SlideShare a Scribd company logo

河野ゼミ研究紹介20180702

河野ゼミの研究紹介『社会的課題をITを駆使して解決する』 2018.7.2

1 of 52
Download to read offline
河野ゼミの研究紹介
『社会的課題をITを駆使して解決する』
2018年7月2日(月)
ゲーム・アプリケーション研究室
河野義広
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
目次
 河野ゼミの研究方針
 ゼミの紹介
 プロジェクト研究
 自己実現支援システムの展望
 社会的課題解決における課題
 まとめ
2
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
教員紹介
 名前:河野 義広
 所属:ゲーム・アプリケーション研究室
 専門:情報工学、社会情報学
 社会的課題をシステムで解決する!
 実生活すべてが研究対象
 ソーシャルメディアを「いかに人生に活かすか!」
 研究テーマ:サイバーワールド
 分散仮想環境におけるヒューマンコミュニケーション
 仮想化技術を用いた自律分散協調型Webクローラの開発
 なりたい自分でつながるソーシャルメディア開発
 地域活動を通じた学生の主体性向上と情報発信Webサイト
3
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
社会情報学における課題解決
• 対象:ネット依存、炎上問題、情報モラル、地域情報化
• 課題の抽出が中心
社会学的見地から情報社会の問題を捉える
• 社会的課題を解決するために情報システムの活用・開発
• 情報工学的アプローチ
情報システムを活用し社会的課題を解決する
4
多い
研究事例
情報システムを活用し社会的課題解決に取り組む
少ない
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
河野ゼミの研究マップ
 ITの視点に立ち、社会の側面を見る
 社会的課題に対して、強みであるITを使った課題解決
 課題ベースのため、1からシステム開発を行う場合が多い
5
TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES
河野ゼミの研究方針
 概要
 社会的課題を解決するためのシステム開発、
並びにその社会的影響に関する研究
 システム開発と社会調査の両面が必要
 システム開発では『社会を見渡す視点』が必要
 社会調査では『課題を解決する技術力』が必要
 卒業研究テーマ例:
 学生のための第二領域時間管理システム「Self-reflector」
 技術を売り買いできるサービス「TechnicaLink」
 佐原の情報発信Webメディア「佐原ソーシャルライブラリ」の開発
6

Recommended

教員免許状更新講習20160803
教員免許状更新講習20160803教員免許状更新講習20160803
教員免許状更新講習20160803義広 河野
 
東京情報大学キャンパス体験会20130921
東京情報大学キャンパス体験会20130921東京情報大学キャンパス体験会20130921
東京情報大学キャンパス体験会20130921義広 河野
 
高大連携授業20190730
高大連携授業20190730高大連携授業20190730
高大連携授業20190730義広 河野
 
高大連携授業20190730(抜粋)
高大連携授業20190730(抜粋)高大連携授業20190730(抜粋)
高大連携授業20190730(抜粋)義広 河野
 
プログラミング模擬授業20180724
プログラミング模擬授業20180724プログラミング模擬授業20180724
プログラミング模擬授業20180724義広 河野
 
プレゼンの作り方2019
プレゼンの作り方2019プレゼンの作り方2019
プレゼンの作り方2019義広 河野
 
河野ゼミ研究紹介20211020
河野ゼミ研究紹介20211020河野ゼミ研究紹介20211020
河野ゼミ研究紹介20211020義広 河野
 
河野ゼミ紹介2014
河野ゼミ紹介2014河野ゼミ紹介2014
河野ゼミ紹介2014義広 河野
 

More Related Content

What's hot

東京情報大・香取市地域連携フォーラム20150228
東京情報大・香取市地域連携フォーラム20150228東京情報大・香取市地域連携フォーラム20150228
東京情報大・香取市地域連携フォーラム20150228義広 河野
 
2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料
2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料
2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料義広 河野
 
専門演習_河野ゼミ説明会20191120
専門演習_河野ゼミ説明会20191120専門演習_河野ゼミ説明会20191120
専門演習_河野ゼミ説明会20191120義広 河野
 
オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」
オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」
オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」義広 河野
 
河野ゼミ紹介20201118
河野ゼミ紹介20201118河野ゼミ紹介20201118
河野ゼミ紹介20201118義広 河野
 
専門演習_河野ゼミ紹介20191023
専門演習_河野ゼミ紹介20191023専門演習_河野ゼミ紹介20191023
専門演習_河野ゼミ紹介20191023義広 河野
 
専門演習説明会『河野ゼミの紹介2019』
専門演習説明会『河野ゼミの紹介2019』専門演習説明会『河野ゼミの紹介2019』
専門演習説明会『河野ゼミの紹介2019』義広 河野
 
