Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Azure使いから見た
AWSの良いところ
JAWS-UG 仙台勉強会 [6/23夜]
2017/06/23
山本 誠樹
株式会社SRIA
https://jaws-tohoku.doorkeeper.jp/events/61034
自己紹介
2
Masaki YAMAMOTO
Twitter:@nnasaki
Microsoft MVP
for Microsoft Azure
2014.7 〜 2017.6(更新審査待ち)
de:code 2017に登壇しました
http://r.jazug.jp/
たぶん皆さんいま思っていること
なんでいるの?
JAWS FESTA Tohoku 2014
AWS使いがAzureを学ぶ
最短ステップ
https://www.microsoft.com/ja-jp/learning/azure-skills-training.aspx
質問
• Microsoft Azureを使ったことある人?
– 半分ぐらいの方がいた。
• Microsoft AzureはLinuxが使えない?
– ゼロ。さすがにもうWindowsだけだというの
は無かった。
マルチクラウド
クラウドのシェア
https://www.srgresearch.com/articles/microsoft-google-and-ibm-charge-public-cloud-
expense-smaller-providers
技術面
https://www.gartner.com/doc/reprints?id=1-2G2O5FC&ct=150519
https://blogs.technet.microsoft.com/mssvrpmj/2016/08/08/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%
82%AF%E3%83%AD%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E...
マルチクラウドの事例
オルターブース「マイソースファクトリー」の半分はAWSでできている?
http://ascii.jp/elem/000/001/494/1494435/
AWSの良いところ
� アベイラビリティーゾーン(AZ)
� APEX(naked) Domain対応
� Aurora
� AWS Certificate Manager
� more…
AWSの良いところ
� アベイラビリティーゾーン(AZ)
� APEX(naked) Domain対応
� Aurora
� AWS Certificate Manager
� more…
アベイラビリティーゾーン(AZ)
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/using-regions-availability-zones.htmls
リージョンはAZで...
2011年のEC2
https://www.slideshare.net/kentamagawa/aws-7991623
2011年のEC2
https://www.slideshare.net/kentamagawa/aws-7991623
2017年でも通用する完成度の高さ
EC2でAZの活用
https://www.slideshare.net/kentamagawa/aws-7991623
2011年のAzure
• Virtual Machineのサービスなし
– 2012年からプレビュー開始
• VM Roleはあったけども…
– 使いやすいとは言えなかった
– 結局プレビューのままGAせず2013年終了
2017年のAzure
Microsoft Azure IaaS リファレンス アーキテクチャ ガイド
技術面
https://www.gartner.com/doc/reprints?id=1-2G2O5FC&ct=150519
2011年から2017年Azureがんばった
2017年のAzure
Microsoft Azure IaaS リファレンス アーキテクチャ ガイド
AZの概念は無し
参考:Fault Domain
https://docs.microsoft.com/ja-
jp/azure/architecture/aws-professional/
AZはデータセンター単位、
Fault Domainはサーバーラック単位
障害でリージョンごと落ちる
https://www.slideshare.net/decode2017/do05-sre-site-reliability-engineering-in-azure-on-azure
マルチリージョンで対応する
https://www.slideshare.net/decode2017/do05-sre-site-reliability-engineering-in-azure-on-azure
マルチAZ
みんなちゃんとやってます?
単純にお金がかかる
https://www.slideshare.net/decode2017/do05-sre-site-reliability-engineering-in-azure-on-azure
コストとリスクのバランスの取り方が
...
AWSとAzureの設計方針の違い
• AWS
– 現在のリソースから現実的な設計をしている
– 構築が複雑になりがち
• Azure
– やがてリソースの性能が追いつき解決してく
れるという理想の設計をしている
– 構築はシンプル
あくまで個...
AZのまとめ
• 個人的にはAZは必要だと思ってる
– リージョン間ほどのDRはそれほど求められな
い(コストとリスクのバランス)
• 勘違いしないで欲しいのは、Azureの
リージョンにデータセンター(建屋)は
1つではない
– AZをやろう...
AWSの良いところ
� アベイラビリティーゾーン(AZ)
� APEX(naked) Domain対応
� Aurora
� AWS Certificate Manager
� more…
APEX(naked) Domain対応
• example.comのこと
– www.example.comのようにサブドメインを
含まない
– CNAMEをつけることはできない
• API GatewayやELBで使用したい場合、
IPが変...
