Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例のご紹介 - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月

7,722 views

Published on

GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例
講師:斉藤 弘信、郷古 直仁(GMO インターネット株式会社 事業本部)
2014年にGMOアプリクラウド、ConoHaでOpenStack SwiftのPublicサービスを開始しました。本セッションでは、そのシステム構成や運用上の工夫ポイント、Swiftミドルウェアの動作の説明とGMOグループ商材での利用事例などをご紹介いたします。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例のご紹介 - OpenStack最新情報セミナー 2015年2月

  1. 1. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 1 GMOインターネットにおける OpenStack Swiftのサービス化と その利用事例のご紹介 GMOインターネット株式会社 エンジニア 郷古 直仁 テクニカルエバンジェリスト 斉藤 弘信 OpenStack最新情報セミナー 2015/02/18
  2. 2. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 [前半: OpenStack Swiftのサービスシステムについて] ・GMOインターネットでのOpenStack Swift利用 ・物理構成選択のポイント ・マルチサービスでのインターフェース ・継続的運用とversion up ・インフラ上の今後の課題 [後半: オブジェクトストレージ利用動向について] ・ConoHaについて ・ConoHaオブジェクトストレージ ・利用動向について 2 アジェンダ
  3. 3. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 3 まずは自己紹介 • 郷古 直仁 (ゴウコ ナオト, Naoto Gohko) – Twitter: @naoto_gohko – Facebook: http://www.facebook.com/gohko • 所属: GMOインターネット株式会社 • 部署: システム本部 第2サービス開発部 • なにをしているのか: GMOグループ内のOpenStackに関するインテグレー ションチーム • 関わっているもの: – お名前.com VPS KVM(OpenStack Diablo環境) – GMOアプリクラウド(OpenStack Havana環境) – ConoHa VPS(OpenStack Grizzly環境) – オブジェクトストレージ (OpenStack Juno release ver.) >> GMOアプリクラウド (Keystone Havana) >> ConoHa (Keystone Grizzly)
  4. 4. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 GMOアプリクラウド とは • ソーシャルゲームをターゲット中心に、VLAN, LB, PKIな ど必要な機能を搭載した、ゲーム専用クラウド • 最新環境はOpenStack Havanaで提供(API) • 大規模利用可能なクラウドストレージ用途として、 OpenStack Swiftを提供(2014/4/22~)
  5. 5. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 GMOアプリクラウド OpenStack Tenant NW
  6. 6. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 GMOアプリクラウド OpenStack Swift NW
  7. 7. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 ConoHa とは • 技術者やスタートアップ企業向けのVPSサービス • OpenStack Grizzly • クラウドストレージ用途での、オブジェクトストレージ OpenStack Swiftを「GMOアプリクラウド」での提供開 始後に、提供開始 (2014/09/03~)
  8. 8. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 GMOアプリクラウド、ConoHa デュアルヘッド • 一般公開したOpenStack Swift – 企業向けのGMOアプリクラウド – コンシューマ向け的なConoHa • トラフィック利用形態が異なりそうな複数のサー ビスでPublic利用を提供 • 運用側としては、様々な利用が考えられる ConoHaをベースにHardware構成を考えていく
  9. 9. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 物理構成選択のポイント 1) • まずは、情報集め – 利用形態が似た案件での物理構成を調べる – NTT Data 梶波 崇さんの Swift発表 (July Tech Festa 2013, 産業技 術大学) >> SSDの使い方について – Rackspace Object Storage (OpenStack summit Hong Kong, 2013/11) >> SSDの利用、Hard構成 Hong KongのOpenStack summit (2013/11)に参加できた >> ちょうど、Hardwareの内容がちょっと出たのを、現地で聞けた
  10. 10. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 物理構成選択のポイント 1) rackspace参考 https://www.openstack.org/assets/presentation-media/Swift- at-Scale.pdf (rackspace発表資料) https://www.openstack.org/summit/openstack-summit-hong- kong-2013/session-videos/presentation/an-intimate-look-at- running-openstack-swift-at-scale “An Intimate Look at Running Openstack Swift at Scale” >> rackspaceはCDNとの接続(SOS middleware)によって、 配信向けのトラフィックを分割する仕組み
  11. 11. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 物理構成選択のポイント 1) rackspace構成 Hardware • (old) 24 x 1TB drives / box, 1Gbps network • 90 x 3TB drives / box, 10Gbps network • SSD drives for Account/Containers – AccountとContainerは所詮分散DatabaseであるのでIO重視 – SSDが重要であることは、かなりアピールされた • Commodity SATA drives Network • 10Gbps to host ここまではヒントが分かったが、実際どのようにSSDと HDDとCPUを配置すればよいのだろうか?
  12. 12. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 物理構成選択のポイント 2) test: GMO構成A) >> 結局はやってみるしか無い 稼働前test: 構成A) Hardware: Storage Node: • 12 x 4TB drives (3Gbps SATA) / box • 10 Gbps network • CPU E3-1230 v3 3.3GHz (4 core, 8HT) • memory 16 GB • SSD 2 drives – OS boot (RAID 1)/Account/Containers • Commodity SATA drives Proxy Node: • CPU E5620(4 core, 8HT) x2(cpu) • memory 64 GB
