Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Al研修スライド

とある小学校で算数科のAL研修をさせていただいた時のスライドです。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Al研修スライド

  1. 1. 算数科教育における 「アクティブ・ラーニング」の進め方について
  2. 2. 1. 算数のALってどんなもの? 2. どうしてALが必要なの? 3. どうすればALになるの? 4. どうなればALといえるの? ALのおさえ ALの必要感 ALの内容 ALの評価
  3. 3. ALの算数の授業で大切にしたいこと 問題文 式絵や図 主体的に 考えているとは 言えない 目的意識をもって 主体的に取り組む =算数的活動 数字だけ見て式を 立てる 一部の言葉だけ見 て式を立てる 1. 算数のALってどんなもの?
  4. 4. 「算数的活動」と「算数科のAL」 目的意識をもって 主体的に取り組む 算数的 活動が有効 に働いている授業 操作活動 学ぶ楽しさ 思考・判断・表現 算数科の AL型授業 ただし,「算数的活動」のねらいを 十分把握する必要がある⇒詳しくは後述 1. 算数のALってどんなもの?
  5. 5. 一方向的な知識伝達型講義を聴 くという(受動的)学習を乗り越える 意味での、あらゆる能動的な学習 のこと。能動的な学習には、書く・ 話す・ 発表する等の活動への関 与と、そこで生じる認知プロセスの 外化を伴う。 京都大学高等教育研究開発推進センター教授 溝上慎一 1. 算数のALってどんなもの?
  6. 6. 一方向的な知識伝達型講義を聴 くという(受動的)学習を乗り越える 意味での、あらゆる能動的な学習 のこと。能動的な学習には、書く・ 話す・ 発表する等の活動への関 与と、そこで生じる認知プロセスの 外化を伴う。 京都大学高等教育研究開発推進センター教授 溝上慎一 1. 算数のALってどんなもの?
  7. 7. 従来のような知識の伝達・注入を中心 とした授業から、教員と学生が意思疎 通を図りつつ、一緒になって切磋琢磨 し、相互 に刺激を与えながら知的に 成長する場を創り、学生が主体的に 問題を発見し解を見いだしていく能動 的学修(アクティブ・ラーニング)への 転換が必要である。 平成24年8月28日中央教育審議会 1. 算数のALってどんなもの?
  8. 8. 従来のような知識の伝達・注入を中心 とした授業から、教員と学生が意思疎 通を図りつつ、一緒になって切磋琢磨 し、相互 に刺激を与えながら知的に 成長する場を創り、学生が主体的に 問題を発見し解を見いだしていく能動 的学修(アクティブ・ラーニング)への 転換が必要である。 平成24年8月28日中央教育審議会 1. 算数のALってどんなもの?
  9. 9. …「何を教えるか」という知識の質や量 の改善はもちろんのこと,「どのように 学ぶか」という,学びの質や深まりを重 視することが必要であり,課題の発見 と解決に向けて主体的・協働的に学 ぶ学習(いわゆる「アクティブ・ラーニ ング」)… 平成26年11月20日中央教育審議会 1. 算数のALってどんなもの?
  10. 10. …「何を教えるか」という知識の質や量 の改善はもちろんのこと,「どのように 学ぶか」という,学びの質や深まりを重 視することが必要であり,課題の発見 と解決に向けて主体的・協働的に学 ぶ学習(いわゆる「アクティブ・ラーニ ング」)… 平成26年11月20日中央教育審議会 1. 算数のALってどんなもの?
  11. 11. 工夫する 説明する 分類する 想像する 一般化する 適用する 思考を深める 発達段階に応じたAL授業の学習活動例 小学校 低学年 小学校 中学年 小学校 高学年 中学校 探す 言語化する 自覚する気付く 把握する 活用する 予想する見通す 仮説を立てる 論じる 関連づける比較する 振り返る実感する 自己評価する 分析する
