Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

PIC ADK Miniboard r2/r2a Guidebook(IC-02,IC-02a)

1,257 views

Published on

Document about PIC ADK Miniboard rev.2,2a.

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

PIC ADK Miniboard r2/r2a Guidebook(IC-02,IC-02a)

  1. 1. Open hardware PIC ADK MiniboardRevision 2(IC-02、IC-02a) 取扱説明書 2012年2月6日 石井 康寛 ishii.yasuhiro@gmail.com
  2. 2. 目次1.PIC ADK Miniboard rev.2の特徴2. 全体回路図3.ショートジャンパー一覧4.オプショナルの回路パターン5.基板パターン図6.基板写真7.FTDI周辺回路の結線(FTDI使用時実施必須)8.動作確認 - PIC ADK MiniboardとAndroid端末を接続して操作してみる9.サポート体制
  3. 3. 1.PIC ADK Miniboard rev.2の特徴1.高性能PIC PIC24FJ64GB002を使用し、ワンチップでADKやMicrobridge、その他USB Host使用機器の試作が可能2.FTDI社FT232RLを搭載し、PICのシリアル出力をUSBで取り出し可。デバッグ性向上と、USBでのPIC書き換え対応(今後予定)想定3.DCモータドライバ2ch、RCサーボモータ3chに簡単に対応できる回路パターンを用意。台車制御など手軽に楽しめます。4.電源の取り回しなど各種アプリケーションに柔軟に対応するショートジャンパーを用意5.デバッグを手軽にできるLEDを搭載(部品は別途ご用意下さい)6.周辺にPIC 28ピンを全ピン引き出し。単純なピンピッチ変換基板としてもご使用可能。ピンヘッダは1列タイプとし、ブレッドボード対応6.PIC ADK Miniboard rev.1と周辺ランドの互換性あり
  4. 4. IC-02とIC-02aの違い・FTDI周辺の要ジャンパー(パターンミス)を修正・レイアウトの一部見直し(回路はコンパチ)
  5. 5. 2.全体回路図(IC-02、IC-02a)
  6. 6. 回路図には、用途に応じて切り替えできるようショートジャンパーを設けています。また、ノーマウントのままのランドもあります。これも用途によって実装します。
  7. 7. 3.ショートジャンパー一覧(回路図、基板と併せてご確認下さい)以下の括弧内はノーマル仕様での状態 SJ1:5V系と3.3V系短絡用(オープン) SJ2:5V系とモーター電源の共通化(オープン) SJ4:FTDI UART RxをPIC接続(ショート) SJ5:FTDI UART TxをPIC接続(ショート) SJ6:FTDI電源をUSB miniB VBUSから取る(ショート) SJ7:miniB VBUS電源をボードの5V系として使用する(オープン or ショート) SJ8:Host VBUSを5V系から取る(ショート)
  8. 8. 4.オプショナルの回路パターンについて用途に応じて便利に使用できる回路を設けています。1.DCモーター制御 ドライバICTB6552等配布済み2.RCサーボモータピンヘッダ 3 JP7、JP8、JP9 (使用時マウントして下さい)3.テスト用LED&抵抗 LED1(2012サイズ)とR4。GPIOはサーボJP9と共用です。
  9. 9. 5-1.基板パターン図(IC-02)
  10. 10. 5-1.基板パターン図(IC-02a)
  11. 11. 6.-1.基板写真(A面)
  12. 12. 6.-2.基板写真(B面)
  13. 13. 7.FTDI周辺回路の結線(FTDI使用時実施必須) IC-02のみ必要FTDIからPICへのUARTラインで一本手配線が必要です。写真を参考に結線して下さい。 FT232RL 1ピンと 周辺ピンヘッダランド を写真のように結線
  14. 14. 8.-1.動作確認(Microbridge) - PIC ADK MiniboardとAndroid端末を接続して操作してみる 1.Android側にアプリをインストール (Android Marketよりダウンロード) Market URL http://goo.gl/qS4Nj (ソース含むEclipse用プロジェクトは http://goo.gl/Vl0pE にて公開)2.ボードに以下のソースを書き込むhttp://goo.gl/oXCEn (MPLAB XのPJ形式です)3.PIC ADK Miniboard のPIC 7PIN(JP5 7PIN)にLEDを接続する4.3端子レギュレータ横の5VとGNDのところに5Vを印加(または、SJ7ショートしmini-Bを他のUSB機器に接続して給電)5.Androidと接続し、アプリ起動したらLED OnOffボタンを操作する
  15. 15. 8.-2.動作確認(Android Accessory,ADK)
  16. 16. 8.-2.動作確認 - PIC ADK MiniboardとAndroid端末を接続して操作してみる 実体配線 5V電源- 5V電源+LEDへ
  17. 17. 9.サポート体制メインは、日本Androidの会・神戸支部MLにてサポートします。http://groups.google.com/group/android-jp-kobe?hl=ja&pli=1でんでんタウンもくもく会では制作の継続サポートします。でんでんタウンもくもく会については、 Twitter : @dietposter 吉田氏へ。その他何でも気軽に以下ご連絡いただけたらサポートします。Twitter : @yishii 石井Mail : ishii.yasuhiro@gmail.com

×