りを作ろう会(2015年度WiTワークショップ)
2015-11-07 電子工作でクリスマス飾りを作ろう会(2015年度WiTワークショップ)2015-11-07 電子工作でクリスマス飾りを作ろう会(2015年度WiTワークショップ)
2015-11-07 電子工作でクリスマス飾りを作ろう会(2015年度WiTワークショップ)ayumi kizuka
 
我々はどこへ行くのか: UXの誤解の先にある未来
我々はどこへ行くのか: UXの誤解の先にある未来我々はどこへ行くのか: UXの誤解の先にある未来
我々はどこへ行くのか: UXの誤解の先にある未来Masaya Ando
 
モバイル空間統計を活用した日常時・災害時滞在人口の動態分析
モバイル空間統計を活用した日常時・災害時滞在人口の動態分析モバイル空間統計を活用した日常時・災害時滞在人口の動態分析
モバイル空間統計を活用した日常時・災害時滞在人口の動態分析Daisuke Hasegawa
 
UX白書には本当は何が書かれているか
UX白書には本当は何が書かれているかUX白書には本当は何が書かれているか
UX白書には本当は何が書かれているかMasaya Ando
 
文部科学省 情報ひろばサイエンスカフェ「ロボット・情報×つながり」 / 20170126 mext science_cafe
文部科学省 情報ひろばサイエンスカフェ「ロボット・情報×つながり」 / 20170126 mext science_cafe文部科学省 情報ひろばサイエンスカフェ「ロボット・情報×つながり」 / 20170126 mext science_cafe
文部科学省 情報ひろばサイエンスカフェ「ロボット・情報×つながり」 / 20170126 mext science_cafeSatoshi Makita
 
音声の声質を変換する技術とその応用
音声の声質を変換する技術とその応用音声の声質を変換する技術とその応用
音声の声質を変換する技術とその応用NU_I_TODALAB
 
屋内測位技術の現状 #wakate2014w
屋内測位技術の現状 #wakate2014w屋内測位技術の現状 #wakate2014w
屋内測位技術の現状 #wakate2014wTsubasa Yumura
 
使う人の体験を時間軸で考えよう 〜UXデザインの視点を取り入れる
使う人の体験を時間軸で考えよう〜UXデザインの視点を取り入れる使う人の体験を時間軸で考えよう〜UXデザインの視点を取り入れる
使う人の体験を時間軸で考えよう 〜UXデザインの視点を取り入れるMasaya Ando
 
2チケット&計測」書籍で訴えたい
2チケット&計測」書籍で訴えたい2チケット&計測」書籍で訴えたい
2チケット&計測」書籍で訴えたいYoshiki Mitani
 
第6回理系Ao入試フォーラムスライド(竹松)
第6回理系Ao入試フォーラムスライド(竹松)第6回理系Ao入試フォーラムスライド(竹松)
第6回理系Ao入試フォーラムスライド(竹松)Kazutomo Takematsu
 
PDRビジネス元年 (と言い出してから半年)
PDRビジネス元年(と言い出してから半年)PDRビジネス元年(と言い出してから半年)
PDRビジネス元年 (と言い出してから半年)Sozo Inoue
 
Present Status of Japanese Computer Science at Universities (in Japanese)
Present Status of Japanese Computer Science at Universities (in Japanese)Present Status of Japanese Computer Science at Universities (in Japanese)
Present Status of Japanese Computer Science at Universities (in Japanese)shojiro-tanaka
 
音楽を見る:情報可視化技術の音楽情報処理への適用
音楽を見る:情報可視化技術の音楽情報処理への適用音楽を見る:情報可視化技術の音楽情報処理への適用
音楽を見る:情報可視化技術の音楽情報処理への適用Takayuki Itoh
 
オープンデータが変える公共交通 〜新しいサービス・新しい利用促進〜 (IODD2015掛川会場 基調講演)
オープンデータが変える公共交通 〜新しいサービス・新しい利用促進〜 (IODD2015掛川会場 基調講演)オープンデータが変える公共交通 〜新しいサービス・新しい利用促進〜 (IODD2015掛川会場 基調講演)
オープンデータが変える公共交通 〜新しいサービス・新しい利用促進〜 (IODD2015掛川会場 基調講演)Masaki Ito
 
