Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ソーシャル採用管理ソリューションのご紹介

1,439 views

Published on

プライスウォーターハウスクーパース株式会社
ソーシャル採用管理ソリューションのご紹介

Published in: Business
  • Be the first to comment

ソーシャル採用管理ソリューションのご紹介

  1. 1. ソーシャル採用管理ソリューションの ご紹介 www.pwc.com/jp/advisory プライスウォーターハウスクーパース株式会社
  2. 2. PwC 1. 現在の採用市場動向 a. 採用マーケットの動向 b. 採用コスト支出傾向 c. 採用手法への意向変化 2. 今後の人財採用に求められるもの a. 採用業務に求められるコンセプト b. 業務を支えるシステム要件 c. ソーシャル採用管理ソリューション機能 d. 特筆すべき3つの機能 Agenda 3. ソリューション紹介 1. ダイレクトリクルーティングへの対応 a. ダイレクトリクルーティングとは b. ダイレクトリクルーティング機能事例 2. 採用KPI分析への対応 a. 採用KPIと期待効果 b. PresettingKPI管理事例 3. Global一元管理への対応 a. Global一元管理と期待効果 b. Presettingダッシュボード管理事例
  3. 3. PwC 1. 現在の採用市場動向 a. 採用マーケットの動向 b. 採用コスト支出傾向 c. 採用手法への意向変化 2. 今後の人財採用に求められるもの a. 採用業務に求められるコンセプト b. 業務を支えるシステム要件 c. ソーシャル採用管理ソリューション機能 d. 特筆すべき3つの機能 Agenda 3. ソリューション紹介 1. ダイレクトリクルーティングへの対応 a. ダイレクトリクルーティングとは b. ダイレクトリクルーティング機能事例 2. 採用KPI分析への対応 a. 採用KPIと期待効果 b. PresettingKPI管理事例 3. Global一元管理への対応 a. Global一元管理と期待効果 b. Presettingダッシュボード管理事例
  4. 4. PwC 採用マーケットの動向 73.2% 41.6% 25.5% 24.5% 19.5% 17.6% 17.1% 12.4% 1.6% グローバル化を推進する人材の確保・育成 グローバルに通用する製品・サービスの輸出 グローバルでの企業理念・ビジョンの徹底 グローバルでの仕組み・制度の一体化 海外拠点(研究・開発、生産、販売)の設立 海外拠点との人材交流 既にある製品・サービスの輸出 特にない その他 厚生労働省 平成17年-平成26年 一般職業紹介状況より グローバル化の推進にあたっての課題 0.45 0.56 0.68 0.82 0.93 1.10 平 成 2 1 年 度 平 成 2 2 年 度 平 成 2 3 年 度 平 成 2 4 年 度 平 成 2 5 年 度 平 成 2 6 年 度 年次 120% UP 有効求人倍率1倍超。売手市場へ推移 売手市場へ グローバル 人材の獲得 が求められ ている 厚生労働省 平成17年-平成26年 一般職業紹介状況より 採用マーケットの環境は、売手市場であり、かつグローバルでの人材の管理、獲得が求められなど 人材要件が高度化しています。 中途採用におけるマーケットの動向 4
  5. 5. PwC 1133.5 384.6 183.7 110.3 562.8 186.2 111.2 74.7 300人以上 100人-299人 30人-99人 29人以下 人材紹介にかけた費用 求人広告にかけた費用 採用コスト支出傾向 企業規模に関わらず、採用費は高騰しており、60%以上の企業で対前年比において採用関連 の投資を増加させる傾向にあります。 