Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

自由な空間情報利用のためのツールQGISと日本語化プロジェクトの紹介

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Upcoming SlideShare
GCP でも Serverless!!
GCP でも Serverless!!
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 42 Ad
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Advertisement

Similar to 自由な空間情報利用のためのツールQGISと日本語化プロジェクトの紹介 (20)

More from Yoichi Kayama (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

自由な空間情報利用のためのツールQGISと日本語化プロジェクトの紹介

  1. 1. 自由な空間情報利用のための ツール QGISと 日本語化プロジェクトの紹介 2010.03.15 生態学会自由集会 「生態学における FOSS4G利用 ~QGISを使った生態学研究の紹介~」 OSGeo.jp 嘉山陽一
  2. 2. 題目 私が最近QGISに注目している理由 QGISの紹介 QGIS日本語化作業の現状 Geo活へのご参加をお願いします
  3. 3. 自己紹介 嘉山陽一 OSGeo.jp 朝日航洋株式会社 勤務 主に空間情報を作ってる会社です 地理情報システムを中心とし たシステム開発者です http://twitter.com/pokopen/
  4. 4. 最近私が QGISに注目している 理由
  5. 5. 仕事上のミッション 空間情報を利用するためのシステムの提供 機能や使いやすさの向上、新技術への対 応製造コストの低減 上記の追及で空間情報を利用する顧客の 利便や利益を向上させる FOSS4G(Free and Open source software for geospatial)は ミッション実現の最強ツール
  6. 6. 現状では 残念ながら国内でのFOSS4G利用は普及 しているとはいえません 日本語情報が圧倒的に足りません(GIS 業界でも知っている人が少ない) ソフトウェゕの日本語対応がよくないも のもあります 国内でユーザが増えなければ利用ノウハウ の共有や利用環境の向上は望めません
  7. 7. FOSS4Gの国内普及をはかりたい FOSS4Gには様々なシステムがあります QGISの普及がFOSS4G普及のためには 一番とりかかりやすいのではないかと思 っています
  8. 8. FOSS4Gにもいろいろありまして WEB Mapping Desktop Applications Libraries Metadata Catalog
  9. 9. WEB Mapping ゗ンターネットで地図配信をする仕組み
  10. 10. Libraries 空間情報系プログラム作成用の部品
  11. 11. Metadata Catalog 空間データを検索するためのツール
  12. 12. Desktop Applications デスクトップコンピュータ上で 空間データを扱うためのプログラム
  13. 13. 興味あるユーザを想定すると WEB Mapping WEBサービス開発者 Libraries 空間系プログラマ Metadata Catalog 空間系SIer Desktop Applications 空間データの利用者
  14. 14. Desktop Applicationsの中では GRASS C 解析系 機能は豊富 利用法難解 uDig Java Eclipse plugin 汎用系 日本語Shape利用で難あり OSSIM リモートセンシング系 gvSIG Java 汎用系 日本語? QGIS C++ 汎用系 日本語利用問題無し
  15. 15. QGISの紹介
  16. 16. QGISの特徴 ●多数あるFOSS4Gツールの中でも一番 取りつきやすい ●デスクトップゕプリケーションであり ながらネットサービスの端末にもなれる ●GEOS GDAL/OGR Proj4 PostGIS 等の他のFOSS4Gの成果を利用している ●プラグ゗ン利用の機能拡張。Class API利用のシステムカスタマ゗ズが可能 ●日本語利用の問題点が少ない
  17. 17. QGISのQはQtのQ ● Qtとはノルウェートロールテック社 のフレームワーク(現在はノキゕ社) ● C++言語で作成されたマルチプラッ トフォームのシステム ●国際化 ● GPLと商用のデュゕルラ゗センス
  18. 18. Qt を使用している主なソフトウェア KDE Adobe Photoshop Elements Web ブラウザ Opera Google Earth モバ゗ルWnn Doxygen Skype CadソフトQCad 名前変更プログラム krename 楽譜編集プログラム Rosegarden 楽譜編集プログラム MuseScore 仮想キーボード vmpk シーケンサ Muse
