Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
人と「ネットワーク」に関するいくつかの研究結果を深堀しました                     人は、「個々」の観点から捉えてもよくわからない                     人をネットワークの一部と捉えると、見えてくる Copy...
強い絆とは                        •自分とつながりのある人同士の大半がつながっている                        •集団としての行動を起こす際の、基本単位                        ...
強い絆の特徴1「強化」のメカニズムが働く     一部の人が、価値観/行動規範に沿った行動をする     そのアクションを他の人が目で見る/賞賛する     アクションしている人の割合が高まる     価値観/行動規範がより深く浸透する    ...
強い絆の特徴2「周囲がどう動くか」を互いに読み取って連携する                       個人にとっては表情・感情が読めないと、相手との関係が成り立たない •   顔を見合わせる •   感情に関する言葉/文章をやりとりする •...
強い絆の特徴3特定の個が突出してしまうとバランスが崩れるので、構成員同士が「相対優位性」を保とうとする                   個人にとっては「ちょっとした差」がつくようなことに敏感になる• とりあえず、お互いを真似ようとする• 「...
弱い絆とは                   •共通でつながっている人がいない                   •「強い絆」にはない、新しい知識・情報・姿勢の源となる                   •直接つながっている人の先にいる人...
弱い絆の特徴1弱い絆経由で入ってきた情報は、簡単に強い絆の中で伝播したり、アクションに結びつきはしない                       個人にとっては弱い絆から入手した情報は、自分が所属する強い絆にとって異質である可能性が高く、簡単...
弱い絆の特徴2強い絆が環境に取り残されないような刺激を供給する                        個人にとっては弱い絆からの情報を紹介することで、強い絆の中で力を持つことができる– 「強い絆」の中で「相対優位」に立つための1つの手段...
弱い絆の特徴3弱い絆同士がくっつくことで、新たな強い絆が生まれる    自分                          個人にとっては弱い絆の人同士を紹介することで、個人が絆を作れる• 新たな「強い絆」をつくることで、その中心的存在にな...
「強化」と「ゆらぎ」で【ネットワーク】という塊が生き残る強い絆による                                                                        弱い絆による「強化」      ...
テクノロジーによる強い絆の変化「強化」がさらに加速する – 時間/空間の隔たりを越えて、行動を可視化できるようになった – 動画/写真などの活用で、分かり易く見せられるようになった – 相手の行動に対する賞賛が表現しやすくなった        ...
テクノロジーによる強い絆の変化例 CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
テクノロジーによる弱い絆の変化■時間的/空間的/関係的に、より遠く広い範囲に 弱い絆の相手を持つことができるようになった ・範囲の拡がるイメージ – 時間的:高校や大学の同級生とつながることができる – 空間的:海外に住む友人ともつながり続けら...
CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
そして、第三の変化新たな「強い絆」の作成が容易になった?   CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
このフレームワークで、いくつかのテーマを捉えてみよう     CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
テーマ1:「企業と製品のブランドは両立しなければいけない?」両立は不要⇒消費者に何を「真似」してもらうかで決定(無理に、企業そのもの/ブランドの両方に、“素敵な”イメージは必要ない)          CopyRight 2011 Yasuhi...
“NIKEを使う人たち”のイメージ                                                                                 消費者は                    ...
テーマ2:「ソーシャルフィルター」匿名性高いもの          排除/修正される誹謗・中傷信頼できる                                                                      ...
テーマ3:「Relevancy(弱い絆⇒強い絆)へ伝播するには?」強い絆に持ち込んでもらえるための武器を用意する      CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Res...
ファブリーズのキャンペーン例■Step1:12の「強い絆」を選定1    2   3      4           5            6           7           8            9     10   1...
人をネットワークの一部と捉えると、         ソーシャルが見えてくる    CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
本資料に関するお問い合わせ先など■本資料の内容に興味がある、ディスカッションがしてみたい、発表を直接聞いてみたい、という方は、下記2名をメールのToに入れて、ご連絡ください。議論・やりとりによる、更なる思考と可能性の拡がり、大歓迎です。※本内容...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Strong/Weak connection

