Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2017/3/29
石川 智章
澤野 文香
今すぐ試せるブルーグリーン
デプロイメント入門とその実装
OpenStack最新情報セミナー
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 1
第1部
1. 会社紹介・自己紹介
2. Blue Green Deployment(BGD)とは
3. OpenStackを使ってBGDを実装してみた
第2部...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 2
1.会社紹介・自己紹介
Blue
Green
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 3
会社概要
社名 ユニアデックス株式会社
代表者 代表取締役社⻑ 東 常夫(とう つねお)
住所/TEL 〒135-8560 東京都江東区豊洲1-1-1
03-...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 4
自己紹介
・石川 智章(いしかわ ともあき)
日々の仕事
• OpenStack担当 4年 をメインにいろいろ
マイトレンドコンポーネントはManila
•...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 5
2.Blue Green
Deployment(BGD)とは
Blue
Green
おさらいおさらい
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 6
・Webシステムの安全かつ迅速な配備を実現
Blue Green Deployment(BGD)とは
検証・開発
WEB
AP
DB
本番系
WEB
AP
D...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 7
いろいろな切り替え⽅式
AWS Elastic Beanstalk (DNS切り替え)
 http://docs.aws.amazon.com/ja_jp...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 8
・OpenStackはフローティングIPによりテナント外と接続
ロードバランサーにも付与可能
フローティングIPの付け替えで実施
今回試した⽅式
Gree...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 9
3. OpenStackを
使ってBGDを実装してみた
Blue
Green
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 10
・OpenStack最新情報セミナー(2015年7月)
夜の部「OpenStack + SDN最新動向」で構成紹介
紹介当時は Juno で構築 htt...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 11
@ITでBGD連載記事公開中
・「OpenStack上に構築する、ブルーグリーンデプロイメント実践入門(1)」2016年02月22日
なぜ“リリースの自動化...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 12
・運用者の切り替え操作で本番系を切り替える
運用者が切替ボタン
により操作
ユーザー
今回のOpenStack BGD環境切り替え実装動作
ユーザーが
We...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 13
①Horizon(管理画⾯)へのBGD画⾯組み込み
ガイドラインに従って画面組み込みを実装
②Neutron LBaaS Version2.0
インスタ...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 14
・公式チュートリアル
https://docs.openstack.org/developer/horizon/tutorials/dashboard.h...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 15
・BGDパネルの画面コードの配置
以下のHorizonダッシュボードディレクトリに配置
配置後、画面コードのライブラリをsys.path.insertに...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 16
・画面コード作成例
djangoフレームワークを利用
 パネル用のクラス を「dashboard.py」で定義
①-2. BGDパネルの作成
①メインメ...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 17
・ロードバランサを構成する要素を設定
リスナー、プール、メンバー、バーチャルIP、ヘルスモニタ
・複数プロバイダ(ロードバランサ)に対応
HAProxy...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 18
・ロードバランサーの作成はHeatにより実施
ロードバランサーの設定
①subnetの設定
②VIPの設定
③listener作成
④pool作成
⑤FIP...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 19
・ Heatをキックする設定シェルを用意
External Network、ルーター、テナントネットワーク
ロードバランサー、Webサーバの起動
③Hea...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 20
・設定シェルにより以下の環境を構築
BeforeBefore AfterAfter
• Webサーバーの起動とセットアップ
• ロードバランサー構成とFIP...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 21
④独自機能
・切り替え機能の実装
BGDパネルに作成される「switchover」ボタン
ボタン押下による切り替え動作
openstack_dashbo...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 22
・切り替えFIPアドレス設定ファイル
※設定シェルにより自動的に設定
FIP_PRODCUTION: 本番系のFIPアドレス
FIP_STAGING: ...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 23
・BGD機能および環境を構成する提供ファイル
①openstack_horizon_bdg-master
HorizonにBGD機能に対応したメニュー追加...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 24
4.RDO All-in-one環境
で実際に構築してみた
Blue
Green
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 25
自己紹介
・澤野 文香(さわの ふみか)
経歴
• 農学部で4年間「⾷」について学ぶ
• 気づいたらIT企業に就職
• 入社1年⽬、先輩方にご指導いただき...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 26
・BGDの動作概要がわかる!!
・Horizon画面にメニューを追加する方法、およびHeat
の使い方もわかる!!