  13. 13. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 物理構成選択のポイント 2) test: 構成A)
  14. 14. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 物理構成選択のポイント 2) test GMO構成A) swift proxy keystone OpenStack Havana (5 zones, 3 copy) swift proxy keystone LVS-DSrLVS-DSR HAProxy(SSL)HAProxy(SSL) swift account swift container swift objects swift account swift container swift objects Xeon E3-1230 3.3GHz swift account swift container swift objects swift account swift container swift objects Xeon E3-1230 3.3GHz swift account swift container swift objects swift account swift container swift objects Xeon E3-1230 3.3GHz swift account swift container swift objects swift account swift container swift objects Xeon E3-1230 3.3GHz swift account swift container swift objects swift account swift container swift objects Xeon E3-1230 3.3GHz Xeon E3-1230 3.3GHz Memory 16GB Xeon E3-1230 3.3GHz Memory 16GB Xeon E5620 2.4GHz x 2CPU Memory 64GB
  15. 15. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 物理構成選択のポイント 2) test: 構成A)問題点 >> 結局はやってみる << 色々浮かび上がってくる 稼働前test: 構成A) Account / Containersの分散DatabaseをStorage Nodeと兼用でスケール アウトさせるつもりの構成だったが... ... Hardware: Storage Node: >> CPU E3-1230 v3 3.3GHz (4 core, 8HT) >> このCPUがAccount / Containers の分散Databaseには性能不足だっ た >> swiftbench負荷中、cpu loadが上昇して遅くなる Proxy Node: • CPU E5620(4 core, 8HT) x2(cpu) • memory 64 GB こちらのボトルネックは無かった
  16. 16. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 物理構成選択のポイント 2) test: 構成B) >> Database アクセスだけの Account / Container サーバプロセスのア クセスと Storage アクセスが同じNetworkに入るのも良くなさそう >> Account / Container サーバの分離構成B) に変更 追加Hardware: Account-Container-DBサーバ • E5620(4core, 8HT) x 2CPU • SSD x 2 (単体で利用) • Memory 24GB
  17. 17. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 物理構成選択のポイント 2) test GMO構成B) swift proxy keystone OpenStack Havana (5 zones, 3 copy) swift proxy keystone LVS-DSrLVS-DSR HAProxy(SSL)HAProxy(SSL) Xeon E3-1230 3.3GHz Memory 16GB Xeon E3-1230 3.3GHz Memory 16GB Xeon E5620 2.4GHz x 2CPU Memory 64GB swift objects swift objects Xeon E3-1230 3.3GHz swift account swift container Xeon E5620 2.4GHz x 2CPU Memory 64GB, SSD x 2 swift objects swift objects Xeon E3-1230 3.3GHz swift account swift container Xeon E5620 2.4GHz x 2CPU Memory 64GB, SSD x 2 swift objects swift objects Xeon E3-1230 3.3GHz swift account swift container Xeon E5620 2.4GHz x 2CPU Memory 64GB, SSD x 2 swift objects swift objects Xeon E3-1230 3.3GHz swift account swift container Xeon E5620 2.4GHz x 2CPU Memory 64GB, SSD x 2 swift objects swift objects Xeon E3-1230 3.3GHz swift account swift container Xeon E5620 2.4GHz x 2CPU Memory 64GB, SSD x 2
  18. 18. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 物理構成選択のポイント 2) test: GMO構成B) >> よさそう これが最終的な物理構成配置になる >> 物理構成がだいたい決定 • CPUスレッド分に分割されるにしても、適度な安価なハードを選択 • ハードの世代が変わってもあまり気にしないようにする
  19. 19. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 物理構成選択のポイント 3) Scale スケールさせる単位 • HAProxy reverse proxy (connection, TPS, Memory) • swift-proxy (connection, TPS, Memory, CPU) • swift-container-server, swift-account-server (同居) (SSD IOと容量, TPS, CPU) • swift-object-server (CPU, HDD容量) • keystone, keystone DB (auth TPS, CPU) – swift clientの種類により、毎回tokenを取りに来たりする – ここが意外と致命的。swiftclient (python)と同じ実装だと、まさにこの状態 – スケールupも含めて実行を検討
  20. 20. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 物理構成選択のポイント 3) 最近のScale >> keystoneがまずボトルネックになって、まず対策実施(scale up) (2014/12ごろ) >> vmで構成されていたので、memory, CPUを増やす ストレージノードのScaleはまだ必要なさそう (利用率 10%)
