Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20160218 devsumi

1,390 views

Published on

Developers Summit 2016 での講演資料です。

Published in: Engineering

20160218 devsumi

  1. 1. アジャイル開発で ハードウェアをつくる 〜イノベーションはラーメン食えればいい!〜 2016.02.18 デブサミ2016 秘密結社オープンフォース 河野悦昌(かわの・よしまさ)
  2. 2. プロフィール ● オープンフォース – IT勉強会などを行うための非営利団体であり秘密結社 ● FABLIB – ファブリケーション施設のための共有ライブラリ – 回路図、ソフトウェア、ノウハウ、講習テキスト ● オープンハードカンファレンス ● 「Raspberry Pi 電子工作レシピ」
  3. 3. ブース ● 日本Androidの会 秋葉原支部 ロボット部 ● オープンJAM ● IoTの薄い本を販売するよ! ● キット付だよ!
  4. 4. 概要 ● 次の波:ハードウェア – 不完全燃焼 – 前時代的エコシステム ● Web開発の手法を応用して 早く安くセンスの良いハードウェアを 作ろうではないか ● 3年間の実体験。
  5. 5. もくじ ● 1.ハードウェアガジェットの恐るべき混沌 ● 2.1000万円を銀行から借りますか? ● 3.イノベーションを起こすためには? ● 4.ラーメン食べるだけでいい ● 5.世界と戦うには? ● 6.悪にならないためには? ● 7.ハードウェアのことを今から知るには?
  6. 6. 1.ハードウェアガジェットの 恐るべき混沌
  7. 7. クラウドファンディング! ● ハードウェアガジェット
  8. 8. スマホ充電ガジェット ● 焚き火で充電 ● 燃料電池で充電 ● 体温で充電 ● 太陽電池で充電
  9. 9. インターネット鍵 ● Bluetoothで ● Wi-Fiで ● 1年待機
  10. 10. 宇宙の法則が乱れる! ● エネルギー収支
  11. 11. 充電ガジェット ● 焚き火で充電 ● 数千ドル成立! ● 充電するのに6時間焚き火をする?
  12. 12. 充電ガジェット ● 体温で発電! ● 成立数千ドル! ● 得られる電力は必要量の1/500だけ ど・・・
  13. 13. インターネット鍵 ● 成立 数万ドル! ● インターネット鍵BLEで待ち受け1年 だけど ● 毎日2回駆動すると ● Wi-Fiだと3日
  14. 14. 詐欺まがいのものが ● どうしてこれだけ持てはやされるの か? ● 何が一体悪いのか? – リテラシー? – クラウドファンディングのしくみ?
  15. 15. デモムービーウェア ● そもそも動いていないものを ● 3GCGでイメージを作り ● ムービーでお化粧 ● お金集めるが
  16. 16. そもそも実現不可能なので ● ピボットしてあたりさわりのないもの におちつくか ● 遅延を繰り返してクラッシュするか
  17. 17. 簡単なこと ● 簡単な収支計算 ● エネルギー ● 物理法則 ● お金集めてからでなければわからな い?
  18. 18. 浸透戦術とは? ● とにかく、やってみる ● 集合知でわいわいやればきっといい 考え方が
  19. 19. 浸透戦術とは? ● リミッターが人、未知のフィールドにあ るときは有効だが ● 物理法則に反しているものは解決し ない ● 浸透戦術に可能性があるるかどうか は簡単にわかる
  20. 20. 考えても、わからなかったら? ● 作ってみる? ● 作るためには?
  21. 21. 実例 ● ガイガーカウンター
  22. 22. ネック ● 測定 ● 統計のゆらぎ ● 意味のないデータで騒ぐ
  23. 23. 測定器 ● ガイガーカウンター ● 2011年 ● 手に入らない ● どうするか?
  24. 24. ガイガー管 ● ロシアから冷戦の遺物を輸入
  25. 25. ●放射線計測器を独自に開発 ● 高電圧回路 ● 写ルンですを分解 ● 福島ガイガーカウンター勉強会 ● 放射線をフレンドリーに
  26. 26. 知る ● つくることで、わかる!!
  27. 27. 2.1000万円を銀行から借り ますか?
  28. 28. 作るためには ● 試作品1000万円
  29. 29. 一体何にそんなにお金がか かるのか? ● 設計費用 200万円 ● 技適審査 200万円 ● 内部電子回路製造 100万円 ● ケース 500万円 ● ソフトウェア 100万円
  30. 30. 誰に話を聞いたのか? ● コンサルタント ● 外注
  31. 31. 作ったものがこれ? ● 見栄えはいいけど?? ● 致命的な思い違い ● 同時にライバルが現れて ● ピボット ● もう一度? No!
  32. 32. もう一度? ● No ● もう一度はできない ● ではなく ● Mustもう10度