6,347 views

Published on

Strong/Weak connection

  1. 1. 人と「ネットワーク」に関するいくつかの研究結果を深堀しました 人は、「個々」の観点から捉えてもよくわからない 人をネットワークの一部と捉えると、見えてくる CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  2. 2. 強い絆とは •自分とつながりのある人同士の大半がつながっている •集団としての行動を起こす際の、基本単位 •個々人は、自分自身の意思で、所属をしている自分 CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  3. 3. 強い絆の特徴1「強化」のメカニズムが働く 一部の人が、価値観/行動規範に沿った行動をする そのアクションを他の人が目で見る/賞賛する アクションしている人の割合が高まる 価値観/行動規範がより深く浸透する CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  4. 4. 強い絆の特徴2「周囲がどう動くか」を互いに読み取って連携する 個人にとっては表情・感情が読めないと、相手との関係が成り立たない • 顔を見合わせる • 感情に関する言葉/文章をやりとりする • 「相手がどう思うか」予測できるレベルで相手を知っている CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  5. 5. 強い絆の特徴3特定の個が突出してしまうとバランスが崩れるので、構成員同士が「相対優位性」を保とうとする 個人にとっては「ちょっとした差」がつくようなことに敏感になる• とりあえず、お互いを真似ようとする• 「差がついてしまいそうな」行動や習慣に敏感になる• 自分の行動を誇示して、優位性を見せつけようとする CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  6. 6. 弱い絆とは •共通でつながっている人がいない •「強い絆」にはない、新しい知識・情報・姿勢の源となる •直接つながっている人の先にいる人の影響も受ける自分CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  7. 7. 弱い絆の特徴1弱い絆経由で入ってきた情報は、簡単に強い絆の中で伝播したり、アクションに結びつきはしない 個人にとっては弱い絆から入手した情報は、自分が所属する強い絆にとって異質である可能性が高く、簡単には周囲に共有したり、アクションを促したりしにくい CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  8. 8. 弱い絆の特徴2強い絆が環境に取り残されないような刺激を供給する 個人にとっては弱い絆からの情報を紹介することで、強い絆の中で力を持つことができる– 「強い絆」の中で「相対優位」に立つための1つの手段となる– 「強い絆」「弱い絆」どちらを重視するかは、人によって異なる CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  9. 9. 弱い絆の特徴3弱い絆同士がくっつくことで、新たな強い絆が生まれる 自分 個人にとっては弱い絆の人同士を紹介することで、個人が絆を作れる• 新たな「強い絆」をつくることで、その中心的存在になれる• 新たな「強い絆」は、その個人の価値観を反映できる CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  10. 10. 「強化」と「ゆらぎ」で【ネットワーク】という塊が生き残る強い絆による 弱い絆による「強化」 「ゆらぎ」 CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  11. 11. テクノロジーによる強い絆の変化「強化」がさらに加速する – 時間/空間の隔たりを越えて、行動を可視化できるようになった – 動画/写真などの活用で、分かり易く見せられるようになった – 相手の行動に対する賞賛が表現しやすくなった CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  12. 12. テクノロジーによる強い絆の変化例 CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  13. 13. テクノロジーによる弱い絆の変化■時間的/空間的/関係的に、より遠く広い範囲に 弱い絆の相手を持つことができるようになった ・範囲の拡がるイメージ – 時間的:高校や大学の同級生とつながることができる – 空間的:海外に住む友人ともつながり続けられる – 関係的:友人の友人といった人とも簡単につながれる CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  14. 14. CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  15. 15. そして、第三の変化新たな「強い絆」の作成が容易になった? CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  16. 16. このフレームワークで、いくつかのテーマを捉えてみよう CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  17. 17. テーマ1:「企業と製品のブランドは両立しなければいけない?」両立は不要⇒消費者に何を「真似」してもらうかで決定(無理に、企業そのもの/ブランドの両方に、“素敵な”イメージは必要ない) CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  18. 18. “NIKEを使う人たち”のイメージ 消費者は この部分に 共感し•NIKE製品をクールに使いこなす 模倣し•運動することで、他の人よりちょっとだけクールになる アクションする “NIKEの会社そのもの”のイメージ•謙虚•低姿勢・・・目立たない、目立たせない 具体的な施策例•Nike製品を使う人たち同士が、Nike+でお互いの活動を可視化、強化しやすくする⇒これが、その人の所属する「強い絆」の中に拡がっていく CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  19. 19. テーマ2:「ソーシャルフィルター」匿名性高いもの 排除/修正される誹謗・中傷信頼できる 通過して、「弱い絆」 紹介されるから供給されたもの 自分強い感情の 通過して、ゆさぶりを 紹介されるもたらすもの共通の価値観に 「強化」される合致するもの アクションに結びつく(感情にも影響する)「相対優位」を 「強化」されるもたらすもの アクションに結びつく CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  20. 20. テーマ3:「Relevancy(弱い絆⇒強い絆)へ伝播するには?」強い絆に持ち込んでもらえるための武器を用意する CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  21. 21. ファブリーズのキャンペーン例■Step1:12の「強い絆」を選定1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12選定された「強い絆」その1:バイク乗りのおっさんたち ・有名レースの会場にて、大規模な無償配布 ・専門雑誌への、集中的な広告投下■Step2:家に持ち帰ったときに、家族に勧めるための6パターンのメッセージを用意Ⅰ 2人暮らしの奥様向け 「外で付いた服のタバコのにおいも、一発で取れるよ」Ⅱ 子持ちの奥様向け 「子供の部屋の汗臭いにおいも、これでシュっと取れるよ」・・Ⅵ ・・・ ・・・・ CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  22. 22. 人をネットワークの一部と捉えると、 ソーシャルが見えてくる CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.
  23. 23. 本資料に関するお問い合わせ先など■本資料の内容に興味がある、ディスカッションがしてみたい、発表を直接聞いてみたい、という方は、下記2名をメールのToに入れて、ご連絡ください。議論・やりとりによる、更なる思考と可能性の拡がり、大歓迎です。※本内容は、通常業務の延長線上で、個人的に下記2名の制作した資料となっています※※各内容は、下記2名の私的な資料であり、所属する企業の考え方・方針とは一切関係ありません■吉沢 康弘(ライフネット生命保険株式会社)yoshizaw@gf6.so-net.ne.jp[Twitter] yasuyasu1976[Blog] http://blog.livedoor.jp/yasuyasu1976/■大東 結花(株式会社リクルート ブライダルカンパニー)yukao@r.recruit.co.jp CopyRight 2011 YasuhiroYoshizawa/YukaOhigashi All Rights Reserved.

×