QGIS training 2/3

6,557 views

Published on

QGIS研修 中級コース 2/3

Published in: Technology
1 Comment
9 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
6,557
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11
Actions
Shares
0
Downloads
76
Comments
1
Likes
9
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

QGIS training 2/3

  1. 1. QGIS中級 国土交通大学校 GIS演習 その2 嘉山陽一 髙橋洋二
  2. 2. QGIS中級 2 プログラム 1. オンラインデータの取得 2. データサービスの利用 3. ベクトルデータの操作 4. ラスタデータの操作 5. Exif情報の利用 6. 応用操作 2013年7月
  3. 3. 3.ベクトルデータの操作 • 前準備 • データ編集 デジタイズ(スナップ、ポリゴン重なり禁止 、トポロジ編集) 属性項目、フォーム指定 ・テーブル操作 CSVデータ読み込み(OGR) テーブル結合 テーブル演算 テーブルマネージャ グラフ表示 2013年7月 QGIS中級 3
  4. 4. 前準備 • 大量のベクトルデータを表示すると処理が遅 い • 処理高速化のための工夫をいくつか紹介 • 表示更新が必要ない作業中はレンダリング オフ • 空間インデックスを作成する • データが多いレイヤは表示する縮尺を指定す る 2013年7月 QGIS中級 4
  5. 5. レンダリングの停止 2013年7月 QGIS中級 5 ここのチェックボックスをオフにしておくと再描画が行われない。設 定を変えると再描画が行われる。多くの設定を変える場合レンダ リングをオフにして設定作業が終了してから再度このチェックボッ クスをオンにすると効率がよくなる
  6. 6. 空間インデックスの作成 • 大量の地物を保有するレイヤは空間インデッ クスを作成するかどうかでアクセス速度が異 なる 2013年7月 QGIS中級 6 レイヤを選択してプロパティダイアログを 表示.一般情報タブで”空間インデックス の作成”ボタンをクリックすると選択レイヤ の空間インデックスが作成され る.QGIS1.7.4ではShapeファイルのパス 名,ファイル名に日本語がはいっていると 空間インデックスの作成に失敗するので ファイル名は半角アルファベット,数字で 作成したほうが無難.
  7. 7. 縮尺依存レンダリングの使用 • 指定レイヤを表示する縮尺を指定する。 小縮尺で表示しても表示がつぶれるようなレイヤは表示する縮 尺を制限する。指定すると小縮尺表示時の地図表示速度が向 上する。 2013年7月 QGIS中級 7 レイヤを選択してプロパティダイアログを 表示.一般情報タブで”縮尺依存レンダリ ングの使用”チェックボックスをチェックす ると指定を行える. 基盤地図情報を読み込んだプロジェクト で設定を行う
  8. 8. ベクタデータの編集 • ベクタレイヤの編集手順 2013年7月 QGIS中級 8 レイヤ選択 編集モードON データ編集 編集モードOFF 更新確認 レイヤデータ更新
  9. 9. デジタイズオプション • 地図で地物をデジタイズする時に編集をやりやすく するためのオプションが指定できる。 • スナップオプション 地図上をクリックした時に近く の他の地物の頂点やライン上の座標に入力座標を 丸めこむ閾値の指定 • 交差禁止オプション ポリゴンで重なりを禁止するオ プション。既存ポリゴンに重なる形にポリゴンを入力 すると重なり部分が捨象され境界が既存ポリゴンと 同じ座標列になる。 • トポロジ編集 隣接するポリゴンの隣接辺座標が 同じ場合、共通頂点の座標移動をすると両方のポリ ゴン座標が同時に移動する機能 2013年7月 QGIS中級 9
  10. 10. デジタイズオプションの設定 • メニュー “設定→スナップオプション” 2013年7月 QGIS中級 10
  11. 11. 行政区画ポリゴン編集で試す • レイヤ行政区画を選択 編集モード変更 2013年7月 QGIS中級 11
  12. 12. ノードツール使って頂点移動 2013年7月 QGIS中級 12 トポロジ編集が有効の場 合隣接ポリゴンの同一点 は片方を移動するともう片 方も一緒に動く
  13. 13. ポリゴンツールで既存ポリゴンと重なるポリゴ ンを入力 2013年7月 QGIS中級 13 交差禁止がオンのポリゴ ンレイヤは既存ポリゴンと 重なるポリゴンを描画する と重なり部分は切り捨てら れる
  14. 14. レイヤ属性編集 • 国土数値情報 浸水想定区域 A31-12_14 2013年7月 QGIS中級 14
  15. 15. データ表示 2013年7月 QGIS中級 15
