Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
プロダクトデザインと3D CAD
授業概要
神奈川工科大学 ホームエレクトロニクス開発学科
担当: 山崎 洋一
E-mail: yamazaki@he.kanagawa-it.ac.jp
URL: http://yamalab.com
ホームエ...
3D CADの
2つ のはやい!
1. はやく身につく
SolidWorks チュートリアル
必ず身につける基本機能
第3回 モデリング 第4回 アセンブリ 第6回 フィレット第5回 図面と寸法
第7回 回転とスイープ 第8回 パターン 第10回 サーフェス第9回 ロフト
ホームエレクトロニクス開発...
第3回 モデリング
今日のポイント
①スケッチとフィーチャー
②フィーチャーの作成
(ベース・ボス・カット)
③フィレットの追加
フィレットの追加
スケッチ フィーチャー
ベース ボス カット
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yam...
第3回 モデリング
①スケッチとフィーチャー
3Dモデルをつくるには
まず 手順① 2D平面図をスケッチ し
次に 手順② スケッチに奥行きをつけてフィーチャーつくる
スケッチ フィーチャー
奥行き
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 ...
第3回 モデリング
②ベース ・ボス ・カットフィーチャーの作成
手順①「スケッチ」で平面図作成
手順②「フィーチャー」で[押出]または[押出カット]
ベース ボス カット
[押出] [押出] [押出カット]
手順①
平面図をスケッチ
手順②
...
第3回 モデリング
③フィレットの追加
 フィレット…R(曲率)を持った角
 平面 or 辺を選択 → 半径指定
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com
8/32
第4回 アセンブリ
今日のポイント
①パーツモデリング
[新機能] エンティティ変換
[新機能] オフセット
②アセンブリの作成
③アセンブリの表示状態の変更
※先週作成したパーツ
①今週作成するパーツ
②アセンブリ
③表示状態の変更
ホームエ...
第4回 アセンブリ
①パーツモデリング
手順① ベース
[押出]
(1)スケッチ
(2)押出/押出カット
手順② フィレット
4つのエッジを指定
手順③ シェル
手順④ 押出カット
(1)エンティティ変換(フィーチャー→スケッチ)
面を選択
エ...
第4回 アセンブリ
②アセンブリ
手順①
アセンブリファイルに
パーツを追加
手順②
合致関係の追加
(1)エッジの一致
(2)面の一致
(3)面の一致
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com
11/32
第4回 アセンブリ
③アセンブリの表示状態の変更
FeatureManager デザインツリーのトップで
タブの右の » をクリック
①[非表示/表示]
②[表示モード]
③[外観]
④[透明度]
①②③④
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎...
第7回 回転フィーチャとスイープフィーチャ
今日のポイント
①回転フィーチャ
②スイープフィーチャ
[STEP1] 断面を描く [STEP2] 中心軸を指定して回転
[STEP1] 断面とパスを描く [STEP2] スイープ
ホームエレクトロニ...
第8回 パターンフィーチャー
今日のポイント
①直線パターン
②回転パターン
直線上にパターンコピー
円周上にパターンコピー
インスタンス数
4
インスタンス数
4
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com
14/32
第9回 ロフト
今日のポイント
①平面の作成
②各平面にスケッチ→ロフト
平面上のスケッチをつなぎ
ソリッドモデルを作成
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com
15/32
第10回 サーフェス
今日のポイント
サーフェス …厚みが0の面を作る機能
ロフトサーフェス スイープサーフェス
平面サーフェス フィルサーフェス
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com
16/32
3D CADの
2つ のはやい!
2. はやくつくれる
3Dプリンタの種類
①熱溶解積層法(低コスト低精度)
(FDM方式:Fused Deposition Modeling)
②光造形法(高コスト低精度)
(Stereo Lithography Apparatus)
ホームエレクトロニクス開発学科...
3Dプリンタの例: SCOOVO C170
製品名 SCOOVO C170
本体サイズ 404×376×333mm
(高さ×幅×奥行き)
本体重量 約 15 kg
ヘッド数 1
最小積層ピッチ 0.1mm (100μm)
最大造形サイズ 175...
3Dプリンタの使用手順
STEP1: 3DCADによるモデリング
STEP2: モデルデータの変換(stl形式)
STEP3: 加工手順・設定の指定
STEP4: 出力
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com
21/...
STEP1: 3DCADによるモデリング
SolidWorksの例
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com
22/32
押出ボスとフィレット
押出カットとフィレット
STEP1: 3DCADによるモデリング
SolidWorksの例:ことりをつくるための機能
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com
23/32
 積み上げられるデザイン
 サポートが少ないデザイン
 細かい凹凸がないデザイン
 大きいものは分割
分割
http://www.thingiverse.com/PrettySmallThings/designs
参考 http://w...
STEP2: モデルデータの変換(stl形式)
SolidWorksの例: .SLDPRT → . STL
モデルのパーツファイルを
3Dプリンタ対応のファイル形式で保存(STLが一般的)
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamal...
STEP3: 加工手順・設定の指定
印刷品質を指定してGコードを作成
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com
26/32
STEP4: 出力
①プリンタ接続 → ②印刷実行
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com
27/32
第1回 ホームエレクトロニクス開発学科クリエイソン
くらしあんしん プロダクトデザイン
 テーマ:
日常生活をサポートするプロダクトデザイン
 日頃のくらしを変えてくれる”かたち”を考える
 参加者:個人 または チーム
 レギュレーシ...
後半のスケジュール(※2014年度)
第11回 (12/11) チームメイキング
第12回 (12/18) ブレインストーミング
第13回 (12/25) 3Dプリンタのためのモデリング
第14回 ( 1/8) 作品コンセプト発表(スケッチ可)...
付録1.
チュートリアルの立ち上げ方(1/2)
 右端の アイコンをクリックし
[チュートリアル]をひらく
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com
30/32
 [基本マニュアル]または[基本テクニック]を参照
付録1.
チュートリアルの立ち上げ方(2/2)
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com
31/32
付録2.
困ったときは…
 チュートリアル説明の機能が見つからないときは
チュートリアル上のアイコンをクリックすると
SolidWorks上の機能を呼び出せる
ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com
32/32
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