「OpenStack上に構築する、ブル...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 27
ステップ1:環境の事前準備を⾏う
1-1:RDO All-in-One環境の構築と初期作業
1-2:LBaaS v2の設定
ステップ2:BGD関連セットアッ...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 28
・設定は以下の点に注意!!
 LBaaSを使用するために、以下を設定。デフォルトは「n」
 Heatを使用するために、以下を設定。デフォルトは「n」
...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 29
・RDOのインストール後は以下を忘れずに!!
RDO All-in-one手順の
Next Steps
「work with your existing ...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 30
・LBaaS V2.0の導入は以下の点に注意!!
 標準ではLBaaS V2.0のHorizonメニュー画面がでない
追加でパッケージをインストール
 ...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 31
・LBaaS V2.0の導入は以下の点に注意!!
LBaaS V2.0のパネルは2種類
「_1480」のパネルが動作しなかったため、本手順では
「_14...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 32
・RDO Newtonで構築して気づいたこと
loadbalancerv2にng(NextGeneration?)付きとないものが
ある。今回は「nglo...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 33
・環境作成用ファイルを環境に合わせる
設定シェル「create_autoscale_stack.sh」の編集
Floating IP setting
...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 34
・手順に沿ってRDOのAll-in-one環境で構築を実施
ログインすると「Blue Green Deployment」がメニューに登場
「BGD pa...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 35
・構築したWebサーバーにアクセス
稼動中のインスタンス名が表示
本番系FIPでロードバランシングしているWebサーバー画面を確認
作成したWebサーバ...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 36
・「switchover」ボタンを押して切り替え実施
ブルーグリーン環境を切り替えよう!!
ここ
です
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 37
・ボタンを押すと画面がGreenへと切り替わる!!
本番系がグリーン系に切り替わったことを確認
ブルーからグリーンへ
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 38
・再度Webサーバーにアクセス!!
本番系のFIPでアクセスしグリーン系のWebサーバー表示を確認
再度Webサーバにアクセスしてみましょう!!
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 39
・OpenStackは、利用者⽬線で考えるとダッシュボード上
での操作で簡単にインスタンス作成等ができて便利
・テナント作成することで、用途ごとに分けること...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 40
5.おまけ
Blue
Green
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 41
・External Network flatのデフォルトの作成方法が変更
ルーターのゲートウェイポート(qgポート)がbr-int側に
おまけ RDO O...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 42
・その結果、外部ゲートウェイのステータスが稼働中に!!
Newton
l3-agent.iniの「external_network_bridge」パラメタ...
©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 43
・時代は、インフラ部門にスピード感や柔軟性といった
ビジネス要求を支えるべく相応の変化を要求されます
・本講演は、ブルーグリーンデプロイメントを題材に
Op...
今すぐ試せるブルーグリーンデプロイメント入門とその実装 - OpenStack最新情報セミナー(2017年3月)
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

今すぐ試せるブルーグリーンデプロイメント入門とその実装 - OpenStack最新情報セミナー(2017年3月)

タイトル:今すぐ試せるブルーグリーンデプロイメント入門とその実装
アジェンダ:
第1部
1. 会社紹介・自己紹介
2. Blue Green Deployment(BGD)とは
3. OpenStackを使ってBGDを実装してみた
第2部
4. RDO All-in-one環境で実際にBGDを構築してみた
5. おまけ

  • Be the first to comment

今すぐ試せるブルーグリーンデプロイメント入門とその実装 - OpenStack最新情報セミナー(2017年3月)

  1. 1. 2017/3/29 石川 智章 澤野 文香 今すぐ試せるブルーグリーン デプロイメント入門とその実装 OpenStack最新情報セミナー
  2. 2. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 1 第1部 1. 会社紹介・自己紹介 2. Blue Green Deployment(BGD)とは 3. OpenStackを使ってBGDを実装してみた 第2部 4. RDO All-in-one環境で実際にBGDを構築してみた 5. おまけ アジェンダ
  3. 3. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 2 1.会社紹介・自己紹介 Blue Green
  4. 4. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 3 会社概要 社名 ユニアデックス株式会社 代表者 代表取締役社⻑ 東 常夫(とう つねお) 住所/TEL 〒135-8560 東京都江東区豊洲1-1-1 03-5546-4900(大代表) 設⽴ 1997年3月4日 資本⾦ 7億5,000万円 従業員数 2,891名(2016年4月1日現在) 売上高 1,255億円(2016年3月期) お客さまのICT環境全体最適化を支える 日本ユニシスグループの『インフラトータルサービス』企業
  5. 5. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 4 自己紹介 ・石川 智章(いしかわ ともあき) 日々の仕事 • OpenStack担当 4年 をメインにいろいろ マイトレンドコンポーネントはManila • 気づいたらおじさん、でもまだまだこれから 趣味 • 週末テニスプレイヤー ヒューイット大すき 引退したけど • Mad Max FR鑑賞 V8達成!! Witness me!!