河野ゼミ紹介2013
河野ゼミ紹介2013河野ゼミ紹介2013
河野ゼミ紹介2013義広 河野
 
コミュニティカレッジさくら20180526
コミュニティカレッジさくら20180526コミュニティカレッジさくら20180526
コミュニティカレッジさくら20180526義広 河野
 
教員免許状更新講習20140807
教員免許状更新講習20140807教員免許状更新講習20140807
教員免許状更新講習20140807義広 河野
 
高大連携授業20140730
高大連携授業20140730高大連携授業20140730
高大連携授業20140730義広 河野
 
深層学習を用いたコンピュータビジョン技術と運転行動モニタリングへの応用
深層学習を用いたコンピュータビジョン技術と運転行動モニタリングへの応用深層学習を用いたコンピュータビジョン技術と運転行動モニタリングへの応用
深層学習を用いたコンピュータビジョン技術と運転行動モニタリングへの応用Yusuke Uchida
 
出張講義 東京女学館高校20140528
出張講義 東京女学館高校20140528出張講義 東京女学館高校20140528
出張講義 東京女学館高校20140528義広 河野
 
教員免許状更新講習20150730
教員免許状更新講習20150730教員免許状更新講習20150730
教員免許状更新講習20150730義広 河野
 
社会情報学の実践研究への挑戦20170530
社会情報学の実践研究への挑戦20170530社会情報学の実践研究への挑戦20170530
社会情報学の実践研究への挑戦20170530義広 河野
 
コミュニティカレッジさくら20150531
コミュニティカレッジさくら20150531コミュニティカレッジさくら20150531
コミュニティカレッジさくら20150531義広 河野
 
私が考える教科「情報」像と教科「情報」の課題
私が考える教科「情報」像と教科「情報」の課題私が考える教科「情報」像と教科「情報」の課題
私が考える教科「情報」像と教科「情報」の課題y_kasugai
 
高大連携授業20170801
高大連携授業20170801高大連携授業20170801
高大連携授業20170801義広 河野
 
情報の科学的な理解に関する授業実践の紹介
情報の科学的な理解に関する授業実践の紹介情報の科学的な理解に関する授業実践の紹介
情報の科学的な理解に関する授業実践の紹介y_kasugai
 
Webシステムプログラミング20150413
Webシステムプログラミング20150413Webシステムプログラミング20150413
Webシステムプログラミング20150413義広 河野
 

What's hot (20)

東京情報大・香取市地域連携フォーラム20150228
東京情報大・香取市地域連携フォーラム20150228東京情報大・香取市地域連携フォーラム20150228
東京情報大・香取市地域連携フォーラム20150228
 
2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料
2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料
2017年度 河野ゼミ スタートアップ資料
 
専門演習_河野ゼミ説明会20191120
専門演習_河野ゼミ説明会20191120専門演習_河野ゼミ説明会20191120
専門演習_河野ゼミ説明会20191120
 
オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」
オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」
オンライン文化学術展2020「河野ゼミ研究紹介」
 
河野ゼミ紹介20201118
河野ゼミ紹介20201118河野ゼミ紹介20201118
河野ゼミ紹介20201118
 
専門演習_河野ゼミ紹介20191023
専門演習_河野ゼミ紹介20191023専門演習_河野ゼミ紹介20191023
専門演習_河野ゼミ紹介20191023
 
専門演習説明会『河野ゼミの紹介2019』
専門演習説明会『河野ゼミの紹介2019』専門演習説明会『河野ゼミの紹介2019』
専門演習説明会『河野ゼミの紹介2019』
 
河野ゼミ紹介2013
河野ゼミ紹介2013河野ゼミ紹介2013
河野ゼミ紹介2013
 
コミュニティカレッジさくら20180526
コミュニティカレッジさくら20180526コミュニティカレッジさくら20180526
コミュニティカレッジさくら20180526
 
教員免許状更新講習20140807
教員免許状更新講習20140807教員免許状更新講習20140807
教員免許状更新講習20140807
 
高大連携授業20140730
高大連携授業20140730高大連携授業20140730
高大連携授業20140730
 
深層学習を用いたコンピュータビジョン技術と運転行動モニタリングへの応用
深層学習を用いたコンピュータビジョン技術と運転行動モニタリングへの応用深層学習を用いたコンピュータビジョン技術と運転行動モニタリングへの応用
深層学習を用いたコンピュータビジョン技術と運転行動モニタリングへの応用
 
出張講義 東京女学館高校20140528
出張講義 東京女学館高校20140528出張講義 東京女学館高校20140528
出張講義 東京女学館高校20140528
 
