Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

Engineer's Trailhead

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Upcoming SlideShare
Engineer's Trailhead
Engineer's Trailhead
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 34 Ad

Engineer's Trailhead

Download to read offline

株式会社ヤマップのエンジニア向け会社説明資料です。

【募集中の求人一覧】https://www.wantedly.com/companies/yamap/projects

私たちは、登山地図GPSアプリ「YAMAP」を開発・提供しています。

「YAMAP」は、専用の登山地図とスマートフォンのGPS機能を重ね合わせることで、電波の届かない山の中でも現在地と進行方向がわかる、登山者の安心・安全を支えるサービスです。紙やコンパスが当たり前だった登山スタイルに新しい風を吹き込み「山での遭難」「道迷いの事故」軽減に貢献しています。

誰もが安全に山を楽しめるようにすることは、創業時から変わらない、私たちの核心です。登山ルートから外れたことをお知らせする「ルート外れ警告」、帰りを待つ家族と登山中の位置情報を共有できる「みまもり機能」など、使い手にとことん寄り添った革新的なサービス開発を続けています。

2022年7月1日からは、ヤマップで働きながら、日本全国どこにでも居住できる「どこでも居住可能」制度を導入しました。社会の変化にも柔軟に適応し、あたらしい働き方にメンバー全員でチャレンジしていきます。

ぜひヤマップの想いや事業の意義、メンバーの志に少しでも興味を持って頂けるようでしたら、募集ページからエントリーお待ちしております!

【募集中の求人一覧】https://www.wantedly.com/companies/yamap/projects

Link:
【コーポレートサイト】https://corporate.yamap.co.jp
【登山者の命を救え!「みまもり機能」】https://yamap.com/magazine/24771
【循環型コミュニティポイントDOMO 】 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000011352.html
【GPSビッグデータから地図を作成する伊能忠敬プロジェクト】 https://yamap.com/magazine/17260

株式会社ヤマップのエンジニア向け会社説明資料です。

【募集中の求人一覧】https://www.wantedly.com/companies/yamap/projects

私たちは、登山地図GPSアプリ「YAMAP」を開発・提供しています。

「YAMAP」は、専用の登山地図とスマートフォンのGPS機能を重ね合わせることで、電波の届かない山の中でも現在地と進行方向がわかる、登山者の安心・安全を支えるサービスです。紙やコンパスが当たり前だった登山スタイルに新しい風を吹き込み「山での遭難」「道迷いの事故」軽減に貢献しています。

誰もが安全に山を楽しめるようにすることは、創業時から変わらない、私たちの核心です。登山ルートから外れたことをお知らせする「ルート外れ警告」、帰りを待つ家族と登山中の位置情報を共有できる「みまもり機能」など、使い手にとことん寄り添った革新的なサービス開発を続けています。

2022年7月1日からは、ヤマップで働きながら、日本全国どこにでも居住できる「どこでも居住可能」制度を導入しました。社会の変化にも柔軟に適応し、あたらしい働き方にメンバー全員でチャレンジしていきます。

ぜひヤマップの想いや事業の意義、メンバーの志に少しでも興味を持って頂けるようでしたら、募集ページからエントリーお待ちしております!

【募集中の求人一覧】https://www.wantedly.com/companies/yamap/projects

Link:
【コーポレートサイト】https://corporate.yamap.co.jp
【登山者の命を救え!「みまもり機能」】https://yamap.com/magazine/24771
【循環型コミュニティポイントDOMO 】 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000011352.html
【GPSビッグデータから地図を作成する伊能忠敬プロジェクト】 https://yamap.com/magazine/17260

Advertisement
Advertisement

More Related Content

Recently uploaded (20)

