Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Panel chart

928 views

Published on

パネルチャートのColumn Divider, Row Dividerの計算式の意味を解説しようと頑張った結果です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Panel chart

  1. 1. パネルチャートの Column/Row Dividerについて Yoshitaka Arakawa 注 ・数学の専門家ではないので、恐らく適当なこと言ってます。 ・今回のような「任意の数列を正方行列に1列or1行足した形で表す」という問題は、 必ずどこかで研究されていると思うので、ご存知の方はご一報いただければありがたいです。
  2. 2. 【INDEX()とSIZE()について】 Sub Categoryに沿ったINDEXは1~17です。 したがって、SIZE()は17を返します。 なので、ROUND(SQRT(SIZE()))は4を返します。 まずはINDEX()-1を使わずに、INDEX()それだけで見てみます。 以下、次のように表記します。 参照 Row Divider: INT((INDEX()-1)/(ROUND(SQRT(SIZE())))) Column Divider: INT((INDEX()-1)%(ROUND(SQRT(SIZE())))) 参照 𝑁 := SIZE(), (今回の場合𝑁 =17) [ 𝑁] := ROUND(SQRT(SIZE())). (今回の場合[ 𝑁] =4) 𝑎: INDEX()を[ 𝑁]で割った商 𝑏: INDEX()を[ 𝑁]で割った余り はじめに
  3. 3. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ⋮ 15 16 17 参照 Row Divider: INT((INDEX()-1)/(ROUND(SQRT(SIZE())))) Column Divider: INT((INDEX()-1)%(ROUND(SQRT(SIZE())))) 参照 𝑁 := SIZE(), (今回の場合𝑁 =17) [ 𝑁] := ROUND(SQRT(SIZE())). (今回の場合[ 𝑁] =4) 𝑎: INDEX()を[ 𝑁]で割った商 𝑏: INDEX()を[ 𝑁]で割った余り 𝑎 = 0 𝑎 = 1 𝑎 = 3 𝑎 = 2 𝑎 = 4 𝑏 = 1𝑏 = 2𝑏 = 3𝑏 = 4 【1~17の数字を𝑎と𝑏でグルーピング】 左図はそれぞれのINDEX()について、 𝑎と𝑏の値でグループ分けしています。 【なぜINDEX()-1を使うのか】 これを見ると、 𝑎 = 0の場合だけ3つの数字、それ以降で 4つに分けられています。 これをINDEX()→INDEX()-1にすることで、最初から4つの数字を グループにできます。 INDEXのグループ分け
  4. 4. 参照 Row Divider: INT((INDEX()-1)/(ROUND(SQRT(SIZE())))) Column Divider: INT((INDEX()-1)%(ROUND(SQRT(SIZE())))) 参照 𝑁 := SIZE(), (今回の場合𝑁 =17) [ 𝑁] := ROUND(SQRT(SIZE())). (今回の場合[ 𝑁] =4) 𝑎: INDEX()を[ 𝑁]で割った商 𝑏: INDEX()を[ 𝑁]で割った余り 【INDEX()-1が作る行列】 左図はそれぞれのINDEX()について、 𝑎と𝑏の値でグループ分けしています。 先ほどのグルーピングを用いて行列を作ります。 Row方向、Column方向に数字を整列させると、左のようになります。 ここで𝑎がRow Dividerに、 𝑏がColumn Dividerに対応します。 𝑎 = 0 𝑎に関する方向 𝑎 = 1 𝑎 = 2 𝑎 = 3 𝑎 = 4 𝑏 に 関 す る 方 向 行列に変換
  5. 5. 一般化 0 1 2 ⋮ [ 𝑁] − 1 [ 𝑁] [ 𝑁] + 1 ⋮ 𝑘[ 𝑁]+ [ 𝑁] − 1 𝑘[ 𝑁] 𝑘[ 𝑁] + 1 ⋮ 𝑁 − 1 𝑁 ただし0 ≤ 𝑘 < [ 𝑁] 0 1 ⋯ 𝑁 − 2 𝑁 − 1 ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ 𝑘 𝑁 𝑘 𝑁 + 1 ⋯ 𝑘 𝑁 + 𝑁 − 2 𝑘 𝑁 + 𝑁 − 1 ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ 𝑎 = 0 𝑎 = 𝑘

×