Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
河野ゼミ紹介2014
『ソーシャルメディアの
社会的影響の調査について』
2014年11月18日(火)
総合情報学科システム開発コース
助教 河野義広
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
本日のメニュー
 自己紹介
 研究テーマ
 社会的課題を解決するためのシステム開発
 システム開発と社会調査の両...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
自己紹介
 名前:河野 義広(かわの よしひろ)
 所属:システム開発コース 助教
 専門:情報工学、社会情報学
...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
河野の情報発信
 ソーシャルアカウント
 Twitter:@yoshi_kawano
 Facebook:河野 義...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
趣味・ライフワーク
 趣味
 アニメ、ゲーム、映画鑑賞
 ドラゴンボール、ドラクエ、テイルズ、ジブリ、エヴァが好き...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
ワイングラスでワインを美味しく
 ワインは香りと味わいのバランスを楽しむ
 ブドウ品種毎に最適な形状のグラスがある
...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
CodeIQで挑戦者募集中!
 大学の課題では物足りない学生向けの問題を出題中
7
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
河野ゼミ Webサイト
8http://kawano-lab.tuis.ac.jp/
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
研究テーマ
ソーシャルメディアの社会的影響の調査
9
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
河野ゼミの研究方針
 概要
 社会的課題を解決するためのシステム開発、
並びにその社会的影響に関する研究
 システ...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
研究の進め方
1. 社会調査
 文献やフィールドワークを通じた社会調査
2. 課題抽出
 社会調査をもとに課題(解決...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
社会調査の進め方
12
 研究方針
 Twitter、Facebookなどを使い込んでみる
 フィールドワーク(現...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
地域社会との関わり
 ソーシャルメディア活用による地域活性化
 地域住民の持つ人脈と情報の集約・活用
 地域社会に...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
システム開発の進め方
 研究方針
 Twitter、Facebook連携サービスの開発
 Web API(Appl...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
Web開発技術の基本
 Web開発での必須スキル
 HTML/CSSは基本中の基本←常識
 Webの仕組み:HTT...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
プロジェクト研究の紹介
プロジェクト研究の紹介をします
16
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
プロジェクト研究
 なりたい自分プロジェクト
 目的:学生が主体的に行動し自己実現を果たすこと
 方法:『7つの習...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
なりたい自分プロジェクト
 『7つの習慣』とは?
 人が成功するための人生哲学
 スティーブン・R・コヴィー博士が...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
自己実現支援システム
 システム設計
 私的成功:第二領域時間管理システム
 公的成功:ミッション・ステートメント...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
第ニ領域時間管理システム
 概要
 目的:主体的な行動選択ができること
 第二領域(緊急ではないが重要な活動)を優...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
ミッション・ステートメント共有システム
 概要
 『なりたい自分』でつながるソーシャルメディア
 師弟関係(メンタ...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
佐原ソーシャルライブラリの開発
 目的
 佐原の街がずっと続いていけるまちづくり
 市民協働型のまちづくりと情報発...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
佐原ソーシャルライブラリ
23
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
これまでのプロジェクト活動成果
 成果
 佐原マッピングパーティー:6/21
 八坂神社周辺のOpesStreet...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
佐原山車マップ
 佐原の大祭の山車経路を地図上に表示
25
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
佐原ハンターズ
 山車の位置情報をみんなで共有するサイト
26
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
さわら飲み歩きマップ
 出店や酒造などの飲めるポイントを地図上に表示
27
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
科目外のプロジェクト
 ソーシャルメディアリテラシー
 目的:世の中のITリテラシーのベースアップ
 方法:ソーシ...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
ソーシャルメディアリテラシー
 目的
 世の中のITリテラシーのベースアップ
 方法
 ソーシャルメディア活用講...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
ソーシャルメディア講座
 講座ではゼミの学生がSAとして活躍
30
高大連携授業 2014.7.31 教員免許状更新講...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
花見川どっとcom!