教員免許状更新講習20150730
教員免許状更新講習20150730教員免許状更新講習20150730
教員免許状更新講習20150730
 
社会情報学の実践研究への挑戦20170530
社会情報学の実践研究への挑戦20170530社会情報学の実践研究への挑戦20170530
社会情報学の実践研究への挑戦20170530
 
コミュニティカレッジさくら20150531
コミュニティカレッジさくら20150531コミュニティカレッジさくら20150531
コミュニティカレッジさくら20150531
 
私が考える教科「情報」像と教科「情報」の課題
私が考える教科「情報」像と教科「情報」の課題私が考える教科「情報」像と教科「情報」の課題
私が考える教科「情報」像と教科「情報」の課題
 
高大連携授業20170801
高大連携授業20170801高大連携授業20170801
高大連携授業20170801
 
情報の科学的な理解に関する授業実践の紹介
情報の科学的な理解に関する授業実践の紹介情報の科学的な理解に関する授業実践の紹介
情報の科学的な理解に関する授業実践の紹介
 
Webシステムプログラミング20150413
Webシステムプログラミング20150413Webシステムプログラミング20150413
Webシステムプログラミング20150413
 

Similar to 河野ゼミ研究紹介20180702

ビジュアルプログラミング20161118
ビジュアルプログラミング20161118ビジュアルプログラミング20161118
ビジュアルプログラミング20161118義広 河野
 
河野ゼミガイダンス資料2016
河野ゼミガイダンス資料2016河野ゼミガイダンス資料2016
河野ゼミガイダンス資料2016義広 河野
 
Sapporo Open Seminar 2
Sapporo Open Seminar 2Sapporo Open Seminar 2
Sapporo Open Seminar 2Hiro Yoshioka
 
Webシステムプログラミング20161003
Webシステムプログラミング20161003Webシステムプログラミング20161003
Webシステムプログラミング20161003義広 河野
 
社会情報学会 2015年度全国大会 若手カンファレンス
社会情報学会 2015年度全国大会 若手カンファレンス 社会情報学会 2015年度全国大会 若手カンファレンス
社会情報学会 2015年度全国大会 若手カンファレンス 義広 河野
 
第37回サイバーワールド研究会20171217
第37回サイバーワールド研究会20171217第37回サイバーワールド研究会20171217
第37回サイバーワールド研究会20171217義広 河野
 
Watanabe civictechforum
Watanabe civictechforumWatanabe civictechforum
Watanabe civictechforumsiramatu-lab
 
基礎演習V_20151006
基礎演習V_20151006基礎演習V_20151006
基礎演習V_20151006義広 河野
 
基礎演習V 河野ゼミ紹介20161025
基礎演習V 河野ゼミ紹介20161025基礎演習V 河野ゼミ紹介20161025
基礎演習V 河野ゼミ紹介20161025義広 河野
 
Webシステムプログラミング概要20150630
Webシステムプログラミング概要20150630Webシステムプログラミング概要20150630
Webシステムプログラミング概要20150630義広 河野
 
教育システム情報学会 2014年度第1回研究会20140510
教育システム情報学会 2014年度第1回研究会20140510教育システム情報学会 2014年度第1回研究会20140510
教育システム情報学会 2014年度第1回研究会20140510義広 河野
 
Sapporo Open Seminar 1
Sapporo Open Seminar 1Sapporo Open Seminar 1
Sapporo Open Seminar 1Hiro Yoshioka
 
ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(後編)20130731
ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(後編)20130731ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(後編)20130731
ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(後編)20130731義広 河野
 
Data scientist casual talk in 白金台
Data scientist casual talk in 白金台Data scientist casual talk in 白金台
Data scientist casual talk in 白金台Hiroko Onari
 
河野ゼミ研究紹介20221019
河野ゼミ研究紹介20221019河野ゼミ研究紹介20221019
河野ゼミ研究紹介20221019義広 河野
 
基礎演習V_20141021
基礎演習V_20141021基礎演習V_20141021
基礎演習V_20141021義広 河野
 
ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術
ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術
ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術Shohei Hido
 
高大連携授業20160802
高大連携授業20160802高大連携授業20160802
高大連携授業20160802義広 河野
 
Webシステムプログラミング20170527
Webシステムプログラミング20170527Webシステムプログラミング20170527
Webシステムプログラミング20170527義広 河野
 

Similar to 河野ゼミ研究紹介20180702 (20)

ビジュアルプログラミング20161118
ビジュアルプログラミング20161118ビジュアルプログラミング20161118
ビジュアルプログラミング20161118
 
河野ゼミガイダンス資料2016
河野ゼミガイダンス資料2016河野ゼミガイダンス資料2016
河野ゼミガイダンス資料2016
 
Sapporo Open Seminar 2
Sapporo Open Seminar 2Sapporo Open Seminar 2
Sapporo Open Seminar 2
 
