Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

翔風祭ミニ講座20141025

316 views

Published on

翔風祭ミニ講座『ソーシャルメディアのいろは』

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

翔風祭ミニ講座20141025

  1. 1. ミニ講座コーナー 『ソーシャルメディアのいろは』 2014年10月25日~26日 総合情報学科システム開発コース 河野ゼミ
  2. 2. 皆さんに質問  インターネットを何に使っていますか? ☑ メール☑ 調べ物(検索、Wikipedia) ☑ 買い物(Amazon、楽天) ☑ SNS(Twitter、Facebook) ☑ ブログ☑ 仕事(スケジュール管理、ファイル共有) ☑ あまり使っていない  インターネットの利用目的は? TTOOKKYYOO UUNNIIVVEERRSSIITTYY OOFF IITNNOFFKOOYRROMMJAAOTTHIIOOONNUSSNCCIVIIEEERNNSCCITEEYSS ☑ 他者とのコミュニケーション ☑ 情報収集☑ 情報発信 ☑ 人脈作り 2
  3. 3. ソーシャルメディアの特徴 TTOOKKYYOO UUNNIIVVEERRSSIITTYY OOFF IITNNOFFKOOYRROMMJAAOTTHIIOOONNUSSNCCIVIIEEERNNSCCITEEYSS  マスメディアの特徴  例:新聞、テレビ、雑誌、ラジオなど  新聞社、放送局などから大衆に向けた一方的な情報発信  一部のプロのみが情報発信する  ソーシャルメディアの特徴  例:ブログ、Twitter、Facebookなど  誰もが参加・発言できる  双方向でのやり取り  情報の拡散(リツイート、いいね!) 3 一人ひとりが主役、個人が活躍する時代
  4. 4. ソーシャルメディアの具体例 4 TTOOKKYYOO UUNNIIVVEERRSSIITTYY OOFF IITNNOFFKOOYRROMMJAAOTTHIIOOONNUSSNCCIVIIEEERNNSCCITEEYSS
  5. 5. Twitterの概要 TTOOKKYYOO UUNNIIVVEERRSSIITTYY OOFF IITNNOFFKOOYRROMMJAAOTTHIIOOONNUSSNCCIVIIEEERNNSCCITEEYSS  Twitterの特徴  興味・関心でつながる自由度の高いサービス  「実名」「仮名」はユーザが選択可、複数アカウント可  Twitterの魅力  気になる人をフォローする だけで情報収集ができる  手軽に情報発信ができる  自分の発言がずっと残る 5
  6. 6. Facebookの概要 TTOOKKYYOO UUNNIIVVEERRSSIITTYY OOFF IITNNOFFKOOYRROMMJAAOTTHIIOOONNUSSNCCIVIIEEERNNSCCITEEYSS  Facebookの特徴  ソーシャルグラフ(人間関係)でつながる  個人と結び付くため、原則1アカウント  Facebookの魅力  が共感をよぶ!⇒友達が勧めるなら見てみよう  会いたい人に会いやすい 6
  7. 7. LINEの概要 TTOOKKYYOO UUNNIIVVEERRSSIITTYY OOFF IITNNOFFKOOYRROMMJAAOTTHIIOOONNUSSNCCIVIIEEERNNSCCITEEYSS  LINEの特徴  音声通話やチャットが可能なメッセージアプリ  LINEの魅力  分かりやすいユーザインタフェース(使い勝手がよい)  スタンプ機能による感情表現  基本はメールの感覚に近い 7
  8. 8. Pinterestの概要 TTOOKKYYOO UUNNIIVVEERRSSIITTYY OOFF IITNNOFFKOOYRROMMJAAOTTHIIOOONNUSSNCCIVIIEEERNNSCCITEEYSS  Pinterestの特徴  自分のコルクボードに好きな写真を集めるイメージ  Pinterestの魅力  見ているだけで癒される  お気に入りの写真を集める  他人の趣味が分かる  ユーザの8割が女性! 8