 目的
 若者視点での新たな花見川区の魅力の再発見・情報発信
 活動
 学生主体による区の...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
花見川どっとcom!FBページ
32
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
連携体制
 連携体制
 区役所、高校、情報大の3者で連携
 区の魅力発信が共通テーマ
 利害関係者の立場
 区...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
活動:幕張こどものまち
34
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
ゼミの紹介
河野ゼミについて
35
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
ゼミの様子
 卒研テーマ
 自分自身の問題意識をテーマとする学生が多い
 教員との関係
 一緒に飲みに行ったり、...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
ゼミ合宿の様子
37
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
ゼミの進め方
 全体を通して
 週1回のディスカッション
 毎週3~4名程度が研究内容を発表し、全員で議論
 サ...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
河野ゼミの求める人材
 学生に求める3つの要素
1. スキル:Web開発技術、考える力と伝える力
 様々なITスキル...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
今からできること
 ソーシャルメディアに触れてみよう
 Twitter、Facebookをガンガン使ってみる
 教...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
おすすめの書籍(1)
 7つの習慣
人格主義の回復
 著者:スティーブン・R・コヴィー
 1996年12月出版
...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
おすすめの書籍(2)
 ソーシャルメディア実践の書
 著者:大元隆志
 2011年6月出版
 教科書にも最適
...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
おすすめの書籍(3)
 ソーシャルシフト
これからの企業にとって一番大切なこと
 著者:斉藤徹
 2011年11月...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
おすすめの書籍(4)
 BEソーシャル!
社員と顧客に愛される5つのシフト
 著者:斉藤徹
 2012年11月出版...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
おすすめの書籍(5)
 ワーク・シフト
孤独と貧困から自由になる働き方
の未来図〈2025〉
 著者:リンダ・グラッ...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
おすすめの書籍(6)
 幸せがずっと続く12の行動習慣
 著者:ソニア・リュボミアスキー
 2012年2月出版
...
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
まとめ
 質問・コメントがありましたらお願いします
47
東京情報大学 総合情報学部 総合情報学科
システム開発コース...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

河野ゼミ紹介2014

4,789 views

Published on

東京情報大学総合情報学科システム開発コース 河野ゼミの紹介資料です。

Published in: Education
  • Be the first to comment

河野ゼミ紹介2014

  1. 1. 河野ゼミ紹介2014 『ソーシャルメディアの 社会的影響の調査について』 2014年11月18日(火) 総合情報学科システム開発コース 助教 河野義広
  2. 2. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 本日のメニュー  自己紹介  研究テーマ  社会的課題を解決するためのシステム開発  システム開発と社会調査の両面が必要  プロジェクト研究  なりたい自分プロジェクト  佐原ソーシャルライブラリの開発  ゼミの紹介  河野ゼミの求める人材 2
  3. 3. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 自己紹介  名前:河野 義広(かわの よしひろ)  所属:システム開発コース 助教  専門:情報工学、社会情報学  社会的課題をシステムで解決する!  研究テーマ:ソーシャルメディアの社会的影響  ソーシャルメディア活用&パーソナルブランディング  ソーシャルメディアを「いかに人生に活かすか!」がテーマ  各ソーシャルメディアを自ら使い込んで実践研究  学生のキャリアデザイン支援、教育現場における情報教育 3
  4. 4. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 河野の情報発信  ソーシャルアカウント  Twitter:@yoshi_kawano  Facebook:河野 義広  ブログ  個人ブログ:「穏やかに楽しく生きる」研究者のブログ  ITmediaでのブログ連載:アカデミックが見た社会 4