  16. 16. レイヤのタイトル指定 2013年7月 QGIS中級 16
  17. 17. カラムA31_001描画定義 2013年7月 QGIS中級 17 浸水深ランクの コード番号別に 描画定義
  18. 18. 浸水想定区域が表示 2013年7月 QGIS中級 18
  19. 19. カラムの別名を指定 2013年7月 QGIS中級 19
  20. 20. カラムの編集方法指定 2013年7月 QGIS中級 20
  21. 21. バリューマップの指定 2013年7月 QGIS中級 21
  22. 22. バリューマップ設定が有効になっている 2013年7月 QGIS中級 22 属性値がバリューマップで指定した文字 列に置き換わっている
  23. 23. テーブル操作 • QGISのベクトルレイヤでは地物の図形デー タ対応する属性データをレイヤとして利用す る • 図形データとペアになっていない属性データ テーブルをレイヤとしてロードすることができ る。 • ロードした属性データに図形データとのリンク キーがあればシステム中で属性データと図形 データをリンクして利用できる。 2013年7月 QGIS中級 23
  24. 24. 国勢調査データでテーブル操作を行う 2013年7月 QGIS中級 24 国勢調査のデータとしてCSVファイルを2つ、Shapeファイルを1個ダウンロードし たのでこれらを利用する. ShapeファイルとCSVファイルは別々にロードできる.
  25. 25. 国勢調査shapeファイルのロード • メニュー “レイヤ→ベクタレイヤの追加”で A002005212010XYSWC14206.zipを解凍してできたh22ka14206.shp をロードする 2013年7月 QGIS中級 25
  26. 26. ダウンロードしたCSVファイル解凍 • tblT000572C14206.zip と tblT000573C14206.zip を解凍する 2013年7月 QGIS中級 26 ファイルは以下の場所にある c:¥QGIS20130709¥data¥kokuseityousa
  27. 27. 572C 男女別人口,世帯数 2013年7月 QGIS中級 27
  28. 28. 573C 年齢 男女別年齢 etc… 2013年7月 QGIS中級 28
  29. 29. tblT000572C14206.txtを加工 • tblT000572C14206.txt を tblT000572C14206.csv にコピー 2013年7月 QGIS中級 29 2行目(日本語カラム名)削除
  30. 30. tblT000572C14206.csvを加工 2013年7月 QGIS中級 30 データが無い場所に – が記入 されているが数値フィールドだ とインポート時にエラーになる から除去
  31. 31. Csvファイルのロード • QGISではベクタレイヤの追加でCSVファイル を読み込み利用することができる. 2013年7月 QGIS中級 31
  32. 32. ただし • 普通に読み込むとすべてのフィールドが文字 型になってしまう 2013年7月 QGIS中級 32 表の中の値を数値とし て扱うことができない
  33. 33. Csvファイルのフィールド データ型指定方法 QGISでロードするCSVファイルのフィールド型指定を 行いたい場合はcsvtファイルというテキストファイルに フィールドの型指定を行うと可能である. https://sites.google.com/site/qgismemo/040-bian-ji/shu-xingdetanicsvmatahadbffairuwo-jie-heshitai http://anitagraser.com/2011/03/07/how-to-specify-data-types-of-csv-columns-for-use-in-qgis/ http://d.hatena.ne.jp/Bravo-Astro/20120310/1331355187 tblT000572C14206.csv のフィールド型指定を行う場 合は tblT000572C14206.csvt という名前のテキスト ファイルを同じフォルダに作り,そこの中でカンマ区切り でフィールドの型を指定する.その状態でベクタレイヤ の追加で tblT000572C14206.csv をロードすると指 定したフィールド型が反映する. 2013年7月 QGIS中級 33
  34. 34. 572C 男女別人口,世帯数用csvt例 2013年7月 QGIS中級 34
  35. 35. テーブル結合 • 国勢調査のshapeファイルとcsvファイルから 読み込んだテーブルは共通のキー項目を持 つのでテーブル結合を行える.これによって地 図と直接リンクしていないテーブルの値を空 間的に扱うことができる. 2013年7月 QGIS中級 35
  36. 36. テーブル結合手順 2013年7月 QGIS中級 36 Shapeファイルレイヤを選択した状態で レイヤプロパティを開く.結合タブを開き +ボタンをクリックすると結合相手と結合 用フィールドの選択ダイアログが表示. ここで結合を指定する