  9. 9. ディスカッション TTOOKKYYOO UUNNIIVVEERRSSIITTYY OOFF IITNNOFFKOOYRROMMJAAOTTHIIOOONNUSSNCCIVIIEEERNNSCCITEEYSS  テーマ  子どもがソーシャルメディアを使うのはよいでしょうか?  どのようなことに気を付けるべきか?  どのようなメリットがあるか?  お子さんに携帯電話を持たせますか?  持っていないせいで、学校でいじめられないか?  LINEができないと仲間はずれになってしまうのでは?  携帯のフィルタリングをするか?  皆さんのご意見を教えて頂けますでしょうか? 9
  10. 10. ソーシャルメディアの心得 TTOOKKYYOO UUNNIIVVEERRSSIITTYY OOFF IITNNOFFKOOYRROMMJAAOTTHIIOOONNUSSNCCIVIIEEERNNSCCITEEYSS  自分の身を守るために  基本的な人間関係は現実世界と同じ  具体的な対策  パスワードの管理をしっかり→アカウントの乗っ取り防止  友達の管理→誰と友達になるかを考える(友達ポリシー)  相手のことを考える→自分が言って欲しくないことは言わない  見られている意識を持つ→内輪だけの話しでも誰かに見られている  軽率な投稿は控える→後々問題になる可能性  ソーシャルメディアの問題ではない、あくまでも人の問題  匿名だからと言って不用意な発言をしない  ネット上で発言したからではなく、そういう人間性が問題 10
  11. 11. ソーシャルメディアは実践あるのみ! TTOOKKYYOO UUNNIIVVEERRSSIITTYY OOFF IITNNOFFKOOYRROMMJAAOTTHIIOOONNUSSNCCIVIIEEERNNSCCITEEYSS  使い分け方  Twitter:頭の中身を整理する場所、オープンな情報発信  Facebook:活動記録、友人との交流、人脈作り  ブログ:自分の考えや活動を発信する場所  ソーシャルメディアは使ってみないと分からない  なぜ子ども達が使っているのか?  なぜ世の中でこれ程流行っているのか? ⇒仕組みは分かっても使わないと本当のところは分からない ⇒『コミュニティ』の中に入ってみることが大事! 11
  12. 12. ソーシャルメディア最前線 TTOOKKYYOO UUNNIIVVEERRSSIITTYY OOFF IITNNOFFKOOYRROMMJAAOTTHIIOOONNUSSNCCIVIIEEERNNSCCITEEYSS  現状  様々なソーシャルメディアが登場  凄まじい速度での技術革新、社会変革  ソーシャルメディアの使い分けが大切  それぞれに特徴があり、どれが一番とかはない  自分に合った使い方を考え、実践する必要がある  今後  ソーシャルメディアリテラシー  情報発信のメリット・デメリットの理解  ソーシャルメディアデバイド  使いこなす人とそうでない人の間の格差(情報・知識・機会の差) 12
  13. 13. ソーシャルメディアデバイド  ソーシャルメディアデバイドとは?  ソーシャルメディアを使いこなせる人とそうでない人 との間に生じる格差(=デバイド) TTOOKKYYOO UUNNIIVVEERRSSIITTYY OOFF IITNNOFFKOOYRROMMJAAOTTHIIOOONNUSSNCCIVIIEEERNNSCCITEEYSS  使いこなせる人  得られる情報の質・量・入手速度  構築できる人脈  到達可能な知識(Web上の知識にアクセスできる鍵) ⇒格差が拡がることが予想される  是非、活用して未来を切り開いてください! 13
  14. 14. まとめ TTOOKKYYOO UUNNIIVVEERRSSIITTYY OOFF IITNNOFFKOOYRROMMJAAOTTHIIOOONNUSSNCCIVIIEEERNNSCCITEEYSS  まとめ  ソーシャルメディアの特徴と魅力  子どもの利用についてディスカッション  ソーシャルメディアの心得  ソーシャルメディアに答えはありません 『あなた』はどう考えますか? 14
  15. 15. おわり  ご清聴ありがとうございました  質問・コメント等ありましたらお願いします 15 興味のある方は河野ゼミまでご連絡ください 東京情報大学総合情報学科 システム開発コース 河野ゼミ http://kawano-lab.tuis.ac.jp/ TTOOKKYYOO UUNNIIVVEERRSSIITTYY OOFF IITNNOFFKOOYRROMMJAAOTTHIIOOONNUSSNCCIVIIEEERNNSCCITEEYSS

×