  6. 6. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 5 2.Blue Green Deployment(BGD)とは Blue Green おさらいおさらい
  7. 7. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 6 ・Webシステムの安全かつ迅速な配備を実現 Blue Green Deployment(BGD)とは 検証・開発 WEB AP DB 本番系 WEB AP DB 一発勝負! で移⾏する 従来のシステム テスト やり直し 本番へ 反映漏れ どう切りどう切り 戻す? 計画停止は計画停止は 機会損失 Green系Green系 WEB AP G系で新機能 テスト Blue系Blue系 WEB AP DB B系で 本番中 本番系を 交互に切替 バックエンドバックエンド 共用 BGD適用システム
  8. 8. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 7 いろいろな切り替え⽅式 AWS Elastic Beanstalk (DNS切り替え)  http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/elasticbeanstalk/latest/dg/using-features.CNAMESwap.html AWS Elastic LoadBlancer(グループ切り替え)  https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/attach-and-detach-elastic-load-balancers-from-auto-scaling-groups/ Azure AppService(DNS切り替え)  https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/app-service-web/web-sites-staged-publishing
  9. 9. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 8 ・OpenStackはフローティングIPによりテナント外と接続 ロードバランサーにも付与可能 フローティングIPの付け替えで実施 今回試した⽅式 Green系Green系 WEB WEB G系で新機能G系で新機能 テスト Blue系Blue系 WEB WEB B系で 本番中 フローティングフローティング IPアドレスを 付け替え
  10. 10. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 9 3. OpenStackを 使ってBGDを実装してみた Blue Green
  11. 11. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 10 ・OpenStack最新情報セミナー(2015年7月) 夜の部「OpenStack + SDN最新動向」で構成紹介 紹介当時は Juno で構築 https://virtualtech.jp/20150722-seminar/ 本日は@ITで連載したNewtonを紹介 おまけ Ocata でもやってみた 講演に関する今までの経緯
  12. 12. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 11 @ITでBGD連載記事公開中 ・「OpenStack上に構築する、ブルーグリーンデプロイメント実践入門(1)」2016年02月22日 なぜ“リリースの自動化”が重要か──今こそ「ブルーグリーンデプロイメント」を考える http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1602/09/news019.html ・「OpenStack上に構築する、ブルーグリーンデプロイメント実践入門(2)」2016年12月13日 「ブルーグリーンデプロイメントの仕組み」を理解する http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1612/13/news005.html ・「OpenStack上に構築する、ブルーグリーンデプロイメント実践入門(3)」2017年01月18日 ブルーグリーンデプロイメントの効果と課題 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1701/18/news020.html ・ 「OpenStack上に構築する、ブルーグリーンデプロイメント実践入門(4)」 2017年02月17日 今すぐ試せる、ブルーグリーンデプロイメント環境の構築手順(事前準備と実作業) http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1702/17/news009.html ・ 「OpenStack上に構築する、ブルーグリーンデプロイメント実践入門(5)」 2017年02月24日 今すぐ試せる、ブルーグリーンデプロイメント環境の構築手順(構築の仕上げと動作検証方法) http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1702/24/news002.html ・ お試し実装コードをGithubにて公開中 https://github.com/uniadex/UNIADEX_BGD 出典 @IT
  13. 13. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 12 ・運用者の切り替え操作で本番系を切り替える 運用者が切替ボタン により操作 ユーザー 今回のOpenStack BGD環境切り替え実装動作 ユーザーが Webサーバーを 画面で確認
  14. 14. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 13 ①Horizon(管理画⾯)へのBGD画⾯組み込み ガイドラインに従って画面組み込みを実装 ②Neutron LBaaS Version2.0 インスタンスから利用可能なロードバランサを構成 Heatで自動構成 Junoでは Version 1.0 ③Heat インスタンス起動等の自動化機構 オートスケーリング ④独自機能 フローティングIP(FIP)付け替え処理 利用したOpenStack機能と今回の実装