1/21イベント2)13:45〜14:30 基調講演 松居先生
1/21イベント2)13:45〜14:30 基調講演 松居先生1/21イベント2)13:45〜14:30 基調講演 松居先生
1/21イベント2)13:45〜14:30 基調講演 松居先生デジタル・ナレッジ はが弘明
 
人々が“社会と関わっている実感”をデザインすることはを目指して
人々が“社会と関わっている実感”をデザインすることはを目指して人々が“社会と関わっている実感”をデザインすることはを目指して
人々が“社会と関わっている実感”をデザインすることはを目指してMasaya Ando
 
UXデザインとコンセプト評価 ~俺様企画はだめなのよ
UXデザインとコンセプト評価~俺様企画はだめなのよUXデザインとコンセプト評価~俺様企画はだめなのよ
UXデザインとコンセプト評価 ~俺様企画はだめなのよMasaya Ando
 

Similar to 今後のPRMU研究会を考える (20)

Service Design Roundtable on 2/15/2014, Y. Sawatani
Service Design Roundtable on 2/15/2014, Y. SawataniService Design Roundtable on 2/15/2014, Y. Sawatani
Service Design Roundtable on 2/15/2014, Y. Sawatani
 
音声合成研究を加速させるためのコーパスデザイン
音声合成研究を加速させるためのコーパスデザイン音声合成研究を加速させるためのコーパスデザイン
音声合成研究を加速させるためのコーパスデザイン
 
2015-11-07 電子工作でクリスマス飾りを作ろう会(2015年度WiTワークショップ)
2015-11-07 電子工作でクリスマス飾りを作ろう会(2015年度WiTワークショップ)2015-11-07 電子工作でクリスマス飾りを作ろう会(2015年度WiTワークショップ)
2015-11-07 電子工作でクリスマス飾りを作ろう会(2015年度WiTワークショップ)
 
我々はどこへ行くのか: UXの誤解の先にある未来
我々はどこへ行くのか: UXの誤解の先にある未来我々はどこへ行くのか: UXの誤解の先にある未来
我々はどこへ行くのか: UXの誤解の先にある未来
 
モバイル空間統計を活用した日常時・災害時滞在人口の動態分析
モバイル空間統計を活用した日常時・災害時滞在人口の動態分析モバイル空間統計を活用した日常時・災害時滞在人口の動態分析
モバイル空間統計を活用した日常時・災害時滞在人口の動態分析
 
UX白書には本当は何が書かれているか
UX白書には本当は何が書かれているかUX白書には本当は何が書かれているか
UX白書には本当は何が書かれているか
 
文部科学省 情報ひろばサイエンスカフェ「ロボット・情報×つながり」 / 20170126 mext science_cafe
文部科学省 情報ひろばサイエンスカフェ「ロボット・情報×つながり」 / 20170126 mext science_cafe文部科学省 情報ひろばサイエンスカフェ「ロボット・情報×つながり」 / 20170126 mext science_cafe
文部科学省 情報ひろばサイエンスカフェ「ロボット・情報×つながり」 / 20170126 mext science_cafe
 
音声の声質を変換する技術とその応用
音声の声質を変換する技術とその応用音声の声質を変換する技術とその応用
音声の声質を変換する技術とその応用
 
SocSci Meetup
SocSci MeetupSocSci Meetup
SocSci Meetup
 
屋内測位技術の現状 #wakate2014w
屋内測位技術の現状 #wakate2014w屋内測位技術の現状 #wakate2014w
屋内測位技術の現状 #wakate2014w
 
使う人の体験を時間軸で考えよう 〜UXデザインの視点を取り入れる
使う人の体験を時間軸で考えよう〜UXデザインの視点を取り入れる使う人の体験を時間軸で考えよう〜UXデザインの視点を取り入れる
使う人の体験を時間軸で考えよう 〜UXデザインの視点を取り入れる
 
