オープンなデータとプログラムが牽引する   新世代のジオ                OSGeo財団 日本支部                        嘉山陽一OSMFJ設立2周年記念ワークショップ
OSGeo.JP 運営委員                自己紹介OSGeo.org Charter memberGIS 学会(FOSS4G 分科会)会員QGIS 日本語GUI 翻訳 コーディネータ        マニュアル翻訳GIS プログラ...
アイコン詐欺とかいわれなき中傷
OSMFJ設立2周年おめでとうございます
OSGeo財団  ジオに関する オープンソース ソフトウェアを広めるコミュニティ
OSM    自由なジオデータをつくる  コミュニティ
ジオデータが  なければ  FOSS4Gは役にたちません
デジタルジオデータ を扱うためには ジオを扱える プログラムが   必要です
OSMと   OSGeoはお互いを必要とする隣接コミュニティと いえるでしょう
従来の日本のジオ法律としては測量法
阪神大震災の時被災状況の把握や復興支援のためにデジタル空間情報が利用できる場面が少なかったGISシステムは高価で導入されている官庁や大学・研究所は限られていたシステムがあってもデータは???個人やボランティアがデジタル空間情報を利用できるような...
阪神大震災以後の旧来のジオの世界を   変えるいくつかのできごと
測量法改正 世界測地系の採用 平成13年6月20日公布 平成14年4月1日施行 ベッセル楕円体 赤道長半径 a = 6377397.155 (m) 扁平率の逆数 f1 = 299.152813→GRS80楕円体 赤道長半径 a = 637813...
もし世界測地系が    採用されていなければこういう混乱はもっと   たくさんおこっていたでしょう
Webによる地図情報配信の登場1993 Xerox PARC Map Viewer1996 マピオン1996 厚生省 市区町村のすがた2005 GoogleMaps2005 MSN Virtual Earth ベータ2005 Google Ea...
最初期のWEB地図配信1993 Xerox PARC Map Viewer
Internet GIS:Distributed Geographic Information Services for the Internet and Wireless Networks
Neogeographyの登場http://www.osgeo.jp/wp-content/uploads/2007/11/20071112osgeotokyo_aac.pdf
http://mappinghacks.com/talks/foss4g2006/neogeography.ppt
http://www.slideshare.net/ajturner/how-neogeography-killed-gis
http://www.slideshare.net/mapconcierge/gitajapan-poer-of-neogeographer-15379799
http://www.slideshare.net/SetoToshikazu/abcdgissetoharvardcga
東日本大震災時のOSMメンバを はじめとした活動
WEB地図による     斜め写真撮影位置表示
オルソ画像のオーバーレイ
阪神大震災の時にこのようなジオ系ボランティア活動はできなかった
阪神淡路大震災発生時と東日本大震災発生時のちがいNeogographerの出現OSM,OSGeoコミュニティの形成ネットの普及
またOSM,OSGeoは      国際的コミュニティ ハイチやニュージーランド地震のとき のOSMを中心とした活動が参考になっ た 国際的な技術革新を利用できている
たとえば中越地震の時にGISボランティアとかいうものが作られた……..
東日本大震災におけるOSMメンバ有志に代表されるボランティアの活動は新しいジオ利用の可能性を示した産学官とカテゴリでくくれないボランティアの力国際的コミュニティ(人脈、技術)
ジオ系の  新しい動きがいろいろ
地理空間情報活用推進基本法
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/00/001213/02.pdf
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/sokuitiri/tirikuukan-keikaku/pdf/keikaku_gaiyou1.pdf
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/sokuitiri/tirikuukan-keikaku/pdf/keikaku_gaiyou2.pdf
OpenData   OpenGovernment
Open Government
www.data.gov
IT戦略本部 電子行政オープンデータ戦略http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/pdf/120704_gaiyou.pdf   戦略本部
オープンデータ の動きにおいて 地理空間情報は重要なコンテンツ
OSMデータ    データ利用の自由 データを自分で追加、修正できる  自分でレンダリングできる 様々な集計、解析、加工に利用可タイル配信されているものも利用可
このような新しい動きの中で OSMのような  空間情報の  存在は重要
たとえばバリアフリーマップは 行政等が作るよりこちらでデータ蓄積したほうがいいのでは?
デジタル空間データ  利用状況が多様化します是非OSMFJの活動を発展させて        下さいまたデジタル空間データ利用や加工ツールとしてFOSS4Gをよ   ろしくお願いします
ご清聴ありがとうございました
A new generation  Geospatial information use environment driven by open data and programs
A new generation  Geospatial information use environment driven by open data and programs
A new generation  Geospatial information use environment driven by open data and programs
A new generation  Geospatial information use environment driven by open data and programs
A new generation  Geospatial information use environment driven by open data and programs
A new generation  Geospatial information use environment driven by open data and programs
A new generation  Geospatial information use environment driven by open data and programs
A new generation  Geospatial information use environment driven by open data and programs
A new generation  Geospatial information use environment driven by open data and programs
A new generation  Geospatial information use environment driven by open data and programs
A new generation  Geospatial information use environment driven by open data and programs
A new generation  Geospatial information use environment driven by open data and programs
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

A new generation Geospatial information use environment driven by open data and programs

654 views

Published on

Presentation at the workshop of OSMFJ 2nd Anniversary founding

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
654
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
14
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

A new generation Geospatial information use environment driven by open data and programs

