花見川どっとcom!成果報告会20140328

563 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
563
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
33
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

花見川どっとcom!成果報告会20140328

  1. 1. 花見川どっとcom!の取り組み と今後の展望 2014年3月28日(金) 総合情報学科システム開発コース 助教 河野義広 花見川どっとcom!成果報告会@千葉SC
  2. 2. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 自己紹介  名前:河野 義広(かわの よしひろ)  所属:システム開発コース 助教  専門:情報工学、社会情報学  社会的課題をシステムで解決する!  研究テーマ:ソーシャルメディアの社会的影響  ソーシャルメディア活用&パーソナルブランディング  ソーシャルメディアを「いかに人生に活かすか!」がテーマ  各ソーシャルメディアを自ら使い込んで実践研究  学生のキャリアデザイン支援、教育現場における情報教育  個人ブログ:「穏やかに楽しく生きる」研究者のブログ  ITmediaでのブログ連載:アカデミックが見た社会 2
  3. 3. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 花見川どっとcom!  目的  若者視点での新たな花見川区の魅力の再発見・情報発信  活動  学生主体による区の魅力発信プロジェクトチームの編成  学生グループによる区内資源の発信(自然、文化、商業、施設等)  区内の高校生対象のソーシャルメディアリテラシー教育  高校生からの情報収集  運用状況  花見川どっとcom!のFacebookページ運用開始  https://www.facebook.com/hanamigawacom 3
  4. 4. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 花見川どっとcom!FBページ 4
  5. 5. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES これまでの取り組み  活動実績  情報大プロジェクトチームの編成  2013年8月編成、2014年3月現在 学生8名が在籍  情報交換(予定調整、議論、写真共有)にはFBグループを利用  Facebookページの運用  2013年10月25日に公開  運用ガイドラインの策定  犢橋高校に対する出張講義  2013年11月から計4回実施(毎月1回程度)  ソーシャルメディアリテラシー、プロジェクト進行について  高校生8名がプロジェクトに参加  全員が1年生、来年度は新1年生が参加してくれると○ 5
  6. 6. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES Facebookページの運用報告  アクセス状況  FBページに対するいいね!:36  記事投稿数:15(3月28日時点、3本/月)  運用体制  情報大チーム  カテゴリ別の役割分担:自然、グルメ、歴史、文化、お酒  自己紹介を含め何件か投稿はあったが、十分に機能していない  犢橋高校チーム  ある程度体制が整い、最初の投稿が完了  ネタは豊富:各生徒が10件ずつ収集済み  区役所チーム  市政情報の随時発信 6
  7. 7. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 投稿の統計情報 7
  8. 8. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 高校への出張講義  目的  区内高校と連携した情報収集の体制作り  高校生のプロジェクト参加者募集  高校生に対する情報リテラシー教育  現状  犢橋高校:基本的な情報発信の体制が完成  柏井高校:犢橋高校での導入を参考に打診予定  今後の課題  生徒の主体性を発揮する仕掛け  中長期的な運用体制作り 8
  9. 9. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 出張講義の様子 9
  10. 10. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 連携体制  連携体制  区役所、高校、情報大の3者で連携  区の魅力発信が共通テーマ  利害関係者の立場  区役所:交流人口  宣伝、来訪者の増加  高校:教育  高校生の情報教育  情報大:研究  地域活性化の研究成果 10 区役所 高校 情報大 魅力発信 交流人口 研究教育 人脈 データ 専門知識 学生動員 地域貢献 ネタ提供 情報教育 活動支援
  11. 11. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 今後の展望  運用体制の強化  円滑な情報収集/発信のための連携強化  地元の商業施設、他校も巻き込んだ体制作り  地域活性化の評価基準の検討  何をもって成功とするのか?  観光客や転入者の増加?  住民の誇りや地元愛?  シティプロモーションを参考に  続きは第2部のパネルディスカッションにて! 11
  12. 12. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES おわり  ご清聴ありがとうございました  ご質問・コメント等ありましたらお願いします 12 東京情報大学 総合情報学科 システム開発コース 河野 義広 Twitter:@yoshi_kawano Facebook:河野 義広 興味のある方はFacebook、Twitterでご連絡ください。
  13. 13. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES 第2部 パネルディスカッション パネルディスカッションを始めます 13
  14. 14. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES パネルディスカッション(1)  テーマ  プロジェクトの現状の課題とは?  ポイント  それぞれの立場からの課題  運用体制や着地点の議論  制限時間:15分 14
  15. 15. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES パネルディスカッション(2)  テーマ  花見川区の魅力とは?  ポイント  そもそもどういうところに魅力があると思っているか?  魅力の定義は?  訴求できる点は?  訪れたいと思うところは何か?  それぞれの立場からの意見  制限時間:15分 15
  16. 16. TOKYO JOHO UNIVERSITYTOKYO UNIVERSITY OF INFORMATION SCIENCES パネルディスカッション(3)  テーマ  今後の具体的な目標は何か?  ポイント  直近の目標、来年度の目標、最終的なゴールとは?  それぞれの立場で何をもって成功とするか?  制限時間:15分 16

×