Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

最近のJuju/MAASについて 〜 15分版 - OpenStack最新情報セミナー 2017年11月

962 views

Published on

タイトル:最近のJuju/MAASについて 〜 15分版
発表者:遠山@日本仮想化技術
アジェンダ:
- 概要
- 動向
- 使い方

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

最近のJuju/MAASについて 〜 15分版 - OpenStack最新情報セミナー 2017年11月

  1. 1. 最近のJuju/MAAS について 〜15分版〜 日本仮想化技術株式会社 技術部 遠山 洋平 2017年11月14日 1
  2. 2. 本日の内容 • 概要 • 動向 • 使い方 2
  3. 3. UbuntuとJuju MAASの概要 3
  4. 4. Ubuntuとは • イギリスの会社 Canonical が開発および支援 • オープンソース企業 • 顧客サポートも提供 → Ubuntu Advantage • ユーザーコミュニティーも充実 • UbuntuはDebianベース • Stable版....半年ごと、9ヶ月サポート。一般向け • LTS版........2年ごと、5年サポート。商用向け • 独自のEnterpriseアプリケーションをOSSで開発・提供 4
  5. 5. Jujuとは • アプリケーションの構成管理ツール • クラウドからベアメタルまでサポート • OSのデプロイから構成まで 5 OS SSH App Config OS SSH App Config Juju Ansible core
  6. 6. MAASとは • Metal As A Serviceを提供 • ノード資源の管理 • 物理サーバー • Cisco UCS , HPE Moonshot , Intel RSD... • 仮想サーバー(KVM + Libvirt) • ネットワークの管理 • 仮想ネットワークを使ったデプロイメント • Bonding , Linux Bridge • デプロイメント/リリース • BIOS/UEFI対応 6
  7. 7. MAASの概要図 7 ※公式サイトから引用 • 電源の管理はIPMIを利用 • OSSの組み合わせ
  8. 8. Juju + MAAS 8
  9. 9. Juju + Azure 9→JujuでAzureを扱うための手順 AWS GCP Oracle Cloud(2.2) etc...
  10. 10. 最近の動向 10
  11. 11. CanonicalとKubernetes • Kubernetesのエンタープライズサポート • Jujuを利用 • CharmやBundleが用意されている 11 ※公式サイトから引用
  12. 12. 安定したバージョン • Juju • PPA/Stable版の2.2系がおすすめ • 最新版は2.2.6 • MAAS • Ubuntu 16.04標準パッケージの2.2系がおすすめ • 最新版は2.2.2 12 ※2017年11月14日現在
  13. 13. Juju 2.2の変更点 • 対応するクラウドの追加 • Oracle Cloud • VMware vSphere • パフォーマンスと安定性の向上 • その他のポイント • JAAS (Hosted Juju Controller) • JujuでKubenetesの構築が可能に 13 Amazon Web Services Microsoft Azure Google Cloud Platform Oracle Cloud Rackspace Cloud CloudSigma Cloud Joyent Cloud Canonical MAAS LXD Container Hypervisor VMware vSphere Jujuが現在対応しているもの
  14. 14. MAAS 2.2の変更点 • MAAS�Pods • Linux KVM • Intel RSD(Rack Scale Design) • テスト機能の実装 • CPU • メモリー • ストレージ • ネットワーク • おおよそのデプロイ状況の確認 14
  15. 15. 使い方 15
  16. 16. Jujuとコンポーネント • Juju CLI/GUI • 命令を出す • Juju bootstrap • 命令を受けて処理を実行する • インフラ • Amazon Web Service , Microsoft Windows Azure , Google Cloud Platform etc... • OpenStack • ベアメタル(MAAS) • ローカルPC(LXD+LXC) 16
  17. 17. Jujuとデプロイ方式 • Juju Charms • 機能単体のデプロイ • Charm�Storeで検証済みのものが配布 • カスタマイズ可能 • Juju Bundle • 複数のアプリケーションの全自動デプロイ • OpenStack , Kubenetes , Hadoop etc... • 必要な情報はbundle.yamlに記述(ノード数/スペック) • カスタマイズ可能 17 % juju deploy "charm" % juju deploy "bundle"
  18. 18. Juju Charmの中身 • ほぼテキストデータ • 何らかの言語で書かれたスクリプト • Ubuntuで使える言語ならなんでも • 設定はYAML形式のテキストファイル • あとは • Charmに設定する画像とか • READMEとか 18 options: debug: type: boolean default: False description: Enable debug logging. verbose: type: boolean default: False description: Enable verbose logging. use-syslog: type: boolean default: False description: | Setting this to True will allow supporting services to log to syslog.
  19. 19. Juju CLI • juju add-model →モデル作成 • juju switch "model" →モデル切替え • juju add-machine →モデルにマシンを登録 • (例) juju add-machine --constraints tags=blade1 • juju deploy "apps" --to X →デプロイ • (juju add-unit) →スケールの拡大 • juju add-relation →設定と関連付け • juju gui →GUIのログイン情報の表示 19
  20. 20. Juju GUI 20
  21. 21. MAAS Dashboard 21
  22. 22. 冗長構成にする • マスタースレーブ juju deploy mariadb juju config mariadb max-connections="5000" juju deploy -n 2 mariadb maria-slave juju config maria-slave max-connections="5000" juju add-relation mariadb:master maria-slave:slave • HAクラスターを利用 juju deploy openstack-dashboard juju add-unit -n 2 openstack-dashboard juju deploy hacluster dashboard-hacluster juju config openstack-dashboard vip="172.17.29.195" juju add-relation openstack-dashboard dashboard-hacluster 22 1:2構成 3ユニット
  23. 23. Apps Apps Apps アップグレード • MAAS • apt upgrade • Juju • apt upgrade • juju switch model • juju upgrade-juju 23 Model A Model B Model C
  24. 24. Charmのアップデート • デプロイしたとき • juju deploy cs:trusty/mariadb-3 この場合 • mariadb-7に更新するにはモデルを切り替えて • juju upgrade-charm --revision -7 mariadb • バージョンを指定しなければ最新版に • juju upgrade-charm mariadb 24
  25. 25. エラーが発生したら • juju ssh "unit"でログインしてログを確認 • /var/log/juju etc... • 原因を取り除く • パラメーターを修正 • juju resolved "unit"で再開 • (うまく行けば)デプロイできる 25
  26. 26. 26
  27. 27. 関連リンク 27
  28. 28. リンク集 • 公式 • Juju • MAAS • VTJ • Juju/MAASでOpenStack Pike • ブログの最近の記事 28

×