Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
ソーシャルメディアの使い分け ~Twitter, Facebook, LinkedIn,    Google+, foursquare~               2011年11月28日(月)                   情報システム...
内容   パーソナルブランディング   各ソーシャルメディアの特徴   各ソーシャルメディアの利用方針   ソーシャルメディアの使い分け   起点となるコンテンツ   ソーシャルメディア最前線                    ...
発表の目的   目的       各ソーシャルメディアの特性を理解し使い分けていくこと           目的を持って使い分けるのが大切           単なる使い方の説明はしない       パーソナルブランディングを意識した...
パーソナルブランディング   目的       ソーシャルメディアを活用した自己PR       Web上に自分の活動記録を残す       インフルエンサー(大きな影響力を持つ人)になること           必ずしもフォロワーを...
各ソーシャルメディアの特徴(1)   Twitter       ソーシャルフィルタリングによる優れた情報収集           気になる人をフォローするだけ、誰をフォローするかが大事       即時性の高い情報伝達能力      ...
各ソーシャルメディアの特徴(2)   LinkedIn       パーソナルブランディング           Web上での履歴書の公開                仕事の紹介、人物の推薦           Twitter、Sl...
各ソーシャルメディアの特徴(3)   Google+       UI、機能的にはTwitterとFacebookの中間くらい       サークル機能で情報公開範囲を自分で管理       「+1」による検索結果のソーシャル化    ...
注目しているソーシャルメディア   Twitter       自分の考え、気になったことを発信する場(自己PR)   Facebook       友達の近況、勉強会の参加(プライベート、自己啓発)   LinkedIn     ...
日々の情報収集   基本はGoogleアラート       Twitter、Facebook、LinkedInなどのキーワードを指定       気になった記事はTwitterから発信(コメントも付加)       Facebookの友...
河野の利用方針(1)   Twitter       パーソナルブランディングの主戦場           気になった記事、自分の意見を述べる場           できるだけ毎日つぶやくようにしている   Facebook    ...
河野の利用方針(2)   LinkedIn       Twitterと並ぶパーソナルブランディングの戦場           Twitterの投稿の中で、特に自分のブランディングに関係ありそうな            ものを厳選し投稿 ...
河野の利用方針(3)   Google+       とりあえず気になった記事には+1       たまに見て情報収集   foursquare       よさそうなお店に入ったときにチェックイン       旅行の軌跡を記録して...
ソーシャルメディアの使い分け   基本方針       ソーシャルメディアは使い分けの時代           それぞれ利用目的が異なるため、マルチポストはしない   方法       Twitterから投稿           「...
TwitterとFacebookの使い分け(1)   Twitterとの自動化した連動はおすすめしない       TwitterとFacebookは全く性質の異なるメディア       同じ投稿を2回見ることになるユーザもいる   T...
TwitterとFacebookの使い分け(2)   使い分けの考え方       Twitter上でのやり取りはTwitterだけ       気になったニュースや記事、告知はFacebookにも流したい       利用スタンスに応...
起点となるコンテンツ(1)   考え方       どんなコンテンツを起点とし、何の目的で誰に届けたいの        かで利用するソーシャルメディアとその流れが決まる       コンテンツ:記事、位置情報、写真、SlideShareな...
記事上の投稿ボタン投稿ボタン                                                   17             TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES ...
起点となるコンテンツ(2)   位置情報(foursquare)       場所の種類によって、連携先を選択           連携先としてTwitter、Facebookを選択する   写真       スマートフォンのアプリか...
SlideShare投稿ボタン                                                    19              TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENC...
ソーシャルメディアの特徴   マスメディアの特徴       例:新聞、テレビ、雑誌、ラジオなど       新聞社、放送局などから大衆に向けた一方的な情報発信       一部のプロのみが情報発信する   ソーシャルメディアの特徴 ...
ソーシャルメディアの利点   情報収集・発信       人を介した情報収集           キーワード検索ではなく、興味のある人をフォロー           例:大学・企業内の人の意見を直に聞くことができる       情報発...
ソーシャルメディアの欠点   情報発信のリスク       情報発信に気を付けないと問題が発生する可能性あり   何でもできる魔法の杖ではない       結局はつながるきっかけの1つでしかない       現実世界が大事     ...
ソーシャルメディア最前線   現状       様々なソーシャルメディアが登場       凄まじい速度での技術革新、社会変革       ソーシャルメディアの使い分けが大切           それぞれに特徴があり、どれが一番とかは...
ソーシャルメディア実践の書   おすすめの参考書       ソーシャルメディア実践の書       著者:大元隆志       教科書にも最適           パーソナルブランディング           ソーシャルメディアリ...