Webシステムプログラミング20161003
Webシステムプログラミング20161003Webシステムプログラミング20161003
Webシステムプログラミング20161003
 
社会情報学会 2015年度全国大会 若手カンファレンス
社会情報学会 2015年度全国大会 若手カンファレンス 社会情報学会 2015年度全国大会 若手カンファレンス
社会情報学会 2015年度全国大会 若手カンファレンス
 
第37回サイバーワールド研究会20171217
第37回サイバーワールド研究会20171217第37回サイバーワールド研究会20171217
第37回サイバーワールド研究会20171217
 
Watanabe civictechforum
Watanabe civictechforumWatanabe civictechforum
Watanabe civictechforum
 
基礎演習V_20151006
基礎演習V_20151006基礎演習V_20151006
基礎演習V_20151006
 
基礎演習V 河野ゼミ紹介20161025
基礎演習V 河野ゼミ紹介20161025基礎演習V 河野ゼミ紹介20161025
基礎演習V 河野ゼミ紹介20161025
 
Webシステムプログラミング概要20150630
Webシステムプログラミング概要20150630Webシステムプログラミング概要20150630
Webシステムプログラミング概要20150630
 
教育システム情報学会 2014年度第1回研究会20140510
教育システム情報学会 2014年度第1回研究会20140510教育システム情報学会 2014年度第1回研究会20140510
教育システム情報学会 2014年度第1回研究会20140510
 
Sapporo Open Seminar 1
Sapporo Open Seminar 1Sapporo Open Seminar 1
Sapporo Open Seminar 1
 
ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(後編)20130731
ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(後編)20130731ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(後編)20130731
ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(後編)20130731
 
Data scientist casual talk in 白金台
Data scientist casual talk in 白金台Data scientist casual talk in 白金台
Data scientist casual talk in 白金台
 
河野ゼミ研究紹介20221019
河野ゼミ研究紹介20221019河野ゼミ研究紹介20221019
河野ゼミ研究紹介20221019
 
基礎演習V_20141021
基礎演習V_20141021基礎演習V_20141021
基礎演習V_20141021
 
[Japan Tech summit 2017] MAI 001
[Japan Tech summit 2017]  MAI 001[Japan Tech summit 2017]  MAI 001
[Japan Tech summit 2017] MAI 001
 
ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術
ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術
ディープラーニングの産業応用とそれを支える技術
 
高大連携授業20160802
高大連携授業20160802高大連携授業20160802
高大連携授業20160802
 
Webシステムプログラミング20170527
Webシステムプログラミング20170527Webシステムプログラミング20170527
Webシステムプログラミング20170527
 

More from 義広 河野

河野ゼミ説明会20221116
河野ゼミ説明会20221116河野ゼミ説明会20221116
河野ゼミ説明会20221116義広 河野
 
コミュニティカレッジさくら20190825
コミュニティカレッジさくら20190825コミュニティカレッジさくら20190825
コミュニティカレッジさくら20190825義広 河野
 
千葉市若葉区共催市民公開講座_20190711
千葉市若葉区共催市民公開講座_20190711千葉市若葉区共催市民公開講座_20190711
千葉市若葉区共催市民公開講座_20190711義広 河野
 
プレゼン勉強会_若葉区公開講座_20190620
プレゼン勉強会_若葉区公開講座_20190620プレゼン勉強会_若葉区公開講座_20190620
プレゼン勉強会_若葉区公開講座_20190620義広 河野
 
ソーシャルメディアを活用した地域の情報発信_02_20190616
ソーシャルメディアを活用した地域の情報発信_02_20190616ソーシャルメディアを活用した地域の情報発信_02_20190616
ソーシャルメディアを活用した地域の情報発信_02_20190616義広 河野
 
教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316
教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316
教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316義広 河野
 
卒業論文ルーブリック_20181217
卒業論文ルーブリック_20181217卒業論文ルーブリック_20181217
卒業論文ルーブリック_20181217義広 河野
 
プログラミング応用b 長期課題(2)
プログラミング応用b 長期課題(2)プログラミング応用b 長期課題(2)
プログラミング応用b 長期課題(2)義広 河野
 
教員免許状更新講習20180821
教員免許状更新講習20180821教員免許状更新講習20180821
教員免許状更新講習20180821義広 河野
 
高大連携授業20180803
高大連携授業20180803高大連携授業20180803
高大連携授業20180803義広 河野
 
教員免許状更新講習20170804
教員免許状更新講習20170804教員免許状更新講習20170804
教員免許状更新講習20170804義広 河野
 
第34回サイバーワールド研究会20161216
第34回サイバーワールド研究会20161216第34回サイバーワールド研究会20161216
第34回サイバーワールド研究会20161216義広 河野
 