  33. 33. 資金調達 ● 銀行? ● 個人? ● クラウドファンディング? ● VC?
  34. 34. 銀行? ● 担保? ● 失敗してナンボのものにお金出るの か?
  35. 35. VC? ● VCに持っていく前にプロトタイプを
  36. 36. クラウドファンディング? ● ううーむ ● 先に実証物をつくらないといけないと いうのが本論
  37. 37. 個人で出資 ● これが一番かも ● 個人で出資→実証物をつくる ● 売ってみる ● そして銀行とかからお金を借りる
  38. 38. 実例 ● リコーダーミューター
  39. 39. 実例 ● アドバイスを受ける ● 創業補助金を受ける ● 金型をつくらなきゃ! – 数百万?
  40. 40. 安くするために ● 自分で3D設計を! ● 3DCADを買う! ● 百万以上!!
  41. 41. お金を借りるために ● 販路を想定 ● エビデンスが必要 ● 全国の小学校に ● ヒアリング ● 大変!!
  42. 42. さくっと作っちゃう ● LibreOfficeで描いて レーザーカッター ● 秋月電子のスペー サー
  43. 43. ワークショップ ● オープンハード カンファレンス ● 商品の経験値UP!
  44. 44. そのまま売る ● Amazonで ● フルフィルメント – Amazonに送ると在庫として持ってくれる ● 育英資金から融資を受ける – これをつくって売ったというのが強力なエビデンス になった
  45. 45. 3.イノベーションを起こすた めには?
  46. 46. ブルーオーシャンの時代 ● フロンティア ● 高齢化 ● 生活 ● 介護 ● 農業 ● ・・・ ● ロボットを使って人間の労力をゼロに
  47. 47. インパクト ● 電子工作でやっていることは 所詮箱庭に過ぎない ● 真の破壊的技術とは?
  48. 48. ボトムアップ ● トップダウンの方法は取れない ● いかに市場をとるか ● ピボットの繰り返し
  49. 49. ソフトウェアの世界 ● 新理論・新知見ではないが ● IT化・インターネット化・クラウド化に よってもたらされたもの ● 流通革命 ● アメリカのウォルマートによるGDPの 影響はIT化によってもたらされたもの
  50. 50. ソフトウェアの世界 ● LAMPとAWSで ● それ自体はイノベーションではないが
  51. 51. ソフトウェアの世界 ● OSS ● チープ ● チープはスピードに転換される
  52. 52. ソフトウェアの世界 ● 引っ張っているもの ● アメリカ – シリコンバレーエコシステム ● 日本 – IT勉強会エコシステム
  53. 53. ハードウェアの世界 ● オープンソースハードウェア ● オープンソースハードウェアコミュニ ティ ● オープンソースハードウェアエコシス テム
  54. 54. エコシステム ● 勉強会 ● カンファレンス ● 最近はIT系勉強会でもハードウェア 比率高し!
  55. 55. 実例 ● エコシステムから 発生したもの ● KiCADで設計 ● 中華基板業者 ● 中華格安チップ ● 集合知
  56. 56. 実例 ● 勉強会 ● オープンハード カンファレンス
  57. 57. オープンハードカンファレンス(2月11日)
  58. 58. 4.ラーメン食べるだけでいい
  59. 59. ラーメンスタートアップの 世界 ● Amazon のt2.microで数カ月 ● 無料のLAMP環境 ● ソーシャルでPR ● ミニマムで数カ月運用 ● ピボットを繰り返して ● 当たったら一気にスケール ● それまではラーメン食べられるぐらいの稼ぎだけでい い
  60. 60. ソフトウェアとハードウェアの 違い ● ソフトウェアは限界費用≒ゼロ ● サーバ、回線はラーメン代ぐらいで ● ハードウェアは数百万 ● ハードウェア環境の進化 ● 実例 ● 10ドルで基板はできる ● Ki-CADでできる ● 実装費用 ● ケースは?
  61. 61. ピボットしてスケールが可能 か? ● 金型にお金をかけない ● 量産しない
  62. 62. LAMPに相当するもの ● KiCAD ● DigiKey ● Seeedstudio
  63. 63. vim に相当するもの ● 自分で手を下すもの – レーザーカッター – ホットプレート ● 表面実装 – はんだごて ● 最新の知見が反映されたもの!
  64. 64. pipに相当するもの ● できあいのライブラリ ● Arduino ● Raspberry Pi ● Aliexpress
  65. 65. AWSに相当するもの ● Amazon.jp ● フルフィルメント ● (Amazon.com)
  66. 66. 広告収入に相当するもの ● ワークショップ、執筆、キット販売 – 複合的に展開 ● ハードウェア連携クラウドサービス – クラウドからのマネタイズ