Advertisement

Engineer's Trailhead

  1. 1. Engineerʼs Trailhead 2022.11.01改訂版 エンジニア向け会社紹介資料
  2. 2. 2 はじめまして。 ヤマップ エンジニアチームです。 Engineerʼs Trailheadをご覧いただき、 誠にありがとうございます。 この資料は、 私たちヤマップについてと、 私たちがテクノロジーと アイデアを活用し、 世界にどのように存在し、 貢献していきたいと 考え、 行動しているかについてまとめたものです。 ヤマップではたらくことにご興味をお持ちいただいている方が気に なることも、 さまざまな観点からご紹介しています。 この資料があなたの、 ヤマップを知っていただくひとつの入り口に なれば、 うれしいです。 ヤマップ エンジニアチーム
  3. 3. 3 1. わたしたちについて 経営理念 ヤマップが目指すもの ヤマップがやっていること 3. エンジニア情報 メンバーデータ チーム構造 技術スタック システム構成 開発メンバー 4. 福利厚生 ・ カルチャー 5. ヤマップの手掛けるその他の事業 めぐるしかプロジェクト YAMAP STORE アウトドア開発事業部 YAMAP MAGAZINE 2. 事業について
  4. 4. 4 わたしたちについて
  5. 5. 山を歩く。 風土の中で遊ぶ。 そこで私たちが伝えたいのは 「つながるよろこび」 です。 山があり、 雨が降り、 川が流れ、 海に注ぐ。 草木が芽吹き、 命が育ち、 あらゆるものが、 ぐるぐるとめぐる。 その 「つながり」 の中に自分がいるという実感は、 何ものにもかえがたい、 よろこびです。 だから、 YAMAP はつくりつづけたい。 よろこびへとつながる、 たくさんのきっかけを。 登山道で。 いつもの道で。 旅で。 人と人との支え合いの中で。 地球とつながるよろこびを、 ともに体感するために。 5 地球とつながるよろこび。 5
  6. 6. 6 わたしたちが目指すもの 東日本大震災の記憶がまだあたらしい2013年、 ヤマップは創 業しました。 都市化が進む現代社会。 山歩きを含む自然経験こそが、 私たち 人類のWell Beingを向上させる。 風土を美しくするための鍵 になる。 創業時に抱いたその思いは、 年々強くなっています。 ヤマップは 「地球とつながるよろこび。 」 をパーパスとして掲げ ています。 自然経験を通して五感を磨き、 いのちの全体性や世 界とのつながりを感じながら、 この地球 (ほし) で生き、 遊び、 愛 し、 学び、 助け合い、 仕事をする。 人類が幸せに暮らすことと、 山 を含めた地球環境が豊かになることをつなげていく。 「地球とつながるよろこび。 」 を事業として具体化し、 多くの 人々へ届けていきたいと思っています。 代表取締役CEO 春山 慶彦
  7. 7. 04 会社概要 株式会社ヤマップ (YAMAP INC.) 2013年7月18日 春山 慶彦 1億円 (資本準備金等含む) 90名 会社名 創業日 代表者 資本金 従業員数 経済産業省 「J-Startup」 に選定 「Ruby biz Grand prix 2021」 グランプリ受賞 企業成長率ランキング 「2021年 日本テク ノロジー Fast 50」 7位受賞 「FUKUOKA Ruby Award 2022」 県知事賞 受賞 受賞歴
  8. 8. 8 事業について
  9. 9. 誰もが安全に山を楽しめるアプリ 「YAMAP」 を核に 「山 に行く人が増えるほど、 山の環境が豊かにする独自のポ イントシステム」 「狩猟後に廃棄されるシカ皮を使ったも のづくり」 「本当にいいと思える山道具をお届けするセレ クトオンラインストア」 「地域の魅力を掘り起こすアウトド ア事業開発」 「登山 ・ アウトドアの裾野を広げるメディア運 営」 など、 登山 ・ アウトドアに特化したコミュニティ基盤を 活かして、 様々な事業を展開しています。 9 わたしたちの事業 安全登山 山道具 鹿革 山の再生 MAGAZINE アウトドア 事業開発