  12. 12. 工夫する 説明する比較する想像する 思考をまとめる 一般化する 活用する 思考を 広げる 深める 発達段階に応じたAL授業の学習活動例 国語科 読むこと 「おおきなかぶ」 劇化することにより, 場面ごとに,登場 人物の様子を想 像する。 「夕日がせなかを おしてくる」 物語や詩を読み, 感想を述べあったり, 紹介しあったりする。 「きつねの窓」 ポスター作りを通し て,登場人物の 心情を読み取り, 本の紹介をする。 説明文の構成を参 考にしながら,自分 の考えたことを説明 文で表す。 「白神山地 からの提言」 算数科 数学的な考え方 「ずをつかってか んがえよう」 考えを伝えるため に,表現方法を 工夫する。 「小数のいろい ろな見方」 既習内容をもとに, 数学的に価値の高 いものを探す。 「体積の求 め方」 多様な考え方を交 流し,それぞれの考 え方の共通点を見つ け出し,求め方を公 式化する。 「資料の調 べ方」 資料から読み取った ことを,数値や傾向 を根拠にして,主張 し,今後の生活に生 かす。
  13. 13. 教 師 ( 研 修 ) 近い将来,10人中 人は今と違う仕事をしている! アメリカ:ラリーペイジ 20年以内に,今の仕事の %は機械が行う。 イギリス:マイケル・オズボーン 2011年入学児童(今の小6)の就職先の %は, 現在ない職業。 アメリカ:キャシー・デビッドソン 9 47 65 2. どうしてALが必要なの?
  14. 14. 教 師 ( 研 修 ) 2. どうしてALが必要なの? 受身の対応 ではなく 変化が激しい21世紀の社会 よりよい社会と幸福を 自ら作り出していくことが大切 解き方があ らかじめ定 まった問題を 効率的に解 ける力 蓄積された知 識,膨大な情 報から何が重 要かを主体的 に判断する力 自ら問いを立てて その解決を目指し, 他者と協働しなが ら新たな価値を生 み出す力 中央教育審議会教育課程企画特別部会「論点整理」を要約(2015.8.26)
  15. 15. 教 師 ( 研 修 ) 求められる人材の変化 これまでの時代 より多くの知識を蓄え蓄えた知識を 安定的に再生できる 「何を知っているか」 これからの時代 様々な知識や情報を 活用して目の前の問 題を他者と共に試行 錯誤しながら解決して いくことができる 「何ができるか」 汎用的な資質・能力の育成 2. どうしてALが必要なの?
  16. 16. 教 師 ( 研 修 ) 記憶したことを正確に再生 問題が解決できる (問題はたいてい既知) 未知の問題を解決する これまでの学び 内容を学ぶ これからの学び 内容を学ぶ 問題解決の方法を学ぶ 学びの変化 アクティブ・ラーニング どのように学ぶか 2. どうしてALが必要なの?
  17. 17. あなたが現在,「課題の発見・解決に向けた主体 的・協同的な学び(「アクティブ・ラーニング」)を取り 入れている教科等はどれですか。(複数回答可) 平成25年度 教員に対する 調査結果(教育調査研究所) 上位 教科等 割合 1 算数 52.2% 2 総合的な学習の時間 51.9% 3 社会 37.4% 基礎的・基本的な学習内 容の活用を図る学習活動 問題解決的な学習 自主的,自発的な学習 児童の興味・関心を生かし た課題学習 探究的な学習 協同的な学習 3. どうすればALになるの?
  18. 18. 動機づけに関わる支援 (1) 見通しや予想を立てる (2) 価値や期待を高める課題提示 (3) ジャンプの課題 (4) 振り返り場面における子供同士の相互評価 主体的 協働的学習活動の工夫 (1) ペア・グループ学習 ・ ギャラリー・ウォーク ・ ワールドカフェ ・ ピア・インストラクション ・ 店番交流 ・ みつばち交流 2. どうしてALが必要なの?
  19. 19. 3. どうすればALになるの? (2) 思考ツールの活用 (3) 言語活動の充実 (外化する場面の保障・対話形式の発表の重視) (4) 自己評価場面の保障(メタ認知を促す) 主体的 協働的 学習過程の工夫(広義での「カリキュラム・マネジメント」) (1) 単元計画の工夫 ・ 問題解決型の学び ・ 単元を貫く言語活動 ・ 探究的な学び (2) 課題に対する必要感を高める工夫 (3) 教科横断的な指導
  20. 20. 子供に必要感があるか その形態のよさを味わっている みんなの前で発表する 前に練習したいな… みんなの話を聞くと 考え方が増えるよ 友達に説明したら, 考えがまとまるな 説明したことは よく覚えているよ 学習活動の工夫 (1) ペア・グループ学習 ・ ギャラリー・ウォーク ・ ワールドカフェ ・ ピア・インストラクション ・ 店番交流 ・ みつばち交流 協働的 3. どうすればALになるの?