  67. 67. 実例 ● Raspberry Piをとりまく展開
  68. 68. Raspberry Piアドオンボード ● RaspberryHABU ● Raspberry Pi使いづらい ● 簡単にいろんなものが制御できる ● 保護 ● 電源
  69. 69. RaspberryHABU ● KiCADで設計 ● 中華PCB作成業者 でボードのみ製造 ● 組み立てはしない(コストダウン) ● 自分で作るキット ● Amazonおよび秋葉原などで販売
  70. 70. 書籍執筆 ● 翔泳社!! ● 初心者向けのフリしながら ● CUIで解説! ● SSHでログイン!
  71. 71. ワークショップ ● 書籍の内容を基に ● 小学生に ワークショップ ● CUIなのに! ● 「sudo IDLE3」を みんなで合言葉!
  72. 72. ビジネスモデル ● ワークショップ – 書籍売る – キット売る ● 書籍 – ワークショップのテキスト – セルフブランディング ● キット – 全国にリーチ – キットを使ったソリューションの提案
  73. 73. 5.世界と戦うには?
  74. 74. 世界と戦うためには? ● いかにしてライバルと戦うか ● 中国のバイタリティ ● コピー ● 知的財産を守るためには? ● 鈍いアカデミック ● 特許
  75. 75. 特許の例 ● 日本で取得 ● 経済的にあとはアメリカぐらいし か・・・ ● フランスからオファーが ● どうしよう!!
  76. 76. 知財の例 ● アカデミックはイノベーションエンジン であるべきだが ● 最近はアカデミックと連携しづらい ● 知財縛り ● アカデミックが負債となりかねない
  77. 77. 本当に必要なものは? ● コピーに勝つ ● 戦略1 – 中華より安く!! – ex,Raspberry Pi Zero ● 戦略2 – ホンモノか、ニセモノかのチェック
  78. 78. ホンモノを担保するには? ● 署名&暗号化 ● ソーシャルでの評価 ● 必要なのはコミュニティ ● コピー品を含めたエコシステム
  79. 79. エコシステムベース ● ゲームのどんでん返しが発生する ● 努力するしか無い ● 新陳代謝を妨げない
  80. 80. 必ずハマるトラップ ● 中国サイトで – パーツを調達 – アセンブリサービス – OEM ● 安い!! ● ・・・ ● いつまでたっても・・・ ● クレーム出したけど・・・
  81. 81. 中国と戦うには ● トラブル起こるのは当たり前!! ● ニセモノ来るのは当たり前!! ● トラブルマネジメントが必須!! ↓ ● マネジメントの差 ● 差別化
  82. 82. コピーと戦うには ● 中国でもニセモノには辟易 ● 質の悪いニセモノには明らかに差別 化できる
  83. 83. 質の良いニセモノは厄介 ● ニセモノから独自進化するバイタリ ティ ● 知的所有権で守るのではなく攻める ● 中国の弱いところは? ● UI!!
  84. 84. UI!! ● 中華レーザーカッターのUIは ● CorelLaserのパチもん ● 苦しみ抜いて使わないといけない
  85. 85. 実例 ● 地溝油!! ● 中国では、ドブに溜まった廃油を回 収、再生して食用油に! ● 地溝油を検出するデバイス
  86. 86. 地溝油! ● 酸化した油を可視化
  87. 87. 結果をクラウドにアップロード ● データをソーシャルで閲覧 ● あのお店は安心? ● 風評被害に!!
  88. 88. 内部に暗号化チップ ● データは署名済み ● 個体識別→データ蓄積 ● 計測者の信頼性をスコア付
  89. 89. 内部に暗号化チップ ● ホンモノとニセモノの識別に ● サーバは日本に ● 信頼性をブランディング
  90. 90. 6.悪にならないためには?
  91. 91. 悪になんてならないよ!
  92. 92. 朱に交われば・・・ ● 蔓延する詐欺 ● 蔓延する子供だまし ● 蔓延する悪貨
  93. 93. どうしても、 ● ほんのちょっとで動かない・・・ ● プレゼンだけだから・・・
  94. 94. 動くものファースト ● 見栄えよりも実証物を ● ラピッドプロトタイプで
  95. 95. 説得力 ● 動いたデータは何よりも雄弁
  96. 96. 実例 ● DELive
  97. 97. 珪藻土 ● 安全 ● 安心 ● 自然素材
  98. 98. DELiveシリーズの開発 ● イベントで組み立て ● その場でピザを焼く
  99. 99. Mk.1 ● 30cmピザバージョン ● オープンハードカンファレンス 2015 Nagano
  100. 100. Mk.2 ● 25cmピザバージョン ● 小さいピザをたくさん食べるのが楽し い!
  101. 101. Mk.4 ● 蓄熱体を使った熱慣性制御 ● 性能安定 ● 200名規模イベントに投入
  102. 102. Mk.5 ● カセットコンロバージョン ● 電源無いアウトドアで利用可能
