Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Q.「深い学び」を
保障するために
何をすればいい?
タイトルとリスト コンテンツのレイアウト
• ここに最初の箇条書きを追加
• ここに 2 番目の箇条書きを追加
• ここに 3 番目の箇条書きを追加
A1.
「主体的・対話的
な学び」を促す。
(従来のALと同じ)
タイトルとリスト コンテンツのレイアウト
• ここに最初の箇条書きを追加
• ここに 2 番目の箇条書きを追加
• ここに 3 番目の箇条書きを追加
A2.
教科等(単元)の目標を
正しく理解し,達成
するための適切な手
立てを行う。(資質・能...
深い学び
主体的な学び 対話的な学び
各教科等の目標の達成
各教科等の見方・
考え方を育む
資質・能力の獲得・育成
参考:(次期)小学校学習指導要領 第1章 総則
「深い学び」の目的と手段を再確認
目的
教科等の目標を達成することにより,資
質・能力の獲得・育成を目指す。
手段
「主体的・対話的な学び」で各教科等の
見方・考え方を育む。
ALに「深い学び」が入った経緯①
課題の発見と解決に向けて主体的・協働的に
学ぶ学習 平成26年11月20日中教審諮問
(ALは)子供たちの質の高い深い学びを引
き出すことを意図するもの
平成27年8月26日「論点整理」
ALに「深い学び」が入った経緯②
ALの目的の変容
最初の定義では, ALは指導法改善のための「手段」であり,
その「目的」は資質・能力の育成であった。
「資質・能力」は「三つの柱」の下に分類され,教科等の目標
の中に取り入れられた。
結果とし...
これまでのAL≒「深い学び」?
「主体的な学び」と「対話的な学び」という学びの
手段が,「深い学び」を支えているという点で同じ
ものであると言える。
また,目的についても「資質・能力」が各教科等
の目標に組み込まれたことにより,当初のALの目
...
関係ない没スライド・・・
「協働的」が「対話的」へシフトしたこととの比較
「協働的」な学習のための言語活動(話形指導など)が
目的化し,教師主導の授業が増えた。
→ 子供の主体性が低下 「手段」の目的化
AL初期の実践では,「目的を見失い,『型...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

「深い学び」について

次期学習指導要領の内容を踏まえて,これまでのアクティブ・ラーニングからのつながりをまとめました。

  • Be the first to comment

「深い学び」について

  1. 1. Q.「深い学び」を 保障するために 何をすればいい?
  2. 2. タイトルとリスト コンテンツのレイアウト • ここに最初の箇条書きを追加 • ここに 2 番目の箇条書きを追加 • ここに 3 番目の箇条書きを追加 A1. 「主体的・対話的 な学び」を促す。 (従来のALと同じ)
  3. 3. タイトルとリスト コンテンツのレイアウト • ここに最初の箇条書きを追加 • ここに 2 番目の箇条書きを追加 • ここに 3 番目の箇条書きを追加 A2. 教科等(単元)の目標を 正しく理解し,達成 するための適切な手 立てを行う。(資質・能力 の育成)
  4. 4. 深い学び 主体的な学び 対話的な学び 各教科等の目標の達成 各教科等の見方・ 考え方を育む 資質・能力の獲得・育成 参考:(次期)小学校学習指導要領 第1章 総則
  5. 5. 「深い学び」の目的と手段を再確認 目的 教科等の目標を達成することにより,資 質・能力の獲得・育成を目指す。 手段 「主体的・対話的な学び」で各教科等の 見方・考え方を育む。
  6. 6. ALに「深い学び」が入った経緯① 課題の発見と解決に向けて主体的・協働的に 学ぶ学習 平成26年11月20日中教審諮問 (ALは)子供たちの質の高い深い学びを引 き出すことを意図するもの 平成27年8月26日「論点整理」
  7. 7. ALに「深い学び」が入った経緯② ALの目的の変容 最初の定義では, ALは指導法改善のための「手段」であり, その「目的」は資質・能力の育成であった。 「資質・能力」は「三つの柱」の下に分類され,教科等の目標 の中に取り入れられた。 結果として現在,ALは各教科の目標の達成のためにあると 言える。 資質・能力の三つの柱
  8. 8. これまでのAL≒「深い学び」? 「主体的な学び」と「対話的な学び」という学びの 手段が,「深い学び」を支えているという点で同じ ものであると言える。 また,目的についても「資質・能力」が各教科等 の目標に組み込まれたことにより,当初のALの目 的と現在の「深い学び」の目的は一致していると 言える。
  9. 9. 関係ない没スライド・・・ 「協働的」が「対話的」へシフトしたこととの比較 「協働的」な学習のための言語活動(話形指導など)が 目的化し,教師主導の授業が増えた。 → 子供の主体性が低下 「手段」の目的化 AL初期の実践では,「目的を見失い,『型』に過度に拘泥する(論 点整理)」事例が多く,ALの目的を再定義する必要性があった。

    Be the first to comment

    Login to see the comments

  • Yamanogonta

    May. 11, 2017

次期学習指導要領の内容を踏まえて,これまでのアクティブ・ラーニングからのつながりをまとめました。

Views

Total views

5,140

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

4,537

Actions

Downloads

0

Shares

0

Comments

0

Likes

1

×