cloudpack が支える大規模案件の裏側∼巨大AWSインフラ事例のご紹介∼2013.6.13 JAWS-UG秋田吉田 真吾
自己紹介プロフィール名前:吉田真吾アイレット株式会社 cloudpack エバンジェリストJAWS-UG 横浜 代表好きなAWSサービス:Amazon S3好きなAWSクラウドデザインパターン:DirectHostingパターン
イイね!してね!
AWS運用をアウトソースしたい企業向けの月額費用固定型フルマネージドホスティング24時間365日サーバー運用・保守電話/メールによるサポート初期費用なし(基本移行作業含む)月額5万円からのスタート日本円で請求書発行
定額課金・請求書払い従量課金では予算計画が立てられないクレジットカードでUSドル決済では利用料の予測が難しいAmazon Web Servicesでは...月額固定+日本円請求書発行
フルマネージドサービス/リソース監視ディスク使用量、メモリ使用量、プロセス数、Webサーバー・DBサーバー死活...バックアップ/リストアEBSスナップショットを利用した二世代(過去二日分)バックアップアクセス制御(ファイアーウォール)適切なセ...
バースト保障キャンペーンなど急激なアクセス増加へ合わせてインフラ準備するのは不可能いつあるかわからないピークのために予め準備できない追加料金無しでスケールアウト(7インスタンス日まで)
お客様
日本初のAPNプレミア コンサルティングパートナーの一社として認定されました。
インフラ設計・構築インターネット公式サイト月間1億PV 45億ヒット、新車発表時3倍のアクセスすべて冗長化オンプレに環境再生可能なバックアップ東京リージョン障害時にシンガポールで復旧可能
DR用CloudFormationCloudFormationでシンガポールリージョンに環境構築テンプレートから一発で構築可能Tokyo Region Singapore RegionCloudForma*on,Template, Stack,
CDPCloudFrontClone ServerMulti-DatacenterCache DistributionDB ReplicationBootstrapStack DeploymentHA NATDR
AWS運用監視+保守cloudpack標準+αの監視システム構築アプリログ監視サーバー増減にも対応運用体制障害検知 一次障害窓口アプリ開発会社AWSサポートアラート集約 切り分け
リリース時のバースト公開時、想定を超えるアクセスが集中スケールアウト、そしてスケールアップを同時にスケールアウトスケールアップ
ポイント大規模プロジェクトでのスケジュール管理インフラ構築フェーズの位置、前後のタスクBプランをいつも準備されているAWSすら信頼しない前提でのリスク管理オンプレ環境へのデータバックアップシンガポールリージョンの準備
まとめクライアントは業務(要求仕様)のプロcloudpackはAWS構築・運用のプロ両者の共同作業で効果を最大化それぞれの課題に合わせて対応し、ビジネスの成功を目指すのが我々インテグレーターの役目
ところでみなさんどうやってAWSの知識を深めていきましょうか?ディスカッションタイム
なんで AWS?知りたいことスーツ•TCO、事例(大規模、類似)、パートナー(コンサル、SI)、etc...ギーク•プログラマブル、アジリティ、使用感、AWSでないとできないこと、etc...
私の場合Elastic Beanstalk で Eclipse からインフラが操作できる衝撃!オートスケーリングとかELBのURLを入替えることで本番環境 ステージングの瞬時な切替とか環境構築周りの自動化技術CloudFormation、Ops...
環境構築の自動化、熱い
Game Day Tokyo 2013環境構築 → AMI化&CloudFormationのテンプレ作成が「勝ちパターン」だったシステムが壊されても簡単に環境の再現が可能データの再現は別途考慮する必要がある(TOYOTAさんの事例では、Toky...
Chef、熱い
Chef on AWSOpsWorks環境構成にカスタム Chef レシピが使えるEngine Yard Cloud全てのノードに Chef Solo が入ってるので、sshで入って設定いじっても、再起動すると元通りになるVagrant + E...
Thanks!http://www.cloudpack.jp/facebook.com/cloudpack.jp@cloudpack_jp
20130613 JAWS-UG 秋田 大規模案件と環境構築自動化の話
20130613 JAWS-UG 秋田 大規模案件と環境構築自動化の話
20130613 JAWS-UG 秋田 大規模案件と環境構築自動化の話
20130613 JAWS-UG 秋田 大規模案件と環境構築自動化の話
20130613 JAWS-UG 秋田 大規模案件と環境構築自動化の話
20130613 JAWS-UG 秋田 大規模案件と環境構築自動化の話
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20130613 JAWS-UG 秋田 大規模案件と環境構築自動化の話

1,505 views

Published on

2013/6/13(木) JAWS-UG秋田 第1回勉強会で発表した TOYOTA 事例と環境構築自動化についての紹介です。

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,505
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
647
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20130613 JAWS-UG 秋田 大規模案件と環境構築自動化の話