  103. 103. Mk.6 ● 制御プログラムを使った熱慣性制御 ● ヒータ位置を離して熱慣性・・・ ● ギークハウス大阪池田に設置
  104. 104. Mk.7 炭火バージョン ● キャンピング場でテスト
  105. 105. 楽しい! ● 食材瞬殺の懇親会ではなく ● 自分で作って ● お腹いっぱい ● 会費¥2000で儲かる!
  106. 106. Raspberry Pi でラズベリーパイをどうぞ 秘密結社オープンフォース 300℃ 150秒 ラズベリー! バナナ! Raspberry Pi で制御 12V電源 サーミスタ熱電対へ ヒーターへ リレー 温度センサ 拡張ボード RaspberryHabu sshで ログインして 温度設定 DEシリーズの 試作品は RaspberyPiで 制御!
  107. 107. Raspberry Piで制御 400℃以上の温度が使える石窯は調理設備 としての能力は圧倒的であるが小山のような サイズであり、運用には制限が伴う。 DEシリーズは優れた断熱性能を持つ珪藻土 等を用い、輻射熱による調理に特化したこと により従来型石窯よりもはるかに小型化した ものである。 100V家庭用電源で強力な調理を行うことが でき、また一般家庭のリビングなどでの運用 が可能である。 エネルギー機動理論(ジョン・ボイド)。断熱性、耐熱性に優れた素材を使うことで、500℃前後までエネルギーを 効率よく蓄えることができる。100Vの家庭用コンセントでも480℃に予熱でき、100秒でピザが焼き上がる。 熱効率に優れた輻射熱型電気石窯 2200 2300 2400 2500 2600 2700 秒 石窯の 蓄熱量 KJ 3000 2950 2900 2850 2800 輻射熱による エネルギー伝達 2000Wx100sec 回復期間 調理完了 食材投入 余熱完了 余熱時間40分 庫内雰囲気温 ℃ 500 400 300 デンプン アルファー化 吸熱期間 ドア開閉に よる温度低下 ドア開閉に よる温度低下 DiatmiteExcitationer Live Version DELive 珪藻土石窯DEシリーズ DELive 自分で焼くピザパーティーは ・焼きたてはウマイ ・みんなで焼けば楽しい ・ピザの材料は安い ・ピザパーティはチープな感じがしない ・腹いっぱい食える 数分でピザを焼くDE石窯を用いれば 無限ピザプロジェクト 消費電力 1250W 絶対最大定格 700℃ 分解してコンパクトに搬入、 パーティ会場で組立、素早く 撤収可能にした積木式モデル。 SPEC.
  108. 108. エビデンス! 0 100 200 300 400 500 600 700 bottom top gas 余熱終わり 待機中 1枚目 ガスボンベ温度 再加熱スタート 2枚目 9枚目 8枚目 7枚目 6枚目 5枚目 4枚目 3枚目 OFFOFF OFF 解体 ピザ焼成中のカセットコンロ版DELive試作石窯温度変化2015.06.11
  109. 109. 7.ハードウェアのことを今か ら知るには?
  110. 110. とにかくやってみる ● イニシャルコストは低い
  111. 111. やってみるの禁止 ● ビデオを作るのは禁止 ● モノがないのに多額の費用を
  112. 112. つるつる禁止 ● こだわらない ● 見栄え→つるつるにこだわりたい
  113. 113. つるつる禁止 ● 3Dプリンタはざらざら ● ざらざら面が汚いではなく ● Makersとしてのかっこよさとして表に
  114. 114. ケースに入れないと ● 基板だけで ● むき出しで
  115. 115. Makersデザイン ● レーザーカッター だと つるつるに!
  116. 116. 基板を安く作るには? ● 10cmx10cmに複数枚 ● 切断サービスができない
  117. 117. 自分で切る ● 「テスキー」 ● 悩むよりさくっと切ってしまう
  118. 118. 実例 ● 毎月の勉強会 ● スタートアップの お話も
  119. 119. まとめ ● ハードウェアの開発の世界は、まだまだ 遅れています。 ● Webサービスやスマホ開発などのイノ ベーション手法を、ハードウェア開発に 使う ● 格段に早く安くセンスの良いものを作れ るようにしていこうではありませんか。
  120. 120. 宣伝
  121. 121. オープンハード カンファレンス ● 7月 大阪で開催! ● 9月 東京で開催! ● 他 長野など全国で開催!
  122. 122. 本日販売中! – CUIでヤる Raspberry Pi – 書籍販売コーナーで 本日販売中! – サインするよ!
  123. 123. コミュニティブース – 日本Androidの会秋葉原支部ロボット部
  124. 124. お礼 取材協力 – KOTORI楽器 – ありがとう!
  125. 125. 俺たちの戦いはこれからだ! ● 次回作にご期待ください!

×