中途採用におけるコスト動向 マイナビ転職 中途採用状況調査(2012年9月~2013年8月)より 企業規模に関わらず、採用費は増加傾向にある 求人広告の 約2倍の費用 がかかっている 26.2% 34.8% 35.2% 42.6% 34.8% 29.5% 26.8% 24.0% 28.4% 30.4% 29.6% 26.4% 6.4% 4.5% 5.6% 2.3% 4.3% 0.9% 2.8% 4.7% 300人以上 100人-299人 30人-99人 29人以下 対前年比30%以上増加 対前年比11%から29%以内の増加 前年と変わらない 対前年比11%から29%以内の減少 対前年比30%以上減少 従業員規模 人材紹介に多大なコストをかけている 従業員規模 単位:万円 マイナビ転職 中途採用状況調査(2012年9月~2013年8月)より 採用費対前年比 人材紹介/求人広告投資額比較 5 60%以上の企業が 採用コストを増加
  6. 6. PwC 採用手法への意向変化 現在のエージェント主体の採用手法からSNSを活用したダイレクトリクルーティングへ移行する ことを検討している。 各社採用チャネルへの意向 AS-IS ・紹介エージェント ・縁故採用 ・外部転職サイト ・自社HP ・自社採用工数低 ・採用コスト高 ・限定的な採用母集団 メ リ ッ ト デ メ リ ッ ト 活 用 チ ャ ネ ル TO-BE ・リクルーティングSNS ・縁故採用 ・自社HP ・紹介エージェント ・採用コストの低減 ・採用母集団の拡大 ・自社採用工数高 高 低 依 存 度 高 低 依 存 度 採用手法比較 各社 共通の課題認識 6 紹介エージェント依存率 S N S 対 応 率 弊社独自ヒアリング調査より エージェント利用 からSNS対応への 変更へ検討 (%) 100% 100% (%) 採用チャネルの現状と今後 AS-IS TO-BE
  7. 7. PwC 1. 現在の採用市場動向 a. 採用マーケットの動向 b. 採用コスト支出傾向 c. 採用手法への意向変化 2. 今後の人財採用に求められるもの a. 採用業務に求められるコンセプト b. 業務を支えるシステム要件 c. ソーシャル採用管理ソリューション機能 d. 特筆すべき3つの機能 Agenda 3. ソリューション紹介 1. ダイレクトリクルーティングへの対応 a. ダイレクトリクルーティングとは b. ダイレクトリクルーティング機能事例 2. 採用KPI分析への対応 a. 採用KPIと期待効果 b. PresettingKPI管理事例 3. Global一元管理への対応 a. Global一元管理と期待効果 b. Presettingダッシュボード管理事例
  8. 8. PwC 採用業務に求められるコンセプト ・・・事業戦略実現に向けたマーケティング施策の立案 PULL型 ・求人の定義(Product) ・採用Feeの定義(Price) ・Channel最適化(Place) ・広告出稿戦略(Promotion) PUSH型 ・CRM(Candidate Relation Management)の定義 ・・・理念と事業戦略実現に向けた戦略の立案 採用数/率の向上、クイック採用 内定者リテンション向上、採用コスト削減 Strategic Hiring Framework 理 念 戦 略 施 策 人財採用方針 採用 マーケティング 採用 プロセス オンボーディング 採用戦略 ・・・ 経営者の想い、価値観(ミッション、ビジョン) 人事部門の責任と権限(採用、エージェント決定権) ・・・応募者登録からオファーまでの効率的な採用プロセス を整備 ・・・内定辞退率軽減に向けたリテンション計画の立案 場当たり的な採用ではなく、企業理念や事業戦略と整合性が高いフレームワーク にて、業務を管理することが求められています。 8
  9. 9. PwC 採用 マーケティング 採用 プロセス オン ボーディング 採用戦略 (KPI分析) 業務を支えるシステム要件 フレームワーク 課題 システム要件  採用計画・予実管理 戦略性の高い採用業務を行うためには、以下のような課題があり、それに対応するシステムが 求められます。 採用KPI分析レポート・ ダッシュボード 9  Global人材の獲得・管理  多様化した採用チャネル への対応  採用プロセスの効率化  採用コストの削減  内定者のリテンション  内定者情報管理 多言語対応 Global情報一元管理 SNSなどの採用チャネル対応 社内SNSを使った情報共有 フレキシブルワークフロー 候補者/内定者との情報共有 情報一斉配信