  19. 19. QGISのリリースの歴史 Version 0.1 ‘Moroz’ 2004/02/24 Version 0.2 ‘Pumpkin’ 2004/04/25 Version 0.3 ‘Madison’ 2004/05/25 Version 0.4 ‘Baby’ 2004/07/01 Version 0.5 'Bandit' 2004/10/02 Version 0.6 'Simon' 2004/12/19 Version 0.7 'Seamus' 2005/09/01 Version 0.8 'Joesephine' 2006/12/29 Version 0.9 'Ganymede' 2007/10/26 Version 0.10 'Io' 2008/04/25 Version 0.11 'Metis' 2008/07/22 Version 1.0 'Kore' 2009/01/24 Version 1.1 'Pan' 2009/05/13 Version 1.2 'Daphnis' 2009/09/03 Version 1.3 'Mimas' 2009/09/20 Version 1.4 'Enceladus' 2010/01/11
  20. 20. 活発なコミュニティ
  21. 21. First QGIS Hackfest 19.Mar 2009 Hannover
  22. 22. Second QGIS Hackfest 9.Nov 2009 Vienna
  23. 23. First QGIS Bughunting 5.Dec 2009 Moscow
  24. 24. 国際化の状況
  25. 25. 海外のコミュニティの動きは活発 ここで取り残されると日本のGIS利用技術は ガラパゴス化しちゃうかもしれません
  26. 26. QGISで扱える空間データ GDAL/OGRで利用できるベクタ/ラスタ (ラスタ最大約100種類 ベクタ最大約40種類 GDAL/OGRのコンパ゗ル オプションに依存) WMS WFS(plugin)のネットサービス PostGIS データベースサーバのクラ゗ゕント SpatiaLiteデータベース Delimited Text(plugin) GRASS(plugin) GPS(plugin) OpenStreetMap(plugin)
  27. 27. QGISの基本機能 ベクタ・ラスタの空間データ表示(投影 変換)検索、印刷 データ入力、加工(空間、属性) 主題図の作成 空間検索 プログラミング゗ンターフェースの提供 C++ Python Class Plugin
  28. 28. 多彩なプラグイン GRASS R ftool (ベクタ空間解析) ラスタ空間解析 ラベル表示加工 ジオレフゔレンサー eVis(゗ベントビジュゕラ゗ザー) CAD機能 WFS OpenStreetMap etc...
  29. 29. QGIS1.4の主な新機能 新しいシンボロジー(描画方法の定義) フゖールド計算機 マップコンポーザ(印刷機能)の改良 ユーザ゗ンターフェースの改良(小型画 面対応) レンダリングキャッシング機能 属性フォームカスタマ゗ズ機能
  30. 30. これからのリリース予定 2010年の中ごろ Ver1.5 (V1.x シリーズの最終版) 2010年の終わりごろ Ver2.0 現在の課題 スレッド化レンダリング
  31. 31. QGIS日本語化作業の 現状
  32. 32. QGIS日本語化プロジェクト 2009年の夏ごろQGIS日本語化のための 共同作業用リソース作成 マニュゕル(V.1.0.2)をWiki上で共同翻 訳 GUI(V.1.0.2)翻訳 SVNで共同作業 GIS学会で配布
  33. 33. 昨年11月4日時点の翻訳
  34. 34. QGIS日本語化プロジェクト 文部科学省宇宙利用促進 QGISの日本語化も業務の一部に 2010.1 V1.4 リリースに合わせてGUI の翻訳終了分を配布用リポジトリにコミ ット(約7割翻訳終了) 2010.2末 1月リリース分の翻訳終了 2010.3 メッセージが1000ほど増加 3中旬 GUI翻訳完了 コミット依頼完了
  35. 35. V1.4リリース時の翻訳状況
  36. 36. 日本語化課題 GUIは毎月メッセージが増えるので対応 用語、文章のチェック、GRASS等との 統一(JISの用語辞書との対照) 作業分担できる体制の再検討 マニュゕル(ユーザーマニュゕル、プロ グラマーズマニュゕル)の翻訳体制再検 討 WEBの翻訳もやりたい
  37. 37. Geo活への ご参加を お願いいたします
  38. 38. 就活 婚活 ジオ活
  39. 39. ジオ活
  40. 40. オープンソースの維持、発展には コミュニティの存在が重要 QGIS利用のためのノウハウをコミュニ テゖを利用して共有してください メーリングリストにQ&Aが蓄積すること が重要です 低コストでGISを利用できる仕組みがで きます OSGeoはFOSS4Gコミュニテゖの調整役 です
  41. 41. Geo活へのご参加を!!
  42. 42. Geo活へのご参加を!!

×