  15. 15. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 14 ・公式チュートリアル https://docs.openstack.org/developer/horizon/tutorials/dashboard.html ・Horizonはダッシュボードとパネルの集まり ダッシュボード内に複数のパネルを定義 パネルの中に、部品を定義  タブページ、表組み、ボタン、アクションなど メニュー 組み込まれている ダッシュボードと パネルから生成 BGDパネル ボタンに対する アクション 表組み ①Horizon(管理画⾯)へのBGD画⾯組み込み
  16. 16. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 15 ・BGDパネルの画面コードの配置 以下のHorizonダッシュボードディレクトリに配置 配置後、画面コードのライブラリをsys.path.insertにより自動追加 ①-1. BGDパネルの作成 /usr/share/openstack-dashboard/openstack_dashboard/dashboards/ WSGIScriptAlias /dashboard “/usr/share/openstack-dashboard/openstack_dashboard/wsgi/django.wsgi” apacheのhorizon設定「15-horizon_vhost.conf」ファイルから抜粋
  17. 17. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 16 ・画面コード作成例 djangoフレームワークを利用  パネル用のクラス を「dashboard.py」で定義 ①-2. BGDパネルの作成 ①メインメニューに 「Blue Green Deployment」 メニューを追加 ②BGDメニューを追加 ② ① 提供コードdashboard.pyより抜粋
  18. 18. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 17 ・ロードバランサを構成する要素を設定 リスナー、プール、メンバー、バーチャルIP、ヘルスモニタ ・複数プロバイダ(ロードバランサ)に対応 HAProxy(デフォルト) 商用ロードバランサー(要ドライバー) メンバ VIP ヘルスモニタ メンバ メンバ モニタ方法モニタ方法 タイムアウト リトライ数 サブネット バーチャルIP IP・ポート ウェイト Listener プロトコル ポート ②Neutron LBaaS Version2.0 Pool lb ロードバランス 方法
  19. 19. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 18 ・ロードバランサーの作成はHeatにより実施 ロードバランサーの設定 ①subnetの設定 ②VIPの設定 ③listener作成 ④pool作成 ⑤FIPの確保 ⑥FIPとロードバランサー のVIPとのASSOCIATE ②-1. ロードバランサーの設定 ①② ③ ④ ⑤ ⑤ 提供yaml autoscale_web.yamlより抜粋
  20. 20. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 19 ・ Heatをキックする設定シェルを用意 External Network、ルーター、テナントネットワーク ロードバランサー、Webサーバの起動 ③Heatによる構築 設定シェル create_autoscale_stack.shより抜粋
  21. 21. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 20 ・設定シェルにより以下の環境を構築 BeforeBefore AfterAfter • Webサーバーの起動とセットアップ • ロードバランサー構成とFIPのASSOCIATE設定 • オートスケーリング ③-1. ルーター、ネットワークなどの環境作成
  22. 22. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 21 ④独自機能 ・切り替え機能の実装 BGDパネルに作成される「switchover」ボタン ボタン押下による切り替え動作 openstack_dashboard ライブラリを利用 ①FIPのDEASSOCIATE ②FIPを交換、再ASSOCIATE ① ② 提供コード switchover.pyより抜粋
  23. 23. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 22 ・切り替えFIPアドレス設定ファイル ※設定シェルにより自動的に設定 FIP_PRODCUTION: 本番系のFIPアドレス FIP_STAGING: テスト系のFIPアドレス ④-1. FIPの設定 /etc/openstack-dashboard/bgd_settings 提供コード bgd_settingsより抜粋 “10.0.0.10” “10.0.0.20”
  24. 24. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 23 ・BGD機能および環境を構成する提供ファイル ①openstack_horizon_bdg-master HorizonにBGD機能に対応したメニュー追加、機能を実装するファイル ②openstack_heat_bgd-master BGD環境を作成するHeat template heatをキックするシェルスクリプト ④-2. 独自コード群 ファイル名 役割 autoscale-web.yaml BGD環境のWebサーバー構築用Heatテンプレート autoscale-web-lb-member.yaml BGD環境のロードバランサー構築用Heatテンプレート create_external.yaml BGD環境のexternalネットワーク構築用Heatテンプレート create_net.yaml BGD環境のテナントネットワーク構築用Heatテンプレート create_router.yaml BGD環境のルーター構築用Heatテンプレート create_autoscale_stack.sh BGD環境を構築するHeatを実⾏するシェル delete_autoscale_stack.sh BGD環境を削除するHeatを実⾏するシェル bgd_settings FIP設定ファイル スクリプト設定用 フォルダまたはファイル名 役割 bgddashboardフォルダ BGD切り替え用のメニュー画面を作成 uniadexフォルダ BGD環境切り替え機能の実装 _45_bgddashboar.py bgddashboardで作成したBGD用画面をHorizonに表示 bgd_settings FIP設定ファイル