プロジェクトの紹介 ソーシャルメディアを活用したキャリアデザイン支援プロジェクト                                              25        TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO...
プロジェクトの紹介   社会的背景       新卒一括採用、終身雇用が崩壊しつつある       自分の強みを生かし、自立できなければ生き残りは難しい   概要       パーソナルブランディングの実践           ソー...
プロジェクトの到達目標(1)1.   ソーシャルメディアの基本と情報収集のコツ        ソーシャルメディアの基本的な使い方を学習し、情報収集         の手段として活用できるようになること2.   ソーシャルメディアリテラシーと情...
プロジェクトの到達目標(2)3.   パーソナルブランディングとキャリアデザイン        ソーシャルメディアを活用し、情報収集、勉強会等のイベ         ント参加、人脈作りなど、積極的に社会のとのつながりが         持てる...
参加者募集中!   参加して欲しい人       ソーシャルメディアで自分を表現したい人       社会に興味のある人       ソーシャルメディアの使い方・使い分けを探りたい人       パーソナルブランディングを実践し、自分...
就職について   新卒一括採用、終身雇用は崩壊しつつある       自らの強みを生かし、自立できなければ生き残りは難しい       長い人生を生きていくためのキャリアデザインが必要       転職は必ずしも不利に働く訳ではない  ...
おわり   ご清聴ありがとうございました    ご質問・コメント等ありましたらお願いします              東京情報大学 情報システム学科                     先端システム研究室                 ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

ソーシャルメディアの使い分け~Twitter, Facebook, LinkedIn, Google+, foursquare~

8,836 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

ソーシャルメディアの使い分け~Twitter, Facebook, LinkedIn, Google+, foursquare~

  1. 1. ソーシャルメディアの使い分け ~Twitter, Facebook, LinkedIn, Google+, foursquare~ 2011年11月28日(月) 情報システム学科 河野義広
  2. 2. 内容 パーソナルブランディング 各ソーシャルメディアの特徴 各ソーシャルメディアの利用方針 ソーシャルメディアの使い分け 起点となるコンテンツ ソーシャルメディア最前線 2 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  3. 3. 発表の目的 目的  各ソーシャルメディアの特性を理解し使い分けていくこと  目的を持って使い分けるのが大切  単なる使い方の説明はしない  パーソナルブランディングを意識した使い分け パーソナルブランディング  自分の専門性を主張し、自分自身の価値を高める行為 3 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  4. 4. パーソナルブランディング 目的  ソーシャルメディアを活用した自己PR  Web上に自分の活動記録を残す  インフルエンサー(大きな影響力を持つ人)になること  必ずしもフォロワーを増やすことが目的ではない ポイント  明確な目的を持ってソーシャルメディアを使いこなす  是非、実名で活動しましょう!  匿名だと効果が薄い  ソーシャルメディアリテラシーが重要 4 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  5. 5. 各ソーシャルメディアの特徴(1) Twitter  ソーシャルフィルタリングによる優れた情報収集  気になる人をフォローするだけ、誰をフォローするかが大事  即時性の高い情報伝達能力  発信した情報が即座に世界を駆け巡る  インターネットに公開され、ずっと残る Facebook  実名ベースでの友人との交流(写真、ビデオなど)  「いいね!(Like)」ボタンによる”おすすめ”  イベント情報の収集&参加表明 5 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  6. 6. 各ソーシャルメディアの特徴(2) LinkedIn  パーソナルブランディング  Web上での履歴書の公開  仕事の紹介、人物の推薦  Twitter、SlideShareからのコンテンツの掲載  人脈作り  ビジネスでの人脈管理  新たな人脈の構築  気になる人とつながるには誰から辿ればよいか  Signalsによる興味対象者の発見  情報収集  コネクション、LinkedIn Todayからのノイズの少ない情報  Group, Answersによる議論、質問  質問に対しプロフェッショナルが回答してくれる 6 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  7. 7. 各ソーシャルメディアの特徴(3) Google+  UI、機能的にはTwitterとFacebookの中間くらい  サークル機能で情報公開範囲を自分で管理  「+1」による検索結果のソーシャル化  サークル内の人が「+1」した記事は検索結果の上位に表示  誰をサークルに入れているかで検索結果に差が生じる foursquare  友人との位置情報の共有  チェックインにコメントや写真を付加できる  Twitter、Facebookとの連動が可能 7 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  8. 8. 