2チケット&計測」書籍で訴えたい
2チケット&計測」書籍で訴えたい2チケット&計測」書籍で訴えたい
2チケット&計測」書籍で訴えたい
 
第6回理系Ao入試フォーラムスライド(竹松)
第6回理系Ao入試フォーラムスライド(竹松)第6回理系Ao入試フォーラムスライド(竹松)
第6回理系Ao入試フォーラムスライド(竹松)
 
PDRビジネス元年 (と言い出してから半年)
PDRビジネス元年(と言い出してから半年)PDRビジネス元年(と言い出してから半年)
PDRビジネス元年 (と言い出してから半年)
 
Present Status of Japanese Computer Science at Universities (in Japanese)
Present Status of Japanese Computer Science at Universities (in Japanese)Present Status of Japanese Computer Science at Universities (in Japanese)
Present Status of Japanese Computer Science at Universities (in Japanese)
 
音楽を見る:情報可視化技術の音楽情報処理への適用
音楽を見る:情報可視化技術の音楽情報処理への適用音楽を見る:情報可視化技術の音楽情報処理への適用
音楽を見る:情報可視化技術の音楽情報処理への適用
 
オープンデータが変える公共交通 〜新しいサービス・新しい利用促進〜 (IODD2015掛川会場 基調講演)
オープンデータが変える公共交通 〜新しいサービス・新しい利用促進〜 (IODD2015掛川会場 基調講演)オープンデータが変える公共交通 〜新しいサービス・新しい利用促進〜 (IODD2015掛川会場 基調講演)
オープンデータが変える公共交通 〜新しいサービス・新しい利用促進〜 (IODD2015掛川会場 基調講演)
 
1/21イベント2)13:45〜14:30 基調講演 松居先生
1/21イベント2)13:45〜14:30 基調講演 松居先生1/21イベント2)13:45〜14:30 基調講演 松居先生
1/21イベント2)13:45〜14:30 基調講演 松居先生
 
人々が“社会と関わっている実感”をデザインすることはを目指して
人々が“社会と関わっている実感”をデザインすることはを目指して人々が“社会と関わっている実感”をデザインすることはを目指して
人々が“社会と関わっている実感”をデザインすることはを目指して
 
UXデザインとコンセプト評価 ~俺様企画はだめなのよ
UXデザインとコンセプト評価~俺様企画はだめなのよUXデザインとコンセプト評価~俺様企画はだめなのよ
UXデザインとコンセプト評価 ~俺様企画はだめなのよ
 

More from Yoshitaka Ushiku

機械学習を民主化する取り組み
機械学習を民主化する取り組み機械学習を民主化する取り組み
機械学習を民主化する取り組みYoshitaka Ushiku
 
ドメイン適応の原理と応用
ドメイン適応の原理と応用ドメイン適応の原理と応用
ドメイン適応の原理と応用Yoshitaka Ushiku
 
Reinforced Cross-Modal Matching and Self-Supervised Imitation Learning for Vi...
Reinforced Cross-Modal Matching and Self-Supervised Imitation Learning for Vi...Reinforced Cross-Modal Matching and Self-Supervised Imitation Learning for Vi...
Reinforced Cross-Modal Matching and Self-Supervised Imitation Learning for Vi...Yoshitaka Ushiku
 
これからの Vision & Language ~ Acadexit した4つの理由
これからの Vision & Language ~ Acadexit した4つの理由これからの Vision & Language ~ Acadexit した4つの理由
これからの Vision & Language ~ Acadexit した4つの理由Yoshitaka Ushiku
 
視覚と対話の融合研究
視覚と対話の融合研究視覚と対話の融合研究
視覚と対話の融合研究Yoshitaka Ushiku
 
Women Also Snowboard: Overcoming Bias in Captioning Models(関東CV勉強会 ECCV 2018 ...
Women Also Snowboard: Overcoming Bias in Captioning Models(関東CV勉強会 ECCV 2018 ...Women Also Snowboard: Overcoming Bias in Captioning Models(関東CV勉強会 ECCV 2018 ...
Women Also Snowboard: Overcoming Bias in Captioning Models(関東CV勉強会 ECCV 2018 ...Yoshitaka Ushiku
 