  5. 5. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 趣味・ライフワーク  趣味  アニメ、ゲーム、映画鑑賞  ドラゴンボール、ドラクエ、テイルズ、ジブリ、エヴァが好き!  お酒:ワイン、ウィスキー、日本酒、なんでも飲む  マデイラワイン、ルイ・ロデレール、バローロが好き!  RIEDEL社のワイングラスを使い始めた!  ライフワーク  ソーシャルメディア、人脈作り  Facebookで楽しく自己啓発。趣味が研究で、研究が趣味!  実生活すべてが研究対象  皆さんは『いま、会いたい人』はいますか?  ただ会うだけではなく、相手に提供できる価値が重要! 5
  6. 6. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ワイングラスでワインを美味しく  ワインは香りと味わいのバランスを楽しむ  ブドウ品種毎に最適な形状のグラスがある  香りを留めておく場所、舌の味覚を考慮した形状が大事 6
  7. 7. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES CodeIQで挑戦者募集中!  大学の課題では物足りない学生向けの問題を出題中 7
  8. 8. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 河野ゼミ Webサイト 8http://kawano-lab.tuis.ac.jp/
  9. 9. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 研究テーマ ソーシャルメディアの社会的影響の調査 9
  10. 10. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 河野ゼミの研究方針  概要  社会的課題を解決するためのシステム開発、 並びにその社会的影響に関する研究  システム開発と社会調査の両面が必要  システム開発では『社会を見渡す視点』が必要  社会調査では『課題を解決する技術力』が必要  卒業研究テーマ例:  学生のための第二領域時間管理システム「Self-reflector」  技術を売り買いできるサービス「TechnicaLink」  佐原の情報発信Webメディア「佐原ソーシャルライブラリ」の開発 10
  11. 11. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 研究の進め方 1. 社会調査  文献やフィールドワークを通じた社会調査 2. 課題抽出  社会調査をもとに課題(解決すべき問題)の抽出 3. システム開発による課題解決  Webサイト、ソーシャル連携サービスの開発 4. 評価  どのような効果があったかを客観的に評価  特に人の内面の変化、地域と人のつながりなど  場合によっては心理学的な知識も必要 11
  12. 12. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 社会調査の進め方 12  研究方針  Twitter、Facebookなどを使い込んでみる  フィールドワーク(現地調査)を行い、問題の分析  Webデザインの知識が必要になることもある  地域社会との関わりが重要  運営体制、役割分担まで含めた仕組み作りが大切
  13. 13. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 地域社会との関わり  ソーシャルメディア活用による地域活性化  地域住民の持つ人脈と情報の集約・活用  地域社会における課題の解決 13 家族 仕事 子育て 地域 人脈と情報
  14. 14. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES システム開発の進め方  研究方針  Twitter、Facebook連携サービスの開発  Web API(Application Programming Interface)の調査  外部プログラムからTwitterの機能を利用するための関数群  Web開発技術の習得  WebやDBの知識、推奨フレームワーク:Ruby on Rails 14 プログラム Webサイト Twitter DB A P I ① 問い合わせ ② データ処理③ 返信 インターネット 図. Twitter APIの仕組み D D
  15. 15. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES Web開発技術の基本  Web開発での必須スキル  HTML/CSSは基本中の基本←常識  Webの仕組み:HTTP、GET/POST←常識  クライアントサイド:ブラウザ、JavaScript、jQuery  サーバサイド:PHP、Ruby、Servlet、DB  サーバ運用:Linux、Apache、ネットワーク  学び方は実践あるのみ!  まずはWeb開発の全体的な知識を得ること  実際に開発をしながら、自分の得意分野を見付けること 15
  16. 16. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES プロジェクト研究の紹介 プロジェクト研究の紹介をします 16
  17. 17. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES プロジェクト研究  なりたい自分プロジェクト  目的:学生が主体的に行動し自己実現を果たすこと  方法:『7つの習慣』に基づく自己実現支援システムの開発  佐原ソーシャルライブラリ  目的:佐原の街がずっと続いていけるまちづくり  方法:街の魅力を蓄積・発信するWebメディア開発・運用  上記は『システム開発+社会性』が共通テーマ  自分を変えるのか、あるいは世の中を変えるのか? 17
  18. 18. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES なりたい自分プロジェクト  『7つの習慣』とは?  人が成功するための人生哲学  スティーブン・R・コヴィー博士が提唱  インサイド・アウトの原則  私的成功と公的成功  プロジェクト研究との関連  まずは7つの習慣の勉強・実践  自己実現支援システムの開発  支援手法の確立 18図.7つの習慣における成長の連続体