Route 53
• 「エイリアス」レコード
– example.comのようなapexに設定可能
– CNAMEのように機能するAレコード
– 「 elb1234.elb.amazonaws.com」のよう
なDNS名にAレコードでマッピング...
Azure DNS
• 2015年プレビュー開始
• 一般的なDNSとして使用できる
• 「エイリアス」レコードのような機能は
無い
AWSの良いところ
� アベイラビリティーゾーン(AZ)
� APEX(naked) Domain対応
� Aurora
� AWS Certificate Manager
� more…
Aurora
• MySQL互換のハイパースケールなDB
サービス
• PostgreSQLにも対応
• 6 つのコピーが 3 つのアベイラビリ
ティーゾーンにわたってレプリケート
• 同じハードウェアで実行する MySQL の
5 倍のパフォ...
Aurora
• MySQL互換のハイパースケールなDB
サービス
• PostgreSQLにも対応
• 6 つのコピーが 3 つのアベイラビリ
ティーゾーンにわたってレプリケート
• 同じハードウェアで実行する MySQL の
5 倍のパフォ...
Azure Database
• MySQLとPostgreSQLに対応
– 2017年5月発表
• 感覚としてRDSよりマネージド。Aurora
より性能が出るかどうかはわからない。
– Multi-AZ構成なしでSLA99.99%
– フェ...
Azure Database
• IaaSベースではないクラスター上に構成
http://ascii.jp/elem/000/001/502/1502173/
AWSの良いところ
� アベイラビリティーゾーン(AZ)
� APEX(naked) Domain対応
� Aurora
� AWS Certificate Manager
� more…
AWS Certificate Manager
• 無料でSSL証明書がもらえる!
– ドメイン認証(DV)
• 1年更新。更新時はメールが来る
• 使えるサービスは限られる
– CloudFront
– ELB
– Elastic Beans...
Azure には無し
• AWS Certificate Managerのようなサー
ビスは無い
• Web Appsのようなサービスには*.
azurewebsites.netのSSL証明書は元から
無料でつく
• Azure Functio...
AWSの良いところ
� アベイラビリティーゾーン(AZ)
� APEX(naked) Domain対応
� Aurora
� AWS Certificate Manager
� more…
AWS使いにお勧めの
Azureサービス
• Azure Log Analytics
• Application Insights
Azure Log Analytics
• Windowsのイベントログ転送
• Linuxのsyslog転送
• Cloud Watchのログ監視と同等
• 無料
– 1日500MB、7日間の保持まで
Azure Log Analytics
Application Insights
• URLのPingテストがお手軽
https://docs.microsoft.com/ja-
jp/azure/application-insights/app-insights-
monitor-...
Application Insights
• 結果も綺麗に表示
Cloud Watchで良いんじゃ?
• 無料で運用できます
– Cloud Watchは僅かながら月額発生
• AWS自体が不安定な場合
– 監視システムが嘘をつく
– 例)2017/3/1のus-east-1 s3障害
まとめ
• AWS良いですね
• Azureも良いですよ
• マルチクラウドは覚える量が多くて大変
– 基礎はだいたい同じ
– できるところからやろう(ログ監視など)
続きはWebで
世界のやまさ
http://blog.nnasaki.com/
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Azure使いから見たAWSの良いところ

5,888 views

Published on

JAWS-UG 仙台勉強会 [6/23夜] https://jaws-tohoku.doorkeeper.jp/events/61034
にて発表しました。
Microsoft Azureを普段しようしていて、AWSの良さそうなところを個人的に書いてみました。
自分の知識が至らず、間違っている点や誤解を与えてしまう点もあるかと思いますが、ご参考になれば幸いです。

Published in: Technology
  • Hello! Get Your Professional Job-Winning Resume Here - Check our website! https://vk.cc/818RFv
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Azure使いから見たAWSの良いところ

  1. 1. Azure使いから見た AWSの良いところ JAWS-UG 仙台勉強会 [6/23夜] 2017/06/23 山本 誠樹 株式会社SRIA https://jaws-tohoku.doorkeeper.jp/events/61034
  2. 2. 自己紹介 2 Masaki YAMAMOTO Twitter:@nnasaki Microsoft MVP for Microsoft Azure 2014.7 〜 2017.6(更新審査待ち)
  3. 3. de:code 2017に登壇しました
  4. 4. http://r.jazug.jp/
  5. 5. たぶん皆さんいま思っていること なんでいるの?