More from 義広 河野 (12)

河野ゼミ説明会20221116
河野ゼミ説明会20221116河野ゼミ説明会20221116
河野ゼミ説明会20221116
 
コミュニティカレッジさくら20190825
コミュニティカレッジさくら20190825コミュニティカレッジさくら20190825
コミュニティカレッジさくら20190825
 
千葉市若葉区共催市民公開講座_20190711
千葉市若葉区共催市民公開講座_20190711千葉市若葉区共催市民公開講座_20190711
千葉市若葉区共催市民公開講座_20190711
 
プレゼン勉強会_若葉区公開講座_20190620
プレゼン勉強会_若葉区公開講座_20190620プレゼン勉強会_若葉区公開講座_20190620
プレゼン勉強会_若葉区公開講座_20190620
 
ソーシャルメディアを活用した地域の情報発信_02_20190616
ソーシャルメディアを活用した地域の情報発信_02_20190616ソーシャルメディアを活用した地域の情報発信_02_20190616
ソーシャルメディアを活用した地域の情報発信_02_20190616
 
教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316
教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316
教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316
 
卒業論文ルーブリック_20181217
卒業論文ルーブリック_20181217卒業論文ルーブリック_20181217
卒業論文ルーブリック_20181217
 
プログラミング応用b 長期課題(2)
プログラミング応用b 長期課題(2)プログラミング応用b 長期課題(2)
プログラミング応用b 長期課題(2)
 
教員免許状更新講習20180821
教員免許状更新講習20180821教員免許状更新講習20180821
教員免許状更新講習20180821
 
高大連携授業20180803
高大連携授業20180803高大連携授業20180803
高大連携授業20180803
 
教員免許状更新講習20170804
教員免許状更新講習20170804教員免許状更新講習20170804
教員免許状更新講習20170804
 
第34回サイバーワールド研究会20161216
第34回サイバーワールド研究会20161216第34回サイバーワールド研究会20161216
第34回サイバーワールド研究会20161216
 

Recently uploaded

3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS 【ADVANCED 2023】
3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS  【ADVANCED 2023】3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS  【ADVANCED 2023】
3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS 【ADVANCED 2023】NEURALGPNETWORK
 
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023Tokyo Institute of Technology
 
JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援
JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援
JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援JUNYA SHIMAMOTO
 
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training program
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training programIntroductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training program
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training programkishita2
 
特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。
特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。
特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。Eito Noritake
 
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】NEURALGPNETWORK
 
The Product Introduction of MoiMoi English
The Product Introduction of MoiMoi EnglishThe Product Introduction of MoiMoi English
The Product Introduction of MoiMoi Englishsoushi1130
 

Recently uploaded (7)

3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS 【ADVANCED 2023】
3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS  【ADVANCED 2023】3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS  【ADVANCED 2023】
3分で攻略ガイド! FASTとFOCUS 【ADVANCED 2023】
 
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023
東工大 工学院 情報通信系 大学院説明会2023
 
JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援
JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援
JMAT支援チームの心得 国保一本松病院 #日本医師会 #災害支援 #準備 #被災地支援
 
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training program
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training programIntroductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training program
Introductory materials for Ziktas, a corporate reskilling training program
 
特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。
特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。
特定非営利活動法人Locaneer | みんなの共創でイノベーションを生み出す。
 
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】
地域での療養生活の支え 療養生活を支える制度 ②障害者手帳の取得 【ADVANCED2023】
 
The Product Introduction of MoiMoi English
The Product Introduction of MoiMoi EnglishThe Product Introduction of MoiMoi English
The Product Introduction of MoiMoi English
 