  25. 25. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 24 4.RDO All-in-one環境 で実際に構築してみた Blue Green
  26. 26. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 25 自己紹介 ・澤野 文香(さわの ふみか) 経歴 • 農学部で4年間「⾷」について学ぶ • 気づいたらIT企業に就職 • 入社1年⽬、先輩方にご指導いただきながら日々奮闘中 趣味 • ⾷べ歩き 年々胃袋が⼩さくなっている・・・ • 体を動かすこと(を好きになるように努⼒中)
  27. 27. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 26 ・BGDの動作概要がわかる!! ・Horizon画面にメニューを追加する方法、およびHeat の使い方もわかる!! 「OpenStack上に構築する、ブルーグリーンデプロイメント実践入門(4)」 今すぐ試せる、ブルーグリーンデプロイメント環境の構築手順(事前準備と実作業) http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1702/17/news009.html 「OpenStack上に構築する、ブルーグリーンデプロイメント実践入門(5)」 今すぐ試せる、ブルーグリーンデプロイメント環境の構築手順(構築の仕上げと動作検証方法) http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1702/24/news002.html 公開手順どおりに実施すると
  28. 28. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 27 ステップ1:環境の事前準備を⾏う 1-1:RDO All-in-One環境の構築と初期作業 1-2:LBaaS v2の設定 ステップ2:BGD関連セットアップファイルを準備する 2-1:オリジナルの構築用ファイルをGitHubからダウンロードする 2-2:ファイルを展開する ステップ3:HorizonにBGD用の設定を追加する 3-1:Horizonダッシュボードのディレクトリへ構成ファイルを配置する 3-2:「bgdpanel」ディレクトリの構成ファイルを確認する ステップ4:「switchover」機能をセットアップする 4-1:設定ファイル群を「/usr/share/openstack-dashboard/」ディレクトリへ配置する 4-2:設定ファイル群の構成ファイルを確認する 4-3:「BDG設定画面」のメニュー表示用ファイルを配置する ステップ5:BGDのための「Heat」ファイルを理解する 5-1:Heatファイルの構成と役割を理解する 5-2:「稼働状況」の確認方法 ステップ6:BGDの動作検証 6-1:ブルー系/グリーン系の切り替わりを確認する 6-2:HTTP KeepAliveを無効化する方法 セットアップ手順
  29. 29. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 28 ・設定は以下の点に注意!!  LBaaSを使用するために、以下を設定。デフォルトは「n」  Heatを使用するために、以下を設定。デフォルトは「n」  外部ネットワークを接続するために、以下を設定。 デフォルトは「vxlanのみ」 RDO answer-fileの注意点 CONFIG_LBAAS_INSTALL = y CONFIG_NEUTRON_ML2_TYPE_DRIVERS=vxlan,flat CONFIG_HEAT_INSTALL = y
  30. 30. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 29 ・RDOのインストール後は以下を忘れずに!! RDO All-in-one手順の Next Steps 「work with your existing network」に沿って設定 https://www.rdoproject.org/networking/neutron-with-existing-external-network/ OVS:br-exと外部ネットワークに繋がるNIC(ens0)の接続 RDO インストール後の注意 OpenStack の世界 ens0 br-ex ここ です
  31. 31. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 30 ・LBaaS V2.0の導入は以下の点に注意!!  標準ではLBaaS V2.0のHorizonメニュー画面がでない 追加でパッケージをインストール  インストール後、画面表示を有効にする LBaaS V2.0導入の注意点① #yum install -y openstack-neutron-lbaas-ui.noarch ¥ openstack-neutron-lbaas-ui-doc.noarch ‘OPENSTACK_NEUTRON?NETWORK = { ‘enable_lb’: True, #FalseをTrue に変更 /etc/openstack-dashboard/local_settingsの変更