  10. 10. PwC ソーシャル採用管理ソリューション機能 10 承認申請(ワークフロー) 多言語対応 活動予定/履歴 人材紹介会社HP 一般HP/社内紹介HP 求人情報管理 応募者情報管理 選考情報管理 転職エージェント情報管理 採用決裁管理 分析レポート/ダッシュボード ダイレクトリクルート情報管理 メール通知 Chatter 外部HP 共通機能 業務機能 ソーシャル採用管理ソリューション SNS連携管理 システム要件 システム要件についてソーシャル採用管理ソリューションは網羅的に機能を実装しております。 10 採用KPI分析レポート・ ダッシュボード 多言語対応 Global情報一元管理 SNSなどの採用チャネル対応 社内SNSを使った情報共有 フレキシブルワークフロー 候補者/内定者との情報共有 情報一斉配信
  11. 11. PwC 特筆すべき3つの機能 11 承認申請(ワークフロー) 多言語対応 活動予定/履歴 人材紹介会社HP 一般HP 求人情報管理 応募者情報管理 選考情報管理 転職エージェント情報管理 採用決裁管理 分析レポート/ダッシュボード ダイレクトリクルート情報管理 メール通知 Chatter 外部HP 共通機能 業務機能 ソーシャル採用管理ソリューション SNS連携管理 外部環境を踏まえ、今後の採用業務において特筆すべき機能は3点となります。 11 システム要件 採用KPI分析レポート・ ダッシュボード 多言語対応 Global情報一元管理 SNSなどの採用チャネル対応 社内SNSを使った情報共有 フレキシブルワークフロー 候補者/内定者との情報共有 情報一斉配信 Global 採用KPI分析 ダイレクト リクルーティング
  12. 12. PwC 1. 現在の採用市場動向 a. 採用マーケットの動向 b. 採用コスト支出傾向 c. 採用手法への意向変化 2. 今後の人財採用に求められるもの a. 採用業務に求められるコンセプト b. 業務を支えるシステム要件 c. ソーシャル採用管理ソリューション機能 d. 特筆すべき3つの機能 Agenda 3. ソリューション紹介 1. ダイレクトリクルーティングへの対応 a. ダイレクトリクルーティングとは b. ダイレクトリクルーティング機能事例 2. 採用KPI分析への対応 a. 採用KPIと期待効果 b. PresettingKPI管理事例 3. Global一元管理への対応 a. Global一元管理と期待効果 b. Presettingダッシュボード管理事例
  13. 13. ダイレクトリクルーティングとは 13 応募や紹介を待つ採用方法(エージェント依存型)ではなく、オープンになっているソーシャル ネットワーキングや、データベースを通じ、必要な人材を直接誘う方法であり、この採用方法を 取込み、業務設計することが大切です。 転職潜在層 80% 転職顕在層 20% 潜在層へのアプローチが可能 各社特徴のある転職潜在層DBを保有 *ダイレクトリクルー ティングサービス例 特徴 BIZREACH ダイレクトリクルーティングの草分け的存 在、ハイスペックな人材が業種を問わず 登録 LinkedIn 世界最大のSNS、LinkedInをデータベース として、採用活動を促進 日本でもユーザ数が飛躍的に増加中 Wantedly facebookを基軸にしたソーシャルリクルー ティングを展開しているサービス JobShare facebookを基軸にしたソーシャルリクルー ティングを展開しているサービス Sniping 求人情報を、ターゲット層のみに配信する ことができる広告配信サービス *その他、リクルートのCAREER CARVER(キャリアカーバー)、マイナビ転職など日本の エージェントも各種サービスを展開しています。