  19. 19. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 自己実現支援システム  システム設計  私的成功:第二領域時間管理システム  公的成功:ミッション・ステートメント共有システム 19図.自己実現支援システムの設計
  20. 20. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 第ニ領域時間管理システム  概要  目的:主体的な行動選択ができること  第二領域(緊急ではないが重要な活動)を優先するためのシステム 20
  21. 21. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ミッション・ステートメント共有システム  概要  『なりたい自分』でつながるソーシャルメディア  師弟関係(メンターとメンティー)の可視化  他者との切磋琢磨による自己実現 21 バリュー:穏やかに楽しく生きる ミッション1:学生指導 ミッション2:研究成果
  22. 22. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 佐原ソーシャルライブラリの開発  目的  佐原の街がずっと続いていけるまちづくり  市民協働型のまちづくりと情報発信がテーマ  方法  情報発信Webメディア「佐原ソーシャルライブラリ」  コンセプト  街の情報を収集し、蓄積しながら成長していくメディア  街の歴史や最新情報(プラットフォーム佐原と連携)  NPO、市民活動団体の活動報告  地域住民や来街者の声(ソーシャルメディアで収集)  情報大の研究成果(山車のルートマップ) 22
  23. 23. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 佐原ソーシャルライブラリ 23
  24. 24. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES これまでのプロジェクト活動成果  成果  佐原マッピングパーティー:6/21  八坂神社周辺のOpesStreetMap(OSM)の情報登録  佐原の大祭(夏祭り):7/11~7/13  OSM情報を利用した佐原山車マップの提供  佐原の大祭(秋祭り)& 佐原ハッカソン:10/9~10/12  佐原ハンターズ:山車の位置情報をみんなで共有するサイト  さわら飲み歩きマップ:出店や酒造などの飲めるポイントを表示  佐原ソーシャルライブラリのプロトタイプ  各NPO団体との関係構築  プラットフォーム佐原と連携した情報発信 24
  25. 25. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 佐原山車マップ  佐原の大祭の山車経路を地図上に表示 25
  26. 26. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 佐原ハンターズ  山車の位置情報をみんなで共有するサイト 26
  27. 27. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES さわら飲み歩きマップ  出店や酒造などの飲めるポイントを地図上に表示 27
  28. 28. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 科目外のプロジェクト  ソーシャルメディアリテラシー  目的:世の中のITリテラシーのベースアップ  方法:ソーシャルメディア活用講座  花見川どっとcom!  目的:若者視点での花見川区の魅力再発見  方法:Facebookページでの情報発信  方針  ソーシャルメディア活用&パーソナルブランディング 28
  29. 29. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ソーシャルメディアリテラシー  目的  世の中のITリテラシーのベースアップ  方法  ソーシャルメディア活用講座  Twitter、Facebookの活用、ディスカッション  活動実績  情報大「情報リテラシーⅡ」の講義資料作成  高大連携授業、教員免許状更新講習、千葉SC講座など  詳細は以下を参照  http://www.yoshihirokawano.com/p/lectures.html 29
  30. 30. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ソーシャルメディア講座  講座ではゼミの学生がSAとして活躍 30 高大連携授業 2014.7.31 教員免許状更新講習 2014.8.7
  31. 31. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 花見川どっとcom!  目的  若者視点での新たな花見川区の魅力の再発見・情報発信  活動  学生主体による区の魅力発信プロジェクトチームの編成  学生グループによる区内資源の発信(自然、文化、商業、施設等)  区内の高校生対象のソーシャルメディアリテラシー教育  高校生による情報収集・情報発信  運用状況  花見川どっとcom!のFacebookページ運用開始  https://www.facebook.com/hanamigawacom 31
  32. 32. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 花見川どっとcom!FBページ 32
  33. 33. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 連携体制  連携体制  区役所、高校、情報大の3者で連携  区の魅力発信が共通テーマ  利害関係者の立場  区役所:交流人口  宣伝、来訪者の増加  高校:教育  高校生の情報教育  情報大:研究  地域活性化の研究成果 33 区役所 高校 情報大 魅力発信 交流人口 研究教育 人脈 データ 専門知識 学生動員 地域貢献 ネタ提供 情報教育 活動支援
