Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
吉田真吾
n バックグラウンド
証券システム基盤開発
p 基盤開発、Oracleチューニングなど
エバンジェリスト
p 講演年間113回(2013年実績)
p AWS設計・構築・移行(2014-2015)
n 現在のしごと
(株)セクションナイ...
2012: The Dawn of Serverless
• Why The Future Of Software And Apps Is Serverless
by Ken Fromm, VP of Business Development ...
メッセージドリブンアプリケーション
• オンライン広告システム
• 素早い配信(と同時に)
アクティビティ記録
• 非同期にサーバーに送信してい
た部分をスケーラビリティを気
にしなくていいFaaSに送信
• その他、アップロードコンテン
ツの...
https://speakerdeck.com/ikait/serverless-architecture-supports-nikkeis-paper-viewer
https://speakerdeck.com/ikait/serverless-architecture-supports-nikkeis-paper-viewer
UIドリブンアプリケーション
• Backend For Frontendでサーバー
レス活用
1. 認証ロジックをBaaSで置換え
2. DynamoDBにクライアントから直
接アクセスするように
3. 大半のロジックをクライアントの
シング...
• GitHub Pages や S3 でのSPAのホスティングも
現在は「サーバーレス」の中に含む
http://www.slideshare.net/acloudguru/ant-stanley-being-serverless
プラットフォーム事業者 フレームワークやツール
アプリケーション開発者
サーバーレスエコシステム
• サーバー構築不要
• スケーラブル
• 従量課金 etc…
• API定義と関数コード
の一体管理
• チーム開発(テスト、
デプロイ) et...
Serverless
the future will be
Serverless Community (JP)
https://www.facebook.com/groups/813718382095265/
Serverless Meetup Tokyo #1 オープニング
Serverless Meetup Tokyo #1 オープニング
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Serverless Meetup Tokyo #1 オープニング

2016.11.9 Serverless Meetup Tokyo #1 オープニング

  • Login to see the comments

Serverless Meetup Tokyo #1 オープニング

  1. 1. 吉田真吾 n バックグラウンド 証券システム基盤開発 p 基盤開発、Oracleチューニングなど エバンジェリスト p 講演年間113回(2013年実績) p AWS設計・構築・移行(2014-2015) n 現在のしごと (株)セクションナイン 社長 p AWSコンサルティング Mobingi, K.K. VP of Eng p サービスデベロップメント n 実績等 p AWSウルトラクイズ 初代チャンピオン (2012年) p AWS Samurai 2014 p AWSエキスパート養成読本 執筆 p AWS認定全資格(5種類)保持 p Oracle Database 11g認定 (OCP, Performance Tuning)保持
  2. 2. 2012: The Dawn of Serverless • Why The Future Of Software And Apps Is Serverless by Ken Fromm, VP of Business Development at Iron.io • コンピューティングリソースの調達リードタイムの短縮 • スタンダローンアプリからの変化(現在のMicroservices) • クラウドで柔軟にコンピューティングリソースをサービスとして 利用することができる • サーバーが要らないということではなく、開発者はサーバーにつ いて「考えなくてもよくなる」 http://readwrite.com/2012/10/15/why-the-future-of-software-and-apps-is-serverless/
  3. 3. メッセージドリブンアプリケーション • オンライン広告システム • 素早い配信(と同時に) アクティビティ記録 • 非同期にサーバーに送信してい た部分をスケーラビリティを気 にしなくていいFaaSに送信 • その他、アップロードコンテン ツのサムネイル作成など http://martinfowler.com/articles/serverless.html
  4. 4. https://speakerdeck.com/ikait/serverless-architecture-supports-nikkeis-paper-viewer
  5. 5. https://speakerdeck.com/ikait/serverless-architecture-supports-nikkeis-paper-viewer
  6. 6. UIドリブンアプリケーション • Backend For Frontendでサーバー レス活用 1. 認証ロジックをBaaSで置換え 2. DynamoDBにクライアントから直 接アクセスするように 3. 大半のロジックをクライアントの シングルページアプリケーション に(UXに気をつける)してサーバー 側はAPI Gatewayで束ねる 4. 検索機能をFaaS上に 5. セキュリティの考慮で課金は別DB に別FaaSでアクセスするように http://martinfowler.com/articles/serverless.html
  7. 7. • GitHub Pages や S3 でのSPAのホスティングも 現在は「サーバーレス」の中に含む http://www.slideshare.net/acloudguru/ant-stanley-being-serverless
  8. 8. プラットフォーム事業者 フレームワークやツール アプリケーション開発者 サーバーレスエコシステム • サーバー構築不要 • スケーラブル • 従量課金 etc… • API定義と関数コード の一体管理 • チーム開発(テスト、 デプロイ) etc… • 企画→開発→デリバリーに 集中 • サービスマネジメント • etc…
  9. 9. Serverless the future will be Serverless Community (JP) https://www.facebook.com/groups/813718382095265/

×