  21. 21. T: この問題の答えは何でしょう。 C1: ○○(誤答)だと思います。 T: 他の考え方はありませんか? C2: △△(正答)だと思います。 T: なるほど,△△ですか。そうですね。 ① 子供が教師の評価待ちになっている。(受動的になっている) ② 子供同士での評価がないので,教師と発表する子供だけの活 動になっている。 (「教師」と「発表する子供」だけの学びになっている) ③ 子供の発表を教師が説明し直してしまっているので, ますます子供の発表を聞く必要感がなくなる。 3. どうすればALになるの?
  22. 22. T: この問題の答えは何でしょう。 C1: ○○(誤答)だと思います。 T: 他の考え方はありませんか? C2: △△(正答)だと思います。 T: 他の考え方はありませんか?(繰り返す) T: …(無くなった時に)。ではどの答えが良いと思いますか。 C3: △△だと思います。 T: そうですね。△△が正しいです。 3. どうすればALになるの?
  23. 23. T: この問題の答えは何でしょう。 C1: ○○(誤答)だと思います。 T: みなさんはどう思いますか? C2 違うと思います。私は△△(正答)だと思います。 T: 他の考え方はありませんか?(繰り返す) T: …(無くなった時に)。ではどの答えが良いと思いますか。 C3: △△だと思います。 T: なるほど,では△△が正しいという事でよいですか? C(複数): いいです。 3. どうすればALになるの?
  24. 24. T: この問題の答えは何でしょう。 C1: ○○(誤答)だと思います。 C 複数: (ざわつく) C2 私はC1さんとは違っていて,△△(正答)だと思う。 T: どうしてそう思ったの?本当にそうかな? C3: だって□□を考えると,○○より△△の方が良いから。 C4: ○○はここが違うんじゃないかな? C (複数): なるほど~。 T: なるほど,では△△が正しいという事でよいですか? C (複数): いいです。 子供のざわつきは,発表内容を聞いている証拠 教師の最後の発言「では△△が正しいという事でよいですか?」が 本時のねらいに即したものになっているか 3. どうすればALになるの?
  25. 25. 教科の目標 4. どうなればALといえるの? 単元の目標 本時の目標 ALを通して 本時の目標が達成 されたか 主体的 協働的 (ALを通して身に付けさせたい)資質・能力
  26. 26. 主体的 協働的 開 始 期 ① 事象に思いや願い, 興味・関心をもつ ② 課題を明確にして, 解決の見通しをもつ 展 開 期 ③ 考えや情報を整理する ④ 考えを表現する ⑤ 協同する ま と め 期 ⑥自分の学習を振り返り, 次の学習に生かす ⑦ 協同することの 価値に気付く 4. どうなればALといえるの?
  27. 27. これまで積極的に行われてきた授業改善の取り組みは, まさにアクティブ・ラーニングである。 アクティブ・ラーニングは過去の指導を否定するものでは ない。 文部科学省視学官 田村 学
  28. 28. 実際は ~中略~ 問題解決はしているが,すべて教 師の指示で授業が流れていることがある。子供たちは, 主体的に活動しているのではない。~中略~ 教師主導の授業を変えたい 文部科学省 教科調査官 笠井 健一
  29. 29. 「操作活動」・「関心・態度」・「思考実験」・「支援」・ 「関心・意欲・態度」・「算数的活動」 どれもみんな,子供が主体的に学ぶことを目指したもの です。アクティブ・ラーニングが新しい概念ではないことは, 算数教育の歴史と比較してみればわかることです。 筑波大学附属小学校 田中 博史

    Be the first to comment

    Login to see the comments

とある小学校で算数科のAL研修をさせていただいた時のスライドです。

Views

Total views

1,127

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

31

Actions

Downloads

5

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×