  1. 1. cloudpack が支える大規模案件の裏側∼巨大AWSインフラ事例のご紹介∼2013.6.13 JAWS-UG秋田吉田 真吾
  2. 2. 自己紹介プロフィール名前:吉田真吾アイレット株式会社 cloudpack エバンジェリストJAWS-UG 横浜 代表好きなAWSサービス:Amazon S3好きなAWSクラウドデザインパターン:DirectHostingパターン
  3. 3. イイね!してね!
  4. 4. AWS運用をアウトソースしたい企業向けの月額費用固定型フルマネージドホスティング24時間365日サーバー運用・保守電話/メールによるサポート初期費用なし(基本移行作業含む)月額5万円からのスタート日本円で請求書発行
  5. 5. 定額課金・請求書払い従量課金では予算計画が立てられないクレジットカードでUSドル決済では利用料の予測が難しいAmazon Web Servicesでは...月額固定+日本円請求書発行
  6. 6. フルマネージドサービス/リソース監視ディスク使用量、メモリ使用量、プロセス数、Webサーバー・DBサーバー死活...バックアップ/リストアEBSスナップショットを利用した二世代(過去二日分)バックアップアクセス制御(ファイアーウォール)適切なセキュリティグループを設定、OS・ミドルウェアレベルでさらに細かな設定も対応可能
  7. 7. バースト保障キャンペーンなど急激なアクセス増加へ合わせてインフラ準備するのは不可能いつあるかわからないピークのために予め準備できない追加料金無しでスケールアウト(7インスタンス日まで)
  8. 8. お客様
  9. 9. 日本初のAPNプレミア コンサルティングパートナーの一社として認定されました。
  10. 10. インフラ設計・構築インターネット公式サイト月間1億PV 45億ヒット、新車発表時3倍のアクセスすべて冗長化オンプレに環境再生可能なバックアップ東京リージョン障害時にシンガポールで復旧可能
  11. 11. DR用CloudFormationCloudFormationでシンガポールリージョンに環境構築テンプレートから一発で構築可能Tokyo Region Singapore RegionCloudForma*on,Template, Stack,
  12. 12. CDPCloudFrontClone ServerMulti-DatacenterCache DistributionDB ReplicationBootstrapStack DeploymentHA NATDR
  13. 13. AWS運用監視+保守cloudpack標準+αの監視システム構築アプリログ監視サーバー増減にも対応運用体制障害検知 一次障害窓口アプリ開発会社AWSサポートアラート集約 切り分け
  14. 14. リリース時のバースト公開時、想定を超えるアクセスが集中スケールアウト、そしてスケールアップを同時にスケールアウトスケールアップ
  15. 15. ポイント大規模プロジェクトでのスケジュール管理インフラ構築フェーズの位置、前後のタスクBプランをいつも準備されているAWSすら信頼しない前提でのリスク管理オンプレ環境へのデータバックアップシンガポールリージョンの準備
  16. 16. まとめクライアントは業務(要求仕様)のプロcloudpackはAWS構築・運用のプロ両者の共同作業で効果を最大化それぞれの課題に合わせて対応し、ビジネスの成功を目指すのが我々インテグレーターの役目
  17. 17. ところでみなさんどうやってAWSの知識を深めていきましょうか?ディスカッションタイム
  18. 18. なんで AWS?知りたいことスーツ•TCO、事例(大規模、類似)、パートナー(コンサル、SI)、etc...ギーク•プログラマブル、アジリティ、使用感、AWSでないとできないこと、etc...
  19. 19. 私の場合Elastic Beanstalk で Eclipse からインフラが操作できる衝撃!オートスケーリングとかELBのURLを入替えることで本番環境 ステージングの瞬時な切替とか環境構築周りの自動化技術CloudFormation、OpsWorks、Elastic BeanstalkChef、Puppet、etc...
  20. 20. 環境構築の自動化、熱い
  21. 21. Game Day Tokyo 2013環境構築 → AMI化&CloudFormationのテンプレ作成が「勝ちパターン」だったシステムが壊されても簡単に環境の再現が可能データの再現は別途考慮する必要がある(TOYOTAさんの事例では、Tokyoリージョン→オンプレへのバックアップからシンガポールリージョンに再現)
  22. 22. Chef、熱い
  23. 23. Chef on AWSOpsWorks環境構成にカスタム Chef レシピが使えるEngine Yard Cloud全てのノードに Chef Solo が入ってるので、sshで入って設定いじっても、再起動すると元通りになるVagrant + EC2 + Chef SoloSandboxに最適な、便利な検証環境
  24. 24. Thanks!http://www.cloudpack.jp/facebook.com/cloudpack.jp@cloudpack_jp

×