FOSS4G OSAKAライトニングトーク

1,145 views

Published on

OSSと関わる時に 知っていたほうが いいかもしれない ツールや技術

Published in: Technology
1 Comment
11 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
1,145
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
35
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
1
Likes
11
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

FOSS4G OSAKAライトニングトーク

  1. 1. OSSと関わる時に 知っていたほうが いいかもしれない ツールや技術 OSGeo財団 日本支部 嘉山陽一 FOSS4G2013 OSAKA LT 1
  2. 2. 自己紹介 •OSGeo.JP 運営委員 •OSGeo.org Charter member •GIS 学会(FOSS4G 分科会)会員 •QGIS 日本語GUI 翻訳 コーディネータ マニュアル翻訳 •GIS プログラマ 研究員 朝日航洋株式会社 •Twitter ID @pokopen •CSIS寄附研究部門 協力研究員 •社会基盤情報流通推進協議会 システムWG • 2
  3. 3. 2006年 OSGeo.org OSGeo.JP 結成 3
  4. 4. それなりに 時間と経験を 重ねて きております 4
  5. 5. 詳しくは 森さんの 東京での プレゼンで 5
  6. 6. 6
  7. 7. 私自身は ソフトウェア エンジニアで 7
  8. 8. 前世紀の頃は 必死に 自分で全部 作ろうと思って おりました 8
  9. 9. LinuxやFreeBSD はユーザで はありました 9
  10. 10. GRASSは 会社の同僚が 海外から テープで購入した ソースを 10
  11. 11. 90年代の 前半に SPARCSTATIONⅡ の上でビルドとか してあげたけど 11
  12. 12. LinuxやUnixの ユーザ会 とか 顔出すこととかは あったけど 12
  13. 13. そんなに 熱心な コミュニティ メンバで あったわけでは ないです 13
  14. 14. OSGeoや QGISコミュニティ では 参加するのが 楽しくて 14
  15. 15. つい 深入りして しまった のですが (´Д`) 15
  16. 16. この年に なっても 常に 16
  17. 17. 新しい 技術を 学んでいかな いと 17
  18. 18. 活動に ついていけなく なるとこが 結構重要で 18
  19. 19. そういう 強制力がないと エンジニア として 19
  20. 20. 賞味期限が 終わるのが とても早かった かもしれません 20
  21. 21. とりわけ QGISで 21
  22. 22. 国際的な コミュニティ に 振り回され 22
  23. 23. 国際的な コミュニティ に 振り回され 23
  24. 24. 国際的な コミュニティ で 作業した 24
  25. 25. ことによって 外部からの 技術的な強制 がものすごく 25
  26. 26. 勉強しなきゃ ついていけない 日々でした 26
  27. 27. もちっと 若い頃に こういう 強制あれば 27
  28. 28. もっと いい エンジニア として 28
  29. 29. 活動できたかた と思いますが (‘A`) 29
  30. 30. ということで 今回のLTは 30
  31. 31. 若い人 向けに 31
  32. 32. QGIS コミュニティと つきあって 32
  33. 33. 勉強したほうが いいと思った 技術や ツール 33
  34. 34. 2013.11.7 現在で 私が感じて いるやつ 34
  35. 35. を 列挙して みます 35
  36. 36. 当然ながら こういう作業 をやる人を 養成して 36
  37. 37. 私の 今かかえてる 作業量を 37
  38. 38. 減らす ことを 目論んで ます 38
  39. 39. 現在 QGISの GUIと ドキュメント 39
  40. 40. これの日本語化 作業が 私のQGIS での仕事の メイン 40
  41. 41. これは そろそろ 誰かに 引き継いで 41
  42. 42. QGISの Codeのほうの 作業に 移行したい 42
  43. 43. QGISの 利用者が 爆発的に 増える中で 43
  44. 44. コードの 中を見て デバッグしたり 機能を追加する 44
  45. 45. 国内の エンジニアを 増やすことは 必須!! 45
  46. 46. ということで 後継者 募集中です 46
  47. 47. ドキュメント 日本語化で 勉強すべき ツール 47
  48. 48. Sphinx Transifex GitとGithub Latex 48
  49. 49. GUI 日本語化で 勉強すべき ツール 49
  50. 50. Qt Linguest GitとGithub CMake 50
  51. 51. まずは 普通に マニュアル翻訳 参加したい場合 51
  52. 52. Sphinxと Transifexを 勉強して下さい 52
  53. 53. Sphinxは 最近はやりの 国際化 文書管理システム 53
  54. 54. 54
  55. 55. Transifex 文書翻訳 プラットフォーム 55
  56. 56. 56
  57. 57. 57
  58. 58. 58
  59. 59. 59
  60. 60. 60
  61. 61. 61
  62. 62. GitとGitHub 62
  63. 63. 63
  64. 64. これが難物 だけど重要 64
  65. 65. Git 分散型 バージョン管理 システム 65
  66. 66. GitHub Git機能+ 諸機能 WEBサービス 66
  67. 67. GitHub ネット利用 開発や情報共有 プラットフォーム やSNSみたいな 67
  68. 68. GitHub はソースコード の分散バージョン 管理のみではなく 68
  69. 69. コミュニティの 情報共有 プラットフォーム になってきている 69
  70. 70. QGISの ソースコードは 従来 Subversionで 管理 70
  71. 71. 昨年末 QGISリポジトリ GitHubに移行 71
  72. 72. 当時 私は GitやGitHubの 利用方法を 知らない 72
  73. 73. そうすると…. 73
  74. 74. Ver2.0の リリースが 予定されている 74
  75. 75. QGISの GUI 日本語化 作業が 75
  76. 76. 私が GitとGitHub を知らないため Stopしてしまう 76
  77. 77. ということで 77
  78. 78. 2012年2013年 年末年始休暇 78
  79. 79. GitとGitHub 集中特訓 79
  80. 80. うあ゙ぁあ ・゚・ (´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁ あぁ゙ああぁぁう あ゙ぁあ゙ぁぁ 80
  81. 81. 81
  82. 82. QGIS ドキュメント リポジトリの コミット権限が 82
  83. 83. GitHub 初心者の 私に与えられて しまった 83
  84. 84. Transifexのテスト利用も開始 84
  85. 85. なんか Transifexと Githubの 連携が うまくいかない 85
  86. 86. いろいろ 苦労していると なんかメールが 86
  87. 87. 87
  88. 88. ふむふむ こうすれば いいんだね 88
  89. 89. やって みました Done! 89
  90. 90. 翌日メールに 90
  91. 91. なんか私の名前 91
  92. 92. I think something "terrible" happened with one of Kayama Yoichi's last pull request [1]. 92
  93. 93. It may be a good thing for Japanese files but certainly not for French, German, Dutch, etc. 93
  94. 94. なんか やっちまった みたい 94
  95. 95. (゚Д゚) 95
  96. 96. 初心者に コミット 権限を 与えた結果 96
  97. 97. (゚Д゚) 97
  98. 98. 必要な技術 はたくさん 98
  99. 99. 使えなければ おいて いかれます 99
  100. 100. いろいろ 使える 人材を 増やさないと 100
  101. 101. みなさん 新しい ツールに なれて下さい 101
  102. 102. (´∀`) 102

×