  6. 6. JAWS FESTA Tohoku 2014
  7. 7. AWS使いがAzureを学ぶ 最短ステップ https://www.microsoft.com/ja-jp/learning/azure-skills-training.aspx
  8. 8. 質問 • Microsoft Azureを使ったことある人? – 半分ぐらいの方がいた。 • Microsoft AzureはLinuxが使えない? – ゼロ。さすがにもうWindowsだけだというの は無かった。
  9. 9. マルチクラウド
  10. 10. クラウドのシェア https://www.srgresearch.com/articles/microsoft-google-and-ibm-charge-public-cloud- expense-smaller-providers
  11. 11. 技術面 https://www.gartner.com/doc/reprints?id=1-2G2O5FC&ct=150519
  12. 12. https://blogs.technet.microsoft.com/mssvrpmj/2016/08/08/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3% 82%AF%E3%83%AD%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%80%81gartner-%E3%81%AE- iaas%E3%80%81paas%E3%80%81saas- %E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AE%E9%83%A8%E9%96%80%E 3%81%A7/
  13. 13. マルチクラウドの事例 オルターブース「マイソースファクトリー」の半分はAWSでできている? http://ascii.jp/elem/000/001/494/1494435/
  14. 14. AWSの良いところ � アベイラビリティーゾーン(AZ) � APEX(naked) Domain対応 � Aurora � AWS Certificate Manager � more…
  15. 15. AWSの良いところ � アベイラビリティーゾーン(AZ) � APEX(naked) Domain対応 � Aurora � AWS Certificate Manager � more…
  16. 16. アベイラビリティーゾーン(AZ) http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/using-regions-availability-zones.htmls リージョンはAZで分割される
  17. 17. 2011年のEC2 https://www.slideshare.net/kentamagawa/aws-7991623
  18. 18. 2011年のEC2 https://www.slideshare.net/kentamagawa/aws-7991623 2017年でも通用する完成度の高さ
  19. 19. EC2でAZの活用 https://www.slideshare.net/kentamagawa/aws-7991623
  20. 20. 2011年のAzure • Virtual Machineのサービスなし – 2012年からプレビュー開始 • VM Roleはあったけども… – 使いやすいとは言えなかった – 結局プレビューのままGAせず2013年終了
  21. 21. 2017年のAzure Microsoft Azure IaaS リファレンス アーキテクチャ ガイド
  22. 22. 技術面 https://www.gartner.com/doc/reprints?id=1-2G2O5FC&ct=150519 2011年から2017年Azureがんばった
  23. 23. 2017年のAzure Microsoft Azure IaaS リファレンス アーキテクチャ ガイド AZの概念は無し
  24. 24. 参考:Fault Domain https://docs.microsoft.com/ja- jp/azure/architecture/aws-professional/ AZはデータセンター単位、 Fault Domainはサーバーラック単位
  25. 25. 障害でリージョンごと落ちる https://www.slideshare.net/decode2017/do05-sre-site-reliability-engineering-in-azure-on-azure
  26. 26. マルチリージョンで対応する https://www.slideshare.net/decode2017/do05-sre-site-reliability-engineering-in-azure-on-azure
  27. 27. マルチAZ みんなちゃんとやってます?
  28. 28. 単純にお金がかかる https://www.slideshare.net/decode2017/do05-sre-site-reliability-engineering-in-azure-on-azure コストとリスクのバランスの取り方が ポイント
  29. 29. AWSとAzureの設計方針の違い • AWS – 現在のリソースから現実的な設計をしている – 構築が複雑になりがち • Azure – やがてリソースの性能が追いつき解決してく れるという理想の設計をしている – 構築はシンプル あくまで個人の見解です!