  21. 21. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 もともとGMOアプリクラウドがあったSwift環境: ConoHaサービス用に、あとからswift-proxy などのFrontを追加 account DB 的には問題なさそう マルチサービスのインターフェース swift proxy keystone swift proxy keystone swift objects swift objects swift objects swift objects swift objects swift objects swift objects swift objects swift objects swift objects Havana Grizzly Havana swift account swift container swift account swift container swift account swift container swift account swift container swift account swift container
  22. 22. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 account DB 的には問題なさそう << Swiftの仕組み上、tenant_idからなるaccount IDがかぶらない限り問題無い https://swift.example.com/v1/account/container/object Storage location: /account/container/object  /account  アカウントメタデータ階層  含まれるcontainerの内容  /account/container  コンテナのメタデータ階層  含まれるobjectの内容  /account/container/object  objectデータ  objectのメタデータ マルチサービスのインターフェース
  23. 23. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 容量課金 >> ceilometerからのpolling (容量check) リクエスト数課金 Ceilometer (swift-proxy server) >> 改造: ConoHa, GMOAppsCloud 別々に ceilometer-log出力 td-agent (swift-proxy server) >> ceilometer-logからrequest count >> ceilometer mongodbにデータ投入 マルチサービスのインターフェース swift proxy keystone swift proxy keystone swift objects swift objects swift objects swift objects swift objects swift objects swift objects swift objects swift objects swift objects Havana Grizzly Havana swift account swift container swift account swift container swift account swift container swift account swift container swift account swift container
  24. 24. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 マルチサービスのインターフェース ceilometer-log の一部
  25. 25. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 継続的運用とバージョンup Juno release >> OpenStack Swift version 2.2 ( >> current ver. 2.2.2 ) Storage Policiesなどの新機能 Swift環境構築時: Havana (ver. 1.8.0, [1.10.0]) Juno向け開発を始めるにあたり、まずはバージョンアップを実施
  26. 26. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 継続的運用とバージョンup: el6-RPMS build Juno release >> OpenStack Swift version 2.1 Juno RDO pkgは el7 (RHEL 7, CentOS 7)でしか提供されない >> python 2.7 over Havana環境は el6 (CentOS 6.5) >> python 2.6 >> Juno release Swift にするには、el6用RPMのbuildが必要 >> どうしたのか?
  27. 27. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 継続的運用とバージョンup: el6-RPMS build Icehouse release >> el6用のRDO builded pkgがある Icehouse el6 RDO pkgのSPEC file Juno el7 RDO pkg sources Juno el6 swift RPMSをbuild >> 超絶しんどい、でもやりました
  28. 28. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 継続的運用とバージョンup: el6-RPMS build Juno release swift 2.2 el6
  29. 29. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 継続的運用とバージョンup: update yum local repositoryをたてる >> あとは、swiftのupgrade tipsにしたがって更新する 1) swift-proxy の冗長片系ずつ更新 (yum update) 2) swift-container/account server のzoneごとの更新 (yum update) 3) swift-object server のzoneごとの更新 4) 追加サービス(swift-container-reconciler など)を設定して起動 これで、Havana(1.8.0)からJuno(2.2.0)のswift にupgrade >> もちろん、テスト環境でupgradeの検証をしてから、本番に投入
  30. 30. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 継続的運用とバージョンup: 今後 Kilo以降の開発は確実に python 2.7以降の検証しかされてない >> python 2.6で動くかどうかは、確実に機能テストをしてから適用する べき CentOS6 SCL pkg repositoryの存在: python27, python33 >> こちらで動作するものに移行するかどうかは、今後検討 >> RDO-el7からRDO-el6-python27をbuildするには、systemdをinit.dに バックポートする必要がある >> 片系づつ、OSを今後切り替えるかもしれない
  31. 31. GMOインターネットにおけるOpenStack Swiftのサービス化とその利用事例 インフラ上の今後の課題と展望 Swiftを継続的に運用する上で、以下の展望と課題がある • Swiftのモジュール対応 – Container sync middleware対応が、バグに引っかかってできていない http://docs.openstack.org/developer/swift/overview_container_sync.html • Storage nodeの削除同期でエラーで先に進まなくなる – SOS (Swift Origin Server) middleware対応 https://github.com/dpgoetz/sos • ドキュメントがあんまりない。ソースコード読めなのね • Swift gateway対応 – static-web HTTP/HTTPS/HTTP2.0(SPDY) gateway – sftp gateway (API使わなくてもできるなど) • マルチリージョン対応、Storage Policies対応 – sheepdog + swift front – ZFS + Swift-on-file + swift front

×