  10. 10. 10 安全な登山のために 誰もが安全に山を楽しめるようにすることは、 創業時から 変わらない、 私たちの核心です。 専用の登山地図とスマートフォンのGPS機能を重ね合わ せることで、 電波の届かない山の中でも現在地を把握す ることができるサービスを提供しています。 さらに、 登山 ルートから外れたことをお知らせする 「ルート外れ警告」 、 帰りを待つ家族と登山中の位置情報を共有できる 「みま もり機能」 など、 使い手にとことん寄り添った革新的な サービス開発を続けています。
  11. 11. 11 みまもり機能 ● 位置情報の確認 ● 電波がないときの位置も表示 ● リアルタイムに近い ● 遭難救助に貢献 1
  12. 12. 12 みまもり機能 2
  13. 13. 13 遭難時のやりとり
  14. 14. 14 YAMAP DOMO YAMAP DOMOとは、 「YAMAP の利用」 と 「山の環境整備恒常的に繋 ぐ」 仕組みです。 山に行く DOMOがたまる 植林・ 登山道整備を支援 山の再生につながる 循環サイクル 1
  15. 15. 15 YAMAP DOMO 2 ●英彦山鎮守の森プロジェクト ●知床の森を育てる ●北アルプス ・ 雲ノ平登山道整備 ●南相馬鎮守の森プロジェクト ●どんぐりで山を再生 ●大雪山の登山道整備 ●伊吹山の登山道整備 (福岡 ・ 大分) (北海道) (富山) (福島) (和歌山) (北海道) (滋賀) 日本円換算で約3,067万7,560円分の 支援を実施 実施プロジェクト例 ※2022年7月末現在 支援者総数、 支援者数、 支援に使われたDOMOの総量
  16. 16. 16 開発チームについて
  17. 17. メンバーデータ エンジニア デザイナー データ分析 CS ・ 地図 ビジネス 保険 マーケ STORE Corp 経営 新規事業 ・ 他 インフラ 2022年10月1日現在 17 61名 29名
  18. 18. 18 開発チーム(iOS+Android) 宮本 グスタボ 田渕 哲平 iOSチームでは、 おもに新機能の開発や改善、 不具合修正などの業務を おこなっています。 中長期的な改善への取り組みは、 Objective-Cから Swiftへの移行です。 現在では約90%がSwiftで書かれています。 また、 iOSの開発以外のことにも、 一人ひとりが興味のある未知の分野 の開発に取り組むなど、 チャレンジ精神のあるチームだと思います。 チームで定期的な振り返りやモブプロ等を行っていることも特徴です。 お互いの知識や経験を共有し合い、 悩みや技術的な課題などを全員で 解決に向け考え、 動ける環境になっています。 iOSチーム 1984年、 ブラジル出身。 ブラジルのIT 企業数社でエンジニアとし て勤務。 YAMAPと御縁があり会社の思想や人と自然を繋げる サービスに惹かれ、 そして日本に住みたいという思いが合わさり 2019年に日本へ移住。 YAMAPで色々学び、 YAMAPを通して自 然の大切さを実感できる様なサービスの開発を心がけたいと思っ ています。 Androidチームでは、 主にアプリの新機能開発や改善、 不具合対応をお こなっています。 30代のメンバー3人で構成されています。 最近ではJavaからKotlinへの移行を一気に進めるべく、 目標を設定し、 それぞれの担当タスクをこなしながらも、 わずか2ヶ月で元々の63%か らほぼKotlinに移行が完了しました。 悩んでいることや技術に関することなど何でも気さくに話し合え、 意思 疎通が取れた助け合いのできるチームだと思っています。 Androidチーム 1990年、 長崎県の五島列島出身。 ソーシャルゲームなどの開発に 携わった後、 2015年にYAMAPに参画。 以来 Android エンジニアとしてYAMAPアプリの開発をメインで 行いつつ、 SEO強化や1on1の実施、 社内ラジオの運営などに取り 組んでいます。 お笑い好きですがスベるのが怖くて前に出られません。