プロダクトデザインと3DCAD 講義資料

1,872 views

Published on

神奈川工科大学ホームエレクトロニクス開発学科3年生向け授業
「プロダクトデザインと3DCAD入門」の 講義資料(紹介版)です。
この授業では,3DCADや3Dプリンタを用いてアイデアをかたちにするための腕力(設計力)を身に付けていきます。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

プロダクトデザインと3DCAD 講義資料

  1. 1. プロダクトデザインと3D CAD 授業概要 神奈川工科大学 ホームエレクトロニクス開発学科 担当: 山崎 洋一 E-mail: yamazaki@he.kanagawa-it.ac.jp URL: http://yamalab.com ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 1/32
  2. 2. 3D CADの 2つ のはやい!
  3. 3. 1. はやく身につく
  4. 4. SolidWorks チュートリアル 必ず身につける基本機能 第3回 モデリング 第4回 アセンブリ 第6回 フィレット第5回 図面と寸法 第7回 回転とスイープ 第8回 パターン 第10回 サーフェス第9回 ロフト ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 4/32
  5. 5. 第3回 モデリング 今日のポイント ①スケッチとフィーチャー ②フィーチャーの作成 (ベース・ボス・カット) ③フィレットの追加 フィレットの追加 スケッチ フィーチャー ベース ボス カット ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 5/32
  6. 6. 第3回 モデリング ①スケッチとフィーチャー 3Dモデルをつくるには まず 手順① 2D平面図をスケッチ し 次に 手順② スケッチに奥行きをつけてフィーチャーつくる スケッチ フィーチャー 奥行き ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 6/32
  7. 7. 第3回 モデリング ②ベース ・ボス ・カットフィーチャーの作成 手順①「スケッチ」で平面図作成 手順②「フィーチャー」で[押出]または[押出カット] ベース ボス カット [押出] [押出] [押出カット] 手順① 平面図をスケッチ 手順② 押出/押出カットで フィーチャー作成 ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 7/32
  8. 8. 第3回 モデリング ③フィレットの追加  フィレット…R(曲率)を持った角  平面 or 辺を選択 → 半径指定 ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 8/32
  9. 9. 第4回 アセンブリ 今日のポイント ①パーツモデリング [新機能] エンティティ変換 [新機能] オフセット ②アセンブリの作成 ③アセンブリの表示状態の変更 ※先週作成したパーツ ①今週作成するパーツ ②アセンブリ ③表示状態の変更 ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 9/32
  10. 10. 第4回 アセンブリ ①パーツモデリング 手順① ベース [押出] (1)スケッチ (2)押出/押出カット 手順② フィレット 4つのエッジを指定 手順③ シェル 手順④ 押出カット (1)エンティティ変換(フィーチャー→スケッチ) 面を選択 エンティティ 変換 スケッチ(外枠) (2)オフセット 外枠から2mm内側 押出カット (20mm) ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 10/32
  11. 11. 第4回 アセンブリ ②アセンブリ 手順① アセンブリファイルに パーツを追加 手順② 合致関係の追加 (1)エッジの一致 (2)面の一致 (3)面の一致 ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 11/32
  12. 12. 第4回 アセンブリ ③アセンブリの表示状態の変更 FeatureManager デザインツリーのトップで タブの右の » をクリック ①[非表示/表示] ②[表示モード] ③[外観] ④[透明度] ①②③④ ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 12/32
  13. 13. 第7回 回転フィーチャとスイープフィーチャ 今日のポイント ①回転フィーチャ ②スイープフィーチャ [STEP1] 断面を描く [STEP2] 中心軸を指定して回転 [STEP1] 断面とパスを描く [STEP2] スイープ ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 13/32
  14. 14. 第8回 パターンフィーチャー 今日のポイント ①直線パターン ②回転パターン 直線上にパターンコピー 円周上にパターンコピー インスタンス数 4 インスタンス数 4 ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 14/32
  15. 15. 第9回 ロフト 今日のポイント ①平面の作成 ②各平面にスケッチ→ロフト 平面上のスケッチをつなぎ ソリッドモデルを作成 ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 15/32
