20130519 JAWS-UG青森 美人CDP/CDP男子「も」2.0へ

1,814 views

Published on

2013.5.19 JAWS-UG青森第1回勉強会で発表した資料です

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,814
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
894
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20130519 JAWS-UG青森 美人CDP/CDP男子「も」2.0へ

  1. 1. 2013.5.19 JAWS-UG青森吉田真吾 @yoshidashingo美人CDP/CDP男子「も」2.0へ
  2. 2. 自己紹介プロフィール名前:吉田真吾アイレット株式会社 cloudpack エバンジェリストJAWS-UG 横浜 代表好きなAWSサービス:Amazon S3好きなAWSクラウドデザインパターン:DirectHostingパターン
  3. 3. AWSの足りない部分を補完した月額費用固定型フルマネージドホスティング24時間365日サーバー運用・保守電話/メールによるサポート初期費用なし(移行作業含む)月額5万円からのスタート日本円で請求書発行
  4. 4. 1. フルマネージドサービス/リソース監視ディスク使⽤用量量、メモリ使⽤用量量、プロセス数、Webサーバー・DBサーバー死活...バックアップ/リストアEBSスナップショットを利利⽤用した⼆二世代(過去⼆二⽇日分)バックアップアクセス制御(ファイアーウォール)適切切なセキュリティグループを設定、OS・ミドルウェアレベルでさらに細かな設定も対応可能
  5. 5. 2. 定額課金・請求書払い従量課金では予算計画が立てられないクレジットカードでUSドル決済では利用料の予測が難しいAmazon Web Servicesでは...月額固定+日本円請求書発行
  6. 6. 3. バースト保障キャンペーンなど急激なアクセス増加へ合わせてインフラ準備するのは不可能いつあるかわからないピークのために予め準備できない追加料金無しでスケールアウト(1契約者につき7インスタンス日/月まで)
  7. 7. 続きはウェブでcloudpack  クラウドパック
  8. 8. AWSクラウドデザインパターンとはAWSクラウドを使ったシステムアーキテクチャ設計を行う際に発生する、典型的な問題とそれに対する解決策・設計方法を、分かりやすく分類して、ノウハウとして利用できるように整理したものである。「」
  9. 9. Floating IPパターンStampパターンBootstrapパターンDB Replicationパターン
  10. 10. Floating IPパターンScale UpパターンBootstrapパターンDB Replicationパターン現在その数49パターン
  11. 11. 自分には難しい...そんなあなたに...
  12. 12. Deep Health Check パターン@田町洋子さん
  13. 13. ヘルスチェックに応答するアプリケーションプログラムを使用することで、システムの動作に必要なすべてのサーバー(レイヤー)をチェックすることが可能になる。
  14. 14. 私と一緒に雲に乗りませんか?
  15. 15. CloudHub パターン@沖縄MIKIさん
  16. 16. スター型に拠点間のVPN接続を構築することで、 メッシュ型よりも、VPN接続のメンテナンス性を向上することができる
  17. 17. ハブがSPOFにならないように気をつけてくださいね
  18. 18. 新しいパターンの提案↓CDP2.0候補http://goo.gl/9b7Ft
  19. 19. 美人CDP/CDP男子はこのスピードについていけるのか?
  20. 20. 大丈夫だ、問題ない↑@ijin
  21. 21. Routing Based HA パターン@東京Sachieさん
  22. 22. ネットワークのルーティングを切り替える(ルートテーブルのターゲット変更)ことで「データセンターを跨いだ(サブネットの違う)システム」でも容易にフェイルオーバーができる
  23. 23. データセンターレベルの障害が起きてもこれで安心ですね
  24. 24. Cross-Region Replicationパターン
  25. 25. Webサーバーのフィルター機能を利用して配信時にURLを変更する事で、静的コンテンツのアクセス分散ができる
  26. 26. cloudoptデータの圧縮データの重複排除TCP最適化SSLアクセラレーションアプリ固有の最適化
  27. 27. Suggooooooooi !!!
  28. 28. その他、人気のCDP2.0候補
  29. 29. Sorry Page パターン解決したい課題サイトがダウンしてもエラーステータスを返却するのではなく、Sorry Page でよりよいエクスペリエンスを提供したい実装Route53 のヘルスチェック→セカンダリーサイトへのフェイルオーバー機能S3 のWebサイトホスティング機能
  30. 30. High Availability NATパターン解決したい課題プライベートサブネットのインスタンスと通信する際に、アウトバウンドのトラフィックを通すプロキシサーバーもシステムの冗長構成と合わせて冗長化したい実装NATインスタンスを2つ用意し、EIPを付与し、プライベートサブネットのルーティングのターゲットをNATインスタンスに指定する。CorosyncやPacemakerで障害時に自動的にルーティングのターゲットを書き替える
  31. 31. Log Aggregationパターン実装ログ保存用のS3バケットを用意する各サーバーにログ収集エージェント(fluentdなど)を常駐させ、定期的にS3バケットに転送する解決したい課題ログを集中管理したいインスタンスをスケールインさせるときにログは保存しておきたい
  32. 32. AWSの片山暁雄さん(@c9katayama)にTwitter か Facebook で相談してね新しいAWSクラウドデザインパターンを提案したい人?
  33. 33. Thank You!http://www.cloudpack.jp/ cloudpack.jp @cloudpack_jp

×