  37. 37. 結合した結果が表や地図で利用できる 2013年7月 QGIS中級 37
  38. 38. 表データの応用 • 結合して作成した表データを応用する • 最初に作成した結合表を別名で保存する • レイヤ選択 メニュー “レイヤ→名前をつけて保存” 2013年7月 QGIS中級 38
  39. 39. グラフの表示 2013年7月 QGIS中級 39 レイヤプロパティで ダイアグラムタブを選択
  40. 40. 男女別人口比率グラフが表示 2013年7月 QGIS中級 40 パイの大きさは人口総数に比例
  41. 41. 表計算 • テーブルのフィールド名を利用して計算式を定義。計算結果 をテーブルに格納することができる。格納は既存フィールド の値置き換えか新規フィールドへのデータ追加になる. 2013年7月 QGIS中級 41 レイヤ選択の後に属性一覧 表示.編集モードをONにした 上で“フィールド計算機のオー プン”ボタンをクリック
  42. 42. 計算式を定義して実行すると結果が フィールドに格納される 2013年7月 QGIS中級 42
  43. 43. 計算結果を地図表示 2013年7月 QGIS中級 43
  44. 44. フィールドの整理 • 結合処理で大量のフィールドが生成 • 不要なフィールドを削除したい場合 • フィールド名を改名したい(日本語フィールド 名だとエラーになるプログラムがある) TableManagerプラグインで作業ができる 2013年7月 QGIS中級 44
  45. 45. TableManagerプラグインの起動 • 作業レイヤ選択の後 メニュー “プラグイン→Table→Table Manager” • メニューに無い場合はプラグインの管理やPythonプラグイン を呼び出すで当該プラグインを使えるようにする 2013年7月 QGIS中級 45
  46. 46. 4.ラスタデータの操作 • バーチャルラスタの作成 • ピラミッド作成 • 段彩図 陰影図 陰影段彩図の作成 • 等高線作成 • ジオリファレンス 2013年7月 QGIS中級 46
  47. 47. バーチャルラスタ • 複数のラスタファイルを仮想的に1個のラスタ データとして扱えるようにする機能。 • GDALユーティリティコマンド gdalbuildvrt で 作成可能 http://www.gdal.org/gdalbuildvrt.html • 作成されたバーチャルラスタファイルはGDA Lでアクセス可能なラスタデータとして扱われ る • QGIS以外のプログラムでもGDALで扱える 形式を使えるソフトウェアで利用できる。 2013年7月 QGIS中級 47
  48. 48. バーチャルラスタの構築 • メニュー “ラスタ→Miscellaneous→バーチャ ルラスタの構築(カタログ) 2013年7月 QGIS中級 48
  49. 49. 入力ファイル,出力ファイルを指定 2013年7月 QGIS中級 49
  50. 50. バーチャルラスタの表示 2013年7月 QGIS中級 50
  51. 51. ラスタをグレースケールで表示 2013年7月 QGIS中級 51
  52. 52. ピラミッドの作成 • ラスタデータの表示を高速化するために元画 像を縮小した画像を数段階の縮尺で用意し て利用する。(数段階の縮小画像を重ねた様 子がピラミッドのようにたとえられるからピラミ ッドという言い方がされている) 2013年7月 QGIS中級 52
  53. 53. ピラミッドの作成 • 対象ラスタレイヤの選択→メニュー “レイヤ→ プロパティ→ピラミッド” 2013年7月 QGIS中級 53 作成したい画像解像度を 右側のリストでクリックし て指定.必要に応じてリサ ンプリング方法を指定.”ピ ラミッド作成”ボタンをク リックするとピラミッド作成 が開始する
  54. 54. ピラミッドの完成 2013年7月 QGIS中級 54 ピラミッドが完成するとピ ラミッドアイコンに赤い チェックがなくなった状態 に表示になる。 以後、当該レイヤの表示 速度が高速化する
  55. 55. ピラミッド作成(別の方法) • メニュー “ラスタ→Miscellaneous→オーバ ービューの作成(ピラミッド) 2013年7月 QGIS中級 55 ピラミッド作成はGDALの gdaladdo ユーティリティを利用して行っている. よってGDALでサポートされている ファイル形式を扱えるプログラムなら ば作成したピラミッドは共通で利用 できる. 下部ウィンドウに表示される文字列 はコマンドラインから指定パラメータ でgdaladdoを起動する場合の文字 列となる.大量のファイルに対して同 様の処理を行いたい場合はここに表 示される文字列を利用してバッチ処 理を作成して実行することが効率的 である.