Vision-and-Language Navigation: Interpreting visually-grounded navigation ins...
Vision-and-Language Navigation: Interpreting visually-grounded navigation ins...Vision-and-Language Navigation: Interpreting visually-grounded navigation ins...
Vision-and-Language Navigation: Interpreting visually-grounded navigation ins...Yoshitaka Ushiku
 
Sequence Level Training with Recurrent Neural Networks (関東CV勉強会 強化学習論文読み会)
Sequence Level Training with Recurrent Neural Networks (関東CV勉強会 強化学習論文読み会)Sequence Level Training with Recurrent Neural Networks (関東CV勉強会 強化学習論文読み会)
Sequence Level Training with Recurrent Neural Networks (関東CV勉強会 強化学習論文読み会)Yoshitaka Ushiku
 
Learning Cooperative Visual Dialog with Deep Reinforcement Learning(関東CV勉強会 I...
Learning Cooperative Visual Dialog with Deep Reinforcement Learning(関東CV勉強会 I...Learning Cooperative Visual Dialog with Deep Reinforcement Learning(関東CV勉強会 I...
Learning Cooperative Visual Dialog with Deep Reinforcement Learning(関東CV勉強会 I...Yoshitaka Ushiku
 
Frontiers of Vision and Language: Bridging Images and Texts by Deep Learning
Frontiers of Vision and Language: Bridging Images and Texts by Deep LearningFrontiers of Vision and Language: Bridging Images and Texts by Deep Learning
Frontiers of Vision and Language: Bridging Images and Texts by Deep LearningYoshitaka Ushiku
 
Self-Critical Sequence Training for Image Captioning (関東CV勉強会 CVPR 2017 読み会)
Self-Critical Sequence Training for Image Captioning (関東CV勉強会 CVPR 2017 読み会)Self-Critical Sequence Training for Image Captioning (関東CV勉強会 CVPR 2017 読み会)
Self-Critical Sequence Training for Image Captioning (関東CV勉強会 CVPR 2017 読み会)Yoshitaka Ushiku
 
Asymmetric Tri-training for Unsupervised Domain Adaptation
Asymmetric Tri-training for Unsupervised Domain AdaptationAsymmetric Tri-training for Unsupervised Domain Adaptation
Asymmetric Tri-training for Unsupervised Domain AdaptationYoshitaka Ushiku
 
Recognize, Describe, and Generate: Introduction of Recent Work at MIL
Recognize, Describe, and Generate: Introduction of Recent Work at MILRecognize, Describe, and Generate: Introduction of Recent Work at MIL
Recognize, Describe, and Generate: Introduction of Recent Work at MILYoshitaka Ushiku
 
Deep Learning による視覚×言語融合の最前線
Deep Learning による視覚×言語融合の最前線Deep Learning による視覚×言語融合の最前線
Deep Learning による視覚×言語融合の最前線Yoshitaka Ushiku
 
Leveraging Visual Question Answering for Image-Caption Ranking (関東CV勉強会 ECCV ...
Leveraging Visual Question Answeringfor Image-Caption Ranking (関東CV勉強会 ECCV ...Leveraging Visual Question Answeringfor Image-Caption Ranking (関東CV勉強会 ECCV ...
Leveraging Visual Question Answering for Image-Caption Ranking (関東CV勉強会 ECCV ...Yoshitaka Ushiku
 
画像キャプションの自動生成
画像キャプションの自動生成画像キャプションの自動生成
画像キャプションの自動生成Yoshitaka Ushiku
 
CVPR 2015 論文紹介(NTT研究所内勉強会用資料)
CVPR 2015 論文紹介(NTT研究所内勉強会用資料)CVPR 2015 論文紹介(NTT研究所内勉強会用資料)
CVPR 2015 論文紹介(NTT研究所内勉強会用資料)Yoshitaka Ushiku
 