河野ゼミ研究紹介20180702

  • 2. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 目次  河野ゼミの研究方針  ゼミの紹介  プロジェクト研究  自己実現支援システムの展望  社会的課題解決における課題  まとめ 2
  • 3. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 教員紹介  名前:河野 義広  所属:ゲーム・アプリケーション研究室  専門:情報工学、社会情報学  社会的課題をシステムで解決する!  実生活すべてが研究対象  ソーシャルメディアを「いかに人生に活かすか!」  研究テーマ:サイバーワールド  分散仮想環境におけるヒューマンコミュニケーション  仮想化技術を用いた自律分散協調型Webクローラの開発  なりたい自分でつながるソーシャルメディア開発  地域活動を通じた学生の主体性向上と情報発信Webサイト 3
  • 4. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 社会情報学における課題解決 • 対象:ネット依存、炎上問題、情報モラル、地域情報化 • 課題の抽出が中心 社会学的見地から情報社会の問題を捉える • 社会的課題を解決するために情報システムの活用・開発 • 情報工学的アプローチ 情報システムを活用し社会的課題を解決する 4 多い 研究事例 情報システムを活用し社会的課題解決に取り組む 少ない
  • 5. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 河野ゼミの研究マップ  ITの視点に立ち、社会の側面を見る  社会的課題に対して、強みであるITを使った課題解決  課題ベースのため、1からシステム開発を行う場合が多い 5
  • 6. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 河野ゼミの研究方針  概要  社会的課題を解決するためのシステム開発、 並びにその社会的影響に関する研究  システム開発と社会調査の両面が必要  システム開発では『社会を見渡す視点』が必要  社会調査では『課題を解決する技術力』が必要  卒業研究テーマ例:  学生のための第二領域時間管理システム「Self-reflector」  技術を売り買いできるサービス「TechnicaLink」  佐原の情報発信Webメディア「佐原ソーシャルライブラリ」の開発 6
  • 7. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 研究の進め方 1. 社会調査  文献やフィールドワークを通じた社会調査 2. 課題抽出  社会調査をもとに課題(解決すべき問題)の抽出 3. システム開発による課題解決  Webサービス、ソーシャルサービスの開発 4. 評価  どのような効果があったかを客観的に評価  特に人の内面の変化、地域と人のつながりなど  場合によっては心理学的な知識も必要 7
  • 8. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 社会調査の進め方 8  研究方針  Twitter、Facebookなどを使い込んでみる  フィールドワーク(現地調査)を行い、問題の分析  Webデザインの知識が必要になることもある  地域社会との関わりが重要  運営体制、役割分担まで含めた仕組み作りが大切
  • 9. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 地域社会との関わり  ソーシャルメディア活用による地域活性化  地域住民の持つ人脈と情報の集約・活用  地域社会における課題の解決 9 家族 仕事 子育て 地域 人脈と情報
  • 10. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES システム開発の進め方  研究方針  Twitter、Facebook連携サービスの開発  Web API(Application Programming Interface)の調査  外部プログラムからTwitterの機能を利用するための関数群  Web開発技術の習得  WebやDBの知識、推奨フレームワーク:Ruby on Rails 10 プログラム Webサイト Twitter DB A P I ① 問い合わせ ② データ処理③ 返信 インターネット 図. Twitter APIの仕組み D D
  • 11. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 目次  河野ゼミの研究方針  ゼミの紹介  プロジェクト研究  自己実現支援システムの展望  社会的課題解決における課題  まとめ 11
  • 12. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ゼミの紹介 河野ゼミについて 12
  • 13. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ゼミの様子  卒研テーマ  自分自身の問題意識をテーマとする学生が多い  教員との関係  一緒に飲みに行ったり、勉強会に出掛けたりが大切  Facebookやブログで、価値観や活動内容を共有  指導方針  学生の主体性を重視  心配はするけど、手取り足取りは教えない  公正な評価が教員の役割  中途半端な状態で社会に送り出すことはできない 13
  • 14. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ゼミ合宿の様子 14
  • 15. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ゼミの進め方  全体を通して  週1回のディスカッション  毎週3~4名程度が研究内容を発表し、全員で議論  サブゼミ  プロジェクト毎に各自の進捗報告  前半  社会調査、参考文献の調査  Webの知識、開発技術の修得  後半  各自のテーマに応じたフィールドワーク、システム開発  卒論中間発表 15
  • 16. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ゼミで使うITツール  Facebook:公式な連絡手段  ゼミの連絡、卒論指導、イベント周知  Dropbox:ファイル共有  卒論ファイル、プレゼン資料、開発関連メモ  GitHub:ソースコードのバージョン管理  システムのソースコード共有、変更履歴の確認  Slack:チャットツール  プロジェクト毎のチャット用  Gmail:各種アカウントのID  上記各サービスの登録用アカウント 16
  • 17. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 目次  河野ゼミの研究方針  ゼミの紹介  プロジェクト研究  自己実現支援システムの展望  社会的課題解決における課題  まとめ 17
  • 18. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 研究紹介 河野ゼミの研究テーマの紹介をします 18