  1. 1. オープンなデータとプログラムが牽引する 新世代のジオ OSGeo財団 日本支部 嘉山陽一OSMFJ設立2周年記念ワークショップ
  2. 2. OSGeo.JP 運営委員 自己紹介OSGeo.org Charter memberGIS 学会(FOSS4G 分科会)会員QGIS 日本語GUI 翻訳 コーディネータ マニュアル翻訳GIS プログラマ 研究員 朝日航洋株式会社Twitter ID @pokopenCSIS寄附研究部門 協力研究員社会基盤情報流通推進協議会 システムWG
  3. 3. アイコン詐欺とかいわれなき中傷
  4. 4. OSMFJ設立2周年おめでとうございます
  5. 5. OSGeo財団 ジオに関する オープンソース ソフトウェアを広めるコミュニティ
  6. 6. OSM 自由なジオデータをつくる コミュニティ
  7. 7. ジオデータが なければ FOSS4Gは役にたちません
  8. 8. デジタルジオデータ を扱うためには ジオを扱える プログラムが 必要です
  9. 9. OSMと OSGeoはお互いを必要とする隣接コミュニティと いえるでしょう
  10. 10. 従来の日本のジオ法律としては測量法
  11. 11. 阪神大震災の時被災状況の把握や復興支援のためにデジタル空間情報が利用できる場面が少なかったGISシステムは高価で導入されている官庁や大学・研究所は限られていたシステムがあってもデータは???個人やボランティアがデジタル空間情報を利用できるような場所???
  12. 12. 阪神大震災以後の旧来のジオの世界を 変えるいくつかのできごと
  13. 13. 測量法改正 世界測地系の採用 平成13年6月20日公布 平成14年4月1日施行 ベッセル楕円体 赤道長半径 a = 6377397.155 (m) 扁平率の逆数 f1 = 299.152813→GRS80楕円体 赤道長半径 a = 6378137. (m) 扁平率の逆数 f1 = 298.257222101
  14. 14. もし世界測地系が 採用されていなければこういう混乱はもっと たくさんおこっていたでしょう
  15. 15. Webによる地図情報配信の登場1993 Xerox PARC Map Viewer1996 マピオン1996 厚生省 市区町村のすがた2005 GoogleMaps2005 MSN Virtual Earth ベータ2005 Google Earth2007 Google Street View
  16. 16. 最初期のWEB地図配信1993 Xerox PARC Map Viewer
  17. 17. Internet GIS:Distributed Geographic Information Services for the Internet and Wireless Networks
  18. 18. Neogeographyの登場http://www.osgeo.jp/wp-content/uploads/2007/11/20071112osgeotokyo_aac.pdf
  19. 19. http://mappinghacks.com/talks/foss4g2006/neogeography.ppt
  20. 20. http://www.slideshare.net/ajturner/how-neogeography-killed-gis
  21. 21. http://www.slideshare.net/mapconcierge/gitajapan-poer-of-neogeographer-15379799
  22. 22. http://www.slideshare.net/SetoToshikazu/abcdgissetoharvardcga
  23. 23. 東日本大震災時のOSMメンバを はじめとした活動
  24. 24. WEB地図による 斜め写真撮影位置表示
  25. 25. オルソ画像のオーバーレイ
  26. 26. 阪神大震災の時にこのようなジオ系ボランティア活動はできなかった
  27. 27. 阪神淡路大震災発生時と東日本大震災発生時のちがいNeogographerの出現OSM,OSGeoコミュニティの形成ネットの普及
  28. 28. またOSM,OSGeoは 国際的コミュニティ ハイチやニュージーランド地震のとき のOSMを中心とした活動が参考になっ た 国際的な技術革新を利用できている
  29. 29. たとえば中越地震の時にGISボランティアとかいうものが作られた……..
  30. 30. 東日本大震災におけるOSMメンバ有志に代表されるボランティアの活動は新しいジオ利用の可能性を示した産学官とカテゴリでくくれないボランティアの力国際的コミュニティ(人脈、技術)
  31. 31. ジオ系の 新しい動きがいろいろ
  32. 32. 地理空間情報活用推進基本法
  33. 33. http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/00/001213/02.pdf
  34. 34. http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/sokuitiri/tirikuukan-keikaku/pdf/keikaku_gaiyou1.pdf
  35. 35. http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/sokuitiri/tirikuukan-keikaku/pdf/keikaku_gaiyou2.pdf
  36. 36. OpenData OpenGovernment
  37. 37. Open Government
  38. 38. www.data.gov
  39. 39. IT戦略本部 電子行政オープンデータ戦略http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/pdf/120704_gaiyou.pdf 戦略本部
  40. 40. オープンデータ の動きにおいて 地理空間情報は重要なコンテンツ
  41. 41. OSMデータ データ利用の自由 データを自分で追加、修正できる 自分でレンダリングできる 様々な集計、解析、加工に利用可タイル配信されているものも利用可
  42. 42. このような新しい動きの中で OSMのような 空間情報の 存在は重要
  43. 43. たとえばバリアフリーマップは 行政等が作るよりこちらでデータ蓄積したほうがいいのでは?
  44. 44. デジタル空間データ 利用状況が多様化します是非OSMFJの活動を発展させて 下さいまたデジタル空間データ利用や加工ツールとしてFOSS4Gをよ ろしくお願いします
  45. 45. ご清聴ありがとうございました

×