Curriculum Learning (関東CV勉強会)
Curriculum Learning (関東CV勉強会)Curriculum Learning (関東CV勉強会)
Curriculum Learning (関東CV勉強会)Yoshitaka Ushiku
 

More from Yoshitaka Ushiku (18)

機械学習を民主化する取り組み
機械学習を民主化する取り組み機械学習を民主化する取り組み
機械学習を民主化する取り組み
 
ドメイン適応の原理と応用
ドメイン適応の原理と応用ドメイン適応の原理と応用
ドメイン適応の原理と応用
 
Reinforced Cross-Modal Matching and Self-Supervised Imitation Learning for Vi...
Reinforced Cross-Modal Matching and Self-Supervised Imitation Learning for Vi...Reinforced Cross-Modal Matching and Self-Supervised Imitation Learning for Vi...
Reinforced Cross-Modal Matching and Self-Supervised Imitation Learning for Vi...
 
これからの Vision & Language ~ Acadexit した4つの理由
これからの Vision & Language ~ Acadexit した4つの理由これからの Vision & Language ~ Acadexit した4つの理由
これからの Vision & Language ~ Acadexit した4つの理由
 
視覚と対話の融合研究
視覚と対話の融合研究視覚と対話の融合研究
視覚と対話の融合研究
 
Women Also Snowboard: Overcoming Bias in Captioning Models(関東CV勉強会 ECCV 2018 ...
Women Also Snowboard: Overcoming Bias in Captioning Models(関東CV勉強会 ECCV 2018 ...Women Also Snowboard: Overcoming Bias in Captioning Models(関東CV勉強会 ECCV 2018 ...
Women Also Snowboard: Overcoming Bias in Captioning Models(関東CV勉強会 ECCV 2018 ...
 
Vision-and-Language Navigation: Interpreting visually-grounded navigation ins...
Vision-and-Language Navigation: Interpreting visually-grounded navigation ins...Vision-and-Language Navigation: Interpreting visually-grounded navigation ins...
Vision-and-Language Navigation: Interpreting visually-grounded navigation ins...
 
Sequence Level Training with Recurrent Neural Networks (関東CV勉強会 強化学習論文読み会)
Sequence Level Training with Recurrent Neural Networks (関東CV勉強会 強化学習論文読み会)Sequence Level Training with Recurrent Neural Networks (関東CV勉強会 強化学習論文読み会)
Sequence Level Training with Recurrent Neural Networks (関東CV勉強会 強化学習論文読み会)
 
Learning Cooperative Visual Dialog with Deep Reinforcement Learning(関東CV勉強会 I...
Learning Cooperative Visual Dialog with Deep Reinforcement Learning(関東CV勉強会 I...Learning Cooperative Visual Dialog with Deep Reinforcement Learning(関東CV勉強会 I...
Learning Cooperative Visual Dialog with Deep Reinforcement Learning(関東CV勉強会 I...
 
Frontiers of Vision and Language: Bridging Images and Texts by Deep Learning
Frontiers of Vision and Language: Bridging Images and Texts by Deep LearningFrontiers of Vision and Language: Bridging Images and Texts by Deep Learning
Frontiers of Vision and Language: Bridging Images and Texts by Deep Learning
 
Self-Critical Sequence Training for Image Captioning (関東CV勉強会 CVPR 2017 読み会)
Self-Critical Sequence Training for Image Captioning (関東CV勉強会 CVPR 2017 読み会)Self-Critical Sequence Training for Image Captioning (関東CV勉強会 CVPR 2017 読み会)
Self-Critical Sequence Training for Image Captioning (関東CV勉強会 CVPR 2017 読み会)
 
Asymmetric Tri-training for Unsupervised Domain Adaptation
Asymmetric Tri-training for Unsupervised Domain AdaptationAsymmetric Tri-training for Unsupervised Domain Adaptation
Asymmetric Tri-training for Unsupervised Domain Adaptation
 