  14. 14. 14 ダイレクトリクルーティング機能事例(LinkedIn対応例 ) LinkedInの検索により個人プロフィールを参照し、取込むことができ InMail機能にて直接コンタクトをとることが可能になります。 個人プロフィール 個人プロフィール の取込 *LinkedIn コネクションを使用 LinkedInの 繋がりを表示 InMailsにより 直接コンタクト
  15. 15. PwC 母集団(見込応募者)からの登録~入社までの、各採用プロセスにおいてKPIを設定し、採用 戦略立案をタイムリーかつ容易に実施できるようにします。 採用KPIと期待効果 15 例 ・エージェント別通過率 ※応募から入社までのエージェント毎 通過率を可視化します。 ・部門別通過率 ※部門別の通過率を可視化します。 例 ・Global入社者推移 ※Globalの入社者推移を可 視化します。 ・エージェント別コスト ※エージェント別の採用コス トを可視化します。 例 ・Global応募者推移 ※Globalの応募者推移を 可視化します。 採用プロセス 応 募 者 数 応募 書類 選考 面接 選考 採用 決裁 まだ応募に 至っていない 候補者 (応募者の卵) Offer 入社 母集団 見込応募者 応募者曲線 例KPI ・Global見込応募者推移 ※Globalの見込応募者推移 を可視化します。 採用業務とKPI例
  16. 16. 16 Presetting KPI管理事例 オンボーディング 内定者の辞退率 傾向把握 KP I ・内定後の辞退率が一部 の部門で突出して高い ・辞退率が高い部門にお ける内定者フォローを強 化するよう部門に 依頼する 採用戦略 マーケティング プロセス 採用計画進捗確認 FACT ・採用戦略で策定した採 用計画と実績に 乖離がある 部門別応募数と チャネル別流入数 分析 KP I ・部門別およびチャネル 別流入数をみると、一部 の部門とチャネルに偏り が存在する プロセス別 通過率 KP I ・書類選考プロセスにお ける通過率において、一 部の部門を除き、軒並み 通過率が低い Case Fact Insight 年間計画 実績 月別展開 ・入社数の伸び悩みは、 応募数、プロセス内での 辞退率など、どこに課題が あるかを調査する ・流入チャネルに偏りがあ るため、分散化させる施 策をうつべき ・一部の部門以外におけ る流入数確保のため、 マーケティング施策を充 実させる ・書類選考基準の統一化 など施策を打つべき 採用戦略のKPIをモニタリングしているレポートから気づきを得て、マーケティング、プロセス、 オンボーディングの観点から、関係のあるレポートを確認し課題を抽出し、打ち手を講じます。 辞退率書類選考通過率
  17. 17. Global一元管理と期待効果 Globalでの採用一元管理 各国拠点で活用するシステムを本システムに統一することにより、採用活動をリアルタイムに管 理することが可能です。また、日本国内だけでは、採用が厳しいグローバル人材を各国で相 互に紹介しあうなど、採用マーケットをグローバルに拡大することも可能です。 各国拠点における 採用戦略を一元管理 Candidateの相互紹介 など、グローバル単位 での採用活動を実現 17
  18. 18. Presettingダッシュボード管理事例 KPI分析 打ち手 グローバルでの採用 人員実績 FACT ・日本における採用数が採用計 画と乖離しており、下期は下降ト レンドで推移している 日本本社における ダイバーシティ対応 KP I ・グローバル全域で人材を構成 しているが、EMEAにおける割合 が少ない 各国拠点間での 相互採用 KP I ・各地域で採用職種に応募した 人材を日本側へタイムリーに 紹介する Case Fact/ Action Insight ・日本での採用管理を強化し、ト レンド回復を期す ・EMEAでの今後の事業成長を 考えると、より多くの人材を本社 で採用し、育成すべき - 採用戦略のKPIをモニタリングしているレポートから気づきを得て、マーケティング、プロセス、 オンボーディングの観点から、関係のあるレポートを確認し課題を抽出し、打ち手を講じます。 US UK 日本 日本 APEJ NCSA EMEA レコード単位で メンバー間での コミュニケーショ ンが可能 18

×