  30. 30. AZのまとめ • 個人的にはAZは必要だと思ってる – リージョン間ほどのDRはそれほど求められな い(コストとリスクのバランス) • 勘違いしないで欲しいのは、Azureの リージョンにデータセンター(建屋)は 1つではない – AZをやろうと思えば物理的には出来ると思う – 設計方針の違い
  31. 31. AWSの良いところ � アベイラビリティーゾーン(AZ) � APEX(naked) Domain対応 � Aurora � AWS Certificate Manager � more…
  32. 32. APEX(naked) Domain対応 • example.comのこと – www.example.comのようにサブドメインを 含まない – CNAMEをつけることはできない • API GatewayやELBで使用したい場合、 IPが変動するのでAレコードではなく、 CNAMEを指定したい
  33. 33. Route 53 • 「エイリアス」レコード – example.comのようなapexに設定可能 – CNAMEのように機能するAレコード – 「 elb1234.elb.amazonaws.com」のよう なDNS名にAレコードでマッピング – Route 53の独自機能だが非常に強力
  34. 34. Azure DNS • 2015年プレビュー開始 • 一般的なDNSとして使用できる • 「エイリアス」レコードのような機能は 無い
  35. 35. AWSの良いところ � アベイラビリティーゾーン(AZ) � APEX(naked) Domain対応 � Aurora � AWS Certificate Manager � more…
  36. 36. Aurora • MySQL互換のハイパースケールなDB サービス • PostgreSQLにも対応 • 6 つのコピーが 3 つのアベイラビリ ティーゾーンにわたってレプリケート • 同じハードウェアで実行する MySQL の 5 倍のパフォーマンス
  37. 37. Aurora • MySQL互換のハイパースケールなDB サービス • PostgreSQLにも対応 • 6 つのコピーが 3 つのアベイラビリ ティーゾーンにわたってレプリケート • 同じハードウェアで実行する MySQL の 5 倍のパフォーマンス つよい!
  38. 38. Azure Database • MySQLとPostgreSQLに対応 – 2017年5月発表 • 感覚としてRDSよりマネージド。Aurora より性能が出るかどうかはわからない。 – Multi-AZ構成なしでSLA99.99% – フェールオーバー平均4秒 – 最大40000IOPS • 素性は良いので伸びしろがある https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/mysql/concepts-compute-unit-and-storage
  39. 39. Azure Database • IaaSベースではないクラスター上に構成 http://ascii.jp/elem/000/001/502/1502173/
  40. 40. AWSの良いところ � アベイラビリティーゾーン(AZ) � APEX(naked) Domain対応 � Aurora � AWS Certificate Manager � more…
  41. 41. AWS Certificate Manager • 無料でSSL証明書がもらえる! – ドメイン認証(DV) • 1年更新。更新時はメールが来る • 使えるサービスは限られる – CloudFront – ELB – Elastic Beanstalk
  42. 42. Azure には無し • AWS Certificate Managerのようなサー ビスは無い • Web Appsのようなサービスには*. azurewebsites.netのSSL証明書は元から 無料でつく • Azure FunctionsでLet’s Encryptとかで 証明書作ることは可能
  43. 43. AWSの良いところ � アベイラビリティーゾーン(AZ) � APEX(naked) Domain対応 � Aurora � AWS Certificate Manager � more…
  44. 44. AWS使いにお勧めの Azureサービス • Azure Log Analytics • Application Insights
  45. 45. Azure Log Analytics • Windowsのイベントログ転送 • Linuxのsyslog転送 • Cloud Watchのログ監視と同等 • 無料 – 1日500MB、7日間の保持まで
  46. 46. Azure Log Analytics
  47. 47. Application Insights • URLのPingテストがお手軽 https://docs.microsoft.com/ja- jp/azure/application-insights/app-insights- monitor-web-app-availability
  48. 48. Application Insights • 結果も綺麗に表示
  49. 49. Cloud Watchで良いんじゃ? • 無料で運用できます – Cloud Watchは僅かながら月額発生 • AWS自体が不安定な場合 – 監視システムが嘘をつく – 例)2017/3/1のus-east-1 s3障害
  50. 50. まとめ • AWS良いですね • Azureも良いですよ • マルチクラウドは覚える量が多くて大変 – 基礎はだいたい同じ – できるところからやろう(ログ監視など)
  51. 51. 続きはWebで 世界のやまさ http://blog.nnasaki.com/

×