Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20161014 vrarmr勉強会発表資料 slideshare

9,249 views

Published on

2016/10/14に開催されたVRARMR勉強会(https://atnd.org/events/81259、http://vrar.connpass.com/event/39874/)での発表スライドです。内容はMetaについてです。
Unityの内容を一部含みます。

また、一部のスライドは発表時のみ公開し、ここでは省略させていただいております。ご了承ください。

The presentation was for VR/AR/MR workshop at 14th Oct, 2016.
The main theme was Meta information.

Published in: Technology
  • Be the first to comment

20161014 vrarmr勉強会発表資料 slideshare

  1. 1. HoloLens以外のMR/ARデバイス、Meta について 2016/10/14 Riftup (@WheetTweet)
  2. 2. 自己紹介 ・VR/MRアプリ開発者 ・Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies (Unity) ・日本初?のUnity Certified Developer @WheetTweet
  3. 3. VR 代表作 スパイダーマン風体感ゲーム (2014 OculusShare登録) VR向けUI体験 (2014/5電撃PlayStation 掲載) シューティングゲーム(2014/6 OcuFes) VR向けWebブラウザ体験 (2015/9 OC2、2015/10 DCExpo) Self Introduction
  4. 4. META APP 代表作 Self Introduction 未来UI体感 Tech Demo (2015/2/25) Meta Twitter (2016/5/6)
  5. 5. 本日お話させていただくこと 1. Metaとは? 2. Metaの振り返り 3. Meta1アプリ開発方法 4. Meta2アプリ開発方法(予測)
  6. 6. 1. Metaとは?
  7. 7. 1-1.Metaとは(1/2) Meta社が2013年夏に発表したデバイス http://1.bp.blogspot.com/-CCfPILpcOqE/UhIVUqp4PTI/AAAAAAAABTY/7Tw7_Ajpj_E/s1600/meta_1_glasses.jpg https://i.ytimg.com/vi/b7I7JuQXttw/maxresdefault.jpg https://smlycdn.akamaized.net/data/product2/2/455ec3f6f36200e96c920ffb3893d0aa9ea9caaf_l.jpg http://cdn.thegadgetflow.com/wp-content/uploads/2014/04/spaceglasses-inpost1.jpg
  8. 8. 1-1.Metaとは(2/2) Meta社が2013年夏に発表したデバイス ・ジェスチャでオブジェクトを制御 ・実空間の中に情報を重ね合わせ(MR) ・お値段 $699 !!
  9. 9. 2. Metaの振り返り
  10. 10. 3. Meta1アプリの開発方法
  11. 11. 3-1. 開発環境ツールについて 選択肢はUnityのみです。 専用のSDKが準備されています。 MetaはAndroid OSの改造版なので、やり方によっては Android Nativeでも開発できるかも、、
  12. 12. 3-2. 接続 PC(Windows7,8.1,10) Meta Glass Meta Control Box USB HDMI Power(AC) HDMI USB Power(AC)
  13. 13. 3-3. Developer 登録 端末のシリアル番号を入力してアカウント登録 →Developer Siteにログインし、SDKを入手
  14. 14. 3-4. SDKの基本 (1) SDKに準備されている、Meta Body Prefabを 使うのが基本。ここで、Grab,Pinchなどの 操作対象にするかを指定可能
  15. 15. 3-4. SDKの基本 (2) スクリプトでは、イベントのコールバックを 受けるメソッドを使用可能 メソッド名は一例です
  16. 16. 3-5. アプリ実行スタイル ・Unity(on Windows PC)で開発し、Editor実行 ・exe形式にpublishする Meta1単体では動作しません。
  17. 17. 4. Meta2アプリ開発方法(予測)
  18. 18. 4-1. 開発方法 ・PC接続必須は変わらず https://buy.metavision.com/products/meta2 https://blog.metavision.com/archive/comprehensive-unity-tutorials-and-resources?utm_campaign=Blog +Conversion&utm_medium=email&_hsenc=p2ANqtz-8yQuKnxZ22imIpabrscF4vdFEtnrowMyPJd9atZ_iZhDfrDhEiS89aKFukZlMIVRDW82G9WgZbLs821IWc5hLuoMh3CUpnSCqMvKNReWDyRYoMJyE&_hsmi=32285743&utm_content=32285743&utm_source=hs_email&hsCtaTracking=c20a0bdb-6abd-475d-98e4- d78fd79f811b%7C13bec2c2-3c9e-4b15-9db8-a39c637f5177 ・Unity使用も変わらず なぜか、Unity Certified Developer の試験通過ヒントを紹介
  19. 19. 4-2. 新機能 ・SLAM機能の強化(Meta1ではα版) ・PCライクな使い方に関する機能?
  20. 20. まとめと今後の予定 ・Metaの振り返りをご紹介 Meta2が届いたらいろいろ試す。 (ブログに公開予定) ・Meta2(予測)を含めて、アプリ開発方法をご紹介 [まとめ] [今後の予定]

×