  19. 19. 19 開発チーム(PdM+F/E) 土岐 拓未 石田 浩二 PdMチームは、 YAMAPというプロダクトで、 「何を」 「いつ」 作るかの責 任を担い、 それを決定する役割を持つチームです。 このために、 経営陣 ・ 各種事業責任者 ・ 分析チームなど社内のチームと 横断的にディスカッションを重ねながら 「なぜ作るのか」 を明らかにし、 「どのように作るのか」 をエンジニアチームと一緒に作り上げていきます。 チームは現在4名で、 全員エンジニア出身です。 多様な事業 ・ 機能を分担 して進めています。 オープンで活発な議論をチームで密に行いながら、 プロダクトを作っています。 大変ですが、 とてもやりがいのある仕事だと 強く感じています ! PdMチーム 1979年北九州市小倉南区出身。 東京のソフトウェア ・ ベンダーに て開発 ・ マネジメントに携わる。 並行して30歳の頃に唐突に趣味 として登山に目覚め、 クライミングや沢登りを経験。 2019年7月に 福岡に移住し、 YAMAPにジョイン。 未来に向け、 地球とテクノロ ジーのゴルい関係を徹底的にアップデートしていく所存です。 F/Eチームでは、 YAMAPのWebサイトを中心に開発を行い、 おもに PdM、 B/E、 デザイナー、 カスタマーサポート (CS) のチームと協力し、 ユーザーがより使いやすいUIを開発しています。 最近では、 Nuxt.js→Next.jsへの移行を行ったり、 E2Eの導入検討など、 常にモダンな技術を取り込めるように意識し、 最近の技術ニュースにつ いてワイワイ話すようにしています。 新しい技術が好きなメンバーが多く、 立場に関係なく提案でき、 すぐに相 談しあえる雰囲気です。 普段はゆるふわな雰囲気で、 仕事はしっかりと、 メリハリをつけるようにしています。 F/Eチーム 1978年、 福岡県北九州市出身。 福岡でWebエンジニアとして、 受 託 ・ toBサービス開発を行い、 グリー株式会社にて、 B/E エンジニア として参画。 その後、 福岡にて、 toCサービスの立ち上げ、 BI/MA の開発を経てYAMAPに入社。 自然に触れる機会を増やすことが できるようにサービス開発をしていきたいと思います。
  20. 20. 20 開発チーム(B/E+Data) 杉之原 大資 松本 英高 B/Eチームでは、 各クライアント、 インフラ、 データ分析、 ときにCSや アウトドアディべロップメント (OD) チームと連携し、 開発をしています。 私たちの仲間には外国人もいます。 そのため、 ミーティングでは英語で 会話することもあったりします。 もちろん、 分からないときは皆でフォ ローし合っています。 B/Eチームメンバーの年齢は30代が中心です。 半数以上が家庭を持ち、 ワークライフバランスをとても重視しています。 雰囲気も、 非常に穏やか です。 落ち着いているチームと言えると思います。 B/Eチーム 1986年、 東京都出身。 前職の株式会社メタップスにて時間取引所 タイムバンクの立ち上げに参画。 2019年1月、 YAMAPに入社する と同時に、 本社所在地の福岡県へ移住。 バックエンドエンジニアと してYAMAPの開発に携わり、 現在はエンジニアリングマネー ジャーとして組織づくりに力を入れている。 趣味はピア ノとお酒。 YAMAPのデータ分析チームは攻めの姿勢が特徴的で、 データで各事業 やプロダクトを下支えしています。 Lookerの早期導入とデータの民主化により、 既にデータ活用は全社に広 がっています。 分析チームは各事業部と協力しながら分析をアクションに 繋げています。 プロダクトへの貢献も活発です。 ビッグデータ解析から生 み出した価値を、 エンジニアと協力して機能に落とし込み、 ユーザーに届 けています。 チームは毎日の朝会で活発に議論してお互いのアウト プット を磨いたり、 忙しい人がいたらタスクの分担を相談したりと、 相互理解と チームの成果を大切にしています。 Dataチーム 1982年、 山口県出身。 釣りと登山とドラムを少々嗜みます。 昼休み は近所の野山を走ったり魚を釣ったりしています。 YAMAPの1人 目のバックエンド開発者として入社し、 3年前から分析チームの立 ち上げと責任者を努めています。 仕事にも山にも真摯に向き合っ ていきたいです。