  16. 16. 第10回 サーフェス 今日のポイント サーフェス …厚みが0の面を作る機能 ロフトサーフェス スイープサーフェス 平面サーフェス フィルサーフェス ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 16/32
  17. 17. 3D CADの 2つ のはやい!
  18. 18. 2. はやくつくれる
  19. 19. 3Dプリンタの種類 ①熱溶解積層法(低コスト低精度) (FDM方式:Fused Deposition Modeling) ②光造形法(高コスト低精度) (Stereo Lithography Apparatus) ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 19/32
  20. 20. 3Dプリンタの例: SCOOVO C170 製品名 SCOOVO C170 本体サイズ 404×376×333mm (高さ×幅×奥行き) 本体重量 約 15 kg ヘッド数 1 最小積層ピッチ 0.1mm (100μm) 最大造形サイズ 175×150×150㎜ (高さ×幅×奥行き) 造形マテリアル PLAフィラメント (φ1.75mm) 入力形式(拡張 子) STL形式 ( .stl ) 参考 https://www.open-cube.co.jp/products/scoovo/c170/ ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 20/32
  21. 21. 3Dプリンタの使用手順 STEP1: 3DCADによるモデリング STEP2: モデルデータの変換(stl形式) STEP3: 加工手順・設定の指定 STEP4: 出力 ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 21/32
  22. 22. STEP1: 3DCADによるモデリング SolidWorksの例 ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 22/32
  23. 23. 押出ボスとフィレット 押出カットとフィレット STEP1: 3DCADによるモデリング SolidWorksの例:ことりをつくるための機能 ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 23/32
  24. 24.  積み上げられるデザイン  サポートが少ないデザイン  細かい凹凸がないデザイン  大きいものは分割 分割 http://www.thingiverse.com/PrettySmallThings/designs 参考 http://www.thingiverse.com/Masayuki/designs STEP1: 3DCADによるモデリング 3Dプリンタのためのモデリングのコツ ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 24/32
  25. 25. STEP2: モデルデータの変換(stl形式) SolidWorksの例: .SLDPRT → . STL モデルのパーツファイルを 3Dプリンタ対応のファイル形式で保存(STLが一般的) ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 25/32
  26. 26. STEP3: 加工手順・設定の指定 印刷品質を指定してGコードを作成 ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 26/32
  27. 27. STEP4: 出力 ①プリンタ接続 → ②印刷実行 ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 27/32
  28. 28. 第1回 ホームエレクトロニクス開発学科クリエイソン くらしあんしん プロダクトデザイン  テーマ: 日常生活をサポートするプロダクトデザイン  日頃のくらしを変えてくれる”かたち”を考える  参加者:個人 または チーム  レギュレーション  3Dプリンタで出力可能なこと(最大175×150×150㎜ [高さ×幅×奥行き])  部品点数がチーム人数以上になること(1人1パーツ以上!)  プレゼンによるコンペで優秀作品を決定(観客による投票)  優秀作品は3Dプリンタで出力  最優秀作品には豪華景品 ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 28/32
  29. 29. 後半のスケジュール(※2014年度) 第11回 (12/11) チームメイキング 第12回 (12/18) ブレインストーミング 第13回 (12/25) 3Dプリンタのためのモデリング 第14回 ( 1/8) 作品コンセプト発表(スケッチ可) 第15回 (1/22) コンペ ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 29/32
  30. 30. 付録1. チュートリアルの立ち上げ方(1/2)  右端の アイコンをクリックし [チュートリアル]をひらく ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 30/32
  31. 31.  [基本マニュアル]または[基本テクニック]を参照 付録1. チュートリアルの立ち上げ方(2/2) ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 31/32
  32. 32. 付録2. 困ったときは…  チュートリアル説明の機能が見つからないときは チュートリアル上のアイコンをクリックすると SolidWorks上の機能を呼び出せる ホームエレクトロニクス開発学科 山崎研究室 yamalab.com 32/32

×