  • 19. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES プロジェクト研究 1. サイバーセキュリティ  目的:サイバー攻撃に対する人材育成と技術開発  方法:不正サイト検出クローラ、仮想化分散システム 2. ソーシャルアプリイノベーション  目的:人と人をつないで次の当たり前を創る  方法:Webサービス開発、SNS、可視化、マーケティング 3. 地域活性化Webシステム  目的:地域活動と情報発信による学生教育や地域活性化  方法:地域と情報大のヒト・モノ・コトを記録するサイト 19
  • 20. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES サイバーセキュリティ  自律分散協調システム 20
  • 21. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES Web空間を2次元座標にマッピング  クローラ毎に探索領域を配分  各クローラは自身の探索領域を独自に計算 21
  • 22. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES Webクローラの処理の流れ  複数のクローラが同時並列的に実行 22
  • 23. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ソーシャルアプリイノベーション  自立と協調を促す自己実現支援サービス  7つの習慣をベースに主体性開発  『7つの習慣』とは?  人が成功するための人生哲学  S・コヴィー博士が提唱  インサイド・アウトの原則  私的成功と公的成功  プロジェクト研究との関連  まずは7つの習慣の勉強・実践  自己実現支援システムの開発  支援手法の確立 23図.7つの習慣における成長の連続体
  • 24. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 時間管理のマトリックス 30
  • 25. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 研究概要  目的  自立と協調による学生の自己実現支援  自立:主体的な行動選択と実行  協調:自立した人同士が切磋琢磨  方法  着眼点:学生の利用頻度の向上と継続性の維持  対応策:モバイルアプリの開発  活動開始を利用者に知らせるプッシュ通知  モバイル端末での活動開始・終了時刻の計測  メンターやライバルを見つけるためのコミュニティ機能  評価:学生の自立状態を評価するルーブリック策定 31
  • 26. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 自己実現支援システムの設計  当初のシステム設計  私的成功:第二領域時間管理システム  公的成功:ミッション・ステートメント共有システム 32図.自己実現支援システムの設計 第1~第2ステージへのサブシステム - Self-reflector - 主体的な行動選択 - 私的成功
  • 27. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 自己実現支援システムの設計  当初のシステム設計  私的成功:第二領域時間管理システム  公的成功:ミッション・ステートメント共有システム 33図.自己実現支援システムの設計 第2~第3ステージへのサブシステム - Socializer - ミッション・ステートメントの共有 - 公的成功 統合 Self-reflector-Plus
  • 28. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES Self-reflector  第二領域活動を管理するカレンダーシステム 34
  • 29. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES Socializer  『なりたい自分』でつながるソーシャルメディア  師弟関係(メンターとメンティー)の可視化  他者との切磋琢磨による自己実現 35 1.なりたい自分を表明 - プロフィールの確認 - 自分の強みや価値観などの共有 2.メンターリクエスト - メンターになって欲しい人に依頼 - メンターが承認すればOK
  • 30. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES Self-reflector-Plusの開発  主な機能  スマホ対応版  コミュニティや通知機能 36
  • 31. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 地域活性化Webシステム(1)  こどものまちWebサイト  四街道市での地域活動に関する情報発信 37
  • 32. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 地域活性化Webシステム(2)  お仕事タイムカードシステム  こどものまちで子ども達がお仕事を予約する際に利用 38
  • 33. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 地域活性化Webシステム(3)  ITすごろくによる子供のITに対する意識の変化  子供に遊びながらITを学んでもらう  子供のITに対する意識の変化を調査 39
  • 34. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 佐原ハンターズ  山車の位置情報をみんなで共有するサイト 40
  • 35. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES さわら飲み歩きマップ  出店や酒造などのお店情報を地図上に表示 41
  • 36. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 目次  河野ゼミの研究方針  ゼミの紹介  プロジェクト研究  自己実現支援システムの展望  社会的課題解決における課題  まとめ 42
  • 37. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 自己実現支援システムの問題点  被験者実験の結果(N:25人)  アクセスユーザ:14人  イベント登録数:68個  イベント測定開始を行った:6人  イベント測定終了を行った:4人  ミッション・ステートメントの登録:17人  考察  ゼミ内での実験にも関わらず、利用頻度が低い  利用する意識はあったが、継続はできていない  使えと言われても使わないようでは、主体的ではない 43
  • 38. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 自己実現支援システムの課題  7つの習慣に基づく振り返り  習慣化には「知識」「スキル」「やる気」が不可欠  知識:ミッション・ステートメント、第二領域活動が相当  ミッション・ステートメントの導入には課題あり  導入のためのグループワークを検討中  スキル:メンターのサポートを要検討  やる気:現状はサポートなし  今後に向けた展望  インプットではなくアウトプット  アウトプットが評価される仕組み  成功したアウトプットサービスは? 44