注目しているソーシャルメディア Twitter  自分の考え、気になったことを発信する場(自己PR) Facebook  友達の近況、勉強会の参加(プライベート、自己啓発) LinkedIn  履歴書の公開、情報収集、人脈、企業研究(ビジネス) Google+  「+1」による検索結果のソーシャル化 foursquare  位置情報の共有、Twitter、Facebookとの連動 8 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  9. 9. 日々の情報収集 基本はGoogleアラート  Twitter、Facebook、LinkedInなどのキーワードを指定  気になった記事はTwitterから発信(コメントも付加)  Facebookの友達にも知らせたい場合は「いいね!」  コメントを残せば、Facebookだけでなく記事にも足跡が残る ソーシャルフィルタリング  Twitter、Facebook、LinkedInからの情報収集  Facebookには使い込んでいる友人が多いので、得られる情報も 多種多様→面白い情報はTwitterに流すこともある  特にLinkedInはノイズが少なく、有用な情報が多い いかに効率的に情報収集するかが大切! 9 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  10. 10. 河野の利用方針(1) Twitter  パーソナルブランディングの主戦場  気になった記事、自分の意見を述べる場  できるだけ毎日つぶやくようにしている Facebook  ありのままの自分を発信する場  Twitterは表向き、Facebookは裏も表も(家の中の感覚に近い)  リアルでの自己啓発に役立て、その結果はTwitterで!  勉強会、人との交流を通じた水面下での自己啓発  ソーシャル界隈の友人からの情報収集 10 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  11. 11. 河野の利用方針(2) LinkedIn  Twitterと並ぶパーソナルブランディングの戦場  Twitterの投稿の中で、特に自分のブランディングに関係ありそうな ものを厳選し投稿  「#in」のハッシュタグで連携可能  Twitterをブランディング目的のみで利用すれば自動連携でもOK  SlideShareのコンテンツを掲載してアピール  興味のある人とつながって情報交換  実際に会った後で、Facebookの友達になることもある  Group機能による使い方や利用方針についての議論  議論するならLinkedInのGroupがよい  Twitterは議論に向かない、Facebookは友人のコミュニティのため 11 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  12. 12. 河野の利用方針(3) Google+  とりあえず気になった記事には+1  たまに見て情報収集 foursquare  よさそうなお店に入ったときにチェックイン  旅行の軌跡を記録して、Triplineで楽しむ  Twitter、Facebookとの連動  だいたいFacebookに連動させて使っている  ブランディングにはあまり関係ないので、Twitterには流さない 12 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  13. 13. ソーシャルメディアの使い分け 基本方針  ソーシャルメディアは使い分けの時代  それぞれ利用目的が異なるため、マルチポストはしない 方法  Twitterから投稿  「#fb」、「#in」などのハッシュタグで投稿先を分類  LinkedInから投稿  Twitterへの投稿をチェック→「#fb」でFBにも連携可能  Google+から投稿  Twitter、Facebookに投稿可能なChrome拡張もある  基本的にFacebookは投稿の起点とならない(例外はある) 13 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  14. 14. TwitterとFacebookの使い分け(1) Twitterとの自動化した連動はおすすめしない  TwitterとFacebookは全く性質の異なるメディア  同じ投稿を2回見ることになるユーザもいる Twitter  特定の話題に共感した人達が集まるゆるい空間  マスを対象としたゆるい断続的なコミュニケーション Facebook  現実で関わり(直接的 or 間接的)がある人との場  友達同士のプライベートなコミュニケーション 14 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  15. 15. TwitterとFacebookの使い分け(2) 使い分けの考え方  Twitter上でのやり取りはTwitterだけ  気になったニュースや記事、告知はFacebookにも流したい  利用スタンスに応じ、それぞれが考えて実践 対応策  Selective Tweetsがおすすめ(Facebookアプリ)  ハッシュタグ「#fb」でツイートするとFBにも投稿  HootSuite、CrowyなどのTwitterクライアントの利用  Twitter、Facebook、LinkedIn、Yammerなどを一元管理 ソーシャルメディアは使い分けの時代に 15 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  16. 16. 起点となるコンテンツ(1) 考え方  どんなコンテンツを起点とし、何の目的で誰に届けたいの かで利用するソーシャルメディアとその流れが決まる  コンテンツ:記事、位置情報、写真、SlideShareなど 記事の場合  誰に届けたいか判断し、各種投稿ボタンによる使い分け  Twitterの場合:「ツイートする」  Facebookの場合:「いいね!」  TwとFBの場合:「ツイートする」→「#fb」の付加 16 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  17. 17. 記事上の投稿ボタン投稿ボタン 17 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  18. 18. 