  34. 34. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 活動:幕張こどものまち 34
  35. 35. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ゼミの紹介 河野ゼミについて 35
  36. 36. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ゼミの様子  卒研テーマ  自分自身の問題意識をテーマとする学生が多い  教員との関係  一緒に飲みに行ったり、勉強会に出掛けたりが大切  Facebookやブログで、価値観や活動内容を共有  指導方針  学生の主体性を重視  心配はするけど、手取り足取りは教えない  公正な評価が教員の役割  中途半端な状態で社会に送り出すことはできない 36
  37. 37. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ゼミ合宿の様子 37
  38. 38. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ゼミの進め方  全体を通して  週1回のディスカッション  毎週3~4名程度が研究内容を発表し、全員で議論  サブゼミ  プロジェクト毎に各自の進捗報告  前半  社会調査、参考文献の調査  Webの知識、開発技術の修得  後半  各自のテーマに応じたフィールドワーク、システム開発  卒論中間発表 38
  39. 39. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 河野ゼミの求める人材  学生に求める3つの要素 1. スキル:Web開発技術、考える力と伝える力  様々なITスキルの習得意欲が高いこと  物事を深く考え、分かりやすく説明すること 2. センス:社会に関心を持つこと  研究課題は社会の中にある  ソーシャルメディアを積極的に活用すること 3. モラル:誠実であること  自分のすべきことを主体的に進められること  お天道様に顔向けできないことはしない  社会で役に立つ人材になるために切磋琢磨できる人 39
  40. 40. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 今からできること  ソーシャルメディアに触れてみよう  Twitter、Facebookをガンガン使ってみる  教員のブログを読んでみよう  考え方や価値観、教育・研究に対する想いを知る  個人ブログ:http://www.yoshihirokawano.com/  ITmedia:http://blog.marketing.itmedia.co.jp/yoshi_kawano/  会いたい人を探してみよう  興味がある活動をしている人を探しましょう  会いたいと思ってもらえる人になるよう努力しましょう 40
  41. 41. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES おすすめの書籍(1)  7つの習慣 人格主義の回復  著者:スティーブン・R・コヴィー  1996年12月出版  人が成功するための人生哲学  インサイド・アウトの原則  私的成功と公的成功 41
  42. 42. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES おすすめの書籍(2)  ソーシャルメディア実践の書  著者:大元隆志  2011年6月出版  教科書にも最適  パーソナルブランディング  ソーシャルメディアリテラシー 42
  43. 43. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES おすすめの書籍(3)  ソーシャルシフト これからの企業にとって一番大切なこと  著者:斉藤徹  2011年11月出版  ソーシャルシフトへのステップ  透明性の時代に大切なこと 43
  44. 44. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES おすすめの書籍(4)  BEソーシャル! 社員と顧客に愛される5つのシフト  著者:斉藤徹  2012年11月出版  DOソーシャルからBEソーシャル  人々に愛され100年続く企業へ  透明さ・誠実さを維持する企業の 価値がより高まる時代 44
  45. 45. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES おすすめの書籍(5)  ワーク・シフト 孤独と貧困から自由になる働き方 の未来図〈2025〉  著者:リンダ・グラットン  2012年7月出版  働き方を変える! 〈3つのシフト〉  ゼネラリスト→連続スペシャリスト  孤独な競争→みんなでイノベーション  金儲けと消費→価値ある経験 45
  46. 46. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES おすすめの書籍(6)  幸せがずっと続く12の行動習慣  著者:ソニア・リュボミアスキー  2012年2月出版  幸福度を高める方法の研究成果  ポジティブ心理学に基づく行動習慣  感謝をする  人を許す  楽観的になる  目標達成に全力を尽くす  人生の喜びを深く味わう  など 46
  47. 47. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES まとめ  質問・コメントがありましたらお願いします 47 東京情報大学 総合情報学部 総合情報学科 システム開発コース 助教 河野 義広 Tel:043-236-1149 E-mail:ykawano@rsch.tuis.ac.jp 詳しく聞きたい学生は是非ゼミ室に来てください! TwitterやFacebookでのメッセージもOK!

×