Recognize, Describe, and Generate: Introduction of Recent Work at MIL
Recognize, Describe, and Generate: Introduction of Recent Work at MILRecognize, Describe, and Generate: Introduction of Recent Work at MIL
Recognize, Describe, and Generate: Introduction of Recent Work at MIL
 
Deep Learning による視覚×言語融合の最前線
Deep Learning による視覚×言語融合の最前線Deep Learning による視覚×言語融合の最前線
Deep Learning による視覚×言語融合の最前線
 
Leveraging Visual Question Answering for Image-Caption Ranking (関東CV勉強会 ECCV ...
Leveraging Visual Question Answeringfor Image-Caption Ranking (関東CV勉強会 ECCV ...Leveraging Visual Question Answeringfor Image-Caption Ranking (関東CV勉強会 ECCV ...
Leveraging Visual Question Answering for Image-Caption Ranking (関東CV勉強会 ECCV ...
 
画像キャプションの自動生成
画像キャプションの自動生成画像キャプションの自動生成
画像キャプションの自動生成
 
CVPR 2015 論文紹介(NTT研究所内勉強会用資料)
CVPR 2015 論文紹介(NTT研究所内勉強会用資料)CVPR 2015 論文紹介(NTT研究所内勉強会用資料)
CVPR 2015 論文紹介(NTT研究所内勉強会用資料)
 
Curriculum Learning (関東CV勉強会)
Curriculum Learning (関東CV勉強会)Curriculum Learning (関東CV勉強会)
Curriculum Learning (関東CV勉強会)
 

Recently uploaded

COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)NTT DATA Technology & Innovation
 
20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishin
20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishin20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishin
20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishinMakoto Mori
 
00001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_2024022700001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_20240227ssuserf8ea02
 
20240227_IoTLT_vol108____kitazaki_v1.pdf
20240227_IoTLT_vol108____kitazaki_v1.pdf20240227_IoTLT_vol108____kitazaki_v1.pdf
20240227_IoTLT_vol108____kitazaki_v1.pdfAyachika Kitazaki
 
BusTimeTable by Edge Runtime - 公共交通オープンデータ最前線2024 -
BusTimeTable by Edge Runtime - 公共交通オープンデータ最前線2024 -BusTimeTable by Edge Runtime - 公共交通オープンデータ最前線2024 -
BusTimeTable by Edge Runtime - 公共交通オープンデータ最前線2024 -yuutahatano
 
Kubernetes環境のアプリケーションバックアップソフトウェアKasten K10ご紹介
Kubernetes環境のアプリケーションバックアップソフトウェアKasten K10ご紹介Kubernetes環境のアプリケーションバックアップソフトウェアKasten K10ご紹介
Kubernetes環境のアプリケーションバックアップソフトウェアKasten K10ご紹介FumieNakayama
 

Recently uploaded (6)

COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
 
20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishin
20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishin20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishin
20240227 完全に理解した LT 「mise いいよ mise」 / morishin
 
00001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_2024022700001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_20240227
 
20240227_IoTLT_vol108____kitazaki_v1.pdf
20240227_IoTLT_vol108____kitazaki_v1.pdf20240227_IoTLT_vol108____kitazaki_v1.pdf
20240227_IoTLT_vol108____kitazaki_v1.pdf
 
BusTimeTable by Edge Runtime - 公共交通オープンデータ最前線2024 -
BusTimeTable by Edge Runtime - 公共交通オープンデータ最前線2024 -BusTimeTable by Edge Runtime - 公共交通オープンデータ最前線2024 -
BusTimeTable by Edge Runtime - 公共交通オープンデータ最前線2024 -
 
Kubernetes環境のアプリケーションバックアップソフトウェアKasten K10ご紹介
Kubernetes環境のアプリケーションバックアップソフトウェアKasten K10ご紹介Kubernetes環境のアプリケーションバックアップソフトウェアKasten K10ご紹介
Kubernetes環境のアプリケーションバックアップソフトウェアKasten K10ご紹介
 

今後のPRMU研究会を考える