Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
[ITビジネスセミナー] 現役プロダクトマネージャーが語る、日本企業におけるプロダクトマネージャーの課題と今後の展望 #postudy
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

3

Share

Download to read offline

MyInceptionDeck

Download to read offline

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

MyInceptionDeck

  1. 1. MyInception Deck Agile Samurai#2 中村 洋
  2. 2. 自己紹介■名前:中村 洋 『大泉洋』と同じ『よう』です。■ブログ サウスポーなSEの独り言■TwitterID @yohhatu
  3. 3. 自己紹介の続き■スキ/キライ スキ:ファシリテーション、アジャイル開発、価値の提供 キライ:空中戦な会議■仕事:社内向け開発基盤Xの開発やらなにやら
  4. 4. そもそも…インセプションデッキ とは? http://www.flickr.com/photos/oberazzi/318947873/
  5. 5. 以上、1回目の@mah_labさんの 資料から、ぱく(ry
  6. 6. 【本題】 MyInception Deck
  7. 7. 『部門』のでも、 『グループ』のでも 『チーム』のでも ないです。あくまで個人の想いです
  8. 8. My Inception Deck-1(Why)(1)我々は何故ここにいるのか?(2)エレベータピッチ(3)パッケージデザイン(4)やらないことリストを作る(5)「ご近所さん」を探せ
  9. 9. My Inception Deck-2(How)(6)技術的な解決案を描く(7)リスクを検討する(8)プロジェクトの期間を見極める(9)諦めるべきものをはっきりさせる(10)プロジェクトに何がどれだけ必要なのかスポンサーに提示する
  10. 10. http://www.flickr.com/photos/freakygoldie/5044175060/MyInception Deck-1 (Why)
  11. 11. (1)我々は何故ここにいるのか?現場がシステム開発時により利益を多く出せる Xを作るため
  12. 12. (2)エレベータピッチ[PJの利益をより多く]したい、[現場部門]向けの[X]というプロダクトは、[FWを含めた開発基盤]です。これは[システム開発を早く、確実に行うこと]ができ、[各PJ独自でやっていた時]とは違って、[すでにあるものを利用できる特徴]が備わっている。
  13. 13. (3)パッケージデザイン「Xはあなたの願いを叶えます!」 パッケージデザインは削除・もっとお客様に価値を提供できます・すぐに使えます・無料です
  14. 14. (4)やらないことリストを作る・やる! ・やらない! 帳票 社内標準との統 UI強化 合 全社完全公開 外販・後で決める!翻訳他のFWとの統合
  15. 15. (5)「ご近所さん」を探せ・現場部門の部長、アーキテクト、PM/PL、メンバー・法務、広報・テスト自動化チーム、VPJRチーム・情報システム部門・部長
  16. 16. MyInception Deck-2(How)
  17. 17. (6)技術的な解決案を描く 割愛
  18. 18. (7)リスクを検討する・組織(会社・部門・チーム)がつぶれる・自分が情熱を失う・キープレイヤーがいなくなる(辞める/他のチーム・部門に行く)・開発拠点がこれ以上増えてスピード感が落ちる・現場から「No!」と言われる
  19. 19. (8)プロジェクトの期間を見極める・リリース時期3ヶ月毎にリリースします。特に2012年4月のリリースは全社一般公開と位置づけています。
  20. 20. (9)諦めるべきものをはっきりさせる トレードオフスライダーMAX MIN スコープMAX MIN 予算MAX MIN 時間MAX MIN 品質MAX MIN 使い勝手MAX MIN 効用
  21. 21. (10)プロジェクトに何がどれだけ必要 なのかスポンサーに提示する 割愛 すいません・・・ http://www.flickr.com/photos/57253910@N05/5278369014/
  22. 22. 以上がMy Inception Deckです
  • miyts01

    Apr. 26, 2016
  • chatii0079

    Jun. 13, 2015
  • FukaseMotohiko

    Sep. 9, 2013

Views

Total views

10,277

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

7,039

Actions

Downloads

13

Shares

0

Comments

0

Likes

3

×