起点となるコンテンツ(2) 位置情報(foursquare)  場所の種類によって、連携先を選択  連携先としてTwitter、Facebookを選択する 写真  スマートフォンのアプリから共有先を選択  写真の種類によって、Twitter、Facebookを切り分ける SlideShare  作成したスライドを共有する  各種投稿ボタンを利用する 18 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  19. 19. SlideShare投稿ボタン 19 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  20. 20. ソーシャルメディアの特徴 マスメディアの特徴  例:新聞、テレビ、雑誌、ラジオなど  新聞社、放送局などから大衆に向けた一方的な情報発信  一部のプロのみが情報発信する ソーシャルメディアの特徴  例:ブログ、Twitter、Facebookなど  誰もが参加・発言できる  双方向でのやり取り 一人ひとりが主役、個人が活躍する時代 20 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  21. 21. ソーシャルメディアの利点 情報収集・発信  人を介した情報収集  キーワード検索ではなく、興味のある人をフォロー  例:大学・企業内の人の意見を直に聞くことができる  情報発信  特定のターゲットに向けた低コストでの情報発信 人間関係  組織の枠を越えた人脈の形成  パーソナルブランディング  自分の価値を高める・アピールする場 世界中の人に自分を知ってもらおう! 21 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  22. 22. ソーシャルメディアの欠点 情報発信のリスク  情報発信に気を付けないと問題が発生する可能性あり 何でもできる魔法の杖ではない  結局はつながるきっかけの1つでしかない  現実世界が大事  自分を磨く努力は必要 22 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  23. 23. ソーシャルメディア最前線 現状  様々なソーシャルメディアが登場  凄まじい速度での技術革新、社会変革  ソーシャルメディアの使い分けが大切  それぞれに特徴があり、どれが一番とかはない  自分に合った使い方を考え、実践する必要がある 今後  ソーシャルメディアリテラシー  情報発信のメリット・デメリットの理解 ⇒ 実名がポイント  ソーシャルメディアデバイド  使いこなす人とそうでない人の格差(情報の質・量、人脈) 23 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  24. 24. ソーシャルメディア実践の書 おすすめの参考書  ソーシャルメディア実践の書  著者:大元隆志  教科書にも最適  パーソナルブランディング  ソーシャルメディアリテラシー 24 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  25. 25. プロジェクトの紹介 ソーシャルメディアを活用したキャリアデザイン支援プロジェクト 25 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  26. 26. プロジェクトの紹介 社会的背景  新卒一括採用、終身雇用が崩壊しつつある  自分の強みを生かし、自立できなければ生き残りは難しい 概要  パーソナルブランディングの実践  ソーシャルメディアを活用し、効率的な情報収集、 適切な情報発信を行う  ソーシャルメディア上での専門性の確かな発信  これらの活動を「キャリアデザイン」につなげる 26 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  27. 27. プロジェクトの到達目標(1)1. ソーシャルメディアの基本と情報収集のコツ  ソーシャルメディアの基本的な使い方を学習し、情報収集 の手段として活用できるようになること2. ソーシャルメディアリテラシーと情報発信  ソーシャルメディアのリテラシーを学習し、適切な情報公 開、情報発信ができるようになること 27 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  28. 28. プロジェクトの到達目標(2)3. パーソナルブランディングとキャリアデザイン  ソーシャルメディアを活用し、情報収集、勉強会等のイベ ント参加、人脈作りなど、積極的に社会のとのつながりが 持てるようになること4. ソーシャルメディアの使い分け  教員・学生同士で活発にディスカッションを行い、各自の パーソナルブランディングに適したソーシャルメディアの 使い方・使い分けを見つけること 28 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  29. 29. 参加者募集中! 参加して欲しい人  ソーシャルメディアで自分を表現したい人  社会に興味のある人  ソーシャルメディアの使い方・使い分けを探りたい人  パーソナルブランディングを実践し、自分の活動をPR したい人→就活にも有利  他ゼミ希望でも興味があればOK  研究活動をアピールするきっかけとして利用してくれてよい 意欲ある皆さんの参加を待っています! 29 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  30. 30. 就職について 新卒一括採用、終身雇用は崩壊しつつある  自らの強みを生かし、自立できなければ生き残りは難しい  長い人生を生きていくためのキャリアデザインが必要  転職は必ずしも不利に働く訳ではない  キャリアアップの選択肢の1つとして考える パーソナルブランディングの重要性  就職は単なる通過点、その後の人生においても重要な考え 時代の流れ(技術革新、社会変革)が速い  ソーシャルメディアをうまく使って効率的に情報収集  時代の最先端を追い続けよう! 30 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  31. 31. おわり ご清聴ありがとうございました ご質問・コメント等ありましたらお願いします 東京情報大学 情報システム学科 先端システム研究室 河野義広 Twitter:@yoshi_kawano 31 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY

×