  21. 21. 21 開発チーム(インフラ+EC) 川原 洋平 笹森 勇介 インフラチームの構成員は2名です。 YAMAP のエンジニアチームの 中では最小構成のチームではありますが、 登山者の安心安全を支える インフラを支える縁の下の力持ちのような存在です。 インフラアーキテクチャは、 昨今のトレンドと比較すると、 少し古くなっ てきていますが、 継続的にインフラのコード化や様々なオペレーション の自動化に積極的に取り組んでいます。 究極の目標は 「インフラチームが居なくても安定して稼働するインフラ を作ること」 です。 その目標に向かって、 メンバーが積極的に意見交換 やアウトプットが出来るようなチーム体制を築いていきます。 Infraチーム 鹿児島県出身の 46 歳。 書道家の妻と仲良く二人暮らし。 好きな 映画は 「男はつらいよ」 シリーズ。 好きな俳優は船越英一郎。 ユー ザーをより身近に感じられるサービスに携わりたくて 2019 年に YAMAP にジョイン。 持ち前の気力と体力で登山者の安心安全を 支える YAMAP サービスのインフラを支えます。 ECチームはエンジニア3名、 デザイナー2名、 CSメンバー3名、 コンテンツ メンバー4名、 ビジネスメンバー3名でプロジェクトを進めています。 それぞれの業務範囲に違いはありますが、 垣根はなく、 どのようなサー ビスが最適か、 商品の価値をどのように届けることができるかなど、 常に 密にコミュニケーションを取りサービスの改善を進めています。 中でもエンジニアは、 それぞれがHRT<謙虚 (Humility) 、 尊敬 (Respect) 、 信頼 (Trust) >を重視し、 裁量を持ちながら開発をしています。 「働き方」 も 「仕事の進め方」 も、 メンバーそれぞれが意見を言える環境が あります。 ECチーム 1982年、 北海道出身。 大学卒業後、 Web系受託開発会社でエンジ ニアとして従事。 その後楽天株式会社に入社し、 楽天GORA、 楽天 ウェデイング、 楽天トラベルでエンジニアを担当する。 自然と人を 繋ぐ、 暖かみのあるサービスを提供できるようにエンジニアとして 貢献していきたいです。
  22. 22. 22 開発チーム(デザイン) 佐々木 雅典 デザインチームは6人体制で、 YAMAPプロダクト、 OD関連、 YAMAP STORE専任のメンバーと、 それぞれに担当領域が分かれ、 専門スキル を活かし活躍しています。 領域は違ってもユーザー視点を忘れないように心がけ、 デザインが主 観的にならないよう、 チームでレビュー体制を構築しながら品質向上を 目指しています。 周囲とコミュニケーションを密に取りながら、 イメージやアイデアを 可視化し、 デザイン視点での課題解決を目指しています。 困った事があれば相談しやすいメンバーが揃っています。 Designチーム 1983年、 東京都出身。 デザイン会社でWEBデザインを担当し、 2018年6月にYAMAPの企業理念や方向性に共感し、 参画。 ユーザーの方にわかりやすいデザインを心がけ、 登山 ・ アウトドア の良さを多くの方に広めたいと思います。 新機能の検証もエンジニアが実際に山を登って確かめます。
  23. 23. 23 技術スタック 言語 ・ フレームワーク ・ ミドルウェア データ分析 コラボレーション インフラ CI ・ CD 監視
  24. 24. 24 システム構成 インフラ ユーザー YAMAP GCP API Gateway Cloud Front ECSonEC2 S3 Buoket Batch Aurora ロードバランサ ロードバランサ ElastiCache 追跡処理 Kubernetes BigQuery ログ転送 Github / CI / CD データ分析 スマートフォンからのアクセス ブラウザからのアクセス