  56. 56. 段彩図の作成 • 標高モデルの標高数値の値を利用して高低 を表現 2013年7月 QGIS中級 56 プロパティのスタイルタブ でカラーマップを指定した 後カラーマップタブでカ ラーマップを指定する
  57. 57. 標高数値の色分け区分指定 2013年7月 QGIS中級 57 エントリ数と分類モードを 指定して分類ボタンクリッ クでカラーマップができる 色分けのしきい値やラベル、 色は編集可能.OKまたは Applyクリックで描画更新
  58. 58. 高さ値で段彩図描画 2013年7月 QGIS中級 58
  59. 59. 色や分類の変更 2013年7月 QGIS中級 59 色分けのしきい値やラベル、 色は編集して再表示
  60. 60. 描画スタイルは保存・再利用可能 2013年7月 QGIS中級 60
  61. 61. 陰影図の作成 • 数値標高モデルのラスタレイヤを利用して陰 影図(shade)を作成する 2013年7月 QGIS中級 61 メニューメニューメニューメニュー “ラスタラスタラスタラスタ →解析手法解析手法解析手法解析手法→DEM(テリアンモデルDEM(テリアンモデルDEM(テリアンモデルDEM(テリアンモデル) 出力ファイル名は出力ファイル名は出力ファイル名は出力ファイル名は 書き込み可能フォルダに書き込み可能フォルダに書き込み可能フォルダに書き込み可能フォルダに 拡張子拡張子拡張子拡張子 .tif でファイル名でファイル名でファイル名でファイル名 指定指定指定指定
  62. 62. 陰影図が作成される 2013年7月 QGIS中級 62
  63. 63. 陰影図の透過性をあげて 陰影段彩図にする 2013年7月 QGIS中級 63 陰影図の下に段彩図が重なって表示された状陰影図の下に段彩図が重なって表示された状陰影図の下に段彩図が重なって表示された状陰影図の下に段彩図が重なって表示された状 態で陰影図レイヤのプロパティ変更。態で陰影図レイヤのプロパティ変更。態で陰影図レイヤのプロパティ変更。態で陰影図レイヤのプロパティ変更。 プロパティの“透過性プロパティの“透過性プロパティの“透過性プロパティの“透過性”タブで全体の透過率のタブで全体の透過率のタブで全体の透過率のタブで全体の透過率の 数値を下げると陰影図の透過度があがり、陰数値を下げると陰影図の透過度があがり、陰数値を下げると陰影図の透過度があがり、陰数値を下げると陰影図の透過度があがり、陰 影段彩図になる。影段彩図になる。影段彩図になる。影段彩図になる。
  64. 64. 等高線作成 • 数値標高のラスタデータから等高線を作成す ることができる 2013年7月 QGIS中級 64 メニューメニューメニューメニュー “ラスタラスタラスタラスタ→Extraction→等高線等高線等高線等高線”
  65. 65. 等高線が表示される 2013年7月 QGIS中級 65
  66. 66. ジオリファレンス • 位置座標情報を持っていない地図画像(地図や航 空写真、衛星写真等)に位置座標を付与してGIS上 で扱えるようにすることができる. • 画像とGISの地図上で対応する地点を何点か指定 した上で変換処理を行うことで画像に位置情報を付 与する. • 画像にゆがみがあったり画像と参照地図の座標系 が異なる場合,指定対応点情報を利用して画像を変 形してGIS上に読み込むことが可能である. • ただし2次元上での変換のみサポートしているため 変換に標高は利用されていない. 2013年7月 QGIS中級 66
  67. 67. ジオリファレンサの起動 • 位置参照しやすい地図を表示したうえでメニュー”プラグイン →GeoReferencer→GeoReferencer” 起動 2013年7月 QGIS中級 67
  68. 68. ジオリファレンサに画像読み込み • メニュ- “ファイル→ラスタを開く” でラスタ画 像を指定.座標参照系を聞かれるのでここで は平面直角9系(EPSG:2451) 2013年7月 QGIS中級 68 本講習では小田原市WEBページで公開されているハザードマップPDFを画像化したもの を利用. ファイル名はdata/PDF フォルダ下の 20120709174158.png 元データのURLは 次のとおり http://www.city.odawara.kanagawa.jp/global-image/units/99236/1- 20120709174158.pdf
  69. 69. GCPポイントの入力 2013年7月 QGIS中級 69 画像上をクリックしてその点の座標を入力する.座標は数値入力かまたは QGISマップキャンバス上の対応点クリックでも可能
  70. 70. 変換方法の指定 • ジオリファレンサメニュー “設定→変換の設定” で変換方法の定義 2013年7月 QGIS中級 70 変換タイプや再サンプリン グの方法は画像のゆがみ やタイプによって指定が異 なる.
  71. 71. 変換実行 2013年7月 QGIS中級 71 ジオリファレンサの緑色矢印アイコンをクリックすると 変換が開始される.変換結果をQGISでロードする指 定になっているとマップキャンバスに変換結果が表示 される

×