  • 39. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES GitHub  エンジニア向けのコード共有サービス  自分の書いたコードをWebに公開して、誰かが使ったり 誰かにコードレビューをしてもらったりする  オープンソース(OSS)の人達がよく使っている  リポジトリは分散管理 45
  • 40. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 自分GitHub  自分GitHubの提案  自分のアウトプットを公開するソーシャルメディア  自分のアウトプットを誰かが参考にしたり、真似したり、 誰かにコメントをもらったりして切磋琢磨  アウトプット: 「知性」 「肉体」「情緒」「精神」で分類  例:コード、ブログ、論文、価値観、人脈など ※ Forkwellに近い  インプット:Self-reflector, アウトプット:Socializer 46
  • 41. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 自己実現支援システムの展望  GitHubとの類似点  公開するのは、自分のアウトプットすべて  他人から評価されたり、意見がもらえたりする  他人のよいところを取り入れる  課題  7つの習慣の考えをベースに、GitHubを参考にする  GitHubの概念を自分GitHubに置き換える  Commit:アウトプットを記録する  Pull:メンターの生き様を取り入れる(ローカルリポジトリ)  Pull Request:メンティーへのアドバイス  メンター・メンティーの関係構築をどう促すか 47
  • 42. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 目次  河野ゼミの研究方針  ゼミの紹介  プロジェクト研究  自己実現支援システムの展望  社会的課題解決における課題  まとめ 48
  • 43. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 社会的課題解決における課題  効果が現れるまでに時間が掛かる  少なくとも半年~1年、場合によっては数年  研究計画を立てつつも、柔軟に進める必要がある  評価指標が難しい  何をもって成功とするか? ※例えば地域活動の場合  FacebookページやWebのアクセス数で評価してよいのか?  実際に関わる人達の主体性の向上や地元愛を評価すべきでは?  定量的な評価が難しい要素こそ評価すべき  他の研究者から理解され難い  課題ベースの研究であるため、技術的な専門性ではない 49
  • 44. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 河野ゼミで学べる技術 50 Web開発 ソーシャル 仮想化
  • 45. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 河野ゼミで学べること  システム開発:WebとDB  DBと連携したWebシステム:Ruby, Python, JavaScript  ソーシャルサービス:Twitter, Facebook連携アプリ  仮想化技術:Docker, Vagrant  Webサイト・SNS構築:WordPress, Joomla!  社会性:人と地域  地域活性化:千葉市若葉区・花見川区、四街道市  人生哲学:7つの習慣, ポジティブ心理学  人材教育:アクティブ・ラーニング, 情報リテラシー  システム(手段)と社会(問題意識)の両面が重要 51
  • 46. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 目次  河野ゼミの研究方針  ゼミの紹介  プロジェクト研究  自己実現支援システムの展望  社会的課題解決における課題  まとめ 52
  • 47. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES まとめ  紹介したこと  河野ゼミについて  プロジェクト研究  自己実現支援システムの展望  ディスカッションしたいこと  自己実現支援システムのアイデアは?  他の可能性はあるか? 53
  • 48. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ゼミ生に読んで欲しい書籍(1)  7つの習慣 人格主義の回復  著者:スティーブン・R・コヴィー  1996年12月出版  人が成功するための人生哲学  インサイド・アウトの原則  私的成功と公的成功 54
  • 49. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ゼミ生に読んで欲しい書籍(2)  ソーシャルシフト これからの企業にとって一番大切なこと  著者:斉藤徹  2011年11月出版  ソーシャルシフトへのステップ  透明性の時代に大切なこと 55
  • 50. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ゼミ生に読んで欲しい書籍(3)  ワーク・シフト 孤独と貧困から自由になる働き方 の未来図〈2025〉  著者:リンダ・グラットン  2012年7月出版  働き方を変える! 〈3つのシフト〉  ゼネラリスト→連続スペシャリスト  孤独な競争→みんなでイノベーション  金儲けと消費→価値ある経験 56
  • 51. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES ゼミ生に読んで欲しい書籍(4)  幸せがずっと続く12の行動習慣  著者:ソニア・リュボミアスキー  2012年2月出版  幸福度を高める方法の研究成果  ポジティブ心理学に基づく行動習慣  感謝をする  人を許す  楽観的になる  目標達成に全力を尽くす  人生の喜びを深く味わう  など 57
  • 52. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 終わり  ご質問・コメントなどありましたらお願いします 58 東京情報大学 総合情報学部 総合情報学科 ゲーム・アプリケーション研究室 河野 義広 Tel:043-236-1149 E-mail:ykawano@rsch.tuis.ac.jp ご不明な点がありましたら以下にお問い合わせください

Editor's Notes

  1. こちらの図をご覧ください.こちらは時間管理のマトリックス図です. 私たちのすべての活動は「緊急度」と「重要度」という2つの軸により、4つの領域に分類できます。 そして,この4つの領域のうち、豊かな人間関係づくり、準備や計画といった緊急ではないが重要である第二領域が最も重要とされています。 この第二領域の活動は、我々に働きかけてくることはありません。第二領域の活動は、自ら働きかけなければ実行することができません。