  25. 25. 25 開発グループのメンバー Sustaining TeamA TeamB TeamC Design B/E F/E Android iOS PdM Server QA Map CC Data Analysis
  26. 26. 26 福利厚生 ・ カルチャー
  27. 27. 福利厚生 働きやすさ その他 健康 コミュニケーション フレックスタイム制度 居住地フリー (交通費上限15万円/月) 育児 ・ 介護支援 希望スペックPC貸与 技術書購入フリー 社内登山 (就業時間扱い) シャッフル登山 おなかまランチ ・ 歓送迎会 TGIF YAMAPプレミアム +登山保険の無期限提供 アウトドア支援金付与 アウトドア用品無償貸し出し 予防接種等、 健康維持支援 社会保険完備 (雇用、 労災、 健康、 厚生) 副業可 休日 ・ 休暇(土日祝日/年末年始/年次有給休暇/育児休業 ・ 介護休業/慶弔休暇等) 通勤手当(オフィスとの往復にかかる交通費は月額15万円を上限として実費支給) 27
  28. 28. カルチャー 社内登山 沢登り部 モルック部 ランニング部 TGIF 釣り部 28
  29. 29. 29 ヤマップには、 日々さまざまなメンバーがジョインしてきます。 事業と組織の成長にあわせ、 この資料でご紹介した制度も変化し 続けてきました。 これからも変化と挑戦を続けるヤマップでは、 ビジョンステートメ ントである “地球とつながるよろこび。 ”に共感し、 ともに成長しな がら業務にあたっていただける方のご応募をエンジニアチームを はじめ、 幅広い分野で募集しています。 何か少しでも、 “ビビッときた” ことがありましたらぜひ、 お聞かせ いただけるとうれしいです。 あなたの技術と個性を発揮していただきながら素晴らしいサービス とチームをつくりあげていきましょう。 まずは採用ページからのエントリーをお待ちしております。 https://corp.yamap.co.jp/recruit ヤマップ エンジニアチーム
  30. 30. 30 ヤマップの手掛ける その他の事業
  31. 31. 31 めぐるしかプロジェクト 野生鳥獣による森林被害も、 山を豊かにし、 維持していく うえで大切なテーマです。 かつて私たちの祖先は、 必要最 低限の資源を山から調達し、 山の手入れをすることで、 持 続可能な生活を営んでいました。 自然を使いすぎた今、 鹿 が急増。 農作物の被害や山の保水力低下などの問題にも 繋がっています。 この複雑な課題への理解を広げ、 山をあ るべき姿に戻していくため、 捕獲した野生の鹿を 「山の恵 み」 と捉え、 狩猟後に廃棄されるシカ皮を使ったものづく りに取り組んでいます。
  32. 32. 32 本当にいいと思える山道具を 「YAMAP STORE」 は、 YAMAPメンバーが目利きした 逸品を取り揃えたセレクトオンラインストアです。 商品の スペックや機能性だけでなく、 アイデアの着想から発売ま での物語や、 プロダクトに宿されたつくり手の思いに触れ られる 「読み物コンテンツ」 も充実。 使い手が本当にいい と思えるように、 本当にいいと思える山道具をお届けして います。
  33. 33. 33 様々なパートナーと アウトドアを共創 「新商品 ・ サービスの価値を知ってほしい」 「地域の魅力を 上手く届けられていない」 企業 ・ 自治体が抱える様々な課 題と向き合い、 登山・ アウトドアを軸としたコラボレー ション施策を多数展開。 事業者の課題解決と登山者の ニーズ ・ ウォンツをともに叶えられる機会を、 様々な形で 創出しています。
  34. 34. 34 登山 ・ アウトドアの裾野を広げる ヤマップ内外の動きを伝え、 登山の裾野を広げるメディア 「YAMAP MAGAZINE」 季節に合ったアクティビティ の提案から新機能の開発ストーリー、 遭難救助活動の舞 台裏まで。 登山 ・ アウトドアの魅力を広げ、 安全に楽しむた めのコンテンツを、 多彩な切り口で提供しています。

×