  32. 32. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 31 ・LBaaS V2.0の導入は以下の点に注意!! LBaaS V2.0のパネルは2種類 「_1480」のパネルが動作しなかったため、本手順では 「_1480」をオフ。違いをご存知の方がいれば^^ LBaaS V2.0導入の注意点② _1480_project_loadbarancersv2_panel.py _1481_project_ng_loadbarancersv2_panel.py ※/usr/share/openstack-dashboard/openstack- dashboard/local/enabled/に設定ファイルがある。 _1480_project_loadbalancersv2_panel.pyの設定を DISABLED = Trueにして表示をオフにする DISABLED = True!!紛らわしいです
  33. 33. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 32 ・RDO Newtonで構築して気づいたこと loadbalancerv2にng(NextGeneration?)付きとないものが ある。今回は「ngloadbalancer v2.0」を使用 ロードバランサーのUIは、インストールされていないので別途 インストール ※いずれも@ITの手順書に記述 LBaaS V2.0導入の注意点③
  34. 34. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 33 ・環境作成用ファイルを環境に合わせる 設定シェル「create_autoscale_stack.sh」の編集 Floating IP setting external-network and router setting 設定シェルの注意点 FIP_PRODUCTION = ‘10.0.0.10’ FIP_STAGING = ’10.0.0.20’ EXT_ALLOCATIONPOOL_STATE=‘10.0.0.5’ EXT_ALLOCATIONPOOL_END=‘10.0.0.20’ EXT_NET_GW=‘10.0.0.254’ EXT_NET_CIDER=‘10.0.0.0/24’
  35. 35. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 34 ・手順に沿ってRDOのAll-in-one環境で構築を実施 ログインすると「Blue Green Deployment」がメニューに登場 「BGD panel」パネルでは、ブルー系(本番)でサービス稼動 を示す「Serviced by Blue」表示 構築実施内容詳細
  36. 36. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 35 ・構築したWebサーバーにアクセス 稼動中のインスタンス名が表示 本番系FIPでロードバランシングしているWebサーバー画面を確認 作成したWebサーバへのアクセス
  37. 37. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 36 ・「switchover」ボタンを押して切り替え実施 ブルーグリーン環境を切り替えよう!! ここ です
  38. 38. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 37 ・ボタンを押すと画面がGreenへと切り替わる!! 本番系がグリーン系に切り替わったことを確認 ブルーからグリーンへ
  39. 39. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 38 ・再度Webサーバーにアクセス!! 本番系のFIPでアクセスしグリーン系のWebサーバー表示を確認 再度Webサーバにアクセスしてみましょう!!
  40. 40. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 39 ・OpenStackは、利用者⽬線で考えるとダッシュボード上 での操作で簡単にインスタンス作成等ができて便利 ・テナント作成することで、用途ごとに分けることができる ので便利 ・内部構造をすぐに理解するのは難しいが、知識を習得 できれば、いくらでもカスタマイズが可能 ・半年ごとに新バージョンがリリースされるので、新しい 機能を習得するのが大変だが、そこも魅⼒ ・今後できることがまだまだ増えていくので将来性を感じる OpenStackに半年間携わって感じたこと
  41. 41. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 40 5.おまけ Blue Green
  42. 42. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 41 ・External Network flatのデフォルトの作成方法が変更 ルーターのゲートウェイポート(qgポート)がbr-int側に おまけ RDO Ocata変更点 br-int qrouter-xxx br-ex qr qg ens0 tag1 br-ex br-int qrouter-xxx tag1 tag2 qr qg ens0 フロールール untag<->tag2 L2SW L2SW 通信経路 Newton Ocata
  43. 43. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 42 ・その結果、外部ゲートウェイのステータスが稼働中に!! Newton l3-agent.iniの「external_network_bridge」パラメタを使用 ※NewtonでもDEPRECATED扱い Ocata openvswitch_agent.iniの 「bridge_mappings」パラメタを使用 おまけ インタフェース表示の違い デフォルト設定が 変わったのみで以前の バージョンでも この構成は可能 理由は、利用する パラメタのデフォルト 設定が変わっていた 10.0.0.30 10.0.0.30
  44. 44. ©2017 UNIADEX, Ltd. All rights reserved. 43 ・時代は、インフラ部門にスピード感や柔軟性といった ビジネス要求を支えるべく相応の変化を要求されます ・本講演は、ブルーグリーンデプロイメントを題材に OpenStackの内部構造を紐解きました 今回のセミナーが皆様にとってお役に⽴ちましたら幸いです ありがとうございました さいごに

×