qpstudy 2014.04 新人さん@頑張らない 改訂版

1,874 views

Published on

Published in: Health & Medicine

qpstudy 2014.04 新人さん@頑張らない 改訂版

  1. 1. 新人さん@がんばらない 改訂版 @kometchtech #qpstudy 2014.04
  2. 2. 自己紹介 • @kometchtech / ホリゴメ • 都内某所で社内SE • Ipv6study / IYHstudy / Routerboard Users Group JP 主宰
  3. 3. • 昨年の#qpstudy 2013.04でも、 「新人さん@がんばらない」 という発表をさせていただいたのですが、 つい先日社会復帰できたのでそれを踏まえた 上で、敢えてご来場の皆様に伝えておきたい ことがありましたので発表させていただくことに なりました。
  4. 4. ご注意 • 私は精神医療の専門家ではありません。 • これから話すことは自分の経験則に基づくも のです。 • 効果効能は個人差があります。
  5. 5. 内容 • どうしてうつ病になってしまったのか? • どうすれば良かったのか? • 社会復帰までの道のり • 新人さんに向けて言っておきたいこと
  6. 6. 自分のスキル不足 • 新しくCloudStackの構築経験に携わることに なった。 • それまではWindowsサーバやAIX、HP-UXな どの運用構築経験しかなかった。 • RHELの自動構築と、Windows ServerのAIK などの混在環境構築などがあった。 • 今までといろいろと勝手が違う。
  7. 7. プロジェクトマネジメントの破綻 • そもそもプロジェクトマネージャーがいなかった • 個々人が自分のタスクに時間を取られ、全体 を管理されておらず、進捗すら確認できない状 況だった • 構築作業を行うべき人が、他ベンダーさんとの 調整に時間を取られていた • WBSが役に立っていない
  8. 8. お客様からの強烈なプレッシャー • 上から数えたほうが早い大きなお客様 • 求められるサービスの質の高さが桁が違う • 自分が聞いた時と話が違うので、毎回打合せ では持ち帰り案件が増え、それがお客様から 気に入らない状況になっていた。 →こちらも適切な人員を配置できていなかった
  9. 9. 体調管理の失敗 • 打合せに時間が取られる →構築作業に取りかかれない • こちらの詳細設計が甘く、お客に詰められる →作業の出戻りが発生する • 遅れを取り戻すため、会社に泊まりこむように なる。 • 家に帰っても、設計書作成などを続ける状態 • 最終的には会社の椅子がベッド代わり • 終いには目眩や頭痛が止まらなくなる。
  10. 10. どうすればよかったのか? • 自分のもつスキルの正しい認識 • ちゃんとプロジェクトマネジメント出来る人を配 置し、正しい現状認識を行う • プレッシャーを跳ね返す、説得材料、または詳 細設計書を用意する • なるべく残業しない体調管理
  11. 11. どうすればよかったのか? • もっと、周囲の人を頼る、上司に相談する。 • 体調の変化を感じたら、積極的に産業医など に相談する。 ただし、これについては自分では変化に気が 付かない場合が多いので、気をつけること
  12. 12. 体調の悪化~休職 • PCに向かうのが億劫になってくる • PCに向かっていると、目眩や頭痛、吐き気が してくる。あと胃痛。 • 始発の電車を待っていると、ふと楽になりたい 感情に駆られる。 • 帰宅し、次の日起床しても布団から起き上が れない • 最終的に知人に言われて心療内科に。
  13. 13. 休職~最初の半年 • 休職期間中(最大1年半)は、健康保険組合か ら傷病手当金(給与の60%)が支給されます (要申請)。 • 仕事のことはすっぱり忘れるようにする。 • 外出するのが億劫になる →今はAmazonやらネットスーパーがあって助 かりました。 • 無理しながら実家に帰省して、話し相手を作る。 もしくは安心できる空間にいる。
  14. 14. 半年~1年目 • 寝てばかりで人との触れ合いを忘れてしまう。 →愚痴が言える友人に会ってみる。 • 昼間に外を歩くようになる。 →でも、外に出て日光を浴びるとかは気持ち の意味で楽になる。 • 料理をしたり、時間が無かった時に出来なかっ たことをやるなどして、自発的に気分転換をす るようにした
  15. 15. 1年目~1年半 • 仕事中は出来なかった趣味をする 読書(図書館など)、カメラ(写真撮影)など →あまり家にいない状況にする • 合う薬、合わない薬、またはその日の状況に よって気分に山や谷があるので無理はしない。 • 生活のリズムを作り始める。 • あとはリハビリに出られるようになったら、時短 勤務などを始めてみるのもいいかも。
  16. 16. 1年半目~ハローワーク • 私の場合は、会社を退職しました。 • 傷病手当金から失業保険に切り替え • ただし、体調は優先されたほうがいいです。 悪化することもあるので。 • 金銭面で難しい場合は、自治体などの福祉課 などに相談すること。 • 国保、年金の減免・免除などが受けられる場合が あります。
  17. 17. ハローワーク~就職 • 自分の体力と相談しながら、職業相談を受け る。または、インターネットを活用する。 • ただし、失業保険を受給資格には、インターネット による求職活動は認められていません。 • 私の場合は、時短勤務などのリハビリから付 き合ってもらえる会社さんに巡り会えたので、 そこで時短勤務というリハビリを1年ほど続け ました。
  18. 18. 医療制度の活用 • 自立支援医療(精神通院医療)
 http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/jiritsu/ seishin.html • 医療費の自己負担が原則1割に軽減 • 精神障害保健福祉手帳制度
 http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/3_06notebook.html • 障害者手帳のひとつ • 自治体などの税金の減額・免除などのサービスを 受けることができます
  19. 19. 新人さんに向けて言っておきたいこと • 自分のスキルは把握しておくこと • 出来ないことは出来ないということ • 自分の体力・体調を過信しないこと →思ったよりも精神的負担は、身体にも影響 がありますよ • 今回のことを糧に次回に活かすようにする
  20. 20. 新人さんに向けて言っておきたいこと • エンジニアは身体を壊してなんぼ、なんて言わ れるけど、自分から言わせてもらえば迷信。 →身体を壊せば働けなくなるし、収入がなくな る • 限界を知るのは(・∀・)イイ!!というケド、結局上 と同じ理由で壊したら元も子もない。 • 効いているか分かりづらい薬をたくさん飲み続 けるのは結構苦痛(プラシーボみたいなものも ある)
  21. 21. • 体を壊すまで働くのは意味が無い • 無理なら無理と言う勇気を持とう • 案外身体は思ったよりも丈夫じゃない • 愚痴の言える友人を持とう • ダメだと思ったら勇気を出して相談するなり、 医療機関に行こう • 根性論だけだとどうにもならない • 国保とか年金とかハローワークの手続き面倒 くさい
  22. 22. • 国保、年金などの税金関係は、思いの外負担 が大きいので、すぐに自治体に相談すること。 • 減免、免除などが受けられたります。 • 医療制度の活用 • 通院中の医療費も馬鹿になりません。先述したとお り活